酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「マンチェスター・バイ・ザ・シー・・・・・評価額1750円」
2017年05月18日 (木) | 編集 |
ふたたび、海からはじまる。

心に染み入る、極上のヒューマンドラマ。
古都ボストンから北東へ30マイル。
マサチューセッツ湾を望むマンチェスター・バイ・ザ・シーは、風光明媚な港町だ。
兄ジョーの急死をきっかけに、この街に戻って来た弟のリーと、彼が後見人を務めることになる16歳の甥っ子パトリックの関係を軸に、大きな葛藤を抱えた人々の人生模様が描かれる。
なぜリーは美しい故郷を捨て、一人ボストンに出て便利屋をやっていたのか。
彼の名前を聞いた時に、街の人たちが腫れ物に触るように接するのはなぜか。
人の心に潜むミステリー。
故郷での日々は、リーの心に封印されていた記憶を、ランダムに差し挟まれる回想の形で少しずつ紐解いてゆく。

やがて見えて来る、数年前に起こった大きな悲劇。

妻と三人の子供に恵まれたリーの幸せな日々は、たった一度の過ちによって、彼の人生から永遠に奪い去られてしまったのである。

人は生きてゆく中で、色々大切なものを失うが、いつかは乗り越えてゆく。
喪失と再生はある意味で物語の永遠のテーマであり、今年だけでも「雨の日は会えない、晴れの日は君を想う」「レゴバットマン ザ・ムービー」あるいは「メッセージ」など、ジャンル横断的に数々の作品が取り上げている。
だが、本作のリーの支払った代償、喪失の度合は大きすぎるのだ。

青春真っ只中のパトリックの場合、父の死は哀しみではあるものの、バンド活動やホッケーや二人の彼女とのちょっとゲスな関係など、楽しいこととのバランスの中で克服しようとしている。
しかしリーの場合は、今現在の問題に向き合うことで、悲劇の記憶と同時に悔恨と懊悩たる思いをも呼び起こしてしまうのである。
あまりに大きなものを失った時、人の心は完全に壊れてしまうこともある。

この物語は、そんな脆い人間にそっと寄り添う。


故郷で兄の喪の仕事をする中で、ずっと避けてきた人々と邂逅し、言葉を交わすことで解けてゆくわだかまりもあれば、逆に自分の中でますます強固になる後悔もある。
全てを無くしてしまった街から、一刻も早く逃れたいリーと、生まれてから人生の全てがこの街にあり、是が非でも残りたいパトリックの、未来を巡るせめぎ合いは、一歩前進しては二歩戻るの繰り返しだが、それでも二人は無意識に家族として支え合う。
物語には、ドラマチックな盛り上げも、意外性も無い。

ただ常に疼く心の傷に抗い、僅かでも前を向こうとして、何度も打ちのめされる人間がいるだけだ。

一度失った人生は、決して元には戻らない。

そのことを否定しない、この映画の厳しさと優しさが、私はとても好きだ。
ケネス・ロナーガン監督は、ケイシー・アフレックという素晴らしい演者をえて、至高のドラマを作り上げた。

本作の隠し味は地域性だろう。

マサチューセッツは非常に歴史の古い土地で、文化的風土は言わばアメリカの京都。
プロデューサーを務めたマット・デイモンと主演のケイシー・アフレックは、兄のベンを含めて地元民で、好んで故郷を舞台として映画を作るいわば“ボストン派”。
今回もエセックスの美しい風景と、都会過ぎず田舎過ぎない絶妙な距離感のコミュニティの存在が、ドラマの味わい深い背景となっている。
冬の厳しいマサチューセッツの、曇天のロケーションが、主人公の心象としても機能しており、兄の残したクラッシックな船などの、細部の描写も象徴性が高い。
凍てつく季節もやがて暖かな春になるように、人生の冬も永遠とは限らない。
冒頭とループする船の上でに魚釣りは、仄かな希望のサインだと信じたいものだ。

今回はマサチューセッツを代表する地ビール銘柄、サミュエル・アダムスから、ビールではなく「アングリー・オーチャード・ハード・サイダー」をチョイス。
酸味と甘みのバランスが絶妙な、白ワインを思わせるフルーティ&フレッシュなハード・サイダー。
元々この地に入植した初期の移民たちは、飲み水の衛生上の問題で林檎の醸造酒を日常的に飲んでいたという。
これもまた、この地の歴史に根ざした文化なのだ。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね





スポンサーサイト