FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「マレフィセント・・・・・評価額1600円」
2014年07月13日 (日) | 編集 |
御伽噺のパラレルワールド。

1959年に公開された、ディズニー黄金期を代表するプリンセスものの名作、「眠れる森の美女」の実写リメイク。
爆発的な大ヒットとなった「アナと雪の女王」でも描かれた、御伽噺の魔女は本当は何者か?という問いかけを前面に出し、タイトル通り美しきオーロラ姫に呪いをかけるヴィラン、マレフィセントを描く物語である。
エグゼクティブ・プロデューサーを兼ねるアンジェリーナ・ジョリーがタイトルロールを演じ、ユーモアを隠し味に極めて魅力的なダークヒロイン像を作り上げている。
オーロラ役のエル・ファニングもフレッシュで良いが、これはやはりアンジーによるアンジーのための映画であり、彼女の代表作の一つとなるだろう。
※ネタバレ注意。

そもそもマレフィセントはなぜ、何の関わりも無い生まれたばかりの姫君に、永遠の眠りという残酷な呪いをかけねばならなかったのか?(オリジナルでは死の呪いで、後から永遠の眠りに弱められる)
一応の動機として、オリジナルやグリム童話では王女誕生の祝宴に招かれなかった事を恨んだとしているが、それにしては彼女のオーロラへの執念は余りにも執拗だ。
リアルに考えれば、マレフィセントにはオーロラ、あるいは王家に対する深い恨みがあるはず。
ならば彼らの過去に一体何があったのか?呪いの動機は何だったのか?

本作は、オリジナルの物語が始まる遥か以前、人間の少年ステファンと美しい翼を持つ妖精の少女マレフィセントとの淡い初恋物語から幕を開ける。
敵対する種族同士ながら、相思相愛となった二人の仲はしかし、やがて成長し権力への欲望にとりつかれた少年の裏切りによって破局を迎える。
妖精の国の征服を狙う人間の王は、邪魔者のマレフィセントを殺した者を後継者とする布告を出す。
するとステファンはマレフィセントの美しい翼を奪い、それを持って彼女を殺したと偽って、王国を手に入れるのだ。
要するに、マレフィセントにとってオーロラは、自分を裏切って人生をメチャクチャにした元カレの娘であり、呪いは彼の仕打ちに対する復讐だったという昼メロチックな設定となっている。

愛した者に裏切られ、報復として愛した者を呪う。
それ故に、マレフィセントとステファンは、共に真実の愛を信じられなくなっているのがポイント。
呪いを解く手段として、真実の愛のキスを残したのも、そんなものは存在しないと思っているからなのである。
しかし、オーロラにかけた呪いの成就を唯一の生きがいとし、執念深く彼女の成長に寄り添って行くうちに、マレフィセントの心に思いがけぬ変化が現れる。
彼女は、復讐の対象のはずのオーロラを、計らずも愛してしまうのだ。
幼い頃のオーロラを、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの実の娘が演じているのだが、全編に演技を超えた彼女の母としての慈愛が滲み出ており、愛憎の間で葛藤する女の悲しみが何とも切ない。

まあこの展開では、本作における真実の愛の解釈は途中で読めちゃうけど、16年の間に積み重なった感情の蓄積が描かれているので、十分説得力はある。
一応、本来のオーロラの相手役であるフィリップ王子も出てくるものの、もはやディズニー作品でのプリンスの扱いのアバウトさは定番化し、「アナ雪」の完全ヴィラン扱いよりはマシなものの、今回もほぼ役立たずだ。
男衆が例によって類型的なキャラクターに造形されている一方、マレフィセントとオーロラは綿密に描写され心の機微が感じられる。
恋人に裏切られ、深い悲しみから復讐という闇に染まったヒロインが、擬似的な子育てを通して慈愛に満ちた本当の自分を再生させる寓話的物語として、なかなかに良く出来ていると思う。

ただ本作の場合、行動の動機は描かれているものの、善と信じられていた者が悪をなし、悪とされた者が実は善なる存在だったという話で、基本的には二元論の世界観のままである。
その意味では「アナ雪」ほど過去へのアンチテーゼとして突き抜けてはおらず、新鮮さという意味ではやや物足りない。
もっとも、オリジナルとは役割を入れ替えた逆転のクライマックスを含めて、予定調和を壊さなかったからこそ、娯楽映画として安心して楽しめる様になっているのだけど。

今回は魔女が作ってそうなグリーンのカクテル「フローズン・ミドリ・マルガリータ」をチョイス。
テキーラ40ml、ミドリ15ml、レモンジュース10ml、砂糖1tspをクラッシュドアイス適量と共にミキサーにかけ、塩でスノースタイルにしたグラスに注ぐ。
ストローとカットしたライムを添えて完成。
ミドリの甘さとレモンの適度な酸味がバランスした美しいカクテル。
フローズンの冷たさとスノースタイルの塩分が、夏の暑い日には最高のリフレッシュとなる。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト