FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ゴーストランドの惨劇・・・・・評価額1650円」
2019年08月16日 (金) | 編集 |
フレンチテイストの、恐怖のミルフィーユ。

舞台はアメリカの田舎町。
人里離れた叔母の家を相続し、そこへ移り住むことにしたシングルマザーのポリーンと、外見はあまり似てない双子の姉妹、ベスとヴェラ。
ヴェラは活発な今時の娘だが、内向的で作家志望のベスは、ラブクラフトを信奉するホラー小説マニア。
正反対の性格の姉妹はお互いを疎ましく思っている
引っ越してきた日の夜、一家は押し入ってきた二人の暴漢に襲われ、ポリーンは愛する娘たちを守るため、傷つきながらも暴漢に立ち向かい、ナイフで滅多刺しにして返り討ちに。
それから16年後、ベスは望み通りに小説家として成功し、愛する夫と息子と共にシカゴに暮らしている。
ところがある日、事件で心を病んでしまい、今も母親と共にあの家で暮らすヴェラから「助けて」と電話がかかってきて、心配になったベスが帰省を決意したことで、恐怖の第二章の幕が上がる。
✳︎ネタバレはなるべく避けてますが、観てから読むことをお勧めします。

フランスのホラー者、パスカル・ロジェのベストだ。
女性二人が軸となること、彼女たちが徹底的に虐待されることなど、全体的に出世作となった「マーターズ」と共通する要素が多い。
なので、何かと議論の多いあの映画で、胸くそ悪くなってしまった人は、こちらも受け入れられない可能性が高い。
だが、本作で注目すべきなのは、残酷性よりも凝りに凝ったストーリーだ。
これは本作の核心なので詳細は自粛するが、登場人物のキャラクター設定をはじめ、巧みなミスリードで観客を誘導するプロットのロジック、細やかに配置された伏線など、細部まで緻密に作り込まれていて驚かされた。
姉妹の感情の軋轢を起点として、最終的なテーマに落とし込むまできっちり計算されている。
主人公ベスが、ラブクラフト大好きなホラーマニアであり、自らも小説を書いている創作者なのがポイント。
この作者の分身とも言うべきキャラクターを通して、ロジェはホラー者として考えるうる最悪の体験と、“恐怖からの脱出法”をシミュレートしてみせるのである。
この辺りのアプローチは、何気に最近の流行りでもあるのだが、このジャンルでやったのが新しいと言えるだろう。

もちろん、ホラー指数も非常に高いが、これも優れた物語によって増幅されている。
ありがちな作品の様に一本調子にならず、変幻自在なストーリーテリングによって、予想もしないところから恐怖が飛び出してくる。
女装の怪人とハゲ頭の巨漢という、怪物的インパクトのある男たちに襲われる序盤の展開から、中盤の世界がジワジワと少しずつ狂ってゆくオカルト的演出に、嘗てのトビー・フーパーを思わせるニューシネマ的なド迫力のバイオレンスサバイバルまで、わずか91分の尺しかないのに、まるでミルフィーユのように、ページをめくる毎に色々なホラーの味を堪能できる。
逆に言えば、全体が引き締まっていて全くダレる部分が無い。
舞台となる気持ち悪いアンティーク人形だらけの屋敷の美術など、ムードを高めるディテールも豊か。
怖くて面白い、納涼ホラー快作だ。
10代のベスを演じる役者さんが、どこかで見たことあると思ったら、ブリムストーン」でダコタ・ファニングの少女時代を演じたエミリア・ジョーンズじゃないか。
髪を黒くしていたので最初は分からなかったが、この人はとても上手い。

ところでこれ、チラシのあらすじの最後の行が、思いっきりネタバレしてるんで注意。
あの決定的な言葉を入れちゃうとか、宣伝部何考えてるのかなあ。

今回は「輸血」を意味するカクテル「ブラッド・トランスフュージョン」をチョイス。
ホワイト・ラム30ml、ライム・ジュース30ml、グレナデン・シロップ1tspをシェイクし、グラスに注ぐ。
血のような赤というよりも、ピンクに近い優しい色。
ラムの甘い香りと、ライムのフレッシュさのコンビネーションが絶妙。
グレナデン・シロップのほのかな甘みがいいアクセントだ。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バカルディ スペリオール シルバー (ホワイト) 40度 750ml 正規
価格:1134円(税込、送料別) (2019/8/16時点)



スポンサーサイト