fc2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
tick, tick... BOOM!: チック、チック...ブーン!・・・・・評価★★★★+0.7
2021年11月27日 (土) | 編集 |
青春の、タイムリミット。

12年以上に渡ってブロードウェイで連続上演され、96年のトニー賞では10部門を受賞し、クリス・コロンバス監督によって映画化もされた、90年代のミュージカルシーンを代表する名作「RENT」
これは「RENT」の生みの親であり、若くして亡くなった作曲家にして劇作家、ジョナサン・ラーソンの物語だ。
ラーソンが1992年に発表した自伝的作品、「tick, tick…BOOM!」をベースに、映画オリジナルの解釈を交えて描かれている。
舞台となるのは、「RENT」からさかのぼること6年、AIDSが猛威を振るう1990年のニューヨーク。
30歳の誕生日を目前に、青春の終わりにおびえながら、勝負を賭けた新作ミュージカルの生みの苦しみを味わっている、29歳のラーソンが主人公だ。
アンドリュー・ガーフィールドが、愛嬌たっぷりに苦悩する天才を好演。
今年映画化されたミュージカル「イン・ザ・ハイツ」の作者であり、ディズニー映画「モアナと伝説の海」では音楽を手掛けた、現在のブロードウェイを代表する才人、リン=マニュエル・ミランダが大先輩へのリスペクトを胸に、見事な長編映画監督デビューを飾った。

1990年のニューヨーク。
ブロードウェイでの成功を夢見るミュージカル作家の卵、ジョナサン・ラーソン(アンドリュー・ガーフィールド)は焦っていた。
間もなく30歳の誕生日なのに芽が出ず、ダイナーのバイトで食いつなぐ毎日。
俳優志望だった友人のマイケル(ロビン・デ・ヘス)は、自分の才能に見切りをつけ転職し、ガールフレンドのスーザン(アレクサンドラ・シップ)も、ダンサーの夢を諦めて指導者に転職しようとしている。
ラーソンには、迫りくる30歳の誕生日が、チック、チックと動く時限爆弾の秒針、才能を否定されるタイムリミットのように思えるのだ。
新作ミュージカル「Superbia」の、業界関係者を招いたワークショップが最後のチャンス。
もしワークショップが好評なら、ブロードウェイで本番の舞台をやってほしいというオファーが来るかもしれない。
だが、焦りすぎたラーソンは、スランプに陥ってしまい、どうしても新しい曲が書けなくなってしまう・・・・


青春の輝きと痛みを、鮮烈に描き出した傑作だ。
本作は、1990年の「Superbia」の制作中にスランプに苦しむラーソン、1992年に上演された「tick, tick…BOOM!」の舞台上からその時を振り返る後年のラーソン、そしてラーソンの死後に彼の思い出をガールフレンドのスーザンが振り返るという、三つの視点が混在する特異な構造になっている。
この三層構造が、「tick, tick…BOOM!」というタイトルにラーソンが元々込めた意味にプラスして、映画ならではの新しい解釈を与え、過去の過ぎ去った青春に対する切ないノスタルジーを掻き立てる。

何かのジャンルで成功を夢見る者は、無意識のうちにモデルケースを設定し、それに自分を当てはめようとする。
ラーソンの成功モデルは、27歳の若さで「ウェストサイド物語」の作詞を手掛け、その後もブロードウェイで数々の名作を生み出したスティーヴン・ソンドハイム。
本日、2021年11月27日に91歳での死去が伝えられた、20世紀ミュージカルの巨人だ。
あこがれのソンドハイムに、ラーソンは以前に参加したワークショップで曲を絶賛された過去があり、そのことがミュージカルの道を諦められない要因の一つとなっている。
そして多くの若者と同じく、ラーソンもまた成功者となるに相応しい年齢に囚われている。
ソンドハイムは27歳だったが、自分はもう29歳になるのに、ブロードウェイの舞台は遠いまま。
彼の頭の中には、チック、チックと時を刻む時限爆弾があって、30歳になったら「ブーン!」と爆発してしまうという強迫観念にとりつかれているのだ。
30歳は、青春の終わりで大人の始まり。

周りの仲間たちの動向も、彼の焦りを加速させる。
ブロードウェイの役者を目指し、ラーソンと共にニューヨークに出て来て、ルームシェアしていた同郷の幼馴染のマイケルは、夢を諦めて広告業界に就職、そこで才能を開花させる。
いまだ安アパートに暮らし、ダイナーのバイトに明け暮れているラーソンとは対照的に、アッパーイーストサイドの専属駐車係のいる高級コンドミニアムに暮らす高給取りになっている。
友人のリッチな暮らしを当たりにし、彼に臨時の仕事を世話してもらう自分との現実の格差に、ラーソンの中で「成功って?」という疑問がわいてくる。
またブロードウェイで一流のダンサーになることを目標にしていたガールフレンドのスーザンも、成功を目前にしてケガを負ってしまい、夢は儚く散る。
彼女はマサチューセッツ州バークシャーにある名門ダンス学校、ジェイコブズ・ピローから指導者になる誘いを受けていて、ラーソンにも一緒に行ってほしいと願っている。
バークシャーでも演劇活動はできるが、当然ブロードウェイは遠くなる。

彼らの転身と、その先にある経済的成功が、ラーソンにますますプレッシャーをかける。
長年打ち込んでいた企画が、ブロードウェイに行けるかどうかを決めるワークショップが始まると言うのに、スランプに陥って曲が書けない。
しかも、よせばいいのに題材はミュージカルとしては異色のSF。
この企画、ラーソンは当初ジョージ・オーウェルの「1984」をロック・ミュージカル化しようとしていたらしく、オーウェルの版権管理事務所から許可がおりなかったため、オリジナルを作りはじめたという経緯がある。
ワークショップの開催にたどり着くまで、かかった時間は実に8年!
いやーさすがに時間かけすぎじゃないの?と思うが、これで失敗したらもう後がないという焦りは理解できる。
23歳から29歳まで、ダイナーでバイトしながら、青春の大半を費やした、彼にとっては勝負を賭けた超大作なのである。
このワークショップというのは、舞台装置などはなく、最小限のバンドと役者だけで、作品を披露するリハーサルのようなもの。
ここで認められれば、プロデューサーがついて、舞台化へと動き出す。
しかし、「Superbia」は絶賛されたものの、題材の特殊性もあって声はかからず。

また何年も、先の見えない挑戦を余儀なくされるのかと思ったラーソンは、ミュージカルの道を諦めようとするのだが、その時にまた引き留めるのが、ソンドハイムなのである。
「Superbia」のワークショップを見たソンドハイムは、ラーソンの仕事を絶賛する。
そして長年ブロードウェイの仕事をしてきたエージェントの助言を受け入れ、“自分の知っていること”を描いた新作を発表する。
それが、この「tick, tick…BOOM!」という訳だが、この時期ラーソンは妄想ではなく現実にタイムリミットを抱えた人たち、生きたくても生きられない人たちが他にいることを知るのである。
HIVウィルスが引き起こすAIDSは、当時は死の病だった。
この翌年の1991年に、NBAのスーパースターだったマジック・ジョンソンがHIVポジティブを発表したことから、人々の意識が大きく変わってゆくのだが、初期の患者にはドラッグ中毒者と同性愛者が多かったことから、不道徳者の病とも言われ、罹患した者が差別されるなど偏見が大きかった。
ごく近しい人々がAIDSに倒れてゆくことで、ラーソンの意識も変わってゆく。
映画は、AIDSの時代を舞台に、ラーソンが自分にタイムリミットなど無いと気付くまでを、テンポ良く描いてゆく。
「RENT」の最大の特徴である多様性は、この時期のラーソンの経験から導き出されたものだろう。

くしくも1996年1月25日、「RENT」のオフ・ブロードウェイ・プレビュー公演初日の未明に、ジョナサン・ラーソンは大動脈解離で亡くなった。
ラーソンは死後にトニー賞、ピューリッツァー賞に輝いたほか、商業的にも大成功を収めることになるが、彼自身はその光景を見ることができなかった。
でも彼は、努力し続けてたから、ギリギリ間に合ったとも言えるだろう。
本作で披露される素晴らしい楽曲の数々を見ても、本当に天才だったのだと思う。
30年前のちょっと痛いラーソンの葛藤を、誰にも予測できない本当のタイムリミットがあったことを知っている現在から俯瞰することで、切なくも輝かしい一つの青春の物語が浮かび上がる。
本作を監督したリン=マニュエル・ミランダは、1980年ニューヨーク生まれ。
彼もラーソンと同様、戯曲も書けば作詞作曲に演出もこなし、自分で出演もしちゃうミュージカルの申し子だが、プエルトリコ系のミランダにとって、多感な10代の時期に初演された「RENT」が、クリエイティビティに大きな影響を与えていることは想像に難くない。
彼の代表作の一つの「イン・ザ・ハイツ」などは、まさに現在の「RENT」的な多様性の視点に満ちている。
ソンドハイムの作品が、ラーソンに影響を与え、今度はミランダが受け継いでゆく。
創作が連鎖するごとに、豊かになってゆくことを実感できる、本当に幸福な映画である。

ブロードウェイが舞台の本作には、ウォッカベースのカクテル「ビッグ・アップル」をチョイス。
氷で満たしたタンブラーに、ウォッカ45ml、アップル・ジュース適量を加え、軽くステアする。
カットしたリンゴを飾って完成。
非常にシンプルな味わいゆえに、万人に愛されるカクテルは、世界中の人を惹きつけるニューヨークに相応しい。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スミノフ ウォッカ レッド 40度 750ml 正規
価格:977円(税込、送料別) (2021/11/27時点)



スポンサーサイト




ショートレビュー「サマーゴースト・・・・・評価額1600円」
2021年11月22日 (月) | 編集 |
苦しくても、辛くても、生きてゆく。

インターネットで出会った三人の高校生、友也、あおい、涼。
夏に花火をすると現れるという、都市伝説の“サマーゴースト“を探しに出かけた彼らは、「佐藤絢音」と名乗る若い女の幽霊と出会う。
「君の肝臓を食べたい」などの小説の装画で知られ、タムラコータロー版「ジョゼと虎と仲間たち」ではコンセプトデザインを担当したloundrawが、自らのイラストを基にアニメーション映画化した作品。
僅か40分の短編だが、充実した映画的時間を味わえる、素晴らしい仕上がりだ。
今回は本名の安達寛高名義の乙一の脚本、これが劇場用映画初監督となるloundrawの演出も極めてハイレベル。

幽霊に出会えるのは、死に惹かれる者だけ。
それぞれに葛藤を抱えた三人の若者は、幽霊の絢音と出会ったことで、生と死の境に足を踏み入れ、ひと夏の冒険で生きることの意味に向き合ってゆく。
ストーリー進行はテンポ良く、三人それぞれの幽霊に会いたい理由を描き出す。
厳格な母に支配された友也は、好きな絵の道を否定され、生きる意味を見失っている。
凄惨ないじめにあっているあおいは、死という救いの誘惑に、抗えられなくなっている。
そしてバスケに打ち込んできた涼は、突然自分の命が残り少ないことを知らされる。
立場は違えど、彼らは皆現在の生に苦悩し、その裏側としての死がどういうものかを知りたがっているのだ。

三人の前に現れた佐藤絢音の幽霊は、いわば彼らのアンチテーゼ
死にたくないのに不慮の死を遂げた彼女は、自分の体がどこにあるのかも分からず、ただ目的もなく彷徨っている存在。
だから彼女は、友也に自分の体探しを手伝って欲しいと言う。
やがて彼女の願いに応えることに、生の意味を見出した友也の青春の熱は、あおいや涼にも広がってゆく。
彼らは“死”を探すことによって、生の意味を知るのである。

本作は制作もloundrawの設立したFLAT STUDIOが担当しているが、この人のイラスト作品や過去のアニメーション作品から感じるのが、光と影の独特な捉え方
光の使い方は新海誠に通じるものがあるが、ユニークなのは影の方だ。
多くの作品では、キャラクターが逆光気味に描かれていて、光は射し込んでいても、その表情は影の中。
本作でもマジックアワーの儚げな光が印象的に使われ、キャラクターは影になっている描写が多い。
見えているものはほんのわずかで、暗い部分にこそ核心がある
これは、光と影の芸術である、映画そのもののあり方にも通じる。
イラスト作品も単なる絵というよりも、作者の頭の中にあるカメラのレンズで捉えられていて、おそらく彼にとって、イラストという表現は限りなく映画に近いもので、静止画からアニメーションへの展開は必然だったのかも知れない。

これは、三人三様の葛藤を抱えた高校生+幽霊のリリカルな青春映画であり、アニメーション表現を生かした詩的な幻想映画でもある。
青春の輝きと痛みを併せ持つ、高校生たちのキャラクターもいいが、特筆すべきは川栄李奈がVCを務める、妙に人間臭い“サマーゴースト”だ。
聞かれてもないのに、自分からフルネームを名乗る幽霊って初めて見たかも。
この上映時間で幽玄を感じさせる、作品の密度の濃さは素晴らしい。
おそらく、loundrawという名前は今後のアニメーションシーンにおいて、大きな存在感を持つことになるだろう。
その大きな一歩となる、小さな宝石の様な秀作だ。

マジックアワーの美しい映画だったので、同じ日没後の薄明の時間帯を指す「トワイライト・ゾーン」をチョイス。
ホワイト・ラム30ml、グレープフルーツ・ジュース30ml、アプリコット・ブランデー1tsp、クレーム・ド・カシス1/2tspを氷と共にシェイクし、グラスに注ぐ。
柑橘系の酸味が効いて、サッパリとした甘味のカクテル。
この時間帯を日本では逢魔時と呼び、怪異に出会いやすくなると言い伝えられているので、”サマーゴースト”がこの時間に現れるのもまことに正しい。
スピルバーグがプロデュースした映画版「トワイライト・ゾーン/超次元の体験」が日本公開された1984年に、日本バーテンダー協会のカクテル・コンペで優勝した作品だ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボルス アプリコット ブランデー 24度 700ml
価格:1078円(税込、送料別) (2021/11/20時点)




パワー・オブ・ザ・ドッグ・・・・・評価額1700円
2021年11月18日 (木) | 編集 |

彼の心に住んでいるのは、誰?

カンヌ国際映画祭の最高賞、パルム・ドールを受賞した「ピアノ・レッスン」などで知られる名匠ジェーン・カンピオン、12年ぶりの新作は、さすがの仕上がりだ。
20世紀前半のモンタナ州を舞台に、傲慢な牧場主と彼の周りの人々の関係を描いた、重厚な人間ドラマ。
屋敷で同居を始めた弟の妻に対して、冷酷な仕打ちを繰り返す、彼の閉ざされた心に宿っている情念の炎の正体は何か?
牧場主のフィル・バーバンクに、「モーリタニアン 黒塗りの記録」のベネディクト・カンバーバッチ。
彼に目の敵にされる弟の妻ローズを、キルスティン・ダンスト、彼女の連れ子のピーターを、コディ・スミット=マクフィーが演じる。
トーマス・サヴェージが、1967年に発表した同名原作をカンピオンが脚色し、第78回ベネツィア国際映画祭で、監督賞に当たる銀獅子賞を受賞した話題作だ。

1925年。
モンタナ州の牧場主であるフィル・バーバンク(ベネディクト・カンバーバッチ)と弟のジョージ(ジェシー・プレモンス)は、放牧の旅の途中、旅館の女将を務める未亡人、ローズ・ゴードン(キルスティン・ダンスト)と出会う。
穏やかな性格のジョージは、優しいローズに惹かれてゆき、すぐに二人は結婚。
ローズの一人息子ピーター(コディ・スミット=マクフィー)は、大学で医学を学ぶために家を出て、ローズはジョージとフィルの住む牧場の屋敷へと引っ越して来る。
しかしローズが金目当てで弟と結婚したと思っているフィルは、彼女のことを決して認めず、冷たく突き放す。
度重なる嫌がらせにストレスを募らせたローズは、アルコールに溺れるようになり、そのことがフィルを余計に苛立たせる。
夏になり、ピーターが帰省する頃には、ローズの健康状態は悪化していた。
そんなある日、林の奥にあるフィルの憩いの場所に、偶然入り込んだピーターは、フィルの心に隠された、ある秘密を知ってしまう・・・・


ベネディクト・カンバーバッチが繊細に演じるフィル・バーバンクは、ミソジニーの塊の様なマッチョイズムの信奉者として描かれる。
フィルは、放牧の途中でローズが経営する旅館で食事をするのだが、その時にテーブルに飾られていたペーパークラフトの花を作ったのがピーターだと知ると、途端に見下した態度をとる。
大人の男は、そんな女々しいものを作るべきでないという理屈だ。
ローズがジョージと結婚し、屋敷に同居するようになると、フィルの態度は余計に頑なになる。
彼女が来客を楽しませるためにピアノの練習をしていると、同じタイミングでバンジョーを弾き、リズムをわざと崩す。
練習が満足に出来なかったので、知事夫妻を招いたディナーの席で、ピアノを弾けないという屈辱をローズに与える。
それでいて、彼女がストレスからアルコールに走ると、今度はそれも気に入らない。
どうもこの男にとって、ローズが屋敷にいること自体が我慢ならない様なのだ。
なぜそれほどに、フィルは彼女を嫌うのか。

物語の後半になって、大学で医学を学んでいたピーターが帰って来ると、フィルの心の中の鬱屈した闇の正体が、ピーターを触媒として徐々に浮かび上がって来くる。
フィルが何かにつけて口にするのが、ブロンコ・ヘンリーという男の思い出だ。
兄弟が牧場の仕事を始めた20世紀初頭、二人に全てのノウハウを教えてくれた人物で、フィルにとってはカウボーイの理想像。
しかし、それだけでは無いのである。
牧場に近い林の奥に、フィルは秘密の場所を持っている。
偶然にもその場所に入り込んでしまったピーターは、マッチョな肉体を誇示するブロンコの裸の写真を見つけ、“B.H”のイニシャルの入ったハンカチの匂いを嗅ぎながら、自慰するフィルの姿を見てしまう。
女性を遠ざけ、マッチョイズムを誇示するフィルの態度の裏側には、誰にも明かせず、どこにも持って行きようのない、“タブー”という名の暗い情念の炎が燻っていたのだ。

ピーターの視線に気付いたフィルは、彼を追い返すが、このことがあってから、二人の関係が変わってくる。
急にピーターに親切になり、馬の乗り方を教え、彼のために投げ縄用の縄を作り出す。
共に出かけ、他人には話さない様な、父親の自殺の話もする。
フィルとピーターの年齢差が、ブロンコとフィルが出会った頃の年齢を、逆転させた関係なのがポイント。
おそらくフィルは、ピーターの中にブロンコに憧れるかつての自分を見ていたのだろう。
しかし、自分を忌み嫌うフィルが、ピーターに過度に接近することは、ローズにとっては不安でしかない。
繊細な息子の人格を変えられてしまうのではないかと恐れ、ますます精神のバランスを崩した彼女とフィルの関係は、ある事件によって決定的に悪化する。
そしてピーターは、決意を固める。
大学で学んだ知識を生かし、それまでに入念に準備を進めていたことを実行するのだ。

物語が進行する1920年代は、大恐慌の直前で、人類の歴史を変えた二つの世界大戦の戦間期。
アメリカでは女性参政権が憲法に明記され、血と鉄と銃が作った開拓時代は過去となり、多くの伝統的な思想が時代遅れとなっていった時代だ。
平原に生きるカウボーイの生活も大きな変化に晒されていて、本作でも馬と馬車に変わる自動車が象徴的に使われている。
そんな過渡期の時代に、フィルは心の奥底にある秘めたる愛によって、ブロンコが体現していた旧時代の価値観に雁字搦めにされているのだ。

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」という、本作のタイトルがキーである。
これは、旧約聖書の詩篇22章20節「私を魂の剣から、私の命を犬の力から救い出してください」からの引用。
ここで言う「犬の力」とは、人間を苦しめる悪の力の象徴と定義される。
ピーターは、心の闇の原点である「犬の力」にずっと囚われている、哀れな存在であるフィルを「救済」することを決めるのである。
ブロンコへの秘密の感情を知られた後、フィルはピーターとの関係に救いを見出していたのかもしれない。
だが、一方のピーターは全然違うことを考えている。
なぜならフィルの内面や過去など、彼にとっては「知ったことじゃない」からだ。
ウサギへの扱いなどを見ても、ピーターには多少サイコパス的な傾向が見られるのも、フィルに興味は持っても共感性は見せない理由かもしれない。
はたしてピーターが導き出した結末は、聖書の言葉通りの「救済」なのか、それとも母を虐げた男に対する、息子による「懲罰」なのか。
この物語はたぶんに偶然の要素によって進行してゆくのだが、ピーターがいつ決意したのかによって、解釈がかなり変わって来る。
私は、フィルがローズのことを、ピーターにとっての「障害物」だと話した時だと思った。
まことに恐ろしきは、見えない人の心なり。

本作は、Netflixで12月1日から配信されることが決まっているが、撮影監督のアリ・ウェグナーによる2.39 : 1のアスペクト比を持つ美しい映像は、明らかに大スクリーンを意識したもの。
ニュージーランドのむせ返る様な緑が印象的だった「ピアノ・レッスン」に対し、こちらはモンタナの荒涼とした茶色の大地がもう一つの主役と言っていい。
ゆったりとしたテンポで展開する重厚な文芸大作は、テレビモニターではなく、是非劇場の暗闇で味わっていただきたい。

カクテルには花言葉の様なカクテル言葉があるのだが、今回は「私を覚えていて」を意味する「バイオレット・フィズ」をチョイス。
クレーム・ド・バイオレット(パルフェ・タムール)45ml、レモン・ジュース20ml、砂糖1tspをシェイクし、氷を入れたグラスに注ぎ、最後にソーダを満たして完成。
レモンの酸味が効いた、パープルの美しいカクテルだ。
フィルはブロンコのことをずっと覚えていた訳だが、フィルのことは誰の心に残るのだろう。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボルス パルフェ タムール 24度 700ml
価格:1235円(税込、送料別) (2021/11/17時点)




ショートレビュー「マリグナント 凶暴な悪夢・・・・・評価額1650円」
2021年11月14日 (日) | 編集 |
その悪夢は、実体化する。

現在最高のホラー・マイスター、ジェームズ・ワン監督による、2016年の「死霊館 エンフィールド事件」以来となる待望の新作ホラー。
しかも過去の作品とは、だいぶムードが違う新境地に挑んでいる。
舞台は現在のシアトル。
アナベル・ウォーリス演じる妊娠中の女性、マディソンが見た恐ろしくリアルな殺人の悪夢
しかしそれはただの夢で終わらず、次々と現実化する。
彼女の夢に付き纏う、異形の連続殺人鬼”ガブリエル”は何者か。

まあこのガブリエルの正体に関しては、冒頭に描かれる93年の病院のシーンで、「悪性腫瘍を取り除く」と言ってるので、奇形嚢腫から生まれた「ブラックジャック」のピノコみたいな存在だと、早々に想像はつく。
タイトルの「マリグナント」も「悪性」という意味だし。
問題は、取り除かれたはずの意志を持った腫瘍が、20年以上たった今になって、なぜ、どうやって暴れ出したのかという点。
ピノコは、ブラックジャックによって子供の姿の仮の器を与えられて生き延びたが、こちらでも誰かが腫瘍を持ち出して、肉体を作ったのか?それとも幽霊?インシディアスに出てきた悪魔みたいに、霊的だけど肉体を持つ?などいろいろ想像してたのだが、終盤明かされるその正体は、想像の斜め上をゆくものだった。
アレがドーンと出現するシーンとか、もうビックリして唖然としてしまったが、ギャグとホラーのちょうど境界。
いやー、ジェームズ・ワン心底楽しんどるだろ。

冒頭の病院ショットから、妙に画が作り物っぽく安っぽいが、これは狙い。
この映画、全体が80年代に一世を風靡した、エンパイアピクチャーズあたりのラインナップにありそうな、懐かしいムードに満ちているのだ。
殺人鬼のオリジンを巡るミステリはアルジェントの「フェノミナ」、双生児の片割れの大暴れはヘネンロッターの「バスケット・ケース」、地下世界に蠢くクリーチャーはダグラス・チークが撮った「チャド」を思わせる。
シアトルが1889年の大火の後に上底された街で、今の街の地下に破棄された旧市街があるのは知らなかった。
調べてみると、あの地下廻りツアーも本当にあるみたいなので、いつか行ってみたい。
夢の連続殺人から、ガブリエルが正体を現した後の大虐殺まで、「R18+」も納得、ゴア描写も全く容赦無しだ。
まあこの手の映画の一番の顧客であろう、ホラーマニアのティーンが見られないのは、ちょっと残念だけど。

出世作の「ソウ」では、デスゲーム映画のブームを作った。
正統派オカルトは、「死霊館」「インシディアス」で散々やった。
「ワイルド・スピード SKY MISSION」「アクアマン」の大ヒットで、ホラーだけじゃないのも十分に証明できた。
ジェームズ・ワンは、このタイミングで、昔好きだった作品の悪ノリ再現的なものを、一度は作ってみたかったんだろうなあ。
妙に能天気な終幕まで、ひと昔の映画っぽい緩さ。
血の繋がりを超えるのはいいけどさ、州兵まで呼ばれちゃって、あんた今それどころじゃないだろ(笑
はたして21世紀の現在に、このテイストがどのくらい支持されるのかは分からないが、80年代オマージュが効きまくった、愛すべきモンスターホラーだ。
B級ジャンル映画好きには、たまらない。

悪夢の後には良い夢を、と言うことで「ドリーム」をチョイス。
ブランデー40ml、オレンジキュラソー20ml、ペルノ1dashを氷と一緒にシェイクし、グラスに注ぐ。
ブランデーのコクとオレンジキュラソーの甘味のバランスも良く、高いアルコール度数のおかげで、一杯で名前の通り夢に誘われる。
ナイトキャップにおすすめ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね






モーリタニアン 黒塗りの記録・・・・・評価額1750円
2021年11月13日 (土) | 編集 |
その時、グァンタナモで何が起っていたのか。

9.11の首謀者の一人とされ、何の司法手続きも無いまま、長期間キューバのグァンタナモ基地に作られたキャンプに抑留されたモーリタニア人、モハメドゥ・オールド・サラヒの実話。
彼は2001年11月、9.11の二ヶ月後にモーリタニアの自宅から警察に連行され、そのまま消息不明に。
3年以上が過ぎた2005年になって、ようやくグァンタナモにいることが判明し、彼を釈放させようとする弁護士と、何が何でも死刑にしようとする政府の闘いが始まる。
モハメドゥ本人による手記を映画化したのは、「ラスト・キング・オブ・スコットランド」などで知られるケヴィン・マクドナルド監督。
渦中の人であるモハメドゥをタハール・ラヒムが演じ、彼を挟んでジョディ・フォスター演じる弁護士のナンシー・ホランダーと、ベネディクト・カンバーバッチの海兵隊検事のスチュアート・カウチ中佐が火花を散らす。

