酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。 また、関係があってもアフェリエイト、アダルトへの誘導など不適切と判断したTBは削除いたします。

■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ゆれる人魚・・・・・評価額1550円」
2018年02月25日 (日) | 編集 |
美しく、グロテスク。

東欧革命前夜の1980年代、退廃の都ワルシャワを舞台に、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話「人魚姫」を再解釈。
陸に上がった人魚姫は、ワイルドな美貌に美しい声とダンスでナイトクラブの歌姫となり、王子様ならぬイケメンのバンドマンと恋をする。
アグニェシュカ・スモチンスカ監督の長編デビュー作は、言わばミュージカルとファンタジーとホラーをごった煮したダークな夜会。
基本的な筋立てはアンデルセンの原作とほぼ同じだが、最大の違いは人魚姫が一人でなく、シルバーとゴールデンと名乗る、対照的な性格の姉妹だということ。
いや原作の人魚姫にも姉妹はいるのだが、本作では共に陸に上がって、二人で物語のテーゼとアンチテーゼを形作るのだ。

華奢な少女の様な上半身とは対照的な、巨大でヌメッとした魚の下半身の造形が良い。
この映画では、彼女らが人間の姿にメタモルフォーゼすると、下半身の穴が塞がってしまい、まるで人形の様になる。
バンドマンと恋をしたシルバーは、魚のままの下半身で交わることを彼に拒否され、マッドサイエンティストから、本物の人間の下半身の移植手術を受けることを決意。
その代償に、声という歌姫としての機能を失う。
ツノを引き抜いた悪魔が、人間界でロックバンドのボーカルとして活動していて、彼がシルバーに人間になることの危険性を警告するのも、ぶっ飛んだ世界観を強化する面白いアイデア。
もしも、愛が成就せず、相手の男が別の女と結婚すれば、シルバーは海の泡になって消えてしまう運命。
その場合は、結婚式の翌朝、太陽が昇るまでに彼を殺さねばならないのは原作通り。

もともと人魚たちにとって、人間の男はエサに過ぎず、ワルシャワもアメリカに行く前に立ち寄っただけのはずだった。
彼女らが陸に上がって、様々な経験をするのは、無垢なる少女が次第に大人になってゆくことのメタファー
初めて恋をして、他者との関係を学び、大人として人生を選択する。
図らずも、エサを好きになってしまったシルバーと、冷静に人間を眺めエサとして喰らうゴールデンのコントラスト。
愛を信じて海の泡となるのか、それとも愛の魔力から自分を守るのか。
姉妹が、イルカの様なノイズで会話するのも面白い。
物語の顛末そのものは原作に忠実ながら、2人の人魚姫を合わせ鏡の存在にすることで、初恋の純粋な強さと、その代償としての痛みもまた深まった。
恋とは、時に身も心も溶けるほどに甘味で、時に耐えようも無いほど残酷なものなのである。

ミュージカルシーンは非常にボリュームがあり、細部をすっ飛ばしたような展開はかなり強引。
だが、この世界観ならそれも十分ありだろう。
凝ったシャレード表現が物語を補完し、楽曲のリリックがキャラクターの心情を雄弁に伝えてくるのだ。
細部まで作り込まれた美術とコスチュームが醸し出す、ゴージャスに安っぽい退廃美は、リンチや同じポーランドの異才ズラウスキーを思わせる。
思春期の性を暗喩するグロテスクなホラー性と、裏返しの純愛の切なさは、「RAW〜少女の目覚め〜」「ビザンチウム」に通じる部分も。
「RAW」の場合は本作と同じく姉妹、「ビザンチウム」は母娘と、対照的な二人の女性の葛藤がジンテーゼを導き出す構造も同じ。
女性監督が少女をモチーフに描く長編デビュー作なのも、「RAW」とは共通する要素だ。

今回は舞台にちなんで「ローズ・オブ・ワルシャワ」をチョイス。
ウォッカ30ml、チェリーブランデー20ml、コアントロー10ml、アンゴスチュラビターズ1tspをステアしてグラスに注ぐ。
ワルシャワは第二次世界大戦で徹底的破壊されるも、戦後執念の修復で往年の姿を取り戻した美しい都市。
名前の通り、美しいローズカラーのこのカクテルは、ワルシャワの夕景をイメージしているとか。
フルーティで甘過ぎず、ビターズの苦味がいいアクセントになっている。
粋なオトナの女性に飲んでもらいたい一杯だ。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 ボルス チェリー ブランデー24度 700ml
価格:1112円(税込、送料別) (2018/2/22時点)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
映画『ゆれる人魚』は、ポーランド産の珍品。ええ、相当な珍品です。現代が舞台の人魚
2018/02/27(火) 23:30:56 | 大江戸時夫の東京温度
1980年代、ポーランドの首都ワルシャワ。 人間を食べて生きる美しい人魚の姉ゴールデンと妹シルバーは海から上がり、ストリップやライヴ演奏が行われているナイトクラブにたどり着く。 得意のダンスと歌を披露して、2人はすぐに店のスターになった。 シルバーは、ベーシストの青年ミーテクに恋をする…。 ホラー・ファンタジー・ミュージカル。
2018/03/04(日) 13:33:47 | 象のロケット