FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。 また、関係があってもアフェリエイト、アダルトへの誘導など不適切と判断したTBは削除いたします。

■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密・・・・・評価額1650円」
2020年02月03日 (月) | 編集 |
ドーナツの穴から見えるものは?

これはすごく面白い!
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーにオマージュをささげた、オリジナル脚本のミステリ映画。
ニューヨークの豪邸で、世界的な人気ミステリ作家のハーラン・スロンビーの85歳のバースデーパーティーが開かれる。
ところがその翌朝、スロンビーは喉にナイフを突き立てられて死亡。
状況から警察は自殺だと考えるが、匿名の人物からの捜査依頼を受けた、ダニエル・グレイグ演じる名探偵のブノワ・ブランが事件の謎に迫る。
※ネタばれ配慮していますが、観てから読むのをオススメします!

これミステリとしては相当トリッキーな作りで、序盤に全体像を見せてしまう。
スロンビーの専属看護師だったアナ・デ・アルマス演じるマルタが、パーティー後に薬の種類を間違えてスロンビーに注射。
死を免れないと知ったスロンビーは、自分を親身にケアしてくれたマルタを守るため、自ら喉を突いて自殺する。
実質的な主人公のマルタは、嘘をつくと嘔吐してしまうという特異体質。
移民の子で、正規の在留資格を持たない母親を抱えた彼女が、健気な感情移入キャラクターに造形されているので、観客は名探偵の灰色の頭脳が事件を解き明かすのではなく、解き明かさないことを期待するというユニークな構造。

ただし、これはあくまでも最初から見えている部分のみ。
名探偵の言葉を借りると、「(全体のカタチは見えるが)ドーナツの様に中心だけが欠けている」状況なのである。
そこに何があったかが分からないと、事件の本当の真相は見えてこない。
自殺で方がつきそうだったのに、わざわざ探偵を雇って事件の再検証をさせようとした依頼人は誰か?そもそもなぜそんなことをさせようとするのか?
ジャミー・リー・カーティス、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノン、トニ・コレット、クリス・エヴァンスら、地味にすごいオールスターキャストが演じるスロンビー家の親族は、色々な意味で大作家の業績に寄生して生きているので、誰もが彼の遺産を狙っている。

疑わしい人物はたくさんいて、スロンビーの死で職を失うであろうマルタは、パーティーの夜に屋敷にいた人々の中では一番疑われない人物。
感情移入キャラクターのマルタを名探偵の助手的なポジションに置くことで、彼女が作品世界の案内人の役割も果たすようにしているのは上手い。
一見すると「よき常識人」の仮面をかぶっているスロンビー家の親族たちは、最初のうちはマルタを気遣うそぶりを見せているものの、状況が変化してゆくと、仮面の下のゆがんだ素顔が露見してくる。
マルタを守ろうとしたスロンビーが死に、もう一人の移民のキャラクターもひどい目に遭わされるのもポイントだ。
物語の中で、“ナチスかぶれ”と揶揄されるスロンビーの孫が、ある意味一番正直者なのかも知れない。
ミステリのパッケージに巧妙に包んであるものの、この映画もまたトランプ時代の不寛容と人種間の分断を重要なテーマとしているのである。
そういえば、オマージュをささげられたクリスティの作品も、しばしば英国人の人種偏見をさりげなく批判していた。

二転三転する物語は全く先を読ませず、文字通りの主客転倒の瞬間が訪れる最後まで、ストーリーテリングのカタルシスを堪能。
ライアン・ジョンソン、実にいい仕事してるわ。
さっさと「スター・ウォーズ」から手を引いたのは正解だったのかも。
ここまでの彼の作品を観る限り、「何かに囚われていた者が(良くも悪くも)自由になる」というのが彼の創作意識の根源にあるように思う。
まあ現在の日本のマーケットの状況では、おそらくそう長くは上映されないだろうし、ネタバレ食らうまえに急いで観に行くのが正解だ。

今回は、真っ赤な血のようなカクテル、「ブラッディ・メアリー」をチョイス。
メアリーとは、プロテスタントを弾圧し、数百人の宗教指導者を処刑した事で知られる16世紀の英国の女王、メアリー一世のこと。
氷を入れたタンブラーにウオッカ40mlと冷やしたトマトジュース160mlを注ぐ。
好みでタバスコや塩を添えたり、トマトソース感覚でセロリなどの野菜スティックをディップしてもいい。
恐ろし気な名前とは違って、さっぱりして飲みやすい。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね






スポンサーサイト