ニューメキシコ州アルバカーキーの人権派弁護士、ナンシー・ホランダー(ジョディ・フォスター)の元に、2005年の2月にある案件が持ち込まれる。
9.11の同時多発テロへの関与を疑われた、モハメドゥ・オールド・サラヒ(タハール・ラヒム)という男が、司法手続きが行われないまま、3年以上グァンタナモに抑留されているという。
助手のテリー・ダンカン(シャイリーン・ウッドリー)を伴い、グァンタナモでモハメドゥと会ったナンシーは、彼の弁護を引き受ける。
ナンシーは政府に供述調書の開示を要求するも、送られてきた書類は大半が黒塗り。
業を煮やした彼女は、拘束されてから起こったことを、手記にする様にモハメドゥに要請するのだが彼は全てを書くことを頑なに拒む。
同じ頃、海兵隊検事のスチュアート・カウチ中佐(ベネディクト・カンバーバッチ)は、上司からモハメドゥの起訴を依頼される。
友人を9.11で亡くしていたカウチ中佐は、モハメドゥを死刑にすべく準備を進めるが、収容所で行われた尋問のすべてを記したMFRという核心的名な書類を入手できないでいた。
実はグァンタナモには、ナンシーもカウチ中佐も知らない、底無しの闇が隠されていた・・・・


モハメドゥ・オールド・サラヒは、1970年にアフリカ西岸のモーリタニアに生まれた。
優秀な若者で、奨学金を受け取りドイツの大学に留学し、電気工学の学位を取得している。
彼に疑いがかかったのは、留学後の1991年にアフガニスタンに渡り、アルカイダから戦闘訓練を受けたことがあること。
ドイツに住んでいた時に、9.11のもう一人の関係者と接触していること、さらにヴィン・ラディンから電話を受けたことがあること。
これらの状況証拠から、米当局はモハメドゥを、9.11に関わったテロリストたちを集めた中核メンバー、”リクルーター”だと認定し、3年に渡り尋問を繰り返していたのだ。

彼の弁護を担当するのが、ジョディ・フォスターが白髪の戦闘モードで演じる人権派弁護士のナンシー・ホランダーと、シャイリーン・ウッドリーが演じる助手のテリー・ダンカン。
モハメドゥに言わせれば、彼がアフガニスタンで訓練を受けた頃は、アルカイダはソ連と戦うためにアメリカが支援していた組織で、いわば味方同士。
ドイツで接触した人物も、同郷人だから頼まれて一晩泊めただけで、単に面識があるだけ。
ヴィン・ラディンからの電話も、かけてきたのは彼の親戚で、本人とは話してない。
要するに米当局は点と点を無理やり結び付けて、ありもしない“小説”を描いているというのだ。
だが弁護しようにも、政府は殆ど黒塗りで内容が分からない供述調書を渡してくるだけなので、ナンシーはモハメドゥが米当局に拘束されてからの顛末を、本人に手記として書かせる。
映画はこの手記に基づく2001年から2005年までの過去と、ナンシーが奔走する現在を平行に描いてゆくのだが、グァンタナモでの3年間で他人を信じられなくなったモハメドゥは、なかなか核心部分を書こうとしない。

面白いのは情報にアクセス出来ないのは弁護側だけではなく、起訴を担当する海兵隊検事のカウチ中佐も同様なこと。
グァンタナモの尋問記録は、それ自体が機密。
しかもCIAや軍をはじめ、色々な機関が入れ替わり立ち替わり尋問してるので、調書はぐちゃぐちゃで整合性が取れておらず、このままでは起訴出来ない。
中佐は調書になる前の全てを記録したMFR(Memorandum for the Record)という書類を手に入れようとするが、機密の壁に阻まれてなかなか辿り着けない。
検察、弁護側双方が、まるで真実を把握できないまま、裁判に向けての準備だけが進んでいという異常な状況だ。
二人がそれぞれのやり方で闇を払い、何重もの機密の壁の奥に隠されたグァンタナモの核心に、徐々に近付いてゆくプロセスは非常にスリリングで面白い。

そしてある時点で、ナンシーはモハメドゥが意を決して書いた手記によって、カウチ中佐はようやく閲覧を許されたMFRによって、グァンタナモで本当に何が起こっていたのか、“真実”を知ってしまう。
ブッシュ政権のラムズフェルド国防長官は、グァンタナモに集められた数千人の囚人たちに対し、”特殊尋問”という名の拷問を許した。
モハメドゥは一度自供しているのだが、その証言は凍える様な部屋に放置する、爆音を流し続け睡眠を奪う、水責めで呼吸できなくする、母親を他の囚人に強姦させると脅す、その他口にするのもおぞましい数々の拷問を受けて、肉体と精神をとことん追い込まれた状況で出てきたものだったのだ。
グァンタナモ基地は、1903年以来アメリカが租借しているキューバの地。
米国外にあるがゆえに、このキャンプはアメリカの司法が及ばない。
こんなところに、収容キャンプを作ったのは、看守や尋問官を法の支配から遠ざけることで、彼らの人権感覚を麻痺させ、非人道的な行為をさせるためではないのか、とナンシーは問う。

これでナンシーのすべきことは明確になったが、逆にジレンマに陥ったのが、カウチ中佐だ。
グァンタナモに法の支配が及ばないとしても、実際に裁判が行われるのはアメリカである。
客観的な証拠が無く、拷問で無理矢理導き出した自供に、証拠能力など認められないのは法律家として当然理解している。
しかし、政府や軍の上層部、いやアメリカ社会全体が、9.11を引き起こした“犯人”が死刑台に上がるのを待ち望んでいる。
9.11で亡くした友人の遺族に対し、仇討ちを宣言した責任もある。
カウチ中佐は、公判を維持できないのを承知でモハメドゥを起訴するか、それとも全国民に裏切り者と蔑まれる覚悟で起訴しないか、究極の選択を迫られるのである。
社会が集団ヒステリー状態の中、司法はどうあるべきなのか。
この映画に登場する、静かな情熱を燃やす法律家たちの振る舞いは、法治国家に住む全ての人間にとって示唆に富む。
司法がギリギリで踏み止まった一方で、怒れる民心に迎合し、政治的に利用したブッシュ政権はもちろん、その後も違法状態を正さなかったオバマ政権も同様の責任がある。
アメリカの大統領は、なぜ弁護士出身者が多いのか、なぜ三権分立と法の支配が民主社会を維持する上で非常に重要なのか、この映画を観ると理解できる。

ここに描かれていることは、対テロ戦争下のアメリカという、一見特殊な状況で起こった事件のように思えるが、例えば日本の入管施設にも、司法手続きが行われないまま、非人道的な状況で長期間収容されている人たちがいる。
個人が心身の自由を奪われるのだから、普通の刑事事件なら当然裁判所の令状が必要になるが、なぜか入管の収容では不要とされているのだ。
仮放免の申請を許可する、許可しないの裁量権も入管にあり、未来の見えない状況は、収容者に多大な肉体的、精神的なストレスを与える。
今年3月に、名古屋入管でスリランカ人女性が死亡した事件は記憶に新しく、過去にも自殺者や、ハンストの末の餓死者も出ている。
本作にも長期の抑留に耐えかねて自殺する、マルセイユという男のエピソードが出てくるが、入管の収容者にしてみれば、同じ心境だろう。
現在の日本の入管制度は、明らかな法の欠陥がある。
入管の問題には個人的にもちょっと関わったことがあり、彼らがいかに不誠実な組織か思い知らされた。
モハメドゥやマルセイユに起こったことは、単なる対岸の火事ではないこと。
この日本にも、早急に正すべき制度があることは、しっかりと認識しておきたい。

今回はグァンタナモに皮肉を込めて、「キューバ・リブレ」をチョイス。
タンブラーにライム1/2を絞り、クラッシュドアイスを入れ、ラム45mlを注ぎ入れた後でコーラで満たし、ライムを一切れ飾って完成。
このカクテルが生まれたのは、19世紀末のキューバ独立戦争の時。
独立派支援のためにキューバに駐留していたアメリカの将校が、コカ・コーラとキューバのラムをミックスし、独立派の愛言葉だった「ビバ・キューバ・リブレ(キューバの自由万歳)」から名付けたという。
戦争の結果、キューバはスペインの支配を脱して独立を果たすが、今度はアメリカの影響がどんどん強まり、グァンタナモ租借に繋がって行くのだから、歴史は本当にシニカルだ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハバナクラブ 7年 40度 700ml 正規
価格:2294円(税込、送料別) (2021/11/13時点)