FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「オン・ザ・ロード・・・・・評価額1600円」
2013年09月12日 (木) | 編集 |
人生に必要な事は、全て路上にある。

所謂ビート・ジェネレーションの寵児、ジャック・ケルアックが1957年に発表した自伝的小説の映画化である。
第二次世界大戦後間もない1940年代後末、NYに暮す作家志望の若者サルは、放浪癖のある型破りなバカヤロウのディーンと出会い、憧れの西部へと続く「オン・ザ・ロード」へと歩みだす。
青春の旅を描く物語と、「モーターサイクル・ダイアリー」などで知られるウォルター・サレス監督とのマッチングはバッチリ。
過ぎ去りし過去へのビターな情感漂う、ロード・ムービーの秀作となった。

人、モノが行き交い、広大な大陸を隅々まで結ぶ路上は、ある意味社会のあらゆるステージに繋がっているフロンティアだ。
若者たちは生まれ育った街を出て、自らの無限の可能性と希望の未来をその先に見るが、いつゴールにたどり着くのか、そもそもゴールは存在するのかは人それぞれ。
フレンチ・カナダからの移民をルーツに持つケルアックは、揺れ動くアイデンティティの確立をアメリカ西部への旅に求める。
作者自身の分身であるサルは、西部劇のカウボーイを思わせる自由人のディーンを慕い、まるでヘミングウェイの小説の様に南からの季節労働者と共に寝起きし、徐々に自身の中の“アメリカ人”に輪郭を与えてゆく。

だが、本来道というものはどこかからどこかへと行くための通過点で、永遠にそこにとどまり続けることは出来ない。
ディーンの“妻”の一人メアリールーは、根無し草の夫に愛想を尽かし、故郷で待つ堅実な恋人のもとへと帰り、別の妻のカーミュもまた子供と共にディーンから去って行く。
本作においては、女たちが早々に“路上”に見切りをつけて“家”を求めるのと、男たちが見果てぬ何かを追い求め路上の魔力からなかなか逃れられないのは対照的だ。
彷徨い続けたサルの中でも、やがてポスト・フロンティアとしてのアメリカの姿と共に、自身のアイデンティティが確立すると、彼にとっての路上はその瞬間過去となる。
そして、路上の出来事の記憶は膨大な言葉に姿を変え、本作の原作として結実するのだ。
彼らの破天荒な生き様を描いた小説が、多くの若者たちに影響を与え、大きな文化ムーブメントとなったのは、本作で描かれたのがアメリカという国自体の青春の終わりだったからに他ならない。

基本的に私小説なので、主人公以外の登場人物もほぼ実在の人物のアレンジだ。
よく知られている様に、ディーンにはニール・キャサディというモデルがいるし、友人のカーロは「HOWL」などで知られる詩人のアレン・キンズバーグ
クリスティン・スチュワートとキルスティン・ダンストが演じた、ディーンの二人の妻も同様だ。
ウィリアム・バロウズ夫妻をモデルとしたブル・リーとジェーンが、ヴィゴ・モーテンセンとエイミー・アダムズだったり、ちょっとしたキャラクターまでも意外な大物が演じていて驚く。
麻薬中毒のブル・リーが拳銃で遊んでいる描写などは、後に彼が起こすウィリアム・テルごっこをしていて妻を射殺してしまった事件などを知っていると意味深に感じるだろう。
まあキャストで一番ウケたのは、ブシェミだったけど(笑

しかし本作で描かれた時代の後、ニール・キャサディは1968年に41歳の若さで急逝し、ケルアックも晩年アルコールで身体を壊し、まるでキャサディの後を追う様に翌年に亡くなっている。
どうやら路上とは、留まり過ぎると寿命を縮めるほどの魔力を持っている様である。

とにかく登場人物が酒を飲みまくっている映画だが、今回は西部の旅に持って行きたい、メキシコはハリスコ州テキーラからやってきた「サウザ ゴールド」をチョイス。
美しい黄金色の液体は、テキーラとしては比較的まろやかで飲みやすい。
もちろん割っても美味しいが、ストレートでチビチビやるのも悪くない。

ちなみにアレン・キンズバーグの人生は、2010年にジェームズ・フランコ主演で代表作と同じ「HOWL」のタイトルで映画化されているのだが、これもけっこう評判良かったのに日本未公開のままなのは残念だ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い





スポンサーサイト




ショートレビュー「キャプテン・ハーロック・・・・・評価額1500円」
2013年09月12日 (木) | 編集 |
自由の旗を掲げよ!

