FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「バクマン。・・・・・評価額1650円」
2015年10月12日 (月) | 編集 |
「バクマン。」ってなに?

日本一の漫画家を目指す、二人の高校生を描く熱血青春映画。
これも原作はほぼ未読。正確には連載開始された頃に、2巻まで読んだだけ。
内容もほとんど覚えていなかったのだけど、映画は疾走感のあるポップなエンターテインメントで実に面白かった。
監督・脚本を手がけたのは「モテキ!」や「恋の渦」で知られる大根仁。
素材と作家性の相性がとても良いのだろう、持ち味が存分に発揮されている。

漫画と映画はストーリーを画で物語るという共通項はあるものの、静によって動を描く漫画と、動の中に静を感じさせる映画では方法論が全く違う。
さらに今回の場合、漫画の中に漫画があるという原作のメタ的な構造の面白さが映画化することで崩れるので、映画ならではの見せ方、面白さを追求しなければならない。
白黒の絵をひたすら描くという本来極めて地味な行為を、動的表現として昇華するために、CGやプロジェクションマッピングといったデジタル技術を駆使して、派手に魅せる工夫はお見事。
アイディアがイメージとなり、次々に変化してゆくプロセスにはワクワクさせてもらった。
まあ、刀をペンに模した漫画バトルのくだりは、少々やり過ぎ感があったが(笑

高校生コンビが目指すのは、数ある漫画雑誌の中でもダントツの発行部数を誇る「少年ジャンプ」のトップ。
彼らの挑戦を彩るのは、仲間とライバル、そして恋だ。
これも漫画原作の秀作、「るろうに剣心」では敵味方だった佐藤健と神木隆之介が、作画担当の真城最高と原作担当の高木秋人を演じているのだけど、キャストの発表当初は「逆では?」という意見も多かったという。
しかし映画を観る限りでは、没頭型で凝り性の真城と、ノリがよくて天才肌の高木のキャスティングは絶妙に思える。
二人が漫画を描くモチベーションとなるのは、ジャンプの読者アンケートで1位になるという夢だが、彼らの前に立ちはだかるのが、染谷将太演じる同じく高校生の天才漫画家・新妻エイジ。
幼少期から漫画一筋、新妻の圧倒的なスキルを目の当たりにした二人は、自分たちの描くべき漫画、描きたい漫画とは何かについて葛藤する。
そして何度も折れそうになる若い心を支えるのは、個性豊かな漫画家仲間たちだ。

ちなみに、一応二人のコンビの話ではあるのだが、彼らが漫画家になる切っ掛けとなるのは、真城が声優志望の同級生・亜豆美保に恋したことで、さらに真城には嘗てジャンプの人気漫画家で、夭折した叔父がいる設定。
ジャンプの編集長とも、この叔父を介した因縁があり、要するに物語的により重要な葛藤を抱えているのは真城であり、実質的な主役は彼の方である。

前半は全くの素人が漫画に挑戦し、ジャンプの連載を勝ち取るまでのサクセスストーリー、後半はいよいよ新妻エイジとの日本一を巡るライバル対決だ。
最初の動機の部分に初恋を配置し、ゴールには遠大な目標、盛り上げるのは友情、努力、そしてビターな勝利
劇中の彼らは、新妻の王道漫画に対抗して、邪道を目指してたけど、映画自体はむしろジャンプの王道中の王道といえる。

もっとも、特に前半は全てが順調すぎるとか、高校生が仕事して死にかけてるのに「親は?」とか、厳密にみるならば疑問もあるが、そこあまり拘るとシンプルじゃなくなるし、情報量的には既に詰め込み過ぎ気味なので、バランス的にはこれでいいと思う。
新妻エイジとかも、高校生設定だけど、全く学校行って無さそうだし(笑
そういえば彼のキャラクターにデジャヴを感じ、そうか「デス・ノート」の“L”に良く似ているのだな、と思ったら同じ原作者だった。
ところで、「バクマン。」とは「漫画は博打」の事なんだとか。
映画も同じだから「バクエイ。」か(笑
そうそう、これエンドクレジットが必見の出来だから、直ぐに席を立たないように!

今回は、彼らが復活して再びジャンプのNo.1になったら飲んで欲しいお酒、山形の高畠ワイナリーの「嘉-yoshi-  スパークリング シャルドネ」をチョイス。
泡は繊細で、柑橘系にほのかな洋梨が混じるフルーティな香りが華やかなムードを演出する。
キレのよいスッキリとした喉ごし、やや辛口の味わいは合わせる料理を選ばない。
CPも優秀で、使い勝手の良い一本だ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト