fc2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
最後の決闘裁判・・・・・評価額1700円
2021年10月22日 (金) | 編集 |
三つの“真実”、本物はどれ?

中世のフランス。
マット・デイモン演じる、騎士ジャン・ド・カルージュの美しい妻マルグリットが、夫の旧友に強姦されたと告白する。
だが、加害者とされた男は疑惑を真っ向から否定。
目撃者はおらず、証拠もない。
夫は神のみぞ知る真実を証明するために、敗者が死刑となる決闘裁判の決行を王に訴える。
果たして、嘘をついているのは誰なのか?
フランスで法的に認められた最後の決闘裁判の顛末を描いた、エリック・ジェイガーのノンフィクションを、マット・デイモンとベン・アフレックの「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」コンビが、ニコール・ホロフセナーと共同で脚色。
歴史劇に定評のあるリドリー・スコットがメガホンを取り、デビュー作「デュエリスト 決闘者」以来となる「決闘」を描く。
デイモンと対決することとなる従騎士ジャック・ル・グリをアダム・ドライバー、鍵を握るマルグリットを「フリー・ガイ」が記憶に新しいジョディ・カマーが演じる。

14世紀末、イングランドとのいつ果てるとも知れない100年戦争が続くフランス。
勇猛さで知られるの従騎士ジャン・ド・カルージュ(マット・デイモン)は、親友のジャック・ル・グリ(アダム・ドライバー)と共にイングランド軍との戦いに明け暮れていた。
二人が戦地から戻ると、アランソン伯ピエール2世(ベン・アフレック)が彼らの住む地方の君主に指名されており、二人もピエールに忠誠を誓う。
その後、財政難に陥ったジャンは、資産家の娘マルグリット・デ・ティブヴィル(ジョディ・カマー)と結婚。
しかしマルグリットの持参金として貰えるはずの土地が、既にピエールによって押収され、彼の財務官となったジャックに与えられていることを知り、訴訟を起こすも棄却。
さらにド・カルージュ家が何代にも渡って守護してきた砦の長官の座も、ジャックに奪われる。
数年後、ジャンはスコットランド遠征中に騎士に昇進し、報奨金を受け取りにパリに出向いた後帰還すると、マルグリットの様子がおかしい。
ジャンが問いただすと、彼の留守中ジャックが家に押し入り、強姦されたと言う。
普通に訴えても、ピエールに握り潰されると考えたジャンは、国王シャルル六世に決闘裁判での審判を訴え出るのだが・・・・

なるほど、これは確かに中世ヨーロッパ版の「羅生門」だ。
マルグリットはジャックに強姦されたと言うが、その場にいたのは当事者だけで、客観的に事実を知る者はいない。
同じ出来事も、当事者の認識の違いによって少しずつズレてゆく。
一人の人物が違う視点で語られた時、それまで見えなかった別の顔が見えてくるというワケ。
映画は、決闘裁判の当日を起点とした三章構成となっていて、ほぼ同じ時間軸が三人の視点で語られてゆく。
第一章がおよそ40分を費やして語られるジャン・ド・カルージュが語る「真実」。
ただし、肝心の強姦事件の時は、彼は留守だったので、実際に何が起こったのかは知り得ない。
次の40分強の第二章が、加害者とされたジャック・ル・グリの語る「真実」。
最後の第三章が、被害者のマルグリットの語る「真実」で、これこそが本当の「真実」だとメンションされる。

男二人が語る真実の冒頭部分には、まだマルグリットはいない。
当初は生死を共にした戦友同士で、無二の親友だった二人の運命は、戦地から帰った後に徐々に別れてゆく。
新たな支配者となったピエールの知遇を得たジャックは、その博学さを買われて領地の税務を担当するようになり、急速に力をつけてゆく。
一方のジャンは困窮し、ジャックの計らいでようやく税の支払いを逃れる状態。
彼は資産家の令嬢だったマルグリットと結婚することで、窮状を逃れようとするのだ。
ところが、彼女の持参金の一部だった土地がらみの揉め事で、ジャンとジャックは仲違いしてしまうのである。
ジャン視点で語られる第一章では、王に対する忠誠心旺盛で勇猛果敢、実直な生き方をしてきたジャンが、狡猾で卑劣なピエールとジャックによって、土地も役職も奪われてゆく。
マルグリットと結婚した後に、一度は彼女の助言もあってジャックと仲直りし、戦場で従騎士から騎士へと出世も果たす。
人生が上向いてきたと思った途端、帰還した家で涙を流すマルグリットから、驚くべき話を聞かされるのである。

同じ時系列をジャック視点で語る第二章では、だいぶ様相が異なって来る。
ジャックから見たジャンは、猪突猛進タイプで戦場で暴れる以外は才覚のない粗野な男。
正当な仕事の報酬として得た土地に対するジャンの訴訟や、砦の長官職についたことに対する怒りも、ジャックにしてみれば言いがかりである。
文武両道に優れた自分は官僚として取り立てられ、武芸しか脳のないジャンは戦地で戦って稼ぐしかないのは、当たり前だと思っている。
だが、ジャンの妻マルグリットを見て驚く。
美しいだけでなく、教養もあり自分と同じくらい博学な女性が、なぜジャンのような脳味噌筋肉男と結婚しているのか理解できず、彼女はジャンからの解放を望んでいると勝手に思い込む。
ここでポイントとなるのは、ジャックもマルグリットとセックスしたことは否定していないこと。
ただ彼はあくまでも合意の上でしたことで、強姦ではないと主張するのだ。

第一章と第二章は、二人の対照的な男の明暗の別れた人生の物語として描かれるが、物語のテーマはまだ曖昧。
そして男たちのドラマを下敷きに語られる、女視点の第三章でキレキレのスコット節が炸裂する。
正直第二章までの顛末は、21世紀の今から見ればいろいろ極端ではあるものの、「まあ中世の話だし、こんなものだよね」と思わないでもなかった。
ところが、第三章がマルグリット視点で語られはじめた途端、映画は強烈な現在性を帯びて来るのだ。
700年前の物語を21世紀時の今作った理由も、彼女の視点が入ることで完璧に納得できる。
この映画の男たちは、基本女性を所有物=財産だと考えている。
話を聞いたジャンが激昂したのも、マルグリットの痛みや怒りに共感していると言うよりは、自分の大切な所有物を奪われれ、名誉を汚されたと思っているからだ。
一方、自惚れ屋で、自分に靡かない女などいないと思っているジャックにとっても、彼女の本当の気持ちなどどうでもいい。
ジャックの辞書には、そもそも「強姦」という言葉は存在しないのだ。
マルグリットの身に起こったおぞましい事件は、男たちの中ではその前の土地を盗った盗られたという話と同じ文脈なのである。
聡明なマルグリットは、そんな時代の中でも自分ができること、やるべきことを見つけ、才覚の無い夫を助けて前向きに生きている。
ところが彼女のささやかな幸せは、身勝手な男たちによって簡単に踏みにじられてしまう。

第二章と第三章で描かれる、彼女が強姦されたシーンの描き分けはとりわけ秀逸だ。
ほとんど同じカット割、カメラワークなのだが、同じ事象に対する二人の認識の違いを役者の演技だけで描き切った。
マルグリットの視点では、彼女は苦痛に泣き叫び、誰がどう見ても乱暴されているのだが、ジャックの視点ではいわゆる「嫌よ嫌よも好きのうち」的に、彼女の拒絶がずっとマイルドに描かれているのだ。
なるほど、逮捕された強姦魔がよく言う、「合意の上」というのは、こういうことだったのだな。
しかし自分の名誉が一番大切なジャンは、負ければ妻も一緒に死刑になることを知りながら、決闘裁判を訴える。
また決闘裁判を認めるかの審問では、マルグリットがジャックに強姦された時、絶頂を感じたかを執拗に追及される。
これなどは、まさに現在で言うところのセカンドレイプであり、力を持った男が相対的に弱い立場にいる女を傷付ける構図は、時代が中世だとかは全く関係ない。

クライマックスの決闘はさすがリドリー・スコット。
想像していたよりもずっと泥臭く、彼の代表作の一つである「グラディエーター」のクライマックスを彷彿とさせる圧巻の仕上がり。
しかもこの時点で、第三章を観てきた観客はすっかりマルグリットに感情移入している
ジャンが負ければ、マルグリットの運命は決まってしまうので、二人のクソ野郎の対決ではあるが、彼女を殺させないためにジャンを応援せざるを得ない。
実際に決闘するジャンとジャック、それを見守るマルグリットの肉体と精神の三つ巴の戦いは、心臓が縮み上がる瞬間が連続する。
ここだけでも観る価値が十分にあるが、14世紀という遠い昔の事件を題材に、歴史物では影に追いやられがちな女性の視点を入れることで、驚くべき現在性と普遍性を導き出しつつ、娯楽映画として昇華したこの映画の作り手たちは素晴らしい仕事をしている。
脚本の三人も見事だが、御歳83歳のリドリー・スコット、若いわ。
ラストシーンのマルグリットの達観とした表情には、男性中心の歴史を冷徹に見つめるスコットの視線が透けて見える。
この映画での、悲願のアカデミー監督賞もあるんじゃないだろうか。

今回は、映画の舞台となるフランスのノルマンディー地方の名産品、カルヴァドスの「ブラーX.O.」をチョイス。
林檎を原材料としたブランデーは他にもあるが、カルヴァドスを名乗れるのはノルマンディー地方で作られる物だけで、ノルマンデー沖でエル・カルヴァドール号と言う船が難破した故事に因む。
非常に強い酒だが、単に酔っぱらうだけでなく、消化を促進する効果があると言われ、8年〜15年ものの原酒をブレンドしたこちらは、食中、食後酒として人気だ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね






スポンサーサイト




DUNE/デューン 砂の惑星・・・・・評価額1750円
2021年10月19日 (火) | 編集 |
運命を、受け入れろ。

端的に言って最高だ。
深遠なSFであり、権謀術数渦巻く宮廷劇であり、神話的貴種流離譚でもある。
フランク・ハーバートの古典SFを映画化したのは、「メッセージ」「ブレードランナー2049」を成功させたドゥニ・ヴィルヌーヴ。
全宇宙を支配できる秘密を抱えた、砂の惑星アラキスを舞台に、壮大な宇宙神話の「序章」を作り上げた。
ヴィルヌーヴが、名手エリック・ロスとジョン・スペイツと共同で原作を脚色。
宇宙帝国の救世主となるポール・アトレイデスをティモシー・シャラメ、彼の母レディ・ジェシカをレベッカ・ファーガソン、父のレト公爵をオスカー・アイザックが演じる。
まだ前後編の前編のみとは言え、ハーバートの原作の映画化としても、ドゥニ・ヴィルヌーヴの作家映画としても、これ以上何を望む?という見事な仕上がり。
圧倒的な密度を持つ映像シャワーを浴び続ける、155分の素晴らしき映画体験だ。
※核心部分に触れています。

地球圏外に進出した人類が、宇宙帝国を築いた西暦1万190年。
帝国には諸大領家や、超能力を持った女たちの結社ベネ・ゲゼリット、恒星間飛行を牛耳るスペースギルドなどの勢力が割拠し、一枚岩ではない。
アトレイデス公爵家の一人息子、ポール(ティモシー・シャラメ)は、奇妙な夢を見ていた。
それは遠い砂漠の惑星で、一人の少女と出会い、戦いに巻き込まれるというもの。
ちょうどその頃、レト・アトレイデス公爵(オスカー・アイザック)は、皇帝から「デューン」の通称で知られる砂の惑星アラキスの管理権を与えられる。
アラキスは、人間の寿命を伸ばし、思考能力を飛躍的に増大させる物質、“メランジ”の産地。
長年ハルコンネン男爵家の領地だったが、国替えが行われることになったのだ。
だがフレメンと呼ばれる先住民が蜂起を繰り返しており、アラキスは不安定な情勢が続いている。
レト公爵は、歴戦の勇士ダンカン(ジェイソン・モモア)を先遣隊としてアラキスに送り、ポールとその母親のレディ・ジェシカ(レベッカ・ファーガソン)を伴い、本隊を率い新たな領地に乗り込む。
しかし、全てはアトレイデス家の勢いを挫きたい、皇帝の巡らした陰謀だった。
皇帝の後ろ盾を得たハルコンネン軍がアラキスを奇襲し、アトレイデス軍は壊滅。
レト公爵は殺され、ポールとジェシカは間一髪で脱出に成功するのだが・・・・


1965年に原作小説の第一作「デューン/砂の惑星」が出版されて以来、その荘厳な世界観と、シェイクスピア劇を思わせる複雑なドラマは、多くの映画関係者を魅了してきた。
幾多の映画化企画が作られてきたが、一番有名なのがドキュメンタリー映画にもなったメキシコの鬼才、アレハンドロ・ホドロフスキーの企画だろう。
VFXにダン・オバノン、美術にH.R.ギーガー、メカデザインにSF画家のクリス・フォス、キャラクターデザインにメビウスことバンデシネ作家のジャン・ジロー、キャストにはミック・ジャガーにオーソン・ウェルズ、さらにはあのサルバトーレ・ダリと冗談みたいな名前が並んでいる。
広辞苑みたいに、分厚く詳細な設定資料集までも作り上げるも、結局頓挫。
後にダン・オバノンは「エイリアン」の脚本家として脚光を浴び、ギーガーのデザインも「エイリアン」「プロメテウス」に一部が引き継がれ、メビウスは「ブレードランナー」に参加したことで世界的な知名度を得て、クリス・フォスのカラフルな宇宙船は、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で日の目を見た。
今にして思えば、現在のハリウッドSFの礎となった企画だったが、結局最初に映画化の夢を叶えたのは、当時売り出し中の若手監督だったデヴィッド・リンチ。

失意のホドロフスキーは悲痛な想いでリンチ版を観に行ったそうだが、「映画が酷すぎて、だんだん元気になってきた」と言う(笑
本作には登場しない、スペースギルドの奇怪な“ナビゲイター”や凝った“シールド”の表現など、リンチ版は独特のビジュアル感覚があって決して凡作とは言えないのだが、一本に纏めたことによるダイジェスト感だけはどうしょうもなかった。
日本版文庫で四冊にも及ぶ大長編を、たった137分の映画で描き切るのは、最初から無理があったのだ。
そんな先人たちの失敗を見ていたせいか、ドゥニ・ヴィルヌーヴは最初から本作を前後編として映画化した。
まあこのやり方は一本目がコケると、続きが作れなくなると言うリスクもあるが、箸にも棒にもかからないダイジェストになってしまうよりもマシ。
実際、原作の物語の大体2/3を155分と言う長すぎず、短すぎない時間で描いている。
後半はアクションが多くなり、確実に尺が伸びると考えると、この判断は正解だったと思う。

時間がたっぷりと使えることによって、特に物語前半の宮廷劇としてのディテールはグッと綿密になり、この手の話が好きな人にはたまらない。
「スター・ウォーズ」的な、派手なスペースオペラを期待すると、地味な展開に裏切られたと感じるかも知れないが、耳慣れない名前の人や民族、舞台となる惑星や統治機関の複雑な設定を、膨大な情報を用いて説明する、これが本来の「デューン/砂の惑星」なのだ。
また、シャラメという優れた演者を得て、主人公ポールの葛藤もしっかりと描かれている。
そもそもこの物語はポールの予知夢が重要なキーとなっていて、この前編は彼が銀河帝国の救世主として、血で血を洗う戦いに身を投じる運命に戸惑い、覚悟を決めるまでの物語だ。
フレメンの間で語り継がれる救世主伝説そのものは、ベネ・ゲゼリットが遠い昔にでっち上げたものなのだが、大衆の中で語り継がれるうちに虚実の境界は意味を失う。
そして夢で見たことが必ず起こるとは限らず、未来は変えられると確信する瞬間がやって来る。
ハーバートの原作に強い影響を受けたと言われる「風の谷のナウシカ」は、腐海の民の救世主として金色の野に降り立ったが、宇宙神話の救世主は無限の砂漠に姿を現すのである。

そして本作は、ある意味ヴィルヌーヴの作家性がもっとも明確に出た作品となった。
ケベック時代に撮った「渦」「静かなる叫び」「灼熱の魂」といった一連の作品、そしてハリウッドで本領発揮した「メッセージ」「ブレードランナー2049」を見ると、この人の映画には独特のスタイルがある。
非常に言語化しにくいのだが、簡単に言えばヴィルヌーヴの作品は、映画的というよりも絵画的である。
ドラマを筋立てで語ろうとする意図は希薄で、逆にテリングの力が突出している。
いやもちろん、本作はハーバートの原作に忠実に作られているので、プロット自体はきっちり組まれているのだが、ヴィルヌーヴの興味はそこにはないと思う。
いわば、侯孝賢やタルコフスキーの系譜だ。
筋立てベースで鑑賞すると、決め込まれた画が並んでいるだけなので、物語的な抑揚が無いと感じる人もいるだろう。
しかし1カット1カットの画に、莫大なエモーションが埋め込まれており、全体を俯瞰すると過去現在未来すべてが整然と表現された一つのナラティブ芸術、いわば光の絵巻物が浮かび上がるのである。

どこまでも続く砂漠の、圧倒的な存在感。
未来の話ではあるのだが、地球文明の悠久の歴史を感じさせる美術に、凝った衣装。
刀を主体とした、“合戦”と呼びたくなるスタイルで描かれる、ハルコンネン軍との戦い。
大活躍を見せるトンボ型の羽ばたき飛行機、オーニソプターに、想像を絶するほど巨大な、砂漠の支配者サンドワーム。
そしてこの世界に蠢く、因果応報の人間たちのドラマ。
これら全てが詩的に表現された、一枚の絵巻物の構成要素として機能しているのである。
だからヴィルヌーヴの映画でスクリーンと正対するときは、こちらから映像を浴びに行き、感じ取らねばならない。
普通の映画の様に、受動的に物語に引っ張ってもらおうとすると、とっかかりすら掴めずに置いていかれるだけになってしまう。
本作が公開初日から賛否が大きく割れる反応となっているのは、この特異な作家性ゆえだろう。
小説だと思って手にとったら、中身はビッシリと難解な詩が書かれていた様なもの。
これは良い悪いではなく、世界にはこの様なスタイルで映画を作る人もいるというだけのことで、一たび作品世界に没入できれば、至福の時を堪能できるのだ。
その意味で、これほどIMAXフォーマットがハマる映画もあるまい。

ヴィルヌーヴは、状況が許せば来年にも続編を撮りたいと言っているそうだが、この完成度を見ると、楽しみでしかない。
本国アメリカと中国で公開されてない段階で、興行収入はすでに1億3000万ドルに届こうとしているので、たぶん大丈夫だと信じたい。

今回は、デザート(desert)ならぬデザート(dessert)ワイン、ケベックのお隣オンタリオ州のザ・アイスハウス・ワイナリーが作る「ヴィダル アイスワイン」をチョイス。
ピーチをはじめとした複雑なフルーツの味わい。
濃厚なフルボディの甘口デザートワインだが、適度な酸味も感じられる。
これからやって来るホリデーシーズンには、一本用意しておきたい。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね







ONODA 一万夜を越えて・・・・・評価額1700円
2021年10月15日 (金) | 編集 |
フランス人監督が描く、“最後の日本兵”の30年。

太平洋戦争の終結後、日本の敗戦を信じることが出来ず、実に30年にも渡ってフィリピンのルバング島でゲリラ戦を展開した小野田寛郎陸軍少尉。
彼は1974年に、元上官によって命令を解除され投降。
ついに日本への帰還を果たすが、本作は米軍の上陸からフィリピンを離れるまでの30年間に、彼の身に何が起こり、なぜ降伏しなかったのかを詳細に描いてゆく。
徹底的なリサーチによって、リアリティたっぷりに最後の日本兵を蘇らせたのは、デビュー作「汚れたダイヤモンド」で高い評価を得た、フランスの俊英アルチュール・アラリ。
日本資本も一部入っているが、基本的にフランスのスタッフを中心に作られたフランス映画で、キャストの大半は日本人という特異なフォーマットの作品だ。
遠藤雄弥と津田寛治が、タイトルロールをリレー形式で二人一役で演じ、長い歳月を実感させる。
ほぼ3時間の長尺を費やして、じっくりと描かれた時代に囚われた男の内面のドラマは、ある種の日本人論でもあり、観応えはたっぷりだ。

1944年。
航空兵となる夢を果たせず、やさぐれていた小野田寛郎(遠藤 雄弥/津田寛治)は、その資質を見抜いた谷口義美少佐(イッセー尾形)によってスカウトされ、情報将校を育成する陸軍中野学校二俣分校へ入学する。
そこで破壊工作や潜伏など諜報戦の全てを叩き込まれ、フィリピン戦線へと送り込まれる。
食糧や武器弾薬を備蓄し、ゲリラ戦の準備を進めるも、米軍の攻撃が始まると日本軍はすぐに総崩れとなり、小野田も山中へと逃げ込んだ。
小野田は、日本兵の中から士気の高い小塚上等兵(松浦祐也/千葉哲也)、嶋田伍長(カトウシンスケ)、赤津一等兵(井之脇海)を選び、遊撃戦を開始する。
他の日本兵が死に絶え、米軍が姿を消すと、友軍が戻ってくる時のため、島の支配を確立しようと島民を相手に争う。
5年の歳月が流れた頃、赤津が姿を消して投降。
嶋田も島民との戦闘で死亡する。
やがて、小野田と小塚に投降を訴える、日本政府の調査団もやってくるが、小野田は全てを敵の計略だと考えていた・・・


1974年に小野田氏が帰国した時、私はまだ子供だったが、マスコミが盛り上がっていたこともあり、かすかに覚えている。
テレビに映し出された小野田氏の、眼光鋭く周囲を威圧するようなムードは、まさに映画に出てくる日本軍将校。
その2年前にグアムのジャングルで見つかり、帰国を果たしていた横井庄一氏が、いかにも人の良さそうなおじさん然とした人物だったこともあり、小野田氏の硬質なキャラクターは際立っていて、マスコミの呼ぶところの「軍国主義の亡霊」そのものだった。
その後、彼の体験を描いたドラマやドキュメンタリー番組が何作も制作され、私もその中のいくつかは観た。
印象的だったのは、戦地に出るまでの彼の経歴で、本作を鑑賞しながら「あーそうだった、この人普通の兵隊じゃなくて、中野学校の出身の間諜だった」と色々思い出していた。

帝国軍人でありながら、決して死ぬことを許されず、自分の頭で判断し行動することを求められ、敵の地で何年でも潜伏しながら、破壊工作を続けることを前提とした秘密戦の専門家。
キャラクターの特殊な背景が、決断に大きな影響を与えているのは間違い無かろう。
何しろ彼はただ隠れていただけでなく、ずっと現地で戦争を続けていたのだから。
現地の島民に自分たちへの恐怖を抱かせ、日本軍が戻ってきた時に支配をスムーズにするために、定期的に畑を遅い、時には生活必需品を奪う。
戦後30年間で、小野田氏と潜伏日本兵によるルバング島民の死傷者は、30人に及ぶという。
もちろん突然襲ってくる日本兵は、島民にとっては山賊と変わらない無法者だろう。
実際島民たちもただ逃げ惑う訳ではなく、武器を取って反撃し、小野田グループでも二名が殺されているのだから文字通り殺るか殺られるかの戦争だ。
投降した時の小野田氏の装備は、30年も使用していたとは思えないほど、しっかりメンテナンスされていたというから、まさにゲリラ戦のプロフェッショナルである。

面白いのは、諜報戦のやり方を知っているが故に、日本が敗戦したことを信じられないこと。
自分たちを探す日本政府の調査隊が来ると、新聞や雑誌を奪い、ラジオも手に入れるのだが、そこに書かれていることは全て諜報戦用の作り物だと思い込む。
戦後日本人のライフスタイルが大きく変わったことを知らないので、嫌っていた洋服を着た父の写真を見て偽物だと決めつける。
おそらく彼らも、うすうすは日本の敗戦の可能性を感じ取っていたのだろうが、新聞やラジオで得た情報をいろいろ分析して理論付けると、戦争がまだ続いている説にもなんとなく辻褄が合ってしまうので、どうしても信じ切れない。
この辺りは、考えちゃう人だからこそハマる、フェイクニュースによる陰謀論などにも通じる話だが、もし小野田氏が命令に従っているだけの普通の兵隊だったら、赤津がそうした様に、もっと早くに投降していただろう。
ラジオでアポロ11号の月着陸の中継を聞きながら、同時に島民の女を捕虜にするあたりは、非常に皮肉な展開だ。
結局彼は、脳内に作り上げた虚構の歴史と戦っていたのだ。

3時間近い上映尺はさすがに長さは感じるが、決して冗長ではなく、むしろ主人公がジャングルで過ごした遠大な時間を実感できる。
四人の仲間の関係が、時間の経過と共に変わってくるのも興味深い。
当初は士気旺盛だったのが、先の見えない生活に徐々に閉塞感が募ってくる。
お互いへの対応が刺々しくなり、遂には大喧嘩にまで発展。
一方でBLまで行かぬ、男同士の微妙に艶っぽい触れ合いも。
やがて故郷に妻子を残していた嶋田が殺されると、ショックを受けた赤津も離脱し、小野田グループは軍の部隊としては瓦解する。
しかし残った二人は妙に馬が合う様で、いつの間にか上官と部下と言うよりも親友の様な関係になってゆく。
どこまでも緑のジャングルが続く島の豊かな自然と、矮小な争いを続ける人間の対比は、「シン・レッド・ライン」や塚本版「野火」を彷彿とさせる部分も。
二人一役で小野田氏を演じた、津田寛治と遠藤雄弥を筆頭に、役者が皆素晴らしい。
出番は少ないながらも、若き小野田青年を間諜の世界に招き入れ、30年後に彼の任務を解く谷口少佐役のイッセー尾形の、軽妙なキャラクターは強く印象に残る。

フランス人のアルチュール・アラリにとって前世紀の帝国軍人、小野田寛郎が驚くべき物語を秘めた未知の人物だった様に、今の大半の日本人にとっても彼の様な生き方は理解し難いものだろう。
最小限のバックグラウンドを描いた後は、シンプルに彼の行動に寄り添った本作のアプローチは、小野田寛郎という人物像を適度な距離感で眺め、理解するのに最良に思える。
心境を言語化するのが難しいが、投降直前に仲野太賀演じる日本人バックパッカーと出会った時、彼の中にぼんやりとあった真実が虚構を押し除けて急速に形を持ってくるあたりは、非常に説得力があった。

また、いい意味で「日本人監督なら絶対こうは撮らないよな」というショットが多々あり、この辺りは異文化クロスオーバー映画ならでは。
しかし本作といい「MINAMATA ミナマタ 」といい、外国人監督が描く日本と日本人に、これほどの傑作が続くとは。
小野田氏は、帰還した戦後の日本社会に馴染めず、ブラジルへ移民して行ったが、2014年に亡くなる前は再び日本に暮らしていたという。
昔観たドキュメンタリー番組で、晩年の小野田氏がインタビューに答えていたが、74年に帰国した当時のイカツイ帝国軍人然とした表情は消え失せ、非常に優しい笑顔になっていたのが印象的だった。
帰還後の40年間に、彼の心を変える何かが起こったのだろうなあ。
つくづく、ドラマチックな人生だ。

今回は小野田氏の出身地である和歌山の地酒、名手酒造店の「純米酒 黒牛」をチョイス。
和歌山のお酒は、いわゆる淡麗辛口とは違った独特の甘みとまろやかさがあって、これも辛口でありながら、和歌山地酒らしいまろやかな口あたり。
お米の豊かな旨味が感じられ、スイスイ飲めちゃう。
名前の通り、美味しい和牛と絶妙に合う。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね






ショートレビュー「由宇子の天秤・・・・・評価額1700円」
2021年10月10日 (日) | 編集 |
「真実」は、本当にあるのか?

人間社会のダークサイドを鋭く突いた、パワフルな力作である。
春本雄二郎監督が、自らのオリジナル脚本を自主制作体制で映画化した作品で、「この世界の片隅に」の片渕須直監督がプロデューサーとして参加している。
物語の主人公は、瀧内公美演じるドキュメンタリー番組の監督、木下由宇子。
彼女は、3年前に起きた女子高生いじめ自殺事件の関係者に取材し、真相を追っている。
事件では女子高生だけでなく、彼女との淫行を疑われた教師も後を追うように自ら命を絶っていて、由宇子は学校の隠蔽体質だけでなく、マスコミの過剰報道も彼を追い詰めたと考えている。
このため、真実を暴けばTV局の身内批判ともなることから、なかなか上層部から放送の許可を得られずにいるのだ。

そんな時、父の木下政志が経営し由宇子も講師を務める学習塾で、事件が起こる。
塾生の小畑萌が妊娠していることが分かり、彼女から子供の父親が政志だと打ち明けられた由宇子は、自己矛盾に陥ってしまう。
もし世間にこのことが知られたら、政志は確実に終わりだが、それだけでは済まない。
ちょうど同じような教師と生徒の事件を取材している由宇子も、道義的な責任を問われることになるのは必至。
長い歳月を費やして取材してきた作品は、放送されることなく、お蔵入りとなるだろう。
ドキュメンタリー監督としての彼女のキャリアも、取り返しのつかない傷を負う。
真実を追求することに情熱を燃やしてきた由宇子は、あっさりとこちらの事件を隠蔽することにするのだ。

非常に分かりやすい、ダブルスタンダードの葛藤
由宇子は人生を守るために、嘘をつくことを決めた。
ポイントになるのは、「身内」と「他人」という概念だ。
自分の人生に影響を及ぼす、政志や萌、そして番組関係者は「身内」で、それ以外は「他人。」
人は自分と身内に甘く他人に厳しいから、マスコミは興味本位で過剰報道するし、今の時代個人もSNS上でとことん非難する。
そしてそんな攻撃から身を守るために、自己保身の嘘をつくのだ。
だが、それは別に由宇子だけではないだろう。
家族がおぞましい罪を犯していて、その事実を公表するかどうかを自分に委ねられたら、「それでも、正しいことをします」と、胸を張って言える人がいったい何人いるだろうか。

しかもこの映画は、ここから更に捻ってくるのだ。
私たちは誰かの話を聞く時、無意識にバイアスがかかった目で相手を見る。
この人は誠実そう、この人は悪そう、この人は嘘をつかなそう。
人だけでなく組織に対しても同じだ。
この組織は信用できないけど、こっちは信用できそう。
でも抱いたイメージが本当かどうかなど、誰にも分からないのだ。
誠実な人でも、自分と身内のためなら嘘をつくし、一見粗暴そうな人が、実は人一倍強い倫理観を持っているかも知れない。
そのことは自分が一番良く分かっているはずなのに、由宇子はバイアスによって他人の嘘に気付けない。
たくさんの人のついた嘘がたまり、そこに決して埋まることのない「真実の空白」が生まれてしまうのである。
ある意味、吉田恵輔の「空白」と同じことをやっているのだが、アプローチは全く異なる。

自分が作っている作品と、現実で直面しているシチュエーション。
一見似ているが本質的には真逆と思われた二つの事件は、いつしかクロスし由宇子を究極の選択へと追い込んでゆく。
光を当てるときは、それが真実かを見極めなければならず、真実を知りたければ、空白を見なければならない。
色々な意味で、人間って恐ろしいと思わせられ、モヤモヤと緊張が続く152分。
劇場の暗闇で、自問自答を求められる問題作である。

今回はヘビーな展開の連続に、カラカラになった喉を潤す「ギムレット」をチョイス。
英国海軍将校がジンを飲み過ぎることを憂いだ軍医のギムレット卿が、ライム・ジュースと混ぜるのを勧めたことから生まれた健康カクテル。
ドライ・ジン45ml、ライム・ジュース15mlをシェイクしてグラスに注ぎ、スライスしたライムを一片添えて完成。
ドライな味わいとライムの酸味が、ドヨーンとした頭をすっきりさせてくれる、フレッシュなカクテルだ。
ギムレットにシロップ1tspを加えて、冷やしたソーダで割った「ギムレット・ハイボール」にしても美味しい。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【包装不可】 タンカレー ロンドン ドライ ジン 47.3度 750ml 正規
価格:1474円(税込、送料別) (2021/10/10時点)




007 / ノー・タイム・トゥ・ダイ・・・・・評価額1650円
2021年10月06日 (水) | 編集 |
ダニエル・ボンド、有終の美。

2006年に公開された「カジノ・ロワイヤル」で初登場して以来、15年に渡って5作が作られたダニエル・クレイグ主演のボンド映画最終作。
宿敵スペクターのボス、ブロフェルドとの対決から5年後。
引退して悠々自適のセカンドライフを楽しんでいたボンドの前に、スペクターの残党を叩き潰した新たな敵が現れる。
シリーズ初のアカデミー賞監督だったサム・メンデスに変わってメガホンを取ったのは、キャリー・ジョージ・フクナガ。
メキシコのギャングを抜けた少年と、南米からアメリカを目指す少女の、鮮烈な青春を描いたデビュー作「闇の列車、光の旅」で脚光を浴びた俊英だ。
おなじみの面々に、新キャラクターとして、ラシャーナ・リンチ演じるボンドの引退後に007のナンバーを継いだノーミ、そして「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」でもクレイグと共演している、アナ・デ・アルマスが、可愛さとカッコ良さを兼ね備えたCIAの新人スパイ、パロマを演じ、美味しいところをさらってゆく。
※核心部分に触れています。

スペクターとの戦いの後、マドレーヌ・スワン(レア・セドゥ)とイタリアを訪れたジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、ヴェスパーの墓参り中にスペクター残党の襲撃を受ける。
マドレーヌの関与を疑ったボンドは、彼女を問い詰めながら脱出を図る。
なんとか敵を退けるが、マドレーヌのことを信じられなくなり、二人は別れる。
5年の歳月が経ち、ダブルオーセクションを退官したボンドは、ジャマイカに居を移し平和な日常を楽しんでいた。
そんな時、ボンドの元に旧友のCIAエージェント、フェリックス・ライター(ジェフリー・ライト)が訪ねてきて、ロンドンでスペクターに誘拐されたロシアの細菌学者オブルチェフ(デヴィッド・デンシック)を、救出して欲しいと依頼される。
断り切れず個人的に現場復帰したボンドは、キューバで開かれるスペクターのパーティーに、CIAの新人スパイ、パロマ(アナ・デ・アルマス)と潜入。
MI6が送り込んできた新007のノーミ(ラシャーナ・リンチ)と争奪戦になるが、オブルチェフの確保に成功する。
しかし直後に裏切りに合い、フェリックスは殺され、オブルチェフは奪われた。
全ての糸を引いていたのは、リュートシファー・サフィン(ラミ・マレック)という謎の男だった・・・・


この2年間散々予告編だけを見せられきたので、ポストコロナの時代を感じさせ余計に感慨深い。
マドレーヌの過去から始まる物語は、以前のシリーズでは禁じ手だった展開を見せ、最終的に驚くべきところに着地する。
過去の「007」は演じる俳優によって、大きくイメージが変わってきた。
初代ショーン・コネリーの男臭いダンディズムが滲み出るボンド、ロジャー・ムーアのお洒落で陽気なボンド、ティモシー・ダルトンの精悍で硬質なボンド、ピアーズ・ブロスナンのハンサムでウィットに飛んだボンド。
ちなみに、前作「スペクター」と本作、いや大雑把に見たら5部作全体の展開の元ネタが、一本だけボンドを演じたジョージ・レーゼンビー主演の「女王陛下の007」なのは皮肉である。
この作品がクレイグの新シリーズのベースとなったのは、ボンドの結婚と新妻の喪失が描かれ、珍しくボンド自身がドラマを持っていたからだろう。
クレイグ以前の007は、全て一話完結でボンドは物語を進める装置、狂言回しみたいな存在だった。
数々のお約束をこなし、美女と寝て、任務を遂行するがキャラクターは一切変化しない。
だからこそ、俳優が替わればその俳優の色に染めることが出来たのである。

ところが、2006年から始まった新シリーズは、基本ボンドの成長物語で続きもの。
何しろ第一作の「カジノロワイヤル」でのボンドは、ダブルオーエージェントになったばかりの、青臭い新人だったのだ。
一作目でファムファタールのヴェスパーを喪うという試練を経験し、第二作の「慰めの報酬」では復讐を果たす。
そして「スカイフォール」の親殺しの儀式で一人前になって、前作の「スペクター」では往年の荒唐無稽なタッチが戻って来たかと思ったが、クレイグ・ボンドの最終作ではキチッと成長物語の総決算に落とし込んできた。
基本的なプロットラインは、前作同様に「女王陛下の007」の延長線上。
軸となるのはボンドとマドレーヌの関係で、旧作でスペクターが目論んでいたウィルステロは、遺伝子を解析し感染した個人や民族を確実に死に至らしめるナノロボットに変わっているが、基本は似たようなもの。
大きな違いはブロフェルドは既に捕まっていて、新たなる敵、サフィンとの因縁を持っているのがボンドではなく、マドレーヌだということだ。

サフィンは、マドレーヌの父親だったスペクター幹部、ミスターホワイトに家族を殺され、復讐するためにミスターホワイトの隠れ家を襲撃しマドレーヌの母親を殺す。
だが、なぜかマドレーヌにはとどめを刺さず、助けるのだ。
そしてスペクターのナノロボット奪取計画を乗っ取り、一気にスペクターを壊滅させると、マドレーヌを利用して刑務所奥深くに幽閉されているブロフェルドを狙うのである。
サフィンとマドレーヌの因縁に、マドレーヌとボンドの因縁が絡み合い三つ巴となる仕組み。
世界をまたにかける冒険は、先を読ませず、スケールも大きく楽しめる。
特に前半は快調で、キューバでのスペクターのパーティを舞台としたオブルチェフ争奪戦は、まさにアクション映画の妙を味わえる。
このシークエンスで大活躍するのが、これぞ「007」なセクシーなドレスで登場するCIAのスパイ、パロマだ。
新人で緊張してるから言われたこと全て忘れちゃうとか、ドジっ娘かと思わせておいて、いざ戦闘が始まるとバッタバッタと華麗に敵を倒してゆく。
そして一段落ついたら、「じゃ、私はここまで」とカッコ良く去ってゆく。
非常に魅力的なキャラクターだから、次のシリーズでの再登場、もしくは彼女が主役のスピンオフでも作って欲しい。

惜しむらくは終盤で、北方領土あたりにあるらしい、サイフィンの秘密基地に潜入してからが、基地の空間設計とアクションの筋立てが噛み合っておらず、スムーズに進まない。
一番の問題は、ボンド、サフィン、マドレーヌ、そしてマドレーヌの娘マチルドの、身柄を取ったり取られたりの展開がうまくいってないことだ。
ボンドから逃れたサフィンが、あっさりマチルドを手放してしまったのには、相当な違和感があった。
あの時点では、既にボンドはマチルドが自分の娘だと分かっていたはずで、彼女には人質としての価値が十分に残っているから尚更だ。
おかげでサフィンとの最後の対決も淡白過ぎて、ブロフェルドを超える悪のはずが、ちょっとショボく感じてしまった。
マドレーヌもあまり効果的に動けていないし、特に割りを喰ったのがボンドの後輩のノーミで、あまり見せ場なく終わってしまった。
やっぱりマチルドを人質にして逃げるサフィンをボンドが倒して、娘を奪還するも最後の最後でサフィンの切り札だった毒を浴びてしまい、触れることができぬまま、父親としての責任を果たす、とした方がクライマックスとして盛り上がったのではないか。
とは言え、「LOGAN ローガン」を思わせるボンドの決意には、十分に泣かされたけど。

しかし、これで次期「007」の多様性に関する例の噂が、一気に信憑性を帯びて来たと思ったら、マーベルみたいな最後の字幕で混乱。
あの状況から、いったいどうやって??
世界観を踏襲せずに、完全リブートするんだろうか。
蓋を開けてみたら、またクレイグが出てきたりして(笑

今回は前作で登場した新レシピ、オリジナルシリーズでも知られるウォッカベースの「スペクター・マティーニ」をチョイス。
ベルヴェデール・ウォッカ60ml、ドライ・ベルモット10ml、オリーブの漬け汁1tsp、グリーンオリーブを用意。
オリーブをミキシンググラスの底に置いて優しく潰し、残りの材料を注ぎ入れたら、氷と共に強くシェイク。
ダブルストレインしてキンキンに冷やしたグラスに注ぐ。
特徴はウォッカ・マティーニのレシピよりウォッカの比率が高いことと、塩味がアクセントになっていること。
ヴェスパーへの想いを卒業して、ぐっと辛口で大人になったボンドのイメージだ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね