FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「或る終焉・・・・・評価額1650円」
2016年05月12日 (木) | 編集 |
生ける魂と死にゆく魂が出会う、終焉の時。

間もなく人生の終わりを迎える患者たちの終末期医療、いわゆる在宅ターミナルケア専門の看護師を描く、重厚な人間ドラマ。
監督は、前作の「父の秘密」で脚光を浴び、本作でカンヌ映画祭脚本賞を受賞したメキシコの俊英・ミシェル・フランコ。
これは彼が、脳卒中で動けなくなった祖母と、彼女を看取った看護師との関係から着想した物語だという。
「父の秘密」がカンヌの「ある視点」部門でグランプリを獲得した時、審査員長をしていたというティム・ロスが、エグゼクティブ・プロデューサーと主役を兼務。
日常的に死と喪失と向き合う、その道のプロフェッショナルという難役だが、抑制を効かせながらも内面にナイフの様な鋭さを隠し持つ、円熟の名演を見せる。
※なるべくディテールに触れずに書いていますが、カンの良い方は観てから読んでください。

主人公のデヴィッドは、家族との複雑な葛藤を抱え、離れた街で1人暮らしながら看護師として働いている。
単純に体のケアをしているのではない。
彼は患者に寄り添いながら、身を削るほどの徹底的な献身によって、死を免れられない彼・彼女らの心をも支えているのだ。
だから患者たちはデヴィッドに絶対的な信頼をおき、ある意味家族よりも近しい存在となって行く。
もしかしたら彼は、死を目前にした人間としか、絆を育めないのかもしれない。
嘗て息子を病気で失い、家族とも別れて孤独な人生を歩んでいるデヴィッドは、生きている様で死んでいる
原題の「Chronic」は「慢性的」と訳せるが、彼は生の縁を歩きながら常に死にひかれていて、だからこそ終末期の患者と緊密な関係を作り上げ、死と喪失を傍らに置くことで、逆に空っぽの自分をギリギリこの世に繋ぎ止めているのだ。
ひとつの命の終焉を見届けたら、また次なる終焉へ。
彼にとって懸命な人生の結果としての死は、即ち生きたことの証明なのである。

死の反作用として生を感じ、疎遠だった家族とも少しずつコミュニケーションを取り戻したデヴィッドは、ようやく「Chronic」のスパイラルから抜け出しつつあるように見える。
だが、一度死に魅入られた者は、そう簡単に逃れることは出来ない。
ある末期癌患者の予期せぬ“依頼”に、悩みながらも応えたことによって、彼の生きるためのルーティンは遂に崩れてしまうのである。
デヴィッドの身に訪れる“ある瞬間”は、全ての結果としての必然か、神の悪戯による偶然か。

正直、「父の秘密」に続いてこちらもかなりの鬱映画だが、観応えは十分だ。
ゾクッとする戦慄に続いて、心の琴線を刺激する余韻がジワジワと広がる。
ミシェル・フランコ、若いくせにいぶし銀の秀作である。

実に味わい深い人生に関する物語。
ウィスキーの語源である「uisce beatha」はゲール語で「命の水」を意味する。
そこでアイラモルトの代表的な銘柄である、「ラガヴーリン 16年」をチョイス。
塩の染み込んだピートの効いた独特の香りは、結構好みが別れると思う。
正露丸のにおいとか、病院のにおいとか感じてしまい、受け付けない人は結構多いのだが、逆に好きな人には病み付きになる香りとも言える。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト