FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
「四月の雪」・・・・評価額1500円
2005年10月22日 (土) | 編集 |
世間ではヨン様ヨン様とうるさいが、これは中々しっとりした良い映画だった。
妻が不倫相手と事故を起こし、その結果不倫相手の妻と出会い、ダブル不倫するという、往年の大映ドラマ、いや韓国ドラマあたりならグッチャグッチャの怨念ドラマになりそうな設定である。
もっともホ・ジノの映画だからそんな風に劇的に物語が展開したりはしない。
図らずも出会ってしまった夫と、妻の不倫相手の連れ合いが、病院での介護を通じて少しずつ感情を通じ合わせてゆく様が淡々と描かれる。
日常を丁寧に描いて、その中で登場人物の感情の機微を描くというホ・ジノのスタイルは変わっていないが、「八月のクリスマス」→「春の日は過ぎ行く」→「四月の雪」と来て、若干作為的になってきている嫌いがある。
一例を上げると、前半主人公二人が偶然顔を合わせる描写があまりにも多すぎる。
いくら二人が病院とホテルという狭い範囲にいるという設定にしても、同じような出会いの描写ばかり繰り返されるといかにも「作ってます」という感じに見えちゃうんだけどな。
まあ後半になると物語の展開もスムーズになって、段々と世界に入っていけるので気にはならなくなるんだけど。
しかしこの映画でもっとも素晴らしく、見ごたえがあるのは実はヨン様である。
この作品では優しそうで平凡な夫を演じながら、スターのオーラで作品全体を引っ張っている。
前作のスキャンダルもそうだが、この人しっかりとした演技力を持ったカメレオンアクターである。
嘘だと思ったらスキャンダルと見比べればよい。
まるっきり別人にしか見えない。
甘ったるい作られた笑顔の奥には、演技者としての鋭い目がある。
伊達に酸いも甘いも噛み分けたオバサマ達を熱狂させている訳ではないのだ。
というか、正直オバサマたちの選球眼は相当鋭いと思わされた二時間だった。
私の値踏みは・・・1500円かな。レイトショーだったんで十分元は取れました。

こんな地味ながら匠の技を堪能した後は、やはり日本酒。
本日は「あさ開 純米酒」を付け合せてみる。
強い個性は無いが、優しいテイストの飲みやすい酒で、あっさりと喉を通ってゆくので、後味が殆ど残らない。
個人的にはもう少しコクが欲しいが、知らず知らずに量を飲んで気づいた時にはほろ酔い気分。
淡々としたホ・ジノの映画には、淡く繊細なこちらがあうだろう。
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね
人気ブログ検索 <br />- ブログフリーク
こちらもクリック!

も一回お願い!


あさ開 純米吟醸 旭扇(きょくせん) 720ml【旨い地酒&焼酎「酒味の店」】

あさ開の純米吟醸はこちら

あさ開 純米吟醸 夢灯り(ユメアカリ) 300ml×6本【旨い地酒&焼酎「酒味の店」】

小瓶でも買えます。日本酒は開栓すると味が変化するので、一度に沢山飲まない人にオススメ

ペ・ヨンジュン「外出」 2006年カレンダー【GOODS MART】

「四月の雪」2006年度の公式カレンダー




スポンサーサイト