酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。 また、関係があってもアフェリエイト、アダルトへの誘導など不適切と判断したTBは削除いたします。

■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「心と体と・・・・・評価額1650円」
2018年04月25日 (水) | 編集 |
恋するために、夢を見る。

嘗て、長編デビュー作の「私の20世紀」でカンヌ映画祭カメラドールを受けた、イルディコー・エニェディ監督の18年ぶりの長編劇映画は、非常に不思議な手触りのラブストーリーだ。
舞台となるのは、ハンガリーの首都ブダペスト郊外にある食肉処理工場。
主人公は、新任の品質管理官の女・マーリアと、工場の管理職をしている初老の男・エンドレ。
エンドレは、同僚たちと馴染めず、いつも一人でいるマーリアのことを気にかけている。
性別も年齢も性格も、一見対照的に見える二人は、心理カウンセリングを受けたことで、なぜか同じ夢を共有していることを知る。
夢の中で二人はオスとメスの鹿となり、住んでいるのはしんしんと雪が降りしきる幻想的な森の中。
孤独な二頭は、お互いを遠くから見つめ合い、やがて距離を縮めて行動を共にするようになる。
毎晩のように夢で逢瀬を重ねる二人は、現実世界でも急接近。

面白いのはマーリアのキャラクターで、彼女はある種の心の病と共に、ずっと生きてきた様なのだ。
サヴァン症候群を思わせる驚異的な記憶力を持ち、感情は人並みに豊かだがそれを表現することは苦手で、他人との肉体的接触を極端に恐れる潔癖症。
曖昧なものを嫌い、ロボットのように杓子定規に規定に厳格だが、より人間的にあろうと努力はしている。
一方のエンドレも、片腕に障がいを持ち、色恋沙汰からの“引退”を自認して、孤独な一人暮らし。
マーリアは凍りついた肉体に心が封じ込められていて、そこから踏み出せず、エンドレは障がいによって男としての自信を喪失し、新たなリスクを負うことに臆病になっている。
いわば、二人とも重度の逆恋愛体質に陥っているのである。

二人が見ているのは本当に夢なのか、それとも実在する二頭の鹿と心が繋がっているのかには言及がない。
鹿は多くの文化で神聖を持つとされる優美な生き物だが、二人が共有するロマンチックな夢の世界は、現実世界での接触に向けたリハビリの様なものかも知れない。
前半頻繁に描写される夢のシーンは、二人が現実で距離を縮めはじめ、夢の中で交尾したことが示唆されると、後半ではまったく出てこなくなる。
夢では上手くいっても、現実はまた違うというのが難しいところ。
何しろ、この世界は夢の中の森のように全てがピュアで美しくはない。
二人が勤務する食肉処理工場では、鹿の近縁種である牛が毎日殺されてゆく。
会社の中でも窃盗事件が起こり、従業員は影口を言い合っている。

この灰色の世界で、二人の恋は成立するのか。
マーリアとエンドレは、近付いたと思ったら離れ、時に痛みを感じながら、少しずつお互いの世界を変えてゆく。
人々が求める柔らかな陽の光にすら、触れられることを恐れていたマーリアは、エンドレと心も体も愛し合うために、様々なものに触るトレーニングをする。
ぬいぐるみ、動物の皮膚、マッシュポテト、知らなかった触感が彼女の心をかき乱す。
一方、エンドレもマーリアへの気持ちに気付き、彼女を失うことを恐れた時、森の中でオス鹿がただ一頭、相手を探してひた走るのが、最後の夢の描写。
本当の意味で愛し愛される喜びを知らない女性が、凍りついた肉体を溶かし、心と一致させるまでの116分の静かなる叙情詩。
他に類をみない独創的な作品だが、最後にはどこかほっこり優しい気分になれる、愛すべき小品だ。

今回は森を思わせる緑のカクテル「ミドリミモザ」をチョイス。
日本を代表するメロンリキュール、サントリーのミドリを、シャンパンで割ったもの。
シャンパングラスに、冷やしたミドリ30ml、シャンパン120mlを注ぎ、仕上げに1〜2tsp程度の適量のライムシロップを加え、軽く混ぜる。
辛口のシャンパンと甘いミドリが、幸福にマリアージュする美しいカクテルだ。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハンガリーの首都ブタペスト郊外にある食肉処理工場。 臨時の女性食肉検査員マーリアは、人付き合いが苦手で職場に馴染めない。 片手が不自由な男性役員エンドレは、そんな彼女を何かと気に掛けていた。 工場で盗難事件が発生したため、全従業員が精神分析医からカウンセリングを受けることになり、夢の話をきっかけに2人は急接近していく…。 ラブ・ファンタジー。
2018/04/28(土) 14:47:09 | 象のロケット