過去にも「銀河鉄道999」への客演や、若き日のハーロックを描く「わが青春のアルカディア」などスピンオフ的な作品はあったが、意外にも「キャプテン・ハーロック」のタイトルで劇場用長編映画化されるのはこれが最初である。
もっとも、過去の漫画やテレビアニメに慣れ親しんだ世代は、本作にはいささか戸惑うかもしれない。
これは、漫画やアニメのリメイクというよりも、異なる時間軸の中での「キャプテン・ハーロック・ビギンズ」的な物語であり、キャラクターや世界観もかなり異なっている。
邦画では異例の18ヶ月もかけたというプリプロのおかげで、ビジュアルの充実、特にスチームパンク風の美術は素晴らしい。
アニメ版とは趣が異なるが、映像的には十分世界レベルの力作であると言って良いだろう。

※ここより完全ネタバレ。
本作を特徴付けるのが、帰るべき地球を失った人類というコンセプトだ。
全宇宙に広がった人類が、種の老年期を迎えて地球へといっせいに戻ってくるというのは藤子・F・不二雄の傑作短編「老年期の終わり」と共通する。
ところが増えすぎた人類の間で地球の争奪戦争が起こり、結果的にガイアサンクションという統治機構によって、地球は不可侵の聖地として管理され、人類は永遠に帰ることの出来ない心のよりどころとして地球を眺めている。
だが、実は本物の地球は最終戦争によってダークマターに汚染され、見るも無残な姿に変わり果てており、ガイアサンクションは人々にホログラムで作られた偽りの地球を見せて、自らの権威を守っているのである。

一方、ハーロック暗殺を命じられて、アルカディア号に乗り込む本作の事実上の主人公であるヤマは、実はガイアサンクション軍のイソラ司令官の弟だ。
彼らはヤマの起こした不幸な事故によってお互いの心と身体に傷を負い、愛憎半ばする奇妙な関係にある。
二人の絆を結び付けているのは、イソラの妻であり、ヤマの初恋の人であるナミなのだが、彼女は事故によって肉体の自由を失った意識のホログラム、言わばゴーストの様な存在なのだ。
ホログラムの地球とナミという二つの“フェイク”は、マクロとミクロの相似形であり、本作のテーマを象徴する。

パイロット版を含めた本作のプリ・プロダクションは2009年、プロダクションは2011年春にスタートしており、時期を考えると偶然なのだろうが、汚染で失われた故郷、過酷な現実から逃れて幻影を信じたがる人々とか、妙にリアルな日本を感じさせるのは面白い。
しかし、本作においてもっとも驚くべき幻影は、実はキャプテン・ハーロックその人なのである。
実は、ガイアサンクションの偽善を許す事が出来ず、地球をダークマターで汚染させてしまったのは、ハーロック自身なのだ。
ダークマターの呪いによって不死の身体を与えられたハーロックは、宇宙のあちこちに次元振動弾を設置し、時間をゼロに戻すビッグバンを再現しようとしている。
過去の作品に描写された、威風堂々とした男の中の男、男が惚れる男のハーロック像はここには無い。
ハーロックは、自らの犯した過ちの重さに耐えられず、全宇宙を巻き添えに集団自殺を図ろうとするパラノイアなのだ。

この人物造形に戸惑っていると、映画はさらに思いも寄らない方向へと舵を切る。
物語の終盤で“キャプテン・ハーロック”とは、一人の人物の固有名詞というよりも、自由を求めるスピリットの象徴として定義されるのだ。
見たくない現実に真摯に向き合い、生きるために必死に抗う時、人ははじめて心の自由を得る。
物語を通じてパラノイアのハーロックもそうして自由を手に入れるのだが、結局二人のハーロックが並び立つラストとか、どうにも物語の収束点としては収まりが悪い。
SFの装いながら、例えばダークマターの地球に落ちたアルカディア号が、突然あの形になって蘇った訳や、ハーロックが不死となった理由は強引にスルーし、ほとんどファンタジーの魔法の様に処理してしまっているのも如何なものか。
プロットの構成やキャラクター造形を含めて、正直脚本力にはかなり疑問が残るが、全体のテーマの明確さとテンポ感のある見せ場の連続に救われた印象だ。
もちろんスコープサイズで展開するスペクタクルな宇宙戦の映像は、それだけでも大スクリーンで鑑賞する価値がある。

ハーロックというと、赤ワインの印象があるが、本作でもやっぱりミーメと飲んでいた。
という訳で、今回はカリフォルニアからその名も「アルカディアン ピノノワール スリーピーホローヴィンヤード」の2007年をチョイス。
1996年創業の比較的若い銘柄だが、複雑なフルーツのフレーバーが絡み合う、フルボディの重厚な味わいはなかなかのものだ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い






ショートレビュー「ペインレス・・・・・評価額1650円」
2013年09月12日 (木) | 編集 |
なぜ神は、彼らを創ったのか?

