FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「希望のかなた・・・・・評価額1750円」
2017年12月27日 (水) | 編集 |
希望の国のリアル。

一年の最後にこんな傑作と出会えるとは。
2011年の「ル・アーヴルの靴みがき」以来となるアキ・カウリスマキの長編最新作。
物語の主人公は二人いる。
内戦の続くシリアのアレッポで家族を失い、トルコへ脱出後にヨーロッパを転々として、フィンランドに流れ着いた難民の青年カーリド。
もう一人は、衣料品のセールスマン稼業に嫌気がさし、アル中の妻とも別れた初老の男ヴィクストロム。
年齢も国籍も境遇も異なる二人だが、閉塞した今を変え、未来に希望を見出したいという心情は共通している。

前半はフィンランドで難民申請し、旅の途中で生き別れとなった妹を探すカーリドと、新たにビジネスを始めるヴィクストロム、人生の転換期にある二人の物語を並行に描く。
この二人は、持てる者と持たざる者でもある。
ヴィクストロムは、衣料品の在庫を売却した金をギャンブルにつぎ込み、運良く一攫千金。
その金でゴールデン・パイントというレストランを居抜きで買い取って、第二の人生を始める。
わらしべ長者とまでは行かなくても、それなりに恵まれたリスタートだ。
一方のカーリドは、街を歩けばスキンヘッドのネオナチ集団に襲われ、入管当局には難民申請を不条理に却下され、強制送還されそうになる。
当局が「アレッポで戦闘は行われていない」ことを理由に、申請を却下した直後に、TVからアレッポ爆撃のニュースが流れてくる皮肉。
初めから持てる者の人生はベターになってゆくが、持たざる者の運勢はとことん悪い。

だが、ある瞬間から、全く接点のない二人の人生は奇妙に絡み合うのだ。
収容施設を脱走したカーリドが、ゴールデン・パイントの裏で寝ていたところヴィクストロムと出会い、一悶着の末に境遇に同情され店に雇われることに。
ここから、二人は水も甘いも人生のある程度の領域を共有する様になる。
モチーフは、欧州を揺るがす難民問題とどストレート。
カウリスマキの視点は、いつもと同じ様に切なく優しくユーモラスだ。
歌唄いたちの詩が、寡黙な登場人物の心情を代弁する。
客の減少に悩んだヴィクストロムが、付け焼き刃で店をスシバーに改装するシークエンスは笑った。
あのニシンの塩漬けにぎりはちょっと食べてみたい(笑
しかし一見すると穏やかなテリングの裏側には、作家の自国社会の不寛容に対する沸々とした怒りが沸き立っているように感じる。

前作の「ル・アーヴルの靴みがき」は、フランスの港町を舞台に、病を患った貧しくも慎ましい靴みがきの男と移民たちの物語だ。
あの作品でも様々な葛藤はあれど、物語全体を覆うトーンは優しさと善意が優っていた。
ならば、母国フィンランドの港町を舞台とした本作ではどうか。
フィンランドには戦争がない。
正確には、1944-45年に駐留ドイツ軍との間で行われたラップランド戦争以来、国内が戦場になったことは一度もない。
それだけで、銃弾飛び交う故郷を捨てざるを得なかったカーリドにとっては、希望の国

しかし現実は残酷だ。
身長171センチのカーリドは、北欧にあってはかなり小柄。
その子供の様に小さく弱い彼を、執拗に排撃しようとする巨漢のネオナチたちは、難民の背景にあるものなど全く関心が無い、社会の不寛容の象徴と言える。
妹と再会し、兄としての責務を果たしたカーリドを襲う、余りにも理不尽な運命からは、作者の平和への深い祈念と静かな怒りが伝わってくる。
たどり着いたはずの希望は、まだ遥か先だった。
振り返って、難民認定率僅か1パーセント未満にも関わらず、偽装難民ばかりが「問題」として取り上げられる我が国にも、はたして「希望」はあるのだろうか。

フィンランドというと、蒸留酒のイメージが強いが、実はビール大国。
劇中でも登場人物たちがビールを飲んでいた。
今回はフィンランドの代表的な銘柄の一つ、ハートウォール社の「ラピン・クルタ」をチョイス。
「ラップランドの黄金」を意味し、その名のとおり最北部の北極圏の水を使った、喉越しスッキリ、清涼なピルスナー・ラガー。
日本の冬の幸との相性も抜群だ。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラピンクルタ 5.2度 330ml 24本セット(1ケース) 瓶 フィンランド ビール
価格:10651円(税込、送料無料) (2017/12/27時点)



