FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。 また、関係があってもアフェリエイト、アダルトへの誘導など不適切と判断したTBは削除いたします。

■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「五日物語 ー3つの王国と3人の女ー・・・・・評価額1650円」
2016年12月02日 (金) | 編集 |
美しく残酷な、御伽話の真の姿。

夢のある異世界ファンタジーっぽいキービジュアルだが、騙されてはいけない。
これは「ゴモラ」「リアリティー」で知られる、異才マッテオ・ガローネ監督による大怪作であり、御伽話に浸るのではなく、御伽話の夢から覚める物語なのである。
ストーリーの元になっているのは、17世紀のイタリアで書かれた民話集、「ペンタメローネ(五日物語)」だ。
この民話集は、50話のエピソードと全体の枠となるエピソードの全51話から構成されているのだが、本作では三つの物語が一つの世界観の中で平行に語られている。
舞台となるのはロングトレリス国、ストロングクリフ国、ハイヒルズ国、三つの王国の三つの王宮。
それぞれの物語で主人公となる3人の女の、女性ならではの欲望が悲劇を生む。
※核心部分に触れています。

ロングトレリス国では、「母になりたい」という王妃の願いが、魔力を持つ海の怪物の心臓を食すことでかなえられる。
怪物との戦いで命を落とした王に代わって、彼女は最愛の王子を手にいれるのである。
だが母性の力を過信し厳しく束縛する王妃から、いつしか我が子の心は離れてしまう。
王宮から消えた王子を取り戻すために、彼女は大き過ぎる代償を支払うことになるのだ。

絶倫王が支配するストロングクリフ国では、王宮の隣のあばら家に住むアニメ声の老婆姉妹が、国王に若い娘と勘違いされる。
魔法によって若く美しい肉体を手に入れた姉は、王の寝室に招き入れられ王妃の地位を与えられるが、取り残された妹の嫉妬と欲望は、自らの肉体と精神を傷つけ、破滅させてゆく。

三つ目の物語は、大人の世界にあこがれ、理想の夫との結婚を望む王女の物語だ。
娘の結婚に乗り気でないハイヒルズ国の王は、結婚を望む男たちを競わせるあるアイディアを思いつくのだが、結果的にこの策略の失敗によって、王女は断崖の洞窟に住むオーガ(鬼)と結婚させられてしまうのである。
恐らくは「美女と野獣」と同根と思われるこのエピソードだが、オーガの正体が心優しい王子だったりはしないし、彼女を救出しようとする親切な人々はあっさりと返り討ちにあう。
父親の失策によって身を売られ幽閉された王女は、遂に自らの決意と行動でのみ、運命から解放されることを悟るのである

「アナと雪の女王」の大ヒット以来、「マレフィセント」や昨年の実写版「シンデレラ」など、ディズニーによって御伽話のプリンセスの“モダナイズ”が進められているが、本作はその流れを民話の故郷であるヨーロッパで、よりダークに突き詰めたものと言える。
三つの物語のうち、ロングトレリス国、ストロングクリフ国のエピソードは、どちらの主人公も魔法的な力で欲望を叶えるが、所詮それは偽りの幸せであり、魔力はいつかその効力を失う。
しかし、ハイヒルズ国の王女にだけは、何の魔法も奇跡も起こらない。
恋に恋するティーンエイジャーだった彼女は、残酷な現実に覚悟を決めて抗い、脱出に成功する。
だから映画のラストで、帰還を果たしたハイヒルズの王女の戴冠式には、三つの国の登場人物が勢ぞろいするも、そこにロングトレリスの王妃の姿は無く、ストロングクリフの王妃は華やかな宴から出て行かざるを得ない。
なぜならそこは、もうすでに幻想の御伽話の世界では無いからだ。

また元が民話ゆえか、現在のファンタジーに比べると本作のプロットは相当に歪。
だが、この作品の場合それが奇妙な味わいに繋がっている。
なぜかノミちゃんを愛してしまうハイヒルズの王とか、ゲーテの「ファウスト」でメフィストフェレスが唄う「蚤の唄」っぽいが、たぶんこれも同根なのだろう。
イタリアに現存する三つの城のロケーションと、ゴージャスな美術、衣装はそれだけでも見応えはあり。
一言で言えば、ジム・ヘンソンの「ストーリー・テラー」のダークな親戚という感じで、この種の怪異譚好きにはたまらない。
しかしトラウマ描写満載で、間違っても子供向けではないので、家族で鑑賞とかしちゃうと悲劇だ。

今回は、イタリア産のスプマンテ「ロヴェ・スプマンテ・ロゼ エクストラ ドライ」をチョイス。
やや辛口で、スッキリ爽やかな後味。
澄んだピンクも目に鮮やかで、華やかな気分を演出してくれる。
スプマンテは、シャンパーニュなどと比べると圧倒的にCPが高いのも嬉しい。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロヴェ・スプマンテ・ロゼ エクストラ ドライ
価格:1382円(税込、送料別) (2016/12/2時点)



スポンサーサイト