FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ブルージャスミン・・・・・評価額1650円」
2014年05月23日 (金) | 編集 |
ジャスミンは夜、密かに咲く。

ここしばらくのヨーロッパ観光地巡りに飽きたのか、久々に母国へ戻ってきたウッディ・アレンの、ビターでアイロニカルなヒューマンドラマ。
今回アレン翁の俎上にあげられるのは、21世紀に入ってから加熱する一方のアメリカのセレブカルチャーだ。
主人公のジャスミンは、ニューヨークでの金満セレブ生活から転落、一文無しとなってサンフランシスコに住む妹のジンジャーのアパートへと転がり込む。
ところが、贅沢三昧が体に染み付いた彼女は、どうしても過去の栄光から逃れる事が出来ないのである。

この映画では、アレンの拠点でもあるニューヨークは、いわば虚飾を象徴する街として描かれる。
ジャスミンの夫のハルは大富豪だが、莫大な資産の中身はというと、投資詐欺を繰り返して得た他人の金。
巧みなマネーロンダリングによって司法の追及を免れてきたものの、要するに本来あるはずの無いあぶく銭に過ぎない。
その事には、ジャスミンもある程度気付いているのだが、彼女は夫の犯罪に見て見ぬふりをする事で自分を騙し、ニセモノの豊かさを享受する。
彼女にとっては、現実だろうが虚構だろうが、煌びやかなセレブ生活を送ることが出来ればそれで良いのだ。
何しろジャスミンという名前すら、本名のジャネットが“平凡すぎる”という理由で改名した程の、虚栄心の塊である。

対して大陸の反対側、妹たちの暮らすサンフランシスコは、人生の現実が見える街だ。
ジンジャーとその元夫や恋人たちも、決して裕福ではなく、それぞれに問題も抱えてはいるが、地に足をつけ堅実に歩んでいる。
この街にやって来たジャスミンも、最初は地道に生活を再建しようとするものの、やがて彼女は手っ取り早くセレブ生活に戻るために、またしてもウソにウソを重ねて他人の金を当てにし始めるのだ。
もちろん、懲りない女の下り坂にブレーキがかかるはずも無く、彼女の人生は完全破綻に向かって一直線。

ジャスミンの別名は、夜の女王
インドには、この花にまつわる悲しい伝説があるという。
古の王国の王女パーリジャータカは、太陽神の寵愛を受けていた。
だがしいつしか、太陽神は他の娘に心移りし、忘れ去られた王女は絶望のあまり自殺してしまう。
すると彼女のお墓からは、太陽神のいない夜の間だけ咲き、朝になると散ってしまうジャスミンが生えてきたのだとか。
まさしく、ジャスミンにとって望むものを何でも与えてくれる夫のハルは太陽であった。
そして伝説通り彼は浮気し、捨てられそうになった彼女は自ら全てを破壊してしまう。
しかし、ずっと虚構の人生を生きてきたジャスミンは、結局最後まで現実を見つめ、素の自分自身と向き合うことができなかった。
リアルな世界に居場所を見つけられない彼女が、全てを拒絶して最後に閉じこもるのは、自分の心の中しか無かったのである。

アレン作品には初出演のケイト・ブランシェットが、ネガティブオーラ全開でタイトルロールを演じ、圧巻の存在感。
いつもの優美さはセレブリティとしての取り繕った仮面に生かし、その実思い通りにならない現実への恨みのこもった目の演技は完全にイッちゃっててコワイ。
初のアカデミー主演女優賞という勲章も、納得の名演だ。

もの悲しくも少し可笑しいラストには、何となく既視感を覚える。
考えてみると、この映画の面白さとは、例えばワイドショーでスターや著名人のスキャンダルや転落人生を見るのに近いのではないか。
他人の不幸を消費して、楽しんでいる私たちにもまた、アレン翁の皮肉っぽい視線は注がれているのかも知れない。

今回は庶民でも飲めるロバート・モンダヴィ傘下の「ウッドブリッジ シャルドネ」を。
洋梨やリンゴ、オレンジ系のフルーティで爽やかな香り、味わいは口当たり良く、スッキリとしつつ余韻はしっかりと感じられる。
何よりもこのクオリティで1000円を切るコスパは、貧乏人の財布に優しい。
気取らない家飲みワインにピッタリだ。
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト