fc2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ハロウィン KILLS・・・・・評価額1600円」
2021年11月05日 (金) | 編集 |
恐怖の象徴は、いかにして誕生するのか。

2018年版に発表され、高い評価を受けたデヴィッド・ゴードン・グリーン監督版の続編。
過激な戦闘婆ちゃんと化した、ローリー・ストロードとの40年ぶりの対決で、地下室に閉じ込められ、焼け死んだと思われたマイケル・マイヤーズが、消防士相手に殺戮の限りを尽くして復活。
長年、78年の大量殺人事件の記憶に苦しめられて来たハドンフィールドの住民たちは、今度こそ怨み重なるマイケルを抹殺しようと、当時の関係者を中心に自警団を結成し、マイケル狩りをはじめる。
前回に引き続き、ジャミー・リー・カーティスがローリーを熱演。
マイケル役は、こちらも78年のオリジナルキャストであり、「ミリィ/ 少年は空を飛んだ」などの監督としても知られるニック・キャッスルが、ジェームズ・ジュード・コートニーとのダブルで演じる。

今回描かれるのは、“事件”から“伝説”へのシフト
前作はジョン・カーペンターによる第一作から直接繋がる続編で、個人的には結構好きなリック・ローゼンタール監督の「ハロウィンⅡ」以降のシリーズは、無かったことになっている。
まあ散々シリーズやリメイクを観てきた観客としては、ちょっと戸惑いを感じるものの、この映画の世界では、街の人々のトラウマとなった事件以降、マイケルは精神病院に収容されてきた。
時系列的には前作に描かれた“現在”まで、彼は殺人を犯しておらず、まだ都市伝説の“ブギーマン”ではないのである。

しかし、マイケルが起こした事件のエピソードは尾鰭がついて広がり、人々の中で増幅している。
そこへ40年ぶりにマイケルが帰還し、前回以上の凄惨な連続殺人が起こったことで、街はパニックに陥る。
犠牲者が担ぎ込まれた病院は集まってきた市民で溢れ返り、彼らは口々に「マイケルを殺せ!」とシュプレヒコールをあげる。
一度理性を失った大衆は、ある意味一人の殺人鬼よりも恐ろしい。
街の人たちの大半は、マイケル・マイヤーズの名は知っているものの、面識のあるものは僅かで、今の彼がどんな姿をしているのかも知らない。
盲目のまま暴走する彼らは、姿なき怪物を殺そうとして、自らが怪物になってしまっていることに気付かないのだ。
人々がどんどん狂ってゆく間にも、マイケルは冷静沈着に殺人を重ねてゆく。

そして、マイケルを恐れる大衆の集合的無意識は、やがてハロウィンの都市伝説と結びつき、マイケル自身を絶対に殺すことが出来ない不死身の怪物“ブギーマン”へと進化させる。
デヴィッド・ゴードン・グリーンは、この後に「Halloween Ends」を撮って三部作とする構想だそうだが、78年のオリジナルを第一作と捉えれば、マイケルという一人の殺人者が、純粋な悪であり、恐怖の象徴としてのブギーマンになるまでを描く三部作として、体裁は既に整っている。
前作までの40年間の時間は、世代を重ね伝説化するまでのカウントダウン。
21世紀の現在から、20世紀の過去作をメタ的に捉えるという点で、「キャンディマン」と同じベクトルを持った作品だが、人種差別をモチーフとしたあの作品よりも、より包括的な恐怖の時代として現在を捉えているのが興味深い。
ある意味どちらの作品も、人々が分断され集団ヒステリーに陥った、トランプの時代の残滓なのかも知れない。
トランプ信奉者も、ブギーマンみたいに何度でも復活しそうだし。
来年の公開予定がアナウンスされている「Halloween Ends」がどの様な結論を導き出すのか、今から非常に楽しみだ。

悪夢の様な一夜を描く物語には、「ナイトメア」をチョイス。
ドライ・ジン30ml、デュボネ30ml、チェリー・ブランデー15ml、オレンジジュース15mlを氷と共にシェイクし、グラスに注ぐ。
マラスキーノチェリーを飾って完成。
名前は怖いが飲みやすいカクテルで、デュボネの香味とチェリー・ブランデーの甘み、オレンジの酸味が好バランス。
これならブギーマンも酔い潰れるかも知れない。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デュボネ ルージュ アペリティフワイン 14.8度 750ml 並行
価格:1265円(税込、送料別) (2021/11/4時点)



スポンサーサイト