酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「帝一の國・・・・・評価額1650円」
2017年05月09日 (火) | 編集 |
ボクが、ボクの国を欲しいワケ。

意外と言っては失礼ながら、こりゃあ実に面白い。

政界直結の超エリート高の生徒会長選挙を巡る学園コメディなのだけど、日本型政治のカリカチュアとして凄く分かりやすいのだ。
舞台となるのは、帝国海軍の士官養成学校をルーツに持つ、全国屈指の名門・海帝高校。
この学校の卒業生は政官財に巨大な学閥ネットワークを持ち、海帝生徒会のトップ、生徒会長を務めることは、そのまま日本国総理大臣への最速道となる。
大きな野心を持つ優秀な生徒たちは、入学すると、まず担任によってルーム長に任命されることを目指す。
ルーム長になると、自分で任命する福ルーム長と共に生徒会へ参加し、生徒会長候補となっている二年生の中から支持する人物を選び、きたる生徒会長選挙を共に戦うのである。
要するに、これは一年生議員たちが、派閥のボスたちの中で誰が出世しそうか、誰が自分を引っ張ってくれそうかを勘考しながら選び、いつかは自らが派閥のボス、ひいてはトップを目指す構図と同じ。

主人公の赤羽帝一の夢は、「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。
付属中学時代から学年トップだった彼は、当然のごとく一年生でルーム長となると、一年後には自らが生徒会長候補となる事を前提に、派閥を選ぶ。
生徒会長候補になるためには、生徒会長になる人物の派閥にいなければならない。
もし、支持した人物が落選すれば、自分が生徒会長候補になる可能性は限りなくゼロに近づく。
勝負は、一年生の時点から始まっているのだ。
帝一が入学した時点で、次期生徒会長の有力候補は二人。
保守本流で強い統率力を持ち、目的のためならしばし手段を択ばない氷室ローランドと、中道リベラルで生徒会の改革をめざし、理知的で温厚なキャラクターの森園億人。
この時点で、帝一は迷わず氷室の“忠犬”となる道を選ぶのだが、政治の世界は高校生であっても一筋縄ではいかない。
熾烈な選挙戦が繰り広げられる中、帝一は自分ではどうにもならない運命の悪戯に苦しめられ、総理大臣までの鉄壁の人生戦略の、抜本的な仕切り直しを余儀なくされるのだ。

投票権を持つのは、生徒会メンバーと、各部活の代表者。
絶対不利な状況から、自分の支持する候補を当選させるためには、どうすればいいのか。
権謀術数渦巻く選挙戦は、友情と裏切り、王道と奇策のシーソーゲーム
学園の権力闘争に風刺された日本型エスタブリッシュメントの社会では、どの様な人物が好まれて、どういった行動が票を決定付けるのか。
ホンモノの選挙も、程度の差はあれど、実際の人々の行動原理は映画と大して変わらないんじゃないかと思わされる。

有利不利が二転三転し、なるほどという所に帰結する物語の構造も良く出来ているが、ピュアなのか黒いのかよく分からん帝一のキャラクターも魅力的。
彼の「自分の国を作りたい」意外な動機は、建前と本音の、更に奥に隠されているのだけど、政治をやる者は、良くも悪くも必ず捻くれるという訳か。
主人公をはじめとした登場人物が、そろって昭和レトロテイストなのはいかにも古屋兎丸の作品らしいが、漫画的カリカチュアによって下がったリアリティラインが、風刺性を際立たせる。

息子たちのバトルロワイヤルが、いつの間にか親たちの因縁に波及するあたりも、いかにも狭い“政治村”の物語っぽくていい。

男の園の話だから、女性キャラの出番は殆どないのだけど、ほとんど紅一点の永野芽郁が、ハイキックとエンディングの可愛すぎるダンスで美味しいところを持って行った。

今回は、王者の酒ということで「クルボアジェ ナポレオン」をチョイス。
ナポレオンはコニャックの熟成度を表す言葉で、V.S.O.P.とX.O.の間の熟成度のもの。
特にクルボアジュはナポレオン本人が愛飲していたことでも知られ、ナポレオンのナポレオンといえるかも。
味わいは比較的ストレートで、複雑さにはやや欠けるものの、輪郭のはっきりした酒で飲みやすい。
正規輸入品は高いが、平行輸入が沢山出回っているので、コスパを考えればそっちの方がだいぶお得だ。
まあ、そんなセコイことを考えている庶民には、「ボクの国」など作れないのだろうが。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
見所はエンディング!
2017/05/09(火) 23:59:57 | だらだら無気力ブログ!
超エリート高校を舞台に、生徒会長になることに全精力を傾ける野心みなぎる主人公・赤場帝一が、一癖も二癖もあるライバル生徒たちと熾烈な政治闘争を繰り広げる高校生活を描いた古屋兎丸の人気ギャグ漫画を『共喰い』『溺れるナイフ』のなどの菅田将暉を主演に迎え、野村...
2017/05/10(水) 17:51:58 | パピとママ映画のblog
エリート学生が通う日本一の超名門・海帝高校。 政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長を務めた者には、将来の内閣入りが確約されているという。 首席入学を果たした新1年生・赤場帝一の夢は、「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。 2年後の生徒会長選挙へ向けての戦いは、1年生の時から始まっている。 親の代からの宿敵・東郷菊馬が最大のライバルだと思っていたが、外部受験で入ってきた大鷹弾と...
2017/05/10(水) 21:25:18 | 象のロケット
こちらも映画感想です この作品は知っていたんですが漫画の実写化でギャグっぽかったんであまり興味もありませんでした ただ、案外評判もよくキャスティング的に興味があったので見てきました あらすじ 国内屈指の名門校である海帝高校で生徒会長の座に就いた人物には、将来の入閣が約束されていた。首席で入学を果たした新入生の赤場帝一(菅田将暉)には、いつか総理大臣になって己の国を作り上げるという...
2017/05/10(水) 22:18:40 | にきログ
盗聴、賄賂、靴もなめます的な媚、知略、策略の限りをつくして海帝高校の生徒会長になるべく奮闘する高校生のすんげーコメディ。・・・いやコメディだからいいんだけどね。これ政 ...
2017/05/11(木) 12:34:37 | ペバーミントの魔術師
 登場人物は大まじめなのに振り切ったコメディってなかなかないのだけど、本作は登場人物がそれぞれ大まじめにおかしなことをしまくる優れもの。政治への風刺も入っているし、イケメンたちの肉体美も楽しめるし、1粒で何度でも美味しい作品でした。  作品情報 2017年…
2017/05/14(日) 07:39:09 | 映画好きパパの鑑賞日記
古屋兎丸著の同名コミックを菅田将暉ほか人気俳優陣で描いた学園コメディです。 予告編を観て、一体どんな結末が待っているのだろうと気になっていました。 必死に生徒会長選へ挑む主人公たちの姿が印象的で楽しい作品でした。
2017/05/15(月) 21:55:32 | とりあえず、コメントです
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 5月11日(木) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン6にて 15:50の回を鑑賞。
2017/05/16(火) 10:51:40 | みはいる・BのB
 『帝一の國』を同じくTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思って映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭は、「時は昭和」の字幕。  次に、主人公の赤場帝一(菅田将暉)のモノローグで、「政治とは、流血を伴わない戦争である。僕の夢は、...
2017/05/19(金) 06:20:36 | 映画的・絵画的・音楽的
2017年・日本/フジテレビジョン=集英社=東宝 配給:東宝 監督:永井 聡 原作:古屋兎丸 脚本:いずみ吉紘 製作:小川晋一、木下暢起、市川 南プロデューサー:若松央樹、村瀬 健、唯野友歩 古屋兎丸
2017/05/21(日) 15:00:20 | お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法