「REC レック」シリーズのルイソ・ベルデホが脚本を手がけたと聞いて、てっきりホラー映画だと思っていたが、いやあ騙された。
これは「パンズ・ラビリンス」「灼熱の魂」とでも形容出来るだろうか。
忘れられた歴史の闇に、巧妙にフィクションを絡ませた実にウェルメイドなスパニッシュ・ミステリーだ。
主人公のデヴィッドは敏腕外科医。
過労から交通事故を起こし、婚約者は死亡、彼女のお腹にいた赤ん坊だけは、何とか命を取り留める。
しかもデヴィッド自身も白血病に罹患している事がわかり、肉親からの骨髄移植の必要があるのだが、その事を聞いた両親は、彼が養子である事を告白するのだ。
生みの親を探す現在のデヴィッドの旅は、やがて歴史に埋れた血塗られた秘密を暴き出してしまう。

それは1930年代に、スペインの片田舎で発見された奇妙な子供たちに纏わる物語。
彼らは皆、先天的に痛みを感じる事が出来ない。
自らを傷つけても、他人を傷つけても、それが命を脅かす行為であると分からないのだ。
ゆえに、周りにとっても、彼ら自身にとっても危険な存在であると見なされ、ピレネー山脈の奥地にある精神病院に監禁される事になるのである。
ドイツからやって来たユダヤ人医師によって、一時は社会復帰の為のプログラムが進められるのだが、やがて時代はスペイン内戦へ。
映画は、生きるために自らのルーツを探すデヴィッドの旅と、激動の時代に生きた無痛症の子供たちが辿った運命を、交互に描いてゆく。
子供たちの中でも、特に危険とされた17号室の少年は、やがて戦争とその後の狂気の独裁の時代の中で、“ベルカノ(再生の意)”と呼ばれる特別な存在となる。
はたして、現在と過去はどう繋がるのか、デヴィッドの本当の母は何者なのか。
監督と共同脚本を兼務するファン・カルロス・メディナは、巧みなミスリードを取り混ぜつつ、次第に物語を核心へと導いてゆく。

思うにスペイン人にとって、内戦とその後のフランコ独裁政権の歴史は、喉に刺さったまま決して抜けない棘の様な物なのだろう。
「カインはなぜアベルを殺したか知っているか?人類最初の殺人は嫉妬が原因だった。実にスペイン的だ」
劇中にある人物は語るこの台詞が象徴する様に、同じ民族同士が殺し合い、今も当時の敵味方が同じ国に暮らすという現実の裏側には、外からでは計り知れない因縁が渦巻いていてもおかしくない。
独房に響く初恋の娘の歌声、涙の二つの意味、父から子へと受け継がれる瞳の色。
緻密に配された幾つもの伏線が二つの時代で登場人物の感情と共鳴し、歴史に翻弄されたある家族の残酷な運命の物語を紡ぎあげる。

しかし、なぜ1930年代のスペインに、突如として無痛症の子供たちが現れたのか。
物語の前提となっているこの大きな謎に、映画は答えを出さない。
私は観た直後、この部分を描かないのは片手落ちではないかと考えたのだが、ふと彼らが現れたのは後の戦争の時代の予兆であり、神の“しるし”なのではないかと思い至った。
痛みを感じる事がなければ、たとえ無慈悲な大人たちに殺される時でも苦しむ事はない。
あまりにも残酷な解釈だが、こう考えれば物語の中で起こる全ての事が腑におちるのである。
また当然ながら、神の見えざる手が起こした事を、物語の上で合理的に説明出来る訳がない。
この解釈が当たっていて、観客がそこまで考える事を予測しているとするならば、ファン・カルロス・メディナ恐るべし。
「スクリーム・フェスト スペイン2013」なんて枠に括られての公開なので、B級ホラー映画だと思って敬遠している人も多いだろうが、これはホラー要素はほぼゼロ。
クラッシックな怪奇映画のムードを纏った、人間の哀しく切ない業を巡るミステリアスな寓話である。

今回は、スペインを舞台とした物語なので、リベラ・デル・ドゥエロのワイナリー、ドミニオ・ロマーノから燃える様なフルボディの赤、「カミーノ・ロマーノ」の2008をチョイス。
果実の味わいと適度な酸味がバランス良く、パワフルでありながらエレガントさを感じさせる。
なるほど、スペイン人の血の情念は、この赤ワインの様に濃いのだな。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い