FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ハンナ・アーレント・・・・・評価額1650円」
2013年12月28日 (土) | 編集 |
アーレント教授の白熱教室。

1960年、南米で逃亡生活を続けていた元ナチス幹部、アドルフ・アイヒマンがイスラエルの諜報機関モサドによって拘束され、密かにエルサレムに移送される。
ユダヤ系ドイツ人女性で、ナチスの抑留キャンプから逃れて米国へ亡命した哲学者、ハンナ・アーレントはアイヒマンの裁判を傍聴し、その記事をニューヨーカー誌に連載する事になる。
世界はこの旧世界の恐るべき“野獣”の断罪を欲し、イスラエルの裁判所は当然のように絞首刑の判決を下す。
ところがアーレントの記事は、アイヒマンを邪悪な人物ではなく、どこにでもいる凡人であり、反ユダヤ主義者ですらないと評し、それどころか当時のユダヤコミュニティの指導者たちもまた、ナチスの政策に加担したと指摘したのである。
この記事によって、アーレントは世間の激しいバッシングを受けるのだ。

アーレントの視点によって描かれるアイヒマン裁判の断片を見る限り、彼女の記事は至極公正に思える。
アイヒマンは巨大な組織の単なる中間管理職で、上から流れてきた命令を事務的にこなしていた一役人に過ぎず、積極的に他人の破滅を作り出す意図は見えない。
実際、彼自身が手を下して殺害した犠牲者は一人もいないのである。
ところがイスラエル検察は、彼の職務とは直接関係ない犠牲者の遺族に証言させ、アイヒマンが虐殺の核心に関わった極悪人であり、彼の行為が重大な結果へと結びついたという印象を世界に向けて発信するのだ。
これは裁判とは名ばかりの、結果ありきの茶番である。
ところが、その事を端的に指摘したアーレントは、ナチス野郎と罵られ、世間から吊るし上げられる。
ここで重要なのは、彼女はアイヒマンの責任は認めている事だ。
自らも逃げ遅れたなら殺されていたかもしれない当事者の一人として、アーレントは彼の事を許すとは言っておらず、絞首刑という判決そのものには反対していない。
なのに、なぜ彼女は世間から攻撃されねばならなかったのか?

基本的に、人は信じたい事を信じるのだと思う。
それは、自らが観察し、思考して感情と理性を葛藤させ、苦悩の末に結論を導き出すよりもずっと楽だからだ。
実は彼女を誹謗中傷した人々は、自らもアイヒマンと同じ罠に嵌っている事に気づかない。
ナチスは絶対悪であり、彼らには人間性など存在しない、故に“理解”など不可能だ。
同時に、ユダヤ人は一方的な被害者であり、振る舞いに反省すべき点などある訳が無い、という常識と価値観に縛られ、そこで思考停止してしまっているのである。
ナチスの悪は根源的な悪ではなく、思考すること、即ち人間であることを放棄した、平凡な存在による凡庸な悪であるというアーレントの指摘は、人々にとって直感的に自分たちの心にもある影の部分を鋭く指摘されたのと同義だったのだ。
あなたも、私も、ユダヤ人だってアイヒマンになり得るのだと。

悪とは何か、その悪を裁く正義とは何かというハンナの投げかけた問いによって生じた波紋が、民族感情によって複雑に増幅されてゆく様は、靖国問題とも共通する部分がある。
大切なのは、長いものに巻かれるのではなく、偏見や思い込みを捨てて、個としての思考を続けること。
思考は知識ではないが、思考こそが善と悪、美しいものと醜いものを見極める力を与えてくれるのだ。
どんな圧力をかけられても、攻撃されても、人間が人間たる事を諦めなかった半世紀前の哲学者のドラマは、2013年末の日本の現実に、確実に響くのである。

今回は、アーレント教授の信念に敬意を表し、カクテルの「アイアン・レディー」をチョイス。
ウイスキー36ml、ドライ・ベルモット12ml、ポートワイン12 ml、オレンジ・ビターズ1dashをステアしてグラスに注ぐ。
ウィスキーに深みにポートワインの柔らかな風味が広がり、オレンジ・ビターズが大人の味わいを演出する。
ルビー色の見た目も美しい。
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト