酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ・・・・・評価額1650円」
2017年05月26日 (金) | 編集 |
そのオッサン、スーパーヒーロー。

1975年に放送された日本のTVアニメ、「鋼鉄ジーグ」をモチーフにしたガブリエーレ・マイネッティ監督による、ユニークなイタリア製ヒーロー映画。

ひょんなことから、超常の力を手にした街のチンピラのエンツォが、クスリの取引の失敗で兄貴分を殺され、図らずも精神疾患のある彼の娘、アレッシアの世話をする羽目に。
彼女は「鋼鉄ジーグ」の熱烈なファンで、現実世界とアニメの世界を混同してる。
嫌々ながらも自分を助けてくれるエンツォを、妄想の中でアニメの主人公の司馬宙と同一視する様になるのだ。
そして、すっかり人生を諦めていた自己中なダメ男も、次第にアレッシアのことを愛する様になり、初めて誰かのために行動する喜びを知る。

ヒーローが行動する根源の原理は、いつだって"愛"だ。

全編に渡って、オリジナルのアニメへのリスペクトがにじみ出る。
イタリアでは1979年に放送され、絶大な人気を博したそうだが、リアルタイムで観ていた世代としては、スクリーンにドーンと日本語のタイトルが映し出される瞬間に、思わず胸アツ。
「鋼鉄ジーグ」は、サイボーグ化され、巨大ロボット鋼鉄ジーグと合体する青年・司馬宙と、現代に蘇った超古代国家・邪魔大王国との戦いを描いたSFアクションだ。
家族思いの宙は、知らないうちに実の父によって、自分がサイボーグ化されていたことにショックを受け、戦う理由に葛藤を抱えるも、次第に自らに課せられた使命を受け入れてゆく。
このヒーロー誕生のプロセスが、本作では愛を知らない孤独なチンピラが、アレッシアを守るために、善なる行動に目覚めてゆく過程に置き換えられている。

主人公がマッチョでもイケメンでもなく、見た目全然強そうに見えないメタボなオッサンで、登場人物全員が人生どん底の負け組なのがいい。
超人になったからといって、いきなり生活を変えるわけでもない。
何しろこの男、力を手に入れて最初にやったことがATM泥棒である。
食べるものはパック入りの安物のヨーグルトだけの偏食で、趣味はDVDでポルノ鑑賞というダメっぷり。
そんな男の心が、アレッシアとの出会いによって少しずつ変化してゆき、アニメのヒーローという虚構が、徐々にリアルな世界に引き寄せられるプロセスは説得力十分だ。
この二人の関係はアニメの宙と妹のまゆみにも似ているが、私はなんとなくフェデリコ・フェリーニの傑作「道」を思い出した。
粗野で暴力的な旅芸人・ザンパノと、頭は弱いが心優しいジェルソミーナの物語。
もしかするとマイネッティ監督は、日本のアニメにリスペクトを捧つつ、同じ国の大先輩への密かなオマージュを仕込んだのかも知れない。

ナポリのカモッラとローマの下っ端組織の抗争を絡めて、ヒーローと同根のヴィラン誕生を描くサブプロットも良く出来ていて、エンツォの宿敵となるジンガロのキャラクターも魅力的だ。
悪事のファーストプライオリティが、ネットで目立つことというアホらしさ。
とにかく悪いことして目立ちたい!というはっちゃけ具合は、知能を大幅に下げたプチジョーカーという感じだ。
本作の基本構造はほぼギャング映画のそれなのだが、ヒーローとヴィラン、それぞれのキャラクターが役割に目覚めると、しっかりとヒーローものとしてあるべき所に着地する。
全盛期を迎えているハリウッド製のアメコミヒーロー映画と比べたら、予算もスケールも小さな作品だが、本作にあって超大作が描かないもの、それはドラマの出発点としての、底辺に生きる人々の悲哀とリアリティ
手編みのマスクを被ったエンツォ改め鋼鉄ジーグは、スーパーマンの様な高潔さも、アイアンマンの様な権力も持っていないが、だからこそリアルなオッサンのカッコよさに痺れる。
主人公自ら歌う、「鋼鉄ジーグ」のイタリア語版バラード曲は泣ける仕上がり。

アメコミ超大作へのアンチテーゼと考えると、ある意味で「スプリット」と対になるような話になっていて、両方観るとかなり面白いと思う。

しかしこの良い意味でアンバランスで奇怪な映画が、イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で、最多16部門にノミネートされ、演技賞4部門を独占した他、新人監督賞など最多7部門を受賞したそうな。
これって日本アカデミー賞で、「シン・ゴジラ」が作品賞とったのと同じくらい凄いことじゃないのだろうか。

今回は口当たりのいいイタリアのビール「モレッティ」をチョイス。
1859年に創業したイタリア最古のビールメーカー。
広く飲まれている大衆の酒らしく、クセがなくてどんな料理にも合う。
苦味が弱くフルーティかつライトで、とても飲みやすい。
ラベルのダンディなおじさまは、1942年に当時の社長がブランドイメージにぴったりだと見つけてきた人物で、以来銘柄の顔となっている。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
この作品、底辺ヒーロー、ダークヒーローものとしては出色でした。
ジンガロについて、
>知能を大幅に下げたプチジョーカー
とは、言い得て笑えました。でも、彼の幼稚な目的はブレルことがなかったので、そこが素晴らしい!
理由なんてどんなバカバカしいものでもいいの。悪を貫くのには。ヒーローたる理由も同様ですが。
2017/05/30(火) 13:15:22 | URL | ここなつ #/qX1gsKM[ 編集]
こんばんは
>ここなつさん
まあ知能は低いものの、突き抜け具合はジョーカーにも負けないものでした。
やはりヴィランが魅力的でないとヒーローは輝けませんもんね。
これはある意味ビギニングなんで、続編を期待しちゃいます。
2017/06/03(土) 23:10:38 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
観ていないですが、善と悪との違いは、知能ではなく、思想上の属性ではないですか。だから、高度な知能を持つ事が、必ずしも、まともな大人の条件とは限らず、ロクデナシもいると。知能や知識は、後から学ぶことができるが、素質は曲げられんでしょう。

地球上のあらゆる国家が、血道をあげて優秀な人材を育て、送りだそうとするも、主人公となれるのはごく一握り。それが、阿呆な指導者を選ぶこともあるのだから、英雄とは、常に最前線に居て、活躍できる事が求められ、最前線に居られるのは、この複雑でボーダーレスの時代にあって、運としか言いようがないでしょう。一生、闇に生きる日陰の英雄もいると。

あと、エンターテイメント好きは低知能だと思いますよ。
2017/06/05(月) 17:40:36 | URL | 隆 #x/aBQqzQ[ 編集]
こんばんは
>隆さん
ちょっと何を仰っているのか理解できません。
そういう内容の映画ではありません。
2017/06/06(火) 00:27:54 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
全然、理解不能という事もないのではないですか。

善悪対決のヒーローものには関心がありますが、これは、グレーゾーンから出たヒーローであり、それを一般人と呼び、おっさんから出たヒーロー、という事なのでしょう。

こうしたグレーゾーンのヒーローは最近多いと思いますね。これも、マーベルという伝統ブランド外の作品の新たなトレンド、というやつでしょうかね。韓流でなくて良かった。
2017/06/06(火) 19:45:08 | URL | 隆 #x/aBQqzQ[ 編集]
こんばんは
>隆さん
ごめんなさい、やはり仰る意味が分かりません。
今時のヒーローものはDCやマーベルも含めて、単純な勧善懲悪は殆どありません。全部グレーです。
韓流でなくて良かったというのも、どういう文脈で出てきた言葉か分かりかねます。
差別的な意味でしたら、これ以上の書き込みはご遠慮ください。
2017/06/06(火) 22:12:18 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
韓流への批判は当てつけです。失礼しました。

マーベルのヒロイズムは、もっと強くあって欲しいと僕は思います。喧嘩が強いとかバカヤローでも、市民権を得られるのが、戦いの世界だと思います。だから、市民出身のグレーなヒーローは、何の為に、今ある平穏な生活を投げ出すようなギャンブルをするのか理解できないのです。

ヒーローになりたくない男がヒーローになる、というのは、笑いを招く皮肉だと思います。ヒーローだから、全てを手に入れているわけではない、その証拠に彼は普通の市民だった、という、ヒロイズムを勧めているのか、皮肉っているのかが分からないのです。合理主義よりも、リアリズムは幻滅をもたらす、というところですね。

あいや、長々と失礼しました。
2017/06/07(水) 17:05:38 | URL | 隆 #x/aBQqzQ[ 編集]
こんばんは
>隆さん
今の世界では喧嘩の強い馬鹿野郎は受け入れられません。
善悪二元論の時代は20世紀で終わりました。
今の世界の人類は世界はもっと複雑だと知っています。
スーパーマンやソーの様な宇宙人ですら、心に傷と葛藤を抱えています。
だから全てのヒーローはグレーで、それぞれに葛藤の要因は違えど、ヒーローであることに悩み、やがてそれぞれの戦いの意味を見出していき、そこに見応えあるドラマが生まれます。
戦うために戦う男性原理主義的な単純なヒーローは、もはや今の世に居場所はないのです。
2017/06/07(水) 18:12:24 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
ノラネコさん

面白いですね。20世紀は狂気の時代でしょう。共産主義は、パージのあったアメリカ然り国内にて成熟させるのであれば、権力に穏健である事を強いて圧力団体になる分だけで、危険思想では無いと思います。敵だと思っていただけ、という事と、国境を分けて対立すれば、如何なる思想も敵対になり得る、という事でしょう。だから、共産主義も自由主義も若かったのでしょう。

だから、国境を無くす事から、僕はグローバリズム支持なんです。少数派が生む文化も、資本主義と結託し、上手く行けば自立出来る。国家への依存は減らすべきだと思います。

いい加減ブログの筋から逸れるのでこれくらいにしておきます。地元ではやっていない映画ですので、レンタルで必ず観ます。
2017/06/07(水) 22:32:57 | URL | 隆 #fW5SIV52[ 編集]
ツイッターで
「皆に愛されたかった屑と一人に愛されたかった屑の話」というツイートが回ってきて、なるほどと思いました。
2017/06/11(日) 10:07:22 | URL | ふじき78 #rOBHfPzg[ 編集]
こんばんは
>ふじき78さん
なるほど、上手い!
クズたちの話だから、アメリカ映画にはない悲哀があるんでしょうねえ。ヒーロー映画というよりも、犯罪映画の作りに近いし。
2017/06/14(水) 22:35:24 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「こうてーっつジーーーーッグーーー!」
2017/05/26(金) 23:37:51 | 或る日の出来事
イタリア・ローマ郊外のトル・ベッラ・モナカ。 孤独なチンピラ、エンツォは、放射性廃棄物のドラム缶が沈むテヴェレ川に浸かって以来、超人的なパワーを得てしまう。 そんな時、世話になっていたオヤジが死んだため、彼の娘アレッシアの面倒を見ることに。 彼女はアニメ「鋼鉄ジーグ」の大ファンで、主人公・司馬宙(シバヒロシ)とエンツォを同一視していた。 ところが、エンツォの超人パワーを利用しようと、悪の組織...
2017/05/29(月) 20:24:50 | 象のロケット
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 5月22日(月) シネ・リーブル梅田 スクリーン2にて 14:25の回を鑑賞。
2017/05/29(月) 22:28:11 | みはいる・BのB
胸熱。のキャッチコピーそのままに、胸熱だったよ!鋼鉄ジーグ!お名前は?司馬宙(シバヒロシ)と呼んでくれ。永井豪と言えば、「ハレンチ学園」位しか読んだことがなかった私。だから、「鋼鉄ジーグ」に関しても知識ゼロで臨んだわけだが…。その永井豪作の「鋼鉄ジーグ」をモチーフに作られた作品。「鋼鉄ジーグ」は1970年代のテレビアニメ作品で、日本だけでなくイタリアでも放送されていたのだという。監督が大の日...
2017/05/30(火) 12:58:15 | ここなつ映画レビュー
主人公、ヨーグルト好き過ぎだろ。
2017/06/07(水) 23:43:54 | だらだら無気力ブログ!
異端英雄譚2本をまとめてレビュー ◆『スプリット』 ▲「俺も頭を丸めたんだから『ワイルド・スピード』に出させてくれよお」 五つ星評価で【★★★その落とし方は禁断やろ ...
2017/06/11(日) 10:13:49 | ふじき78の死屍累々映画日記
鋼鉄ジーグというのは1970年代の日本のロボットアニメです。けれどもそんなこと知らなくても充分楽しめました。主人公エンツォのヒゲに星を進呈して、ヒゲハゲ満足度は5点満点の5★★★★★ テロが頻発するローマ郊外 チンピラのエンツォ(クラウディオ・サンタマリア)は ひょんなことから人知を超えた力を手に入れる ある日エンツォが慕う兄貴分セルジョが殺害されてしまう セルジョの娘...
2017/06/11(日) 15:41:39 | 鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ
 1970年代の日本アニメは当時ヨーロッパで大人気となりました。「鋼鉄ジーグ」もその一つで、僕自身あまり見た記憶はないのですが、イタリアでは今でも人気だそう。それをモチーフとした胸が熱くなるヒーロー映画です。  作品情報 2015年イタリア映画 監督:ガブリエ…
2017/06/15(木) 06:48:59 | 映画好きパパの鑑賞日記
これが長編デビューとなるイタリアの新鋭ガブリエーレ・マイネッティ監督が、イタリアでも放送され人気を博した日本のTVアニメ「鋼鉄ジーグ」をモチーフに、イタリア映画初の本格スーパーヒーロー映画として撮り上げた異色のクライム・アクション。ひょんなことから超人...
2017/07/11(火) 15:00:22 | パピとママ映画のblog
【出演】  クラウディオ・サンタマリア  ルカ・マリネッリ  イレリア・パストレッリ 【ストーリー】 テロが頻発するローマ郊外。チンピラのエンツォは、ひょんなことから人知を超えた力を手に入れる。ある日、エンツォが慕う“オヤジ”が殺害されてしまう。オヤジの娘の...
2017/07/25(火) 22:09:34 | 西京極 紫の館