FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
THE GREY 凍える太陽・・・・・評価額1550円
2012年08月26日 (日) | 編集 |
死に場所は、生き抜いた者にしか見つからない。

極北の石油採掘基地を飛び立った飛行機が、極寒の雪原に墜落。
厳しい自然の中、生き残った7人の男たちと、襲い来る狼の群との壮絶な戦いを描いたサバイバル・アクションだ。
原作はイーアン・マッケンジー・ジェファーズの短編小説で、「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」 のジョー・カーナハン監督が、 主演のリーアム・ニーソンと再びタッグを組み、男臭い骨太の映画に仕上げている。
※ラストに触れています。

ならず者たちの掃き溜め、北極圏に近いアラスカの石油採掘基地。
オットウェイ(リーアム・ニーソン)は、作業員たちを野生の狼から守るために雇われた狙撃手だ。
愛する者を失い、人生に絶望した彼は、ここで世捨て人の様に辛うじて生きている。
ある日、オットウェイらを乗せた飛行機が雪原に墜落。
そこが狼のテリトリーのど真ん中である事を悟ったオットウェイは、生き残った6人の男たちを率い、脱出を決意する。
だが、猛烈な吹雪と、狡猾な狼たちの攻撃によって、男たちは次々と倒れてゆく・・・


これは言わば、婆さんをおっさんに、熊を狼に入れ替えた、ハリウッド版の「デンデラ」だ。
主人公のオットウェイは、どうやら最愛の妻を病で無くし、人生の全てに絶望している。
「デンデラ」の老婆たちが、拾った命を如何に使うのかに葛藤する様に、オットウェイもまた自らの生の意味を見失い、死への誘惑に負けそうになっているのだ。
食い詰め者たちが集う極北の石油基地に流れて来て、他の作業員ともあまり関わらず、狼を殺す仕事をしているのも、厭世的な気分故だろう。
そんな“死にたがり”の主人公が、極限状態の中で本物の死に直面することで、生きる事の意味を改めて見出すという物語はある意味王道である。

飛行機が墜落したのは見渡す限りの大雪原。
救助隊に発見されるのは何時になるかわからない上に、飢えた狼の群れに取り囲まれているという状況で、敵(狼)を知る唯一の男であるオットウェイは、南を目指して移動を決断。
頼みのライフルは墜落の衝撃で壊れ、ほぼ丸腰のまま絶望的なサバイバルの旅が開始される。
オットウェイが、天涯孤独で半分死に魅入られた男なのに対して、残りの6人はそれぞれに愛する家族と生きる理由があり、それがエネルギーになっているという対比も面白い。
だが、映画においては、生への渇望は同時に死をドラマチックにする燃料ともなる。
雪と霧によって視界が奪われる中、突然襲いかかる狼の群れ。
なんとか一頭を殺したものの、一行の中のお調子者が挑発した事から、敵の更なる怒りをかってしまう。
本当か嘘かは知らないが、オットウェイ曰く、「狼は復讐する唯一の動物」なのだそうな。

立ちはだかる自然の猛威、徐々に奪われる体力、どこまでも追いすがる狼の攻撃によって、男たちはジリジリと、だが確実に追い詰められ、一人また一人と倒されてゆく。
生を願う者が死に、死を望んでいた者が生き残る皮肉。
希望と絶望が激しく交錯する物語の終盤、ある登場人物が自ら死を受け入れる決断をする。
荘厳な自然の中、予期せぬ状況にも頑張って、頑張り抜いて、最高の充実を味わった。
既に十分に生き切ったと思えるなら、その先には何があるのか?
仮に生き延びたとしても、帰るところが元の糞みたいな人生なら、もうここで終わらせたい。
この諦めの美学とも言うべき究極の選択は、オットウェイに対しても、死を望んでいたはずなのに、なぜ生きようとするのか、改めて答えを迫るのである。

そして、大いなる意思に導かれる様にして狼の巣にたどり着いたオットウェイは、巨大な狼のボスと一対一で対峙する。
死に魅入られた者が、人間の思惑など無関係に存在する“自然”という巨大なシステムの中に放り込まれる事で、一個の生命として生きる意味を感じ、最後に自然の象徴である動物と対決するという、このラストがまた「デンデラ」なのだ。
絶体絶命の瞬間、オットウェイの脳裏に浮かぶのは、「Don't be afraid」と優しく語りかける妻の姿と、厳格で折り合いの悪かった父親の思い出。
極限状態の中、彼に最後の闘いに向かう勇気を与えるのは、詩人でもあった父親が残した一編の四行詩だ。
「もう一度闘って、最強の敵を倒せたら、その日に死んでも悔いはない、その日に死んでも悔いはない」
そう、オットウェイは、悔いなく死ぬために、先ずは全力で生きなければならなかったのである。

原題の「THE GREY」は、ハイイロオオカミの事であり、吹雪が作り出す灰色の風景でもあり、同時に主人公の心の色だろう。
最近のハリウッド映画には珍しく、極力CGを使わず、アニマトロニクスと半身着ぐるみで表現された狼の存在感。
日本人撮影監督、マサノブ・タカヤナギによるスクリーンから冷気が漂ってくる様なシャープな画作りも、本作にどこか20世紀の映画の様な、不思議な風格を与えている。
なお本作には、先日亡くなったトニー・スコットがエグゼクティブ・プロデューサーとして名を連ねており、彼の遺作の一つとなってしまった。
如何に生き、如何に死ぬかを描いた本作には、自ら命を絶ったスコットの死生観が少しだけ透けて見える気がする。
きっと彼も、もう満足だと思えたのだと信じたい。

北国の酒といえばウォッカという事で、今回はアメリカを代表する銘柄に成長した「スカイ・ウォッカ」をチョイス。
もっとも、実際に製造されているのは温暖なカリフォルニアはサンフランシスコである。
ほぼ不純物無しのクリアな味わいに仕上がったウォッカは、シンプルすぎてそのまま飲むには物足りないが、カクテルベースにするにはちょうど良い。
日本には、その名も「雪国」というウォッカベースのカクテルも存在する。
ウォッカ40ml、ホワイトキュラソー10ml、ライムジュース10mlをシェイクし、砂糖でスノースタイルにしたグラスに注ぎ、最後にミントチェリーを沈める。
見た目も涼しげな、味わい深い一杯だ。
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い




スポンサーサイト



The Best of Tony Scott
2012年08月26日 (日) | 編集 |
トニー・スコット監督が亡くなった。
8月19日に数々の映画が撮影された事でも知られるサンペドロのVincent Thomas Bridgeから飛び降りたという。
兄のリドリーと共に一時代を築いた映画作家であることは、誰も異論を唱えないだろうが、世に兄弟監督は珍しくなくても、作家として全く異なったスタイルを持ちながら、どちらも成功した兄弟というのは稀有なのではないだろうか。
生涯の監督作品は長編劇映画だけで16本。
元々CMディレクター出身なので、それらを含めると膨大な作品があるだろう。
スタイリッシュでスピード感のあるキレキレの映像は、私を含めて80年代当時自主映画を撮っていた8ミリ少年少女たちに絶大な影響を与え、ジェリー・ブラッカイマーを出世させ、トム・クルーズやデンゼル・ワシントンをハリウッドのトップスターに押し上げた。
ここでは、追悼の意味を込めて彼の作品の中でも、是非オススメしたい私的ベスト5を振り返ってみたい。

1.マイ・ボディガード(2004):
私的トニー・スコットのベスト。エンターテインメントの巨匠の風格を感じさせる一本である。
嘗て凄腕の暗殺者だった元軍人の主人公が、幼い少女のボディガードの仕事を受ける。最初は噛み合わない二人の間に、徐々に築かれる信頼と愛情。「レオン」や「アジョシ」など、アウトローと無垢なる少女という組み合わせの系譜に連なる作品で、デンゼル・ワシントンとダコタ・ファニングが素晴らしい。
大人たちの陰謀が少女を襲う時、死を賭して立ち上がるワシントンのカッコイイこと!

2.クリムゾン・タイド(1995):
これは90年代を代表する潜水艦映画の傑作。外部との連絡が途絶する中、戦争勃発を信じ核ミサイルを発射しようとするジーン・ハックマン演じる艦長と、戦争を阻止しようとするデンゼル・ワシントン演じる副長の火花散る演技合戦。潜水艦という究極の密室を活かした、文字通り息の詰まりそうなサスペンスを味わえる。
最後の監督作品となった「アンストッパブル」まで5本で組んだスコット&ワシントンの最初のコンビ作でもある。

3.トゥルー・ロマンス(1993):
当時売り出し中だったタランティーノのノリノリの脚本を得て、ある意味トニー・スコット節が完成を見た一本。それまでの作品ではやや一本調子が目立っていたのだが、この作品を経験した事でストーリーテリングの重層化の必要性を認識したのではないだろうか。
ハンス・ジマーのテーマ曲は、本作がモチーフとしたテレンス・マリックの「地獄の逃避行」のテーマ曲へのオマージュだが、今ではオリジナルよりこっちのほうが有名になってしまった。

4.ハンガー(1983):
長編デビュー作。これ、封切りは確かシネマスクエアとうきゅうだったと思う。
カトリーヌ・ドヌーヴとデヴィッド・ボウイという異色の顔合わせで描かれるエキセントリックな吸血鬼映画。牙ではなく、小さなナイフで傷をつけて、そこから血を吸うのもユニーク。
賛否両論だったが、スピード感のある映像感覚は兄とはまた違った強烈な個性を感じさせ、スタイリッシュ系吸血鬼映画の系譜の源流となった一本。

5.エネミー・オブ・アメリカ(1998):
平凡な男が、偶然にも暗殺事件の証拠テープを手にしてしまった事から、“国家の敵”にでっち上げられる典型的な巻き込まれ型サスペンス。ちょうどインターネットが普及し始めていた時代で、情報とプライバシーというタイムリーなモチーフを物語にうまく使っている。
偵察衛星からの映像などを効果的に使い、秘密を握る主人公、隠蔽したい国家安全保障局(NSA)、更にはマフィアのボスなど、幾つもの視点が入り乱れるサスペンス演出がスリリングだった。

聞くところによると、トニー・スコットは「トップガン2」のプロジェクトに正式に入っていて、亡くなる二日前にもトム・クルーズとシナリオハンティングを行っていたという。
なぜ突然の死を選んでしまったのか、本当の所は本人にしかわからない。
確実なのは、彼の作り上げてきた映画は、これからも多くの人に愛され、映画監督トニー・スコットの名は、永遠に記憶され続けるという事のみである。
今まで、沢山の素晴らしい作品で楽しませてくれてありがとう。安らかに・・・合掌。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い