FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「女王陛下のお気に入り・・・・・評価額1700円」
2019年03月05日 (火) | 編集 |
孤独な女王は、本当は何を欲しているのか。

18世紀初頭、スペイン継承戦争下のイギリス王宮を舞台に、三人の女たちの確執を描くグチャグチャドロドロの宮廷心理劇
本年度のアカデミー主演女優賞に輝いた、オリビア・コールマンが怪演するアン女王を中心に、レイチェル・ワイズ演じるマールバラ公爵夫人サラ・ジェニングス、エマ・ストーン演じる上流階級から没落し、貪欲に再起を目指すアビゲイル・メイシャムが、女王の寵愛を巡って争奪戦を繰り広げる。
異才ヨルゴス・ランティモスによる、いい感じに狂ったブラックコメディだ。

先王ウィリアム3世の時代に始まったスペイン継承戦争は、ルイ十四世の孫である新スペイン王のフェリペ5世を支持するフランスと、フランスの影響力拡大を阻止したい周辺国の同盟との間で起こった戦争で、イギリスは同盟側につき参戦。
ぶっちゃけイギリス庶民には直接関係の無い、海の向こうの陣取り合戦なのだが、この時の指揮官がサラの夫のマールバラ公で、夫を助けたいサラは戦争推進派。
一方で、長引く戦争に当時すでに厭戦気分が広がり、イギリス政界では主戦派のホイッグ党と、和平派のトーリー党が、共に女王の権威を求めて対立している構図。
ヨーロッパの覇権を巡る戦争が、イギリス政界の争いとなり、それが最終的に王宮内の女の戦いに落とし込まれるマトリョーシカ人形の様な三重構造だ。

人間たちの醜いダークサイドが剥き出しになるドラマは、ランティモス節が全開。
前作の「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」は、ギリシャ悲劇を下敷きにしたサイコホラーだったが、今回のアプローチはシニカルなコメディ。
キャラクター造形はほぼ全員がエキセントリックで、女たちの配偶者は存在感無し。
数年間の出来事をコンパクトにまとめているとは言え、話の前半部分の頃にはまだ存命中だった女王の夫ジョージは、画面にすら出てこない。
サラとアビゲイルにまとわり付く政界の男たちは、極端に戯画化されている。
歪んだ広角レンズで映し出される宮殿内には、女王専用の隠し通路が迷路の様に張り巡らされ、まるで秘密を隠す洞くつの様。
衣装デザインは、この種の宮廷ものでは極めて珍しく、白黒を基調にしており、暗喩性と象徴性を高めている。
白の衣装を纏ったサラと黒の衣装のアビゲイルが鴨撃ちをしている時、アビゲイルが至近距離で発砲し、返り血がサラの白い衣装に降りかかる描写は、その後の二人の敵対関係を示唆する。

肥満体で体を病み、心も不安定な女王は、年上の幼馴染で親友でもあるサラに頼りっきり。
ホイッグ党との関係も深く、政界にも太いパイプを持つサラは、いわば摂政の様な存在で女王をコントロールしている。
だが彼女の女王に対するスタンスは、幼馴染として、また秘密の愛人としてのごく親しい部分と、政治家としてのビジネスライクな部分が並立している。
躁鬱の激しい女王が求め、サラが軽視する「癒し」の需要に、若く野心家のアビゲイルがスルリと入り込み、愛人の座も奪い取る。
アビゲイルは同時にトーリー党を率いるロバート・ハーレーとも関係を深め、両者の対立は政界を巻き込み激化してゆくのだ。
権謀術数渦巻く物語のノリ的には、まさしく時代劇の大奥物の西洋版の趣。
病や流産で17人の子供を失った女王は、17羽のウサギを飼い溺愛しているのだけど、この象徴的な使い方も巧み。
サラに勝利したアビゲイルが、女王の死角でそれまで可愛がっているフリをしていたウサギを、ジワリと踏みつけるのは本当にコワイ。
欲望剥き出し、本当にバチバチの火花が見えそうな、3人の名女優の三つ巴の演技合戦だけでお腹一杯だ。
しかし小市民としては、金と権力はあっても、あんなストレス溜まりそうな生活は嫌だな。

今回は、女王は女王でもカクテルの女王「マンハッタン」をチョイス。
カナディアン・ウィスキー45ml、スウィート・ベルモット15ml、アンゴスチュラ・ビターズ1dashをミキシンググラスでステアし、カクテルグラスに注いだ後ピンに刺したマラスキーノチェリーを沈めて完成。
このカクテルは英国にも縁があって、後の英国首相ウィンストン・チャーチルの母、ジェロニー・ジェロームが1876年の大統領選挙の時に、マンハッタン・クラブで開かれた民主党候補の応援パーティの時に、即興で作ったカクテルが後にマンハッタンと呼ばれる様になったという説がある。
ルビー色の美しい佇まいは、正にカクテルの女王、大人のお酒である。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね





スポンサーサイト