FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「楽園からの旅人・・・・・評価額1550円」
2013年09月07日 (土) | 編集 |
黙示録の劇場。

もちろん全て観ている訳ではないが、エルマンノ・オルミの作品は、キリスト教的な寓話の要素が強い。
貧しい生活の中で、強固な信仰を心の糧とする人々の物語「木靴の樹」、飲んだくれのホームレスに訪れる奇跡を描く「聖なる酔っぱらいの伝説」、そして現代のキリストをモチーフにした「ポー川のひかり」など、どの作品にもキリストへの信仰が深く刻まれている。
その傾向は本作において特に色濃く、ほとんどその部分だけに純化した様な作品と言えるだろう。

イタリアのとある街で、信徒の減少から教会が廃止され、ずっと信仰に生きてきた司祭は失意に沈む。
ところが廃墟となった神の家に、当局に追われたアフリカからの不法移民の一団が助けを求めてやって来るのだ。
司祭は彼らを受け入れ、自らの使命とは何かを考え、人生を捧げてきた信仰について葛藤を深めるのである。
舞台となるのは教会の内部のみ、つまり神の胎内という閉鎖空間で展開する、極めて演劇的な物語
嘗てフェデリコ・フェリーニは「甘い生活」の冒頭で、ヘリコプターに吊り下げられた巨大なキリスト像という強烈なイメージを見せつけて、それが退廃しモラルを失った時代の物語である事を示唆してみせた。
本作のオープニングシークエンスでも、役目を終えた教会からキリスト像がクレーンに吊り下げられて運び出される。
オルミ流の偉大な先輩に対するオマージュ、と言うか半世紀後の世界に生きる作家としてのアンサーか。
もはやキリストの家ではない聖なる空間に、入れ替わる様に大勢のイスラムの客たちがやって来る。
彼らの中には父親のいない赤ん坊、即ちキリストを彷彿とさせる人物もいれば、自爆テロを企てているグループもいるし、突然カメラに向かって身の上話を語りかける老人もいる。

しかし、これはいわゆる社会派映画ではない。
例えば、同じモチーフを扱っていても、海に生きるイタリア人とアフリカからの密入国者を描く「海と大陸」の方がずっと社会的な視点が強い。
本作はいわば作者の分身である司祭の見た、信仰が失われた社会に訪れた神の啓示、黙示録の風景を描いた遺言的寓話なのだと思う。
物資的には豊かだが、その進むべき目標を信仰と共に失ってしまった社会。
隣人を愛さず、現状に閉じこもる現代ヨーロッパは、老巨匠の目にはゆっくりと滅びへと向かっている様に見えているのだろう。
廃墟の教会堂の中に作られたダンボールの村は、終末であり希望でもある、いわば可能性の未来の象徴だ。
絶望と葛藤の末に、遂に司祭は「信仰よりも善行の方が尊い」とつぶやく。
この時点で彼の行為は、既にキリストとかイスラムといった宗教を超越している。
人々を愛し、導くために本当に必要なものは何なのか。
82歳のエルマンノ・オルミは、静かに、しかし思慮深く我々に問いかけるのである。

いぶし銀の輝きの映画には、イタリア最古のビール銘柄として知られる「ビッラ モレッティ」をチョイス。
創業は1859年に遡り、当時のオーストリア帝国の影響を色濃く受けた、クラッシクでバランスの良いピルスナー。
マフィアっぽい髭のおじさんのラベルも特徴的で、イタリア料理店にいくとつい頼みたくなる一本だ。
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い




スポンサーサイト



ショートレビュー「タイピスト!・・・・・評価額1600円」
2013年09月07日 (土) | 編集 |
タイプバーが綴る恋。

1950年代のフランスを舞台に、タイプライターの早打ちコンテストに挑むヒロインの恋と挑戦を描いた、オシャレで軽妙なロマンチック・コメディ。
てっきり完全なフィクションだと思ってたけど、一部実話ベースとは驚いた。
漢字、ひらなが、カタカナと三種類も文字のある日本では、タイプライターはそれほど普及しなかったが、世界ではこんな大会が開催されていたのね。
一分間に500文字以上を入力し続けるために、基礎体力作りに勤しむヒロインとか、ほとんど昭和スポ根物のノリなのが可笑しい。
もっとも、本国でもクリーン・ヒットを飛ばしたというこの映画、単にレトロでキュートなだけの作品ではない。
物語の背景となっているのは、第二次世界大戦の記憶と、女性の社会進出に伴うジェンダーの葛藤である。

デボラ・フランソワ演じる主人公のローズは、ノルマンディの片田舎の出身だ。
昔気質の父親に、無理やり結婚させられそうになり、人生を自ら切り開くために、花の都パリへとやってくる。
唯一の得意技であるタイピングで、街の保険会社の秘書の職を得るものの、おっちょこちょいの田舎娘は失敗ばかり。
そこで雇い主のルイから突きつけられるのが、タイピングの全国大会で優勝する事、さもなくばクビという無理難題だ。
男たちの人手を軍隊に取られた第二次世界大戦は、多くの国々で女性の社会進出のターニングポイントであった。
戦後、フランスでも職業を持つ女性が増える一方で、ローズの父親の様に古き価値観からなかなか逃れられない人々もまだ多くいる時代。
そんな中で、女性のたちの憧れの職業の一つが“秘書”であり、その仕事のツールであるタイプライターのチャンピオンは、いわばウーマンリブの時代の寵児だったのだろう。

一方、ローズをタイピング女王に育て上げる雇い主のルイは、嘗てのドイツ軍との戦いでただ一人生き残り、仲間を助けられなかったトラウマから逃れられない男だ。
自分を許せない気持ちから、本気で恋に向き合う事も出来なくなり、今は親友の妻となった幼馴染の女性にも心を残したまま、先に進めないでいる。
ローズに対しても、雇う段階から既に男として口説きたい気分と、良き人間として助けなければという気分が葛藤し、あえて鬼コーチを装う事で恋心を抑え込む。
そして、実際にローズの才能が開花すると、彼女がアプローチを待っているのを知りながら、自分の役割は終わったとばかりに、身を引こうとしてしまうのだ。
惹かれ合いながらも素直になれない二人の仲を、ずっと見守ってきた周囲の人々が後押しし、タイピング世界大会決勝戦という、ものすごくわかりやすいクライマックスで、全てが結実する展開も鮮やか。
ローズとルイは、今風に言えば戦後フランス版の肉食女子と草食男子の様な物かもしれない。
これは男たちが自信を失い、女たちが自立した生き方を見つけようとする時代の、新しいロマンスの形を描いた物語。
ソール・バス風のレトロなオープニングタイトルから、粋なセリフで締めるラストまで、エスプリの効いた実に楽しい佳作である。

この映画にピッタリなのは、華やかなスパークリング・ロゼ。
フランスのモエ・エ・シャンドンが、オーストラリアのヴィクトリア州で生産している「シャンドン・ロゼ」をチョイス。
果実のフレッシュな味わいと、立ち昇る泡の絹の様に柔らかくクリーミーな喉ごしが、映画の爽やかな後味を強調して、残暑の蒸し暑さも軽減してくれるだろう。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い