FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「アンダー・ザ・スキン 種の捕食・・・・・評価額1650円」
2014年10月13日 (月) | 編集 |
美しき捕食者の、欲しかったもの。

伝え聞いていた設定、そして如何にもな邦題サブタイトルから、「スピーシーズ 種の起源」的B級SFホラーを連想したが、全く違った。
いや低予算作品なのは間違いないが、これはもう強烈にアヴァンギャルドなブリティッシュ・サブカル映画だ。
台詞を含めて説明的な要素は最小限。
スコットランドの陰鬱な情景を舞台に、映像と音のイメージによって独創のシネマティックワールドが形作られる。
劇映画としてはニコール・キッドマン主演の「記憶の棘」以来10年ぶり、ジョナサン・グレイザー監督は、今回も観客の心に刺さる作品を作り上げた。

冒頭、いきなり奇妙な光と形が作り出す不思議な空間に引き込まれ、ミカチュー&ザ・シェイプスのミカチューことミカ・レヴィの秀逸な劇盤によってトリップ感が増幅。
やがて登場するのは、車で街を巡り男たちを狩ってゆくスカーレット・ヨハンソン演じる謎の美女と、証拠消しの後始末役と思しきバイク男。
美女は一枚一枚服を脱ぎ、男たちを暗闇に誘い込むと、哀れな獲物はいつの間にか“何か”の中に捕食され、肉と皮を分離されてしまう。
実は美女の姿は人間の皮をかぶっているだけで、中身はコールタールの様な真っ黒な生き物で性別も不明。

明確な説明は無いものの、たぶん宇宙人?もしかしたらアンドロイドなのかも知れない。
狙いは人間の皮もしくは肉の様だ。
美貌を武器にしているが、狩りの対象は必ずしもセックスを目的にした男だけとは限らない。
海で捕えた男は、溺れていた人を助けようとして力尽きた良い人だし、彼女の行為を性的なメタファーだけと捉えるのは無理がある。

では、この不思議なムードを持った暗喩劇の行き着く先はどこか。
淡々と任務を遂行する美女はしかし、ある夜偶然にもエレファントマンを思わせる奇形の男に声をかける。
今までの獲物とは明らかに異なる、特異な外見を持ち深い孤独に生きる男との接触が、美女の内的な変化の引き金となるのだ。
彼女は忽然と感情を知り、次に自分の仮の姿である“皮”、即ち人間の女という肉体にアイデンティティを求める。
本作の舞台となるのは、劇中でも言及される独立騒動にゆれたスコットランド。
のっぺらぼうの元の自分ではなく、外見が象徴する自己に目覚めた彼女は、スコットランドが英国からの独立を目指したように、自らが属する世界からの離脱を試みる。

しかしながら、あくまでも彼女の外見は作り物である。
人間の食べ物は体が受け付けず、セックスもおそらくはその体の構造上最後までは果たせない。
また彼女自身は「LUCY/ルーシー」の様に特殊能力がある訳でも、マーベル・シリーズのブラック・ウィドウの様な戦闘能力がある訳でもない。
エキセントリックな設定とは裏腹に、ただの人間の女同様、粗野な男によって容易に組み伏せられてしまうか弱き存在なのは、過去にヨハンソンが演じたキャラクターたちの裏返しの様だ。
外観からアイデンティティを欲した彼女の心は、所詮“アンダー・ザ・スキン”にしかなく、仮の姿を失った“それ”は、結局何者でもない何かとして消えるしかないのである。
存在の本質はどこにあるのかと言う、ある意味「ブレードランナー」であり「2001年宇宙の旅」であり「アトム」でもある正統派心理SF。

作り物の美女が男たちを虜にしてゆくのは、ラングの「メトロポリス」を思わせる。
いつの世も、男たちはどこまでも本質を見てないという事か。
観る側に読解を求める作品なので好みは明確に別れそうだが、個人的にこのトンがったセンスは大好物だ。

本作の舞台はスコットランドで、劇中で餌食になってしまう可愛そうな男たちの一人は、ウィスキーをモチーフとした「天使の分け前」で主人公を演じたポール・ブラニガン。
という訳であの映画と同じく「ラガヴーリン 16年」をチョイス。
塩の染み込んだピートの効いたアイラモルトの独特の香りは、人によっては薬みたいに感じる様だが、一度嵌ってしまえばクセになる。
この映画も、そんなスコッチウィスキー同様に独特の魅力のある一本だ。
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト