FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ビッグ・アイズ・・・・・評価額1600円」
2015年01月31日 (土) | 編集 |
その瞳は、何を映す?

アンバランスなほど大きな目を持つ少女の絵は知っていたけど、その裏にこんな話があったとは。
才気にあふれ独創的な絵を描くが、商売っ気はない女と、絵の才能はゼロだが商才はある、野心満々の男が出会ってしまう。
すぐに二人は夫婦となり、妻が描いて夫が売るというコンビネーションで巨万の富を築く。
ただ一つの問題は、夫が絵の作者は自分だと偽っていた事。
※核心部分に触れています。

本作は1960年代にアメリカ美術界を揺るがせた、マーガレットとウォルターのキーン夫妻による一大スキャンダルを、ティム・バートン監督が映画化した作品だが、題材的に昨年世間を騒がせた佐村河内守氏のゴーストライター事件を思い出してしまった。
もしもスター芸術家とそのゴーストが夫婦だったとしたら?
あの事件と同じく、夫が妻の絵を売り込むプロデューサーに徹していれば、何の問題も無かったのだが、画家志望だった彼は、自らが作者として称えられたいという承認欲求に抗えない。
双方が利害関係でプロフェッショナルに徹することが出来ない夫婦だからこそ、一度拗れると葛藤は無限大に増幅する。

世の中には、息を吐くように嘘をつく、虚言壁のある人間がいるものだが、クリストフ・ヴァルツが好演するウォルター・キーンはまさにそんな感じ。
パリ留学経験もある彼は、風景画家として売れず、成り行きで思わず妻の絵を自分の作だと偽ってしまった・・・と最初は思えるのだけど、後になって、実はその風景画すら、他人の作品に自分のサインを入れていただけだという事が明らかになる。
パリ留学の話も、いつしか一週間のパリ旅行になり、最後にはそもそもヨーロッパに行った事すらあるのかどうか。
この種の人間の中では、嘘がいつの間にか真実にすり替わってしまうというが、彼もまた自分自身の嘘を信じていたのかもしれない。

マーガレット・キーンとバートンの絵は、巨大な目と退廃的なムードという共通点がある。
もっとも、暗い闇を湛えた瞳の中に吸い込まれそうなマーガレットの作と、小さな瞳が針の様に見る者を突き刺すバートンのタッチは対照的とも言えるのだが。
本作には、作品を奪われた創作者へのシンパシーが生んだ、作品は誰のもの?という芸術論の側面もあるが、バートンはそちらにはあまりフォーカスしない。
そもそもマーガレットが何者で、なぜ“ビッグ・アイズ”が生まれたのかは、僅かな独白以外は殆ど描かれないのである。

おそらくバートンは、マーガレットの描く大きな瞳の奥に、抑圧された彼女自身を見たのだろう。
この物語で作者が最もフィーチャーしているのは、芸術家と商人という、ある意味理想的な組み合わせでありながら、結局拗れに拗れまくって破局する奇妙なカップルを巡る夫婦論の部分だ。
ウォルターとマーガレットの込み入った関係の背景となっているのは、1950年代から60年代という時代の女性のポジション。
まだまだ専業主婦が主流で、女性が社会の前面に出る事の少なかった時代である。
前夫のDVに耐えかねてバツイチになるまで、一度も働いたことのなかったマーガレットは、いとも簡単に口八丁のウォルターに言いくるめられてしまう。
しかし、自らの分身である作品を奪われ、アイデンティティを否定された生活は、徐々に彼女を追い詰め、やがて彼女もウォルターの本当の姿に気づくと、敢然と反撃を開始する。
嘘に嘘を重ねて作られた虚飾の家族は、マーガレットの覚醒であっけなく崩壊してしまうのである。
そういえば、バートンは13年に渡って事実婚を続けていたヘレナ・ボナム=カーターと去年初めに破局したそうだ。
おそらく本作の制作期間は二人の別離の時期と重なっていたはずで、これは自らの体験の実感を込めた、バートン流の「ゴーン・ガール」なのかも知れない。

しかし「フランケンウィニー」もそうだが、バートンはパターン化した大作から、創作の原点回帰へのプロセスにあるのではないか。
前作では、職業映画監督としての処女作をリメイクしたが、今回は作品に愛など無く、金のために大衆の好む“製品”を量産する男と、彼に虐げられる芸術家の物語である。
はたして、この特異な映画作家はどこへ行こうとしているのか、次回作が今から楽しみだ。

今回はでっかい目というタイトルなので、「アイ・オープナー」をチョイス。
ホワイトラム30ml、ペルノ2dash、クレーム・ド・アプリコット1dash、フランジェリコ1dash、オレンジ・キュラソー2dash、砂糖1tsp、卵黄1個分をシェイクして、グラスに注ぐ。
このカクテルは元々はクレーム・ド・ノワヨーが使われていたのだけど、今は流通していないので、BARでもそれぞれ代用品を使っている模様。
目を開かせる、つまり飲んだ翌朝の迎え酒という訳だが、卵黄が入っているので結構コッテリ濃厚な味わいのカクテルだ。
確かに目は覚めそうだが、朝にこれはきついかも知れない(笑

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト