FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ・・・・・評価額1650円」
2017年05月26日 (金) | 編集 |
そのオッサン、スーパーヒーロー。

1975年に放送された日本のTVアニメ、「鋼鉄ジーグ」をモチーフにしたガブリエーレ・マイネッティ監督による、ユニークなイタリア製ヒーロー映画。

ひょんなことから、超常の力を手にした街のチンピラのエンツォが、クスリの取引の失敗で兄貴分を殺され、図らずも精神疾患のある彼の娘、アレッシアの世話をする羽目に。
彼女は「鋼鉄ジーグ」の熱烈なファンで、現実世界とアニメの世界を混同してる。
嫌々ながらも自分を助けてくれるエンツォを、妄想の中でアニメの主人公の司馬宙と同一視する様になるのだ。
そして、すっかり人生を諦めていた自己中なダメ男も、次第にアレッシアのことを愛する様になり、初めて誰かのために行動する喜びを知る。

ヒーローが行動する根源の原理は、いつだって"愛"だ。

全編に渡って、オリジナルのアニメへのリスペクトがにじみ出る。
イタリアでは1979年に放送され、絶大な人気を博したそうだが、リアルタイムで観ていた世代としては、スクリーンにドーンと日本語のタイトルが映し出される瞬間に、思わず胸アツ。
「鋼鉄ジーグ」は、サイボーグ化され、巨大ロボット鋼鉄ジーグと合体する青年・司馬宙と、現代に蘇った超古代国家・邪魔大王国との戦いを描いたSFアクションだ。
家族思いの宙は、知らないうちに実の父によって、自分がサイボーグ化されていたことにショックを受け、戦う理由に葛藤を抱えるも、次第に自らに課せられた使命を受け入れてゆく。
このヒーロー誕生のプロセスが、本作では愛を知らない孤独なチンピラが、アレッシアを守るために、善なる行動に目覚めてゆく過程に置き換えられている。

主人公がマッチョでもイケメンでもなく、見た目全然強そうに見えないメタボなオッサンで、登場人物全員が人生どん底の負け組なのがいい。
超人になったからといって、いきなり生活を変えるわけでもない。
何しろこの男、力を手に入れて最初にやったことがATM泥棒である。
食べるものはパック入りの安物のヨーグルトだけの偏食で、趣味はDVDでポルノ鑑賞というダメっぷり。
そんな男の心が、アレッシアとの出会いによって少しずつ変化してゆき、アニメのヒーローという虚構が、徐々にリアルな世界に引き寄せられるプロセスは説得力十分だ。
この二人の関係はアニメの宙と妹のまゆみにも似ているが、私はなんとなくフェデリコ・フェリーニの傑作「道」を思い出した。
粗野で暴力的な旅芸人・ザンパノと、頭は弱いが心優しいジェルソミーナの物語。
もしかするとマイネッティ監督は、日本のアニメにリスペクトを捧つつ、同じ国の大先輩への密かなオマージュを仕込んだのかも知れない。

ナポリのカモッラとローマの下っ端組織の抗争を絡めて、ヒーローと同根のヴィラン誕生を描くサブプロットも良く出来ていて、エンツォの宿敵となるジンガロのキャラクターも魅力的だ。
悪事のファーストプライオリティが、ネットで目立つことというアホらしさ。
とにかく悪いことして目立ちたい!というはっちゃけ具合は、知能を大幅に下げたプチジョーカーという感じだ。
本作の基本構造はほぼギャング映画のそれなのだが、ヒーローとヴィラン、それぞれのキャラクターが役割に目覚めると、しっかりとヒーローものとしてあるべき所に着地する。
全盛期を迎えているハリウッド製のアメコミヒーロー映画と比べたら、予算もスケールも小さな作品だが、本作にあって超大作が描かないもの、それはドラマの出発点としての、底辺に生きる人々の悲哀とリアリティ
手編みのマスクを被ったエンツォ改め鋼鉄ジーグは、スーパーマンの様な高潔さも、アイアンマンの様な権力も持っていないが、だからこそリアルなオッサンのカッコよさに痺れる。
主人公自ら歌う、「鋼鉄ジーグ」のイタリア語版バラード曲は泣ける仕上がり。

アメコミ超大作へのアンチテーゼと考えると、ある意味で「スプリット」と対になるような話になっていて、両方観るとかなり面白いと思う。

しかしこの良い意味でアンバランスで奇怪な映画が、イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で、最多16部門にノミネートされ、演技賞4部門を独占した他、新人監督賞など最多7部門を受賞したそうな。
これって日本アカデミー賞で、「シン・ゴジラ」が作品賞とったのと同じくらい凄いことじゃないのだろうか。

今回は口当たりのいいイタリアのビール「モレッティ」をチョイス。
1859年に創業したイタリア最古のビールメーカー。
広く飲まれている大衆の酒らしく、クセがなくてどんな料理にも合う。
苦味が弱くフルーティかつライトで、とても飲みやすい。
ラベルのダンディなおじさまは、1942年に当時の社長がブランドイメージにぴったりだと見つけてきた人物で、以来銘柄の顔となっている。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね





スポンサーサイト