FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「勝手にふるえてろ・・・・・評価額1700円」
2017年12月27日 (水) | 編集 |
オタク系絶滅危惧種の恋。

人間の想像力、もとい妄想力は凄い。
幼い頃、イマジナリーフレンドがいた人は多いだろう。
自分にしか見えない空想の友だちは、やがて世界が家の外に広がり、現実の友だちが増えるにつれて消えてゆく。
しかし、思春期を迎え日々の生活が社会的になると、新しいタイプの妄想が湧き上がってくる。
それが、“理想の自分”だ。
コンプレックスに苛まれる現実の自分とは異なり、あるべき自分、ありたい自分を作り出し、心の中のパラレルワールドに住まわせる。
この妄想のドッペルゲンガーは、うまく付き合えば自分を高めてゆける燃料にもなり得るが、しばし現実を食い尽くしそうになるので厄介だ。
※核心部分に触れています。

綿矢りさの原作は未読。
主人公の江藤良香は、都内の会社で経理の仕事をしている。
彼女は自分のことを語るのが大好きで、行きつけのカフェのウエイトレスから釣り人のオッさんに至るまで、出会う人行き交う人に自分語りする一見社交的なキャラクターだ。
彼女には中二で出会ってからずっと好きな初恋の人、一宮がいるのだが、ある日突然ウザ系同僚の霧島にコクられてしまう。
本命の一宮が“イチ”で、成り行きで友だち付き合いすることになった霧島が“ニ”の序列。
日常でニの比重が重くなってくると、良香は焦り始める。
「これで良いのか」と。
同窓会を画策した彼女は10年ぶりに理想の王子、イチと再会を果たすのだが、映画はここからガラリと様相を変えてくる。

冒頭から描かれてきたことの大半は、リアルな良香ではなく、妄想の良香の世界
彼女はカフェのウエイトレスとも、釣り人のオッさんとも話したことが無く、会社で隣の席の来留美の他は親しい友だちもいない。
そして10年間恋し続け、自分は彼の思い出に刻み込まれていると思っていたイチには、名前すら覚えられていなかったという痛恨の真実。
それまでの世界観をグルリと反転させ、主人公の人物像を浮き立たせるとともに、作品世界をイタタな心象として成立させる秀逸なロジック。
この辺りは実に映画的な表現で、原作ではどの様に表現されているのか気になる。
しかし妄想こじらせ系のメンタルを、ここまでリアルに描いちゃうとか。
良香に負けず妄想力の強い私としては、まるで若い頃の自分を観てる様で非常にツライ映画である( ;´Д`)

妄想でなくリアルな恋が始まる時、良香は否が応でも現実と向き合わねばならない。
脳内の虚構を通して見てた世界とは違って、現実は切なくて、悲しくて。
恋には破れ、友情にも裏切られ、そんな現実の自分が惨めで、化石のアンモナイトみたいに絶滅させたくなって、それでも永遠に妄想の世界には住めない。
脚色も担当する大九明子監督のテリングはテンポ良く、突然のミュージカル調など外連味を効かせつつ、意外にも単独初主演だという松岡茉優を見事に生かし切る。
ボロボロになった良香の、ラストショットの“リアル”には心を撃ち抜かれた。

本作は、主人公を自分の中に感じられるかどうかで、かなり評価が変わってくるだろう。
妄想癖のあるオタク脳の人ほど、共感するのは間違いない。
私が妄想の自分を作り出したのも、多分中二くらいの時。
さすがにこの歳になると妄想に自分を支配されてはいないけど、現実に打ちのめされるとヤツはしっかり顔を出す。
自分が絶滅する時までに、せめてもうちょっと一致出来れば良いのだけど。

今回は、現実に疲れた時に思わず手が出てしまう伝統のカップ酒、「ワンカップ大関」をチョイス。
安酒だけに、ぶっちゃけ大して美味しくはない。
しかし心が弱っている時に飲むと、妙に肝臓にしみるのである。
悪酔いしやすいので、量はほどほどにしよう。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
妄想
妄想癖ある方でもないと思う(それが妄想?w)けど共感できました。
2018/01/10(水) 13:37:55 | URL | まっつぁんこ #L1vigvx6[ 編集]
こんばんは
>まっつぁんこさん
妄想癖があると、共感を超えてほぼ自分と松岡茉優を同一視できちゃいますw
それがまさしく不気味な妄想ではあるのですが。
2018/01/11(木) 22:32:44 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
この歳になりまして、やっとこさ妄想の自分にうまく現実の自分を引っ張り上げてもらえるようになりました。(ボケ始めたともう言うか!?)

わたしのことはともかく、映画があまりにも面白かったので慌てて原作読んだのですが、色々驚きました。
まず、脚色があまりにも見事です。基本線はほぼ踏襲しながらも全く別物と言ってもいいです。

わたしが一番驚いたのは、ヨシカちゃんが「アトピー持ちの上に、テレビでいじられてる女芸人にそっくり」という描写。原作ではルックスがとっても不自由なんですよ。
映画では松岡茉優ちゃんが演じてて、せっかくお顔立ちはきれいなのに引っ込み思案過ぎる女の子、って感じでしたが、ひょっとしてそれすら彼女の妄想ってことではなかったのか?!と、一瞬焦りました。まさかそこまで凝ったつくりではないでしょうが.........
2018/02/10(土) 19:57:49 | URL | tanukibayashi #-[ 編集]
こんばんは
>tanukibayashiさん
ヨシカの容姿も含めて、映ってるものが現実じゃないんじゃないかと言うのは私も感じました。
と言うか、そう思えるように演出しているかと。
現実と妄想がほどよく溶けあってシームレス。
それがこの映画の面白さを作り出しているように思います。
2018/02/15(木) 21:59:00 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
絶滅した動物を調べることにはまっている24歳のOLヨシカは、10年間も中学の同級生「イチ」に片思い中だが、彼と会う機会すらない。 暑苦しい会社の同期「ニ」に告白され舞い上がったものの、交際には乗り切れずにいた。 同級生の名を騙り同窓会を企画したヨシカは、ついにイチと再会を果たす…。 ラブ・コメディ。 ≪この恋、絶滅すべきでしょうか?≫
2017/12/30(土) 18:07:47 | 象のロケット
あけましておめでとうございます。本年も『東京温度』をよろしくお願いします。 映画
2018/01/01(月) 00:44:54 | 大江戸時夫の東京温度
勝手にふるえてろ@東京国際映画祭
2018/01/02(火) 10:31:10 | あーうぃ だにぇっと
芥川賞作家・綿矢りさの同名ベストセラーを「ちはやふる」の松岡茉優主演で映画化した恋愛コメディ。中学の同級生に10年間も片想い中の恋愛経験ゼロのヒロインが、初めてできたリアルな彼氏と妄想彼氏の間で勝手に二股恋愛を繰り広げる暴走の顛末をコミカルに描く。共演は渡辺大知、北村匠海、石橋杏奈、古舘寛治、片桐はいり。監督は「恋するマドリ」「でーれーガールズ」の大九明子。あらすじ:24歳のOLヨシカは博物...
2018/01/12(金) 16:46:10 | 映画に夢中
映画「勝手にふるえてろ」を鑑賞しました。
2018/01/14(日) 22:50:16 | FREE TIME
 本作は、作家・綿矢りさの小説『勝手にふるえてろ』を映画化したもの。主人公は若いOLで、中学の同級生に対する片思いを未だに引きずっていながらも、同期入社の社員から告白をも受け、2つの恋の間で思い悩みます。さあ一体彼女はどうするのでしょうかというところですが、コミカルなタッチの中に今時の若い女性の生態も描かれていて、まずまず面白いなと思いました。  本作についてのレビュー記事は、...
2018/01/15(月) 21:07:31 | 冥府の映画的・絵画的・音楽的
普段あんまり観ない邦画を観るには理由がある。それは…
2018/01/18(木) 09:08:46 | 或る日の出来事
注・内容、台詞に触れています。『勝手にふるえてろ』監督 : 大九明子原作 : 綿矢りさ出演 : 松岡茉優北村匠海渡辺大知石橋杏奈趣里、古舘寛治前野朋哉、片桐はいり他物語・初恋相手のイチを忘れられない2
2018/01/18(木) 17:56:55 | 映画雑記・COLOR of CINEMA