FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
殿、利息でござる!・・・・・評価額1650円
2016年05月17日 (火) | 編集 |
これが庶民の生きる道。

江戸時代の仙台藩で、百姓たちが藩にお金を貸して利息をとったという、実話ベースの物語。
森田義光監督で映画化された、「武士の家計簿」で知られる歴史家・磯田道史による「無私の日本人」の中の一編「穀田屋十三郎」が原作となっている。
ポスターではちょんまげが銭になった阿部サダヲが、鋭い眼光で睨みつけているが、これは庶民の財テクの話ではない。
藩から押し付けられた労役に苦しむ貧しい村の衰退を食い止めようと、故郷を愛する有志の人々が爪に火をともすようにして小銭を貯め、遂には藩に対して1000両もの大金を貸し付けて、その利息によって村の財政を支えたという話は、完全な利他的行為。
ユーモラスではあるがコメディではなく、現在の社会にも十分通じるお金を巡る真面目な寓話だ。
「予告犯」「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋」と、このところ絶好調の中村義洋監督初の時代劇は、なかなか見ごたえのある秀作となった。

仙台藩・吉岡宿。
寂れた宿場町は夜逃げが相次ぎ、人々の生活は悪化の一途を辿っていた。
事態を憂いだ造り酒屋の穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は、切れ者と評判の菅原屋篤平治(瑛太)と相談し、あるアイディアにたどり着く。
お上は金欠ゆえに庶民に負担を求める。
ならば、お上に大金を貸し、その利息を宿の人々に分配すれば、皆の暮らしは楽になり、夜逃げしなくても良くなるではないか。
搾取される側から搾取する側へ、逆転の発想はしかし言うは易く行うは難しい。
元々貧乏な村には原資そのものがない。
疎遠だった弟の甚内(妻夫木聡)らを巻き込んだ十三郎たちは、徐々に仲間を増やし、自らの家財道具を売り払い、目標となる1000両をかき集めようとする。
自分のためではなく、ただひたすら人々のため、村のための挑戦は、やがて硬直した侍たちの心をも変えてゆく・・・



庶民が、お上に金を貸す。
この驚きのアイディアの言いだしっぺであり、物語の軸となるのは阿部サダヲ演じる造り酒屋の穀田屋十三郎と、瑛太演じる茶農家の菅原屋篤平治の二人。
悪くなるばかりの景気と重い労役の負担によって、彼らの故郷である吉岡宿は夜逃げする者が後を絶たず、衰退の一途を辿っている。
そこで貧しい村の中でも、まだ“持てる者”である商家の旦那衆が金を出しあい、藩にまとまった金額を貸してその利息を村人に分配する。
すると最低限の生活は保障されるから、人々は心置きなく本業に注力でき、村の経済もまわり始めるという訳だ。
今でいうベーシックインカムの考え方が、既に江戸時代の日本にあったことに驚く。
だが、前例の無い試みゆえに、もしも藩にお上に楯突く不遜な行いととられれば処罰されないとも限らない。

映画の前半は、十三郎と篤平治が秘密裏に村役人や他の商家を説得し、家財道具を売り払って現在の3億円に相当する銭をかき集めるまで。
そして後半は、いくつもの障害を乗り越えて、藩に庶民からの借金という前代未聞のアイディアを認めさせるまで。
物語の狂言回し的ポジションは篤平治だが、話が進むにつれて次第に穀田屋ファミリーの葛藤が前面に出てくる。
実は十三郎は、幼い頃に親戚の穀田屋に養子に出されており、実家の浅野屋は弟の甚内が継いでいる。
だから十三郎は、親に捨てられたというコンプレックスを抱えているが、それには実は十三郎自身も知らない深い訳があって、彼の幼少期の潜在的な記憶が藩に金を貸すという発想の源だったのだ。
穀田屋と浅野屋、親子兄弟二代に渡る信念のドラマには、思わず涙腺が決壊。
家族の和解の顛末が、無私無欲の美徳という本作のテーマと見事に融合し、浅野屋甚内を演じる妻夫木聡が実に美味しいところを持ってゆく。
彼らだけでなく、キャラクターは皆キッチリ立っていて、それぞれの人物の描写が物語の緩急として機能するのは上手い。
侍側のキャラクターはあえてだろう、ややステロタイプに造形されているが、例えば金を貸す上で最後の関門となる松田龍平にしたところで、自分の職務と信念に忠実なだけで、分かりやすい悪役がいないのも良い。

それにしても印象深いのは、古の日本人たちの驚くべき公共性、パブリックな意識の高さよ。
藩からの利息は全て村人に分配されるので、出資を申し出た者には一銭も戻らない。
それどころか、出資した旦那衆は「つつしみの掟」という厳格な規則を作るのだ。
元々秘密裏に進められた計画が漏れ、人々から褒め称えられるようになると、いい気になったり、傲慢になったりしないとも限りらない。
だから彼らは、寄付をする時に名前を出したりすること、宴席で上座に座ることなど、いつくものつつしむべきことを子々孫々までの掟とし、名誉を受け取ることすら拒否するのである。
この話が現在まであまり知られていなかったのも、この掟によって伝えることそのものがつつしまれていたからなのだ。
無私無欲の哲学が父から子へ、子から孫へと受け継がれたことが明らかとなるエピローグでは、再び涙腺が緩む。
十三郎たちの行いは、私利私欲の対極にある完全なる利他主義だが、彼らから金を借りることになる仙台藩の財政悪化の要因が、殿さまの名誉欲を満たすためというのがなんとも皮肉。


とりあえず、今一番本作を観るべきは舛添要一東京都知事だろう。
椅子にふんぞり返ってじゃなく、きちんと正座して襟を正して観るべきだ。
いや、彼だけじゃないな。
現代の侍たる政治家・官僚は、是非とも本作を観て、本当の公僕とはどうあるべきかをじっくり考えていただきたい。
もちろん、庶民の立場で観ても示唆するところは多い。
私利私欲を全く捨てるとまではいかなくても、パブリックな意識というのはもうちょっと高めたいものだ。

造り酒屋の穀田屋は、「酒の穀田屋」として21世紀の現在も、吉岡宿に現存。
銘柄「七ツ森の四季」は是非飲んでみたいのだが、流通量が少なく東京では手に入らなそう。
やはりこういう先祖を持つ人は、全てに謙虚で事業を拡大とかしないのだろうな。
今回は、同じ宮城県は石巻の地酒、平孝酒造の「日高見 芳醇辛口純米吟醸 弥助」をチョイス。
弥助とは花柳界で寿司を指す言葉で、源平合戦で落ち延びた平維盛が寿司屋に逃げ込み、偽名で弥助を名乗ったという故事に因むという。
名前の通り、純米吟醸酒としては辛口で魚介類との相性がよく、お寿司のお供にぴったりの酒だ。

ところで殿さま役の羽生結弦は、なかなか堂々とした演技を見せるのだけど、体型が完全に現代っ子で、日本人体型のおじさんたちの中に入ると一人宇宙人みたいだった(笑

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね






スポンサーサイト