FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「わたしたちの家・・・・・評価額1600円」
2018年01月16日 (火) | 編集 |
形而上的なる我が家。

これは実にユニークな作品だ。
一昨年まで東京藝術大学大学院に在籍する学生だった清原惟が、その修了作品として監督したのが本作。
昨年開かれたユーロスペースでの卒業制作展で話題を呼び、その後PFFアワード2017グランプリを受賞。
本来は非商業映画ながら、今年改めてレイトショー公開されることになった、注目の“デビュー作”だ。

冒頭、狭くて暗い部屋の中で、真っ白なパジャマやネグリジェを着た少女たちが、安っぽい音楽で無邪気に踊っている。
するとその中の一人が、突然「シャッターの音がする」と言い出す。
彼女がこの映画の主人公の一人、「セリ」だ。
昔は店舗だったらしい、この家の玄関はシャッターなのだが、その音は他の少女たちには聞こえていない。

もうすぐ14歳の誕生日を迎えるセリは、父が失踪して以来、母の桐子と二人暮らし。
思春期の彼女は、最近桐子に恋人が出来たことに心乱されている。


一方、記憶を無くした「さな」は、フェリーの船上で知り合った透子によって、彼女の家に招き入れられ、そのまま同居人となる。

一見関係無い二つの物語だが、実は舞台となっているのは同じ家なのだ。

これは一体どういうことなのだろうか? 

映画が進むうちに、二つの物語は同じ家の時空が僅かにずれた、パラレルワールド的な関係であることが分かってくる。
それぞれの主人公、セリは父親を、さなは記憶を失っている。
ともに自分の大切な何かを無くした二人は、どこからともなく聞こえてくる声や音、気配、時には襖の穴などの痕跡となって、お互いの喪失を埋めるかのように共鳴。
二つの世界の接触は徐々に不穏な空気を増幅し、しかし独立したまま話は進む。


本作を鑑賞した印象を一言で言えば、俗っぽくない黒沢清だろうか。
リンチやリヴェットに影響を受けているという清原監督は、大学院では黒沢清に師事していたそう。
ただ、彼の映画にある見世物的な外連味や強い観念性はあまり感じない。
アプローチが形而上的なのは同じだが、もう少し世界観の軸足が実在性にまたがっている様に思うのだ。

いわゆる三幕の構造は、無くはないものの希薄。
並行する二つの世界というアイディアは、「インターステラー」や「フリンジ」の様なSF的展開には足を踏み入れない。
どちらかが現実でどちらかが幻、あるいはどちらかが未来でどちらかが過去、いやいやもしかしたら片方の世界の人々は死んでいる・・・? などと、いくらでも想像はできるものの、二つの物語の主従を含めて、そこは重要ではないのだ。
セリは襖に明けた穴から何を見たのか。
さなのプレゼントの箱には何が入っていたのか。
画面には映らない、閉塞した日常と非日常との境界への畏怖と憧憬、観客の心の中に膨れ上がる形而上的イメージこそが、この映画の核心だろう。

ポリフォニックに展開する物語は、徐々にエントロピーを増大させながら、同時にキャラクターの内面の葛藤については一定の収束を見る。

この塩梅が絶妙で、観客は世界観の謎への分かりやすい解を欲しながらも、物語が断ち切られることを納得させられてしまうのだ。
映画の閉じ方は難しく、本作の様な謎で引っ張る作品はなおさらで、作者の天性のセンスを感じさせる。

学生映画だから、正直色々な部分で稚拙さも感じるが、贔屓目に見ればそんなところも荒削りな味わい。

築90年の小さな民家を、時空の迷宮に仕立て上げた空間設計、胸騒ぎを掻き立てる音響演出などのテリングは、間違いなく相当に非凡である。
清原惟、この名は覚えた。

白日夢の様な不思議な世界観の作品なので、「デイドリーム・マティーニ」をチョイス。
シトラスウォッカ90ml、オレンジジュース30ml、トリプルセック15ml、シロップ1dashを氷を入れたミキシンググラスでステアし、冷やしたグラスに注ぐ。
柑橘類のフレッシュな香りが、甘味と酸味のバランスを引き立て、白日夢の幻想に誘う。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ストリチナヤ シトラスウォッカ 37.5度 750ml
価格:1229円(税込、送料別) (2018/1/16時点)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック