FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ローン・レンジャー・・・・・評価額1650円
2013年08月11日 (日) | 編集 |
大西部の光と影のクロニクル。

1933年にラジオドラマとして始まり、以来80年の歴史を持つ往年の人気シリーズ「ローン・レンジャー」のリメイク。
基本的なキャラクターや設定は嘗てのテレビシリーズを踏襲しているが、ゴア・ヴァービンスキー監督とジョニー・デップが再び組んだ本作は、言わば西部劇版の「パイレーツ・オブ・カリビアン」でもある。
ジャック・スパロー船長がそのまま悪霊ハンターのトントとなり、オーランド・ブルームが演じたウィルは、アーミー・ハマーのローン・レンジャーとなる。
さすがに世にもハチャメチャな大珍作となっていた「ワールド・エンド」ほどではないが、第二作の「デッドマンズ・チェスト」以上のパワーは維持しており、監督が変わった「生命の泉」の普通っぷりに不満を覚えたであろう、多くの(?)パイレーツファンにとっては、溜飲を下げる快作となっている。
※ラストに触れています。

鉄道網が急速に発展する、開拓時代の西部。
無法者ブッチ・キャヴェンディッシュ(ウィリアム・フィクトナー)一味にテキサス・レンジャーの兄を殺され、自らも瀕死の重傷を負った郡検事のジョン・リード(アーミー・ハマー)は、コマンチの悪霊ハンター、トント(ジョニー・デップ)に助けられ死の淵から蘇る。
トントは幼い頃に悪霊に取り付かれた白人たちに部族を皆殺しにされ、それ以来敵を討つために荒野を彷徨っている。
正体を隠し、黒マスクのヒーロー、ローン・レンジャーとなったジョンは、ブッチに攫われた兄嫁のレベッカ(ルース・ウィルソン)母子を救出するために、トントとコンビを組んで一味を追跡する。
ところが、ブッチの背後にはコマンチの居留地に眠る莫大な銀を狙う、鉄道会社の重役レイサム・コール(トム・ウィルキンソン)の巨大な陰謀が隠されていた。
ジョンとトントは、鉄道開通の日の式典を狙い、銀とレベッカ母子を奪還しようとするのだが・・・


いやあ、なんとも痛快な映画だ。
例によってやってる事はかなりムチャクチャだが、その自由さが心地良い。
近年のメジャー系ハリウッド映画のプロットは、物語構造の科学的な研究が進み、基本的に全て三幕構成を細分化した構成にテンプレ化しているので、物語の展開はどれも似通っている。
本作もそれは変わらないのだが、「パイレーツ」シリーズ同様に人物関係や描写が無駄に複雑で、幾人もの登場人物の行動が同時進行で描かれるので、良くも悪くもテンプレ構造を逸脱気味なのである。
更に全体を年老いたトント(の蝋人形?)を語り部とした“昔話”へ落とし込む事で、結果的に「ローン・レンジャー」だけでなく、過去の西部劇の要素をごった煮的にぶち込んだ、実にフリーダムな雰囲気のエンターテイメント大作が出来上がった。

「パイレーツ」の時は、本来脇役であったジャック・スパローの存在がシリーズが進むにつれてどんどん大きくなり、キャラクター間のバランスを保つのに苦労していたが、今回は基本の目線をジョン・リードに置きつつも、物語全体を語り部であるトントに俯瞰させる構造とした事で、うまく二人を対等に扱いバディ物として成立させている。
ローン・レンジャーことジョンを演じるアーミー・ハマーはなかなかの存在感だし、トントを演じるジョニー・デップも白塗りのルックスはインパクト絶大なれど、心に影を抱えたキャラクター故に演技そのものは案外と抑え気味。
ご都合主義ギリギリのスーパーな活躍を見せる馬のシルバーや、ヘレナ・ボナム=カーター演じる義足に銃を仕込んだ女将レッドも、良い具合にアクセントとして機能している。
モニュメントバレーをはじめ、西部劇で御馴染みのロケーションで矢継ぎ早に展開する危機また危機の連続は、正しく連続活劇だ。

もちろん、圧巻は宣伝でも強調されているクライマックスの怒涛の鉄道チェイスである。
1903年に公開された西部劇の元祖といわれる「大列車強盗」以来、鉄道はハリウッド映画における重要なアクションモチーフだった。
これを大いに活用したのが、喜劇王バスター・キートンの代表作にしてアクションコメディのマスターピース「大列車追跡」であり、以降作られる多くの作品に影響を与えている。
そして1984年にはスティーブン・スピルバーグが、「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」で蒸気機関車を小さなトロッコに置き換え、スピードとスリル満点の驚きの追撃戦を見せる。
本作にもキートン、スピルバーグの影響は明らかで、トロッコを再び汽車に戻した重量感たっぷりの追いかけっこは、これら鉄道アクションの正当な進化系だ。
「ローン・レンジャー」の代名詞でもある「ウィリアム・テル序曲」が鳴り響く中、巨大な蒸気機関車同士が追いつ追われつ、列車を飛び移りながらの敵味方の工夫を凝らした攻防戦は、一瞬たりとも目を離せない。
あと「パイレーツ・オブ・カリビアン」が、ディズニーランドの同名アトラクションを原作としているのは良く知られているが、本作も同じくディズニーランドにある“ウェスタンリバー鉄道”“ビッグサンダーマウンテン”という二つの鉄道アトラクションを思わせるのは、もちろん偶然ではないだろう。
このクライマックスの鉄道チェイスだけでも、本作を観る価値は十分あると断言できる。

だが、本作は単にアクション映画として良く出来ているだけではない。
広大な北米大陸に、蜘蛛の巣の様に広がり続ける鉄道網は、合衆国の輝かしい未来を約束するものであるのと同時に、この土地に住む先住民族にとっては侵略と収奪の歴史の象徴だ。
また鉄道工事や銀山で働かされてるのは、清朝中国からの移民労働者たちであり、実際に西部の鉄道の多くが彼らの多大な犠牲の上に築かれたのは、アメリカの黒歴史の一つである。
ヴァービンスキーは、コロンブス以来の西部開拓400年の影を、物語を構成するレイヤーの背面へと配置し、年老いたトントによって語られる物語全体を、失われた時に対するレクイエムとする事で昇華しているのである。

それを象徴するのが、物語の中で繰り返し登場する懐中時計というモチーフだ。
少年時代のトントは、銀を産出する川の源流の場所を若き日のコールである白人のプロスペクターに問われ、安物の時計と引き換えに源流への道を教える。
だが、プロスペクターたちはその秘密を守るために、トントの部族を皆殺しにするのである。
少年は、資本主義という“悪霊”の手に落ち、時の彼方に愛する者を全て失ってしまうのだ。
懐中時計はまた、鉄道会社が功労者に対して与える記念品としても設定されている。
物語の最後で、悪事を防いだとして時計を贈られたローン・レンジャーは、受け取りを拒否して大西部の荒野へと戻って行く。
そして、映画はまるで過ぎ去りし者たちの幻影を追うかの様に、年老いたトントがヨロヨロと荒野を歩く、長く物悲しいラストショットで幕を閉じるのである。
娯楽映画として大いに楽しませながら、米国が資本主義の帝国となった二十世紀から、古き良き正義が説得力を持った、ある種の理想郷としての大西部を俯瞰する。
なかなかに良く出来た作品で、正直なぜこの映画がアメリカの批評家に不評だったのか理解に苦しむ。
ジョンとトントの冒険はこれからが良い所で、是非続きが観たいのだが、どうやらその願いは叶いそうにないというのが残念だ。

今回は意外としみじみとした後味を残す作品なので、バーボンをチビチビと。
ケンタッキー州クラーモント産の、コストパフォーマンス抜群の庶民のバーボン「ジム・ビーム ホワイト」をチョイス。
創業は1795年まで遡るので、この映画の時代には既に70年の歴史を持っていた事になる。
マイルドなテイストで飲みやすく、ロックやストレートだけでなく、コーラ割りなど気軽にいろいろな飲み方がアレンジ出来るのが嬉しい。
高級品ももちろん良いけど、やはり普段の家飲みにはこういう安くて、それでも美味しい酒が良い。

そう言えば唐突に登場する“ウォビット”は一体何だったんだろう?(笑

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い




スポンサーサイト



パシフィック・リム・・・・・評価額1700円
2013年08月11日 (日) | 編集 |
鋼鉄のルチャドール。

こんなにも中二魂を刺激される映画があっただろうか。
未知の深海から出現する巨大怪獣!迎え撃つのは人型戦闘兵器!
オタクを自認するメキシコの鬼才、ギレルモ・デル・トロが作り上げたのは、嘗ての日本製怪獣映画やロボットアニメのエッセンスを抽出し、全く新しい次元で結実させた、壮大な“特撮映画”だ。
少なくとも「ゴジラ」と「ウルトラマン」と「マジンガーZ」と「ガンダム」で育った大人気ない大きなお友達たちは、これら偉大な作品のDNAを受け継ぎ、ハリウッド超大作となって蘇った「パシフィック・リム」に馳せ参じなければなるまい。
アラスカ、香港、そして太平洋の深海へと展開する巨兵たちの死闘は、最新のテクノロジーを駆使し細密かつダイナミックに描写され、ルチャリブレの国からやって来た素晴らしきファット・オタク野郎によって、血湧き肉踊る二十一世紀の怪獣プロレスとして昇華されるのである。

西暦2020年。
太平洋の海底に突如として次元断層が開き、そこから現れるカイジュウと呼ばれる巨大生物と人類の戦いが始まって7年。
人型戦闘ロボット、イェーガーを開発した人類は、カイジュウとの戦いを優勢に進めている。
しかし、アメリカのイェーガー、ジプシー・デンジャーのパイロット、ローリー・ベケット(チャーリー・ハナム)はアラスカに出現した今までよりも巨大なカテゴリー3のカイジュウ、ナイフヘッドとの戦いで、パートナーだった兄を失う。
5年後、次々に出現する強力なカテゴリー3のカイジュウたちによって、各国のイェーガーは倒され、今や僅かに四機が残るのみ。
次元断層を閉じるため、最後の戦いを決意した環太平洋防衛軍のペントコスト司令官(イドリス・エルバ)は、残るイェーガーを香港のシャッタードーム基地に集結させ、アラスカの戦い以降、イェーガーを降りていたローリーを呼び戻す。
ローリーは、イェーガーの改良を担当していた日本人女性の森マコ(菊地凜子)を、新たなパートナーとして選び、再びジプシー・デンジャーに登場するが、二人のパイロットの精神リンクが暴走し、起動テストに失敗してしまう。
そして作戦決行直前のある夜、香港沖にカテゴリー4のカイジュウが同時に二体出現、人類の運命は風前の灯となる・・・


日本のお家芸でもあった怪獣と人間が操縦する巨大ロボットだが、両者が戦う映画は意外と少ない。
実写映画では、平成ゴジラシリーズの「ゴジラvsメカゴジラ」と、その後の所謂「機龍二部作」で、メカゴジラが対ゴジラ用の兵器として設定されていたのが記憶に新しいくらいだ。
本作と設定が最も似通っているのは、“使徒”を怪獣の一種と見なせば、やはり「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズだろう。
単に異形の侵略者vs人型兵器というだけでなく、映画のはじまりの時点で既に戦いが現在進行形であったり、世界規模の防衛組織によってロボットが管理されていたり、何かと類似点が多い。
ロボットと操縦者が精神リンクによって繋がるという設定もエヴァ的で、本作では更に操縦するのに二人のパイロットのシンクロが必要という設定が目新しく、演出上のポイントにもなっている。

ロボットのデザインは、日本製ロボットアニメの影響は顕著だが、「トランスフォーマー」の様に変形を前提としたゴチャゴチャしたディテールは無く、いかにも兵器然とした無骨なもの。
しかも、それぞれに開発国のお国柄が出ているのが面白い。
チェルノ・アルファという名前が既にやばいロシア製は、ただひたすら巨大な拳で怪獣をぶん殴るというシンプルかつ男らしいマシン。
中国のクリムゾン・タイフーンは、ド派手な赤い躯体に、丸ノコ付の三本腕で怪獣相手に功夫やらかしてくれる。
回想シーンの東京の戦いのみに、ちらっと登場する日本製第一世代イェーガー、コヨーテ・タンゴのシルエットは明らかにガンキャノンだ(笑

もっとも、これら外連味の強いマシンは、登場したときから死亡フラグの付いた脇役。
主役級はやはり、カウボーイのイメージでデザインされたというアメリカのロートルマシン、ジプシー・デンジャーと、パイロットを含めて主人公のライバル役となる、オーストラリアの最新型ストライカー・エウレカの二機種だ。
これらカッコ良いイェーガーが、いかにも凶悪そうな大怪獣たちと、がっぷり四つになって戦うのだからたまらない。
しかも技を出す時、ロボットアニメの様に、いちいち「エルボー・ロケット!」とか「エア・ミサイル!」とか叫ぶのである。
怪獣も怪獣で、イェーガーと対決する時に、「俺のほうが強い」とばかりに咆哮し、見栄まで切ってくれるのだから、もう嬉しくて泣けてくるではないか。

しかし、日本の影響は目立つものの、まんまという訳ではない。
例えば、異次元の知的生命体によって、兵器として創造されたクローン生命という怪獣の設定は、その存在そのものが地震や台風の様な怒れる自然のメタファーであり、ある種の荒ぶる神と捉える日本の、なかでも日本型怪獣のイメージを決定付けた、全盛期の東宝怪獣のあり方とは異なっている。
怪獣のデザインテイスト、特にその皮膚感覚はレイ・ハリーハウゼンのモンスター映画の影響を強く感じるし、本作における怪獣は、やはり漢字の“怪獣”そのものではなく、デル・トロの中で消化されて生み出された“カイジュウ”なのだろう。
またギミック満載のイェーガーの発進基地は、世界中の男の子を熱狂させたジェリー・アンダーソンの名作シリーズ「サンダー・バード」の秘密基地の趣もある。
実際映画のラストの献辞で、デル・トロは本作を日米の“モンスター・マスター”、本多猪四郎レイ・ハリーハウゼンの二人に捧げており、これは言わば少年時代のデル・トロが夢中になり、イマジネーションの源泉となった要素を全て詰め込んだ、夢のオモチャ箱なのである。

物語的には、面倒臭い背景の部分は、主人公ローリーのモノローグでサクッと説明してしまい、いきなりアラスカ沖でのジプシー・デンジャーvsナイフヘッドの大バトルへ。
以降、この戦いで心に深い傷を負ったローリーの敗者復活の物語を、ヒロインにしてパートナーとなるマコや、「AKIRA」の“大佐”を元にキャラクター造形されたというペントコスト司令官との関係を絡ませながら、香港での戦い、太平洋の海底でのクライマックスと展開させる。
以前から感じていたが、菊地凜子は日本映画よりも西洋人の監督が撮った時の方が、確実に美しく見えるのは気のせいか。
今回も名前の通り凜とした雰囲気で、戦闘美少女(という年齢でもないけど)の系譜に連なるキャラクターを好演している。
また、出番は回想シーンのみで台詞も殆ど無いのだが、マコの子供時代を演じる芦田愛菜が強い印象を残す。
古今東西の怪獣映画を思い出しても、巨大生物に襲われた演技で、本作の彼女以上のものは観たことが無い。
未知の存在への自然な恐怖が観客へと伝わり、デル・トロの絶賛も決して単なるお世辞ではないだろう。

ローリーの再生と戦いが物語の縦軸だとすれば、横軸的なサブストーリーの主役が、コミックリリーフでもある怪獣学者のマッドサイエンティスト二人組みだ。
彼らは怪獣の秘密を探るため、イェーガーの操縦システムを応用し、なんと怪獣の脳と自分の脳をリンクしようとしており、そのためにフレッシュな怪獣の脳を探し回る。
今までの怪獣映画では、倒された巨体がどうなるかは殆ど描かれる事が無かったが、本作では怪獣の体が、漢方薬の原料としてブラックマーケットで高く売れるという設定がユニークだ。
なるほど、ここで舞台が漢方の本場、香港である事も生きてくるのである。
怪獣の体の切り売りという怪しげな商売を仕切る、“怪獣マフィア”として暗躍するのが、デル・トロ映画には欠かせないロン・“ヘルボーイ”・パールマンなのも嬉しい。
この怪獣の脳みそを巡るサブストーリーは、後半縦軸の話とも絡み合って機能しており、パールマンも登場シーンは少ないながらも、実に美味しいところをさらってゆく。

もちろん、多くの大きなお友達が夢見たであろう、陸海空を又にかけた怪獣vsロボットのバトルシークエンスは、さすがこのジャンルを知り尽くしたデル・トロが素晴らしい仕事を見せる。
徹底的なリアリズムというよりも、映像的なカッコ良さを突き詰め、格闘のショットは適度な高さでカメラを動かす。
3D効果もあって、CGでありながら若干のミニチュア感があるのだけど、本作においては、それが観客の記憶に刷り込まれた懐かしい興奮を呼び起こすのだ。
ハリーハウゼンのモンスター映画の軽快さと、本多猪四郎の怪獣映画の重量感、更に二十一世紀ならではのデジタル映像の臨場感を得た怪獣プロレスは、正に手に汗握る名場面の連続だ。
だが、冒頭、中盤、終盤と三回にわたる大掛かりなバトルシークエンスが、全て夜とか海の底とか暗い場所の設定なのはちょっともったいない。
テレビニュースとして映し出されるシドニーの戦いや、回想シーンの東京の戦いなどを見ると、別に怪獣が出現するのは夜とは限らないはずで、一回くらいは明るい太陽の下でのどつき合いを観たかった。
またクライマックスとなる、太平洋海底での戦いは、怪獣との戦いと、次元断層を爆破するという二つのスリルが分離してしまっているのが残念。
せっかくカテゴリー5の無茶苦茶強そうな奴が登場したのに、扱いは他の怪獣とあまり変わらず。
思ったよりあっさり殺られてしまい、続く次元断層の爆破シークエンスは、ぶっちゃけ設定も展開も既視感がいっぱいで、次に何が起こるのか全て読めてしまう。
これはやはり怪獣との戦いを最後まで絡ませ、今まで観た事の無いものを見せて欲しかったところだ。

「パシフィック・リム」はメイド・イン・ジャパンの怪獣映画やロボットアニメのムーブメントが、タイトル通りに環太平洋へと広がって行き、海の向こうで大輪の花を咲かせた、創作の連鎖の幸福な象徴だ。
映画では対怪獣戦争は12年の長きにわたって続いている設定なので、ここから例えば2013年から2025年までの年代記の様な形でスピンオフのテレビシリーズを作ったりしても面白いのではないだろうか。
ジプシー・デンジャーの戦い、チェルノ・アルファの戦いという風に、イェーガーごとに描いても面白いだろうし、若きペントコスト司令官がガンキャノンを操って、日本を舞台に奮戦する話も観てみたい。
まあしかし、それは「ゴジラ」や「ガンダム」に対する大いなるアンサームービーを受け取った日本人が、デル・トロへの返礼としてやるべき仕事なのかもしれないけれど。
いずれにしても、本作のインパクトは、やがて新たなる創作の連鎖に繋がってゆく事は間違いないだろう。

今回は、献辞を捧げられた日本の怪獣マスター・本多猪四郎監督の出身地、山形は鶴岡のお酒、加藤嘉八郎酒造 の「大山 純米吟醸」をチョイス。
柔らかな芳醇さと優しい口当たりが特徴で、バランスが良く合わせる料理を選ばない。
今の季節なら、太平洋の怪獣ならぬ日本海の海の幸を肴に、冷でスッキリと飲みたい一本だ。
ちなみに本作もクレジット途中に意外なオチがあるから、席を立っちゃダメよ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い