FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
BIUTIFUL ビューティフル・・・・・評価額1650円
2011年07月14日 (木) | 編集 |
生きる事は痛みを伴う。
しかし、それでも人は生きなければならない。
「BIUTIFUL ビューティフル」は、メキシコの鬼才アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が、スペインの名優ハビエル・バルデムを主演に迎え、「バベル」以来4年ぶりに放った問題作だ。
裏社会の男が、末期癌に侵され、余命は僅かに二ヶ月。
彼は、愛する幼い子供達のため、自分が搾取してきた社会の最底辺の人たちのため、残された時間を生きる事を決意する。

スペイン、バルセロナ。
不法移民の斡旋を生業にするウスバル(ハビエル・バルデム)は、二人の幼い子供を抱えた男やもめ。
元妻のマランブラ(マリセル・アルバレス)とは、距離を置いて生活している。
ある日、体調の異変を感じ、病院で検査を受けたウスバルは、末期癌の告知を受ける。
既に全身に転移しており、残された時間はたった二ヶ月。
ウスバルは、家族に真実を告白出来ないまま、今まで自分が関わった人々のために、最後に出来るだけの事をしようとするのだが・・・


過酷な映画である。
人生、上手くいく時は何をやっても上手くいくが、ダメな時はどんなに足掻こうが、潮目はなかなか変わらないもの。
主人公のウスバルは、文字通り人生のどん詰まりに追い込まれた存在である。
もちろん、彼にも良い時期はあったはずだ。
愛する妻を娶り、可愛い子供にも恵まれ、世界の美しさを噛み締めていた時期が。
だが、今は全てが思い通りにならない。
心を病んで離れて行った元妻のマランブラは、ウスバルの兄と寝ている。
不法移民の中国人が工場で作った粗悪な偽ブランド品を、アフリカ人の露店商に斡旋する仕事は、厳しい取り締まりで売り上げは上がらず、子供達に好物を食べさせてやる事も出来ない有様だ。
そんな悪運に取り憑かれたウスバルに、とどめを刺すかの様に末期癌の宣告が突き付けられる。

この設定でもわかる様に、本作は黒澤明監督の名作、「生きる」にインスパイアされた作品であり、イニャリトゥのプロダクション“Ikiru films”の名前もこの映画に由来するという。
「生きる」は、同じ様に末期癌に侵された市役所職員の主人公が、無気力だった自分の人生を後悔し、最後に市民のための公園を作り上げるという物語だったが、本作のウスバルはそこまで具体的な目標を持たない。
彼は突然降りかかった運命に戸惑い、自らが死にゆく事を誰に告げる事も出来ず、身辺整理に取り掛かる踏ん切りもつかない。
両者に共通するのは、避け難い死を目前にしたからこそ、今を生きる事に必死になる事だろう。

ウスバルに出来るのは、残してゆく人々の状況を少しでも改善する事くらいである。
子供達のためにはマランブラとの関係を修復しようとし、劣悪な環境で暮らす中国人労働者たちには暖房器具を贈り、行くあての無いセネガル人のイヘ母子には自らのアパートを貸す。
中国人、セネガル人、そして自らの元妻と子ら、ウスバルが特に母子を救済しようとするのは、彼自身が父親を写真でしかしらず、母子家庭で育ったからだろう。
しかし、彼の行為はことごとく裏目に出る。
マランブラと兄の関係が発覚し、彼女は再び心の症状を悪化させて入院。
そして凍える様な倉庫で雑魚寝している中国人たちのために、自腹で買った暖房器具は粗悪品で、なんと一酸化炭素中毒で17人もの命を奪ってしまう。
そして最後に、子供達を託そうとしていたイヘもまた、ウスバルの元を去る。
一生懸命になればなるほど、彼の善意は空回りし、状況を悪化させてしまうという絶望的な悪循環。

面白いのは、ウスバルにはある種の霊能力が備わっていて、死者の姿を見て、その声を聞く事が出来る事だ。
ウスバルは、生者にして既に死後の世界を覗いている、言わば境界に生きる者なのである。
この設定によって、本作には「生きる」にプラスして「ヒア アフター」的な、自らの力をどう解釈するのかという“ギフト”を受けた者特有の葛藤も加わっており、それがウスバルの曖昧な死生観にも繋がっている。
生きていても死との繋がりを感じてしまうウスバルは、自分を両方の世界からも浮いた存在として認識してしまっており、生と死のどちらにも現実感が薄い。
彼は自らの死を具体的に実感する事で、初めて本当の意味での生を感じていたのではないだろうか。

主人公のウスバルを演じる、ハビエル・バルデムが圧巻である。
本作ではカンヌ映画祭男優賞を受賞し、オスカーにもノミネートされたが、何でもイニャリトゥは、最初から彼をイメージして脚本を書いたそうで、なるほどこの役柄はピッタリ。
一見とっつき難そうなキャラクターだが、くたびれていながら、中年男のセクシーさ、人生の年輪を感じさせ、実に魅力的だ。
元妻のマランブラを演じマリセル・アルバレスは、聞いた事が無い人だと思っていたら、アルゼンチンの舞台女優で本作が初の映画出演だという。
壊れそうな危うさと、家族を思う優しさという、二面性のあるキャラクターを繊細に作り上げ、デビュー作とは思えない素晴らしい演技を見せる。
他にも、バリバリのプロフェッショナルから、全くの素人までが混在するキャストによる見事なアンサンブルは、さすがイニャリトゥである。

タイトルの「BIUTIFUL」とはウスバルが娘に「“美しい”のスペルは?」と聞かれて教えてしまう間違ったスペル。
“美しい”けれども、どこかが間違ってしまったその単語は、まるでウスバル自身を象徴しているかの様だ。
だが、間違ったものが、本質から外れているとは限らない。
本作には、凡ゆる不幸が詰め込まれており、ウスバルの人生は悲劇そのものにも見える。
だが、泣けない。
イニャリトゥも決して泣かせには走らず、ウスバルの身に起こった事を淡々と描写する。
派手さは全く無いが、ウスバルの行動が、憂を含んだ表情が、一つ一つの台詞が、観客の心の奥底に、グイグイと入り込んでくる。
「ブロークバック・マウンテン」の名手、ロドリゴ・プエリトのカメラが、これら極めて映画的瞬間を永遠に封じ込める。
もう一つ注目すべきは、素晴らしく効果的な音響演出だ。
ウスバルの主観を感じさせる“音”によって、彼の心の機微が繊細に伝わってくるのである。

本作のオープニングとラストは、ループする様に二つのシーンで繋がっている。
一つはウスバルが両親から受け継いだ指輪を、娘のアナに託すシーン。
もう一つは、寒々とした冬の森で、ウスバルが彼が赤ん坊の時に死んだ父親と出会う、死後の世界(?)のシーン。
この二つのシーンは、三つの世代に受け継がれた命を描写し、本作のテーマを象徴的に表している。
ウスバルは、結局誰も救えなかったかも知れないが、少なくとも彼は自分の人生を生き切った。
人生は厳しく、痛く、そして同時に美しく、人間は何があろうと、自分自身の今を懸命に生きる事しか出来ないのである。

今回は、映画の舞台になったバルセロナの地ビール、S.A.ダム社の「ヴォル・ダム」をチョイス。
都内のカタルーニャ料理店でもちょくちょく見かける銘柄だが、適度な苦味とコクを持つ濃厚な味わいの本格ピルスナー。
深みのあるボディは、正にこの重厚な映画にピッタリだ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い




スポンサーサイト