FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
コープス・ブライド・・・・・・評価額1500円
2005年10月29日 (土) | 編集 |
ちょっと前だけど、UFOキャッチャー流行ったね。
私もけっこうやったけど、狙ってたのは「ナイトメア・ビフォアー・クリスマス」のフェギアさ。
まあ幾つか取ったけど、原価の10倍くらいは機械に飲み込まれた気がする・・・。

その「ナイトメア」から12年、「ジェームスとジャイアントピーチ」から9年ぶりのティム・バートンのストップモーションアニメ。
もっともこの二作は監督としてはクレジットされていないから、初の監督作品だ。
成金一家の気の弱い青年ビクターが、没落貴族のお嬢様ビクトリアと結婚させられることに。
最初は気乗りしない二人だったが、会ってみるとお互い一目ぼれ。
ところがビクターは、長ったらしい結婚式の誓いの言葉を森で練習しているうちに、うっかりして枯れ枝に見えた「死体」の指に結婚指輪を嵌めて誓いの言葉を言ってしまったから大変。
死体花嫁(コープス・ブライド)は「お受けします」と大喜び。
ビクターは死者の街に連れて行かれてしまう。
本筋と関係ないけど、主人公二人の名前はブレイク・エドワーズ監督の「ビクター/ビクトリア」から来てるのかな?
「似たもの同士」という意味でなら正しくオマージュになるんだけど。

デビューの頃からずっと変わらないけど、ティム・バートンのテーマは異形のものへの愛だ。
彼の映画では、しばしば普通である物より、異形で忌み嫌われる物の方が本質的に美しさを持っている。
この映画は生人の街は殆んど彩度が無く、まるでモノクロの様で、登場人物も主人公達を除けば根暗で浅ましく、ろくな人間が出てこない。
対照的に死者の街は色彩に溢れ、皆愉快で人生(?)をエンジョイしている。
キャラクターデザインなんて生きてる人間も含めて、みな日野日出志か犬木加奈子の漫画に出てくるようなブキミな風貌なのだが、出てきて1分もすると何とも魅力的に見えてくるから、やはりこの監督の異形愛は筋金入りだ。
死体花嫁と人間のフィアンセ、この二人の結婚に夢見る乙女と若干優柔不断なビクターの三角関係なのだが、この三人は皆「良い人」であって、観客は全員に感情移入出来る。
観ている方は全員に幸せになって欲しいのだが、果たしてどうなるの?という興味で観客を引っ張り、最終的に見事な落しどころを作っているバートンは、やはり「ビッグ・フィッシュ」を作ってから一皮剥けた印象がある。

技術的にも「ナイトメア」のモデルアニメーション+パペトゥーン(*1)の技法をさらに進化させ、人形の頭部にある種のスモールスケールメカニカルを仕込む事で、非常に細かな演技を行える様になっている。
さらに特筆すべきはモーションの滑らかさで、これはモデルアニメーションの限界を超えているのではないかというくらい素晴らしい出来栄えだ。
クリエイターの端くれとしては、DVDが発売されたら、ぜひともメイキングを観てみたいものである。

値踏みは1500円
77分という尺の中でよく出来てるけど、この魅力的な世界をもうちょっと長く見せてくれたら1600円でも良かった。
でもこの長さゆえ引き締まってる気もするし、作品としてはこれで良いのかも。

この映画に合わせたい酒は、やっぱりチョイロマンチックなカクテルかな。
コープス・キッスならぬ、エンジェル・キッスをチョイス。
クレームドカカオと生クリームを3:1の割合。さらに真っ赤なチェリーをのせて出来上がり。
このカクテルの生クリームは天使の唇を模した物なのだが、今日は可憐な死体花嫁に乾杯。

追記:この映画のラストで何となくデジャヴを感じたのだが、考えてみると(ネタバレなので書かないが)ラストの表現は日本のCGアニメ「ガラクタ通りのステイン/エピローグ」にそっくりな描写がある。
こちらも知る人ぞ知る異色の和製ダークファンタジーだが、ティム・バートンは観たんだろうか。
日本人でも知らない様な作品を観ているとしたら凄いな。

*1「パペトゥーン」あらかじめ様々な表情の頭部や形の違う体のパーツを作っておき、置き換えでアニメーションを作る技法。
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね
人気ブログ検索 <br />- ブログフリーク
こちらもクリック!

も一回お願い!


ナイトメアー・ビフォア・クリスマス  ワールドタイマー 【総合卸値ストア トクショウ通販】

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ワールドタイマー
私、これ持ってます
 

ナイトメア・ビフォア・クリスマス ジャンボプラッシュ ジャック【総合卸値ストア トクショウ通販】

ナイトメア・ビフォア・クリスマス ジャンボプラッシュ・ジャック
添い寝可能です。死体花嫁版が出たら買う?


地味な映画ですが、絵本も映画も好きです


和製ダークファンタジー。バートン好きならお勧めです


スポンサーサイト