スポンサーサイト
ショートレビュー「勝手にふるえてろ・・・・・評価額1700円」
2017年12月27日 (水) | 編集 |
オタク系絶滅危惧種の恋。

人間の想像力、もとい妄想力は凄い。
幼い頃、イマジナリーフレンドがいた人は多いだろう。
自分にしか見えない空想の友だちは、やがて世界が家の外に広がり、現実の友だちが増えるにつれて消えてゆく。
しかし、思春期を迎え日々の生活が社会的になると、新しいタイプの妄想が湧き上がってくる。
それが、“理想の自分”だ。
コンプレックスに苛まれる現実の自分とは異なり、あるべき自分、ありたい自分を作り出し、心の中のパラレルワールドに住まわせる。
この妄想のドッペルゲンガーは、うまく付き合えば自分を高めてゆける燃料にもなり得るが、しばし現実を食い尽くしそうになるので厄介だ。
※核心部分に触れています。

綿矢りさの原作は未読。
主人公の江藤良香は、都内の会社で経理の仕事をしている。
彼女は自分のことを語るのが大好きで、行きつけのカフェのウエイトレスから釣り人のオッさんに至るまで、出会う人行き交う人に自分語りする一見社交的なキャラクターだ。
彼女には中二で出会ってからずっと好きな初恋の人、一宮がいるのだが、ある日突然ウザ系同僚の霧島にコクられてしまう。
本命の一宮が“イチ”で、成り行きで友だち付き合いすることになった霧島が“ニ”の序列。
日常でニの比重が重くなってくると、良香は焦り始める。
「これで良いのか」と。
同窓会を画策した彼女は10年ぶりに理想の王子、イチと再会を果たすのだが、映画はここからガラリと様相を変えてくる。

冒頭から描かれてきたことの大半は、リアルな良香ではなく、妄想の良香の世界
彼女はカフェのウエイトレスとも、釣り人のオッさんとも話したことが無く、会社で隣の席の来留美の他は親しい友だちもいない。
そして10年間恋し続け、自分は彼の思い出に刻み込まれていると思っていたイチには、名前すら覚えられていなかったという痛恨の真実。
それまでの世界観をグルリと反転させ、主人公の人物像を浮き立たせるとともに、作品世界をイタタな心象として成立させる秀逸なロジック。
この辺りは実に映画的な表現で、原作ではどの様に表現されているのか気になる。
しかし妄想こじらせ系のメンタルを、ここまでリアルに描いちゃうとか。
良香に負けず妄想力の強い私としては、まるで若い頃の自分を観てる様で非常にツライ映画である( ;´Д`)

妄想でなくリアルな恋が始まる時、良香は否が応でも現実と向き合わねばならない。
脳内の虚構を通して見てた世界とは違って、現実は切なくて、悲しくて。
恋には破れ、友情にも裏切られ、そんな現実の自分が惨めで、化石のアンモナイトみたいに絶滅させたくなって、それでも永遠に妄想の世界には住めない。
脚色も担当する大九明子監督のテリングはテンポ良く、突然のミュージカル調など外連味を効かせつつ、意外にも単独初主演だという松岡茉優を見事に生かし切る。
ボロボロになった良香の、ラストショットの“リアル”には心を撃ち抜かれた。

本作は、主人公を自分の中に感じられるかどうかで、かなり評価が変わってくるだろう。
妄想癖のあるオタク脳の人ほど、共感するのは間違いない。
私が妄想の自分を作り出したのも、多分中二くらいの時。
さすがにこの歳になると妄想に自分を支配されてはいないけど、現実に打ちのめされるとヤツはしっかり顔を出す。
自分が絶滅する時までに、せめてもうちょっと一致出来れば良いのだけど。

今回は、現実に疲れた時に思わず手が出てしまう伝統のカップ酒、「ワンカップ大関」をチョイス。
安酒だけに、ぶっちゃけ大して美味しくはない。
しかし心が弱っている時に飲むと、妙に肝臓にしみるのである。
悪酔いしやすいので、量はほどほどにしよう。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね