FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
NEXT-ネクスト-・・・・・評価額900円
2008年04月25日 (金) | 編集 |
超能力物の近未来SFは珍しくないが、これは「二分後の未来」だけが見える中途半端な予知能力を持った男の物語。
フィリップ・K・ディックの短編小説「ゴールデン・マン」を原作としているが、出来上がった映画にディックらしさは微塵も無く、内容的には殆どオリジナルだ。

ラスベガスでB級マジシャンとして活動するクリス(ニコラス・ケイジ)は、実は「二分後の未来」が見える予知能力者。
彼の能力を知ったFBI捜査官カリー(ジュリアン・ムーア)は、ロサンゼルスで核テロが起こるのを阻止するため、クリスに捜査への協力を要請する。
だがクリスは、ダイナーで見かける女性リズ(ジェシカ・ビール)に夢中。
能力を使って彼女と知り合う事に成功したクリスだが、事件の魔の手は彼らに迫っていた・・・


困った映画だ。
かなり以前に観てレビューも途中まで書いてはみたものの、何だか書いているうちに脱力してしまって中断したままだった。
本国公開からほぼ一年も放置されていた事からもわかると思うが、娯楽映画としての出来ばえはかなり微妙だ。

チンケな超能力を持つマジシャンに、FBIが核弾頭捜索への協力を持ちかけてくるのはまあいい。
だがこの男、事件の捜査よりも恋に御執心で、そうこうしているうちに、事件に巻き込まれ次から次へと襲ってくる危機から、能力を活用して逃げ回るという展開が延々と続く。
肝心の核弾頭探しはちっとも前へ進まない。
いや、二分先だけが見えるというコンセプトは面白いし、よく出来たVFXを駆使したアクションシークエンスもそれ自体は楽しむことは出来る。
問題は、映画全体の構成なのだ。

引っ張って引っ張って、ハイ、ニコラスの恋の話し了解。で、いつ核弾頭探しの本筋に入るのだろうと期待していると、唐突にラストはやってくる。
「えええええ!!これで終わりですかぁ!?」と、誰もが椅子から転げ落ちるだろう。
もしワーストラスト・オブ・ザ・イヤーという賞があったら、ダントツの一位は確実である。
それまでの突っ込みどころは満載なれど、そこそこ見ていられた映画の印象もこれで崩壊。
まさに核弾頭炸裂くらいインパクトのあるオチであった。

「007/ダイ・アナザー・デイ」などで知られるリー・タマホリ監督は、アクションシーンではさすがに魅せるものの、映画全体のコーディネイトはグダグダもいいところ。
元々構成力があるとは言えないゲイリー・ゴールドマンの脚本と共に、映画の根幹部分が未完成な印象なのは残念だ。
唯一ディックの原作のアイディアが残る、「二分先しか見えない」という、スリルとサスペンスと物語の流れを生み出すせっかくの括りまでもが、途中であっけなく放棄されてしまうのだ。
まあ物語全体を支配する括りが、ある瞬間破られるというのは、作劇のひとつのパターンとしてアリだと思うが、それはまさしく物語の切り札として使われるべきだろう。
この作品の場合、言ってみれば序破急の序と破の途中だけで終わってしまっているような妙な作劇なので、物語のピークがどこにも無く、唐突に能力が成長したようにしかみえないのだ。

主人公はどうも作品選びの基準がよく判らないニコラス・ケイジ
この人一応オスカー俳優なのだが、出演作品の半分くらいはラジー賞の対象になりそうな勢いだ。
一流であるのは間違いないのだろうが、俳優としては演技の引き出しがたった一つしかなくて、どんな作品でも感情が同じなら全く同じ表情しかしない。
役柄ではなくて、ニコラス・ケイジというキャラで勝負している、ある意味典型的スター俳優である。
そして彼を事件に巻き込むことになるFBI捜査官は、やっぱり作品選びの基準がよく判らないジュリアン・ムーア
この人も四回もオスカーにノミネートされている大物なのに、時たま「フォーガットン」みたいなぶっ飛んだ作品で嬉々として熱演していたりする。
これで彼らの珍品リストに、最新の一作が加わったという事は間違いないだろう。

「NEXT-ネクスト-」は、一言で言えば行き当たりばったりな映画だ。
ディックの原作の持つ「二分後の未来が見える」という秀逸なアイディアだけを借り出して、後は全体の構成を考えずに突っ走ってしまったような作品で、下絵を描かずに絵を描き始めたら最終的にキャンバスに収まりきらなくなって、訳の判らない奇妙な絵が完成してしまったという感じだ。
まあ物語自体が、二分後の未来のビジョンだけを頼りに、行き当たりばったりな人生を送る主人公の人生そのまんまと考えれば、これはこれで映画そのものがシニカルなメタファーと言えなくも無いのだけど、それにしてももうちょっときちんと構成を考えるべきだったと思う。
まあ脱力系の映画が好きな人なら、これも楽しめるかも知れないが、正直なところそういうちょっと特殊な趣味の人以外には薦められない作品である。

今回は、二分先の未来のビジョンを見る主人公から「ビジョン・セラーズ ピノ・ノワール ゲーリーズ・ヴィンヤード」の2004をチョイス。
オーナーはカリフォルニアのワイン業界でも珍しいアフリカ系で、1995年以来ピノ・ノワールに特化した丁寧なワイン作りを続けている。
ラベルはアフリカの儀式用仮面がデザインされているユニークなもの。
芳醇な果実香が楽しめるパワフルなワインで、とてもまとまりが良い。
映画もこのくらいの構成力があればよかったのに。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね
人気ブログ検索 <br />- ブログフリーク
こちらもクリック!

も一回お願い!




スポンサーサイト