FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
孤狼の血・・・・・評価額1700円
2018年05月27日 (日) | 編集 |
映画じゃけん、何してもええんじゃ!

いやー、これは面白い。
広島県の架空の都市・呉原を舞台に、東映が昭和の実録映画にディープなセルフオマージュを捧げたパワフルな犯罪映画。
北海道警の悪徳刑事を描いたピカレスク大河ドラマの傑作、「日本で一番悪い奴ら」の監督・白石和彌、脚本・池上純哉のコンビが、柚月裕子の同名小説を映画化。
暴対スペシャリストにして汚職刑事、狐のように狡猾で手負いの一匹狼のように恐ろしいダーティーヒーローを、役所広司が怪演。
彼とバディを組むことで、警察官として何をすべきなのか、大きな葛藤を抱えることになる若い刑事を松坂桃李が演じる。
嘗て東映が標榜した“不良性感度”全開、いい意味で昭和の猥雑さを感じさせる娯楽映画だ。

天皇の病状が悪化し、一つの時代が終わりつつある昭和63年。
所轄の呉原東署捜査二課に配属された日岡秀一(松坂桃李)は、暴力団との癒着が噂されるベテラン刑事の大上章吾(役所広司)と、サラ金の呉原金融の社員の失踪事件を担当することになる。
折しも呉原では、地元の尾谷組と広島の五十子会傘下で新たに進出して来た加古村組の関係が悪化。
尾谷組の組長が服役中の間に、加古村組が縄張りを奪い取ろうと動き、尾谷組との間でいつ抗争が始まってもおかしくない状況だった。
呉原金融は五十子会のフロント企業で、失踪が内紛絡みの殺人事件だと睨んだ大上は、手段を択ばない捜査で証拠を見つけ、加古村の動きを封じようとする。
広島大卒のエリートコースを歩んできた日岡は、時として法すら無視する大上の捜査方法に反発しつつも、抗争を止めるために協力してゆくのだが・・・


冒頭、養豚場で展開する容赦ないバイオレンスシーンから、いきなり度肝を抜かれる。
豚の糞と血にまみれ、人を人とも思わぬ男たちの外道っぷり。
「R15+」のレイティングとは言え、インディーズならまだしも、今時の邦画メジャーの作品でここまで凄惨な描写は珍しい。

昭和は64年の1月7日に終わり、その3年後には暴力団対策法が成立し、全国のヤクザ組織の活動には大きなブレーキがかけられることになる。
つまりこれは昭和ヤクザがそれらしい姿であった、最後の時代の物語なのだ。

さすがに手ブレする手持ちカメラは真似なかったが、冒頭のアナログ時代の三角マークから眉間に皺をよせた厳つい顔の男たち、外連味たっぷりの特徴的なナレーションやテロップ、音楽の使い方に至るまでいつか観た映画的記憶が満載。
「仁義なき戦い」シリーズ、「県警対組織暴力」、「実録 私設銀座警察」、「仁義の墓場」などなど、心に焼き付いた幾つもの名シーンが蘇る。
これは昭和のプログラム・ピクチュアをモチーフとした、昭和世代なら観るだけでノスタルジックなカタルシスを感じられる、いわば実録版「レディ・プレイヤー1 」なのである。

しかし、昭和世代のおっさんの映画マーケットなどたかが知れている。
この映画が秀逸なのは、単にラッピングの再現だけで満足することなく、物語の裏側に県警本部vs所轄警察署vs地元ヤクザvsよそ者ヤクザという、四つ巴の凝ったコンゲームが仕組まれており、互いに騙し合い、出しぬこうとする展開の面白さでも十分に魅せること。
呉をモデルとした架空の都市・呉原市は、地元の組織・尾谷組が伝統的に仕切ってきたが、組長は服役中で、その隙を突いて広島市に本拠を置く巨大組織・五十子会傘下の加古村組が進出を加速し、尾谷組のシマを奪いにかかる。
小競り合いが続く中、ついに尾谷組のチンピラが殺される事件が起こり、全面戦争がいつ起こってもおかしくない、一触即発の状況が続く。

役所広司演じる大上は、尾谷組とはズブズブの癒着関係が公然の秘密となっている。
彼は失踪した呉原金融の社員が、何らかの理由で加古村組のリンチに合い殺されたと見立て、殺人事件として立件することで加古村の動きを封じ、戦争を阻止しようとしているのだ。
大上は、ヤクザの撲滅は不可能でナンセンスと考えていて、彼のファーストプライオリティーはヤクザを警察のコントロール下に置くこと
そのためには、賄賂も取るし、便宜を図ることもあるし、暴力で屈服させることもある。
必要とあれば自らも法を犯す。

一方、彼とコンビを組むことになるのが、松坂桃李演じるエリート、日岡秀一だ。
彼は、単なる新任の所轄刑事ではなく、何かと不正の噂のある大上を密かに捜査するために、県警本部の監察官によって送り込まれたスパイでもある。
本作の主人公は、まだ人間としても警察官としても未熟で未完成な日岡で、常識人である彼の視点で話が進むので観やすい。
日岡と大上はバディであり、マスターとパドワンでもあり、ソーとロキの様な腹に一物ある関係でもあるのだが、物語が始まった時点で、日岡の目には裏社会と警察とが絡み合う、巨大な利害構造のほんの一部しか見えておらず、警察官は基本的に法を忠実に執行すれば良いと思っている。
彼にとって大上は、ヤクザ同士の対立を利用して私腹を肥やす悪徳刑事であり、倒すべき悪漢なのである。
しかし、事件の全貌を知るにつれて、粗野な仮面に隠された大上の真意、合法・違法の線引きでは割り切れないこの世界の闇、清濁併せ呑む覚悟を決めたものだけが、行使できる“正義”もあることを理解してゆく。

野獣同士が噛み合うのは構わない。
問題は、野獣が人間の手を噛まないようにすることであり、そのために必要なのは、自らが半身だけ野獣の一員となり、知恵を使って人知れず闇の世界を操る力を持つこと。
これは、一人の若い刑事がこの世界の真実を知って成長してゆく寓話であると同時に、必要悪としての「孤狼の血」の継承の物語なのである。

「シャブ極道」「渇き」に連なる破天荒なキャラクターを、重厚に演じる役所広司が素晴らしい。
最近「彼女がその名を知らない鳥たち」や、ロマンポルノもびっくりの珍作「娼年」などで、分かりやすいイケメン俳優からの脱却を図る松坂桃李も、大ベテランとがっぷり四つに組む好演を見せる。
石橋蓮司のクズっぷり、伊達男な江口洋介、案外いい人のピエール瀧ら、暴力の世界に生きる男たちが印象強いが、訳ありのクラブママの真木よう子や、日岡と恋仲になる薬剤師を演じる阿部純子など、出番は多くないものの、女性キャラクターもなかなかに魅力的だ。

「東映は、心にモンモンを背負ってる」映画業界の人々は、愛着を込めて東映をこう表現する。
昭和が終わる一年前を描く本作が、平成が終わる一年前に作られたのは、企画としての明確な意味があると思う。
フィクションの娯楽映画にも、過度なコンプライアンスを求める風潮が蔓延し、事なかれ主義に流されがちな時代にあって、白石和彌は昭和の劇薬を巧みに換骨奪胎し、次の時代に向けて不良性感度の復活を宣言した。
本作のベースの部分に、昭和の実録映画群に対する強いノスタルジーがあることは確かだが、それ以外も様々な要素をバランスよく組み合わせて配置した、間口は広くて懐の深いとても良く出来た快作娯楽映画である。
日岡秀一を描くシリーズ第2作、「凶犬の眼」の映画化も決定したそうで、楽しみに待ちたい。

今回は、呉原こと呉市のお隣、東広島市に本拠を置く広島を代表する銘柄、賀茂鶴酒造の「賀茂鶴 上等酒」をチョイス。
比較的リーズナブルな本醸造酒だが、特に燗で飲むのに適したおっさん向けの酒になっている。
昭和のアウトローを気取って、場末の飲み屋などで、海の幸を肴にして一杯やりたい。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

賀茂鶴 上等酒 1.8L清酒 1800ml
価格:1750円(税込、送料別) (2018/5/27時点)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
東映実録映画復活
深作欣二監督の東映バイオレンス映画群にシビれた世代としては、大満足の映画でしたね。白石監督も、深作監督の“血”を確実に継承したという所でしょうか。
ところで役所扮する主人公の名前は、大山ではなく、大上です。「オオカミ」をもじってる訳ですね。
2018/05/27(日) 23:48:51 | URL | Kei #BxQFZbuQ[ 編集]
こんばんは
>keiさん
あれ、途中から大上が大山に・・・直しときましたσ^_^;
学生時代に散々実録ものを観た記憶が蘇ってきました。
面白いもんは時代を超えるということですね。
2018/05/27(日) 23:57:36 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
役所広司と松坂桃李の組み合わせが良かったですねえ。

あと、江口洋介がこんないい面構え持ってるとは思っていませんでした。
2018/06/01(金) 11:09:19 | URL | fjk78dead #-[ 編集]
こんばんは
>ふじきさん
役所広司はどんどん凄みが出てきてると思います。
江口洋介はカッコよかったけど、カッコつけてる時にハシゴ外される最後が間抜けでした。
2018/06/06(水) 20:19:25 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんにちは
いやー、面白かった…、そして見応えのある作品でした。
役者魂のせめぎ合いも含めて、色々な欲望がぎらつく作品でした。
こういう作品は邦画では近年あまりみかけなかったので、さすが白石監督!と思ったものです。
2018/06/25(月) 17:22:04 | URL | ここなつ #/qX1gsKM[ 編集]
こんばんは
>ここなつさん
白石監督は割と出来不出来が激しいですが、これは良い方ですね。
昭和のプログラムピクチュアを換骨奪胎した見事な娯楽映画でした。
続編も楽しみ。。
2018/06/30(土) 20:31:31 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2018年・日本/東映=KADOKAWA、他 配給:東映 監督:白石和彌 原作:柚月裕子 脚本:池上純哉 企画プロデュース:紀伊宗之プロデューサー:天野和人 音楽:安川午朗 音楽プロデューサー:津島玄
2018/05/27(日) 23:23:52 | お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島・呉原。 新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と、地場の暴力団「尾谷組」との抗争の火種が燻り始めた。 そんな中、「加古村組」関連企業の金融会社社員が失踪。 殺人事件と見たマル暴(暴力団担当)のベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は、事件解決の為に奔走するが…。 クライム・サスペンス。
2018/05/28(月) 08:21:36 | 象のロケット
東映復活?スケールアップでしょ! 『孤狼の血』 ~あらすじ~ 昭和63年、広島の呉原では暴力団組織が街を牛耳り、新勢力である広島の巨大組織五十子会系「加古村組」と地元の「尾谷組」がにらみ合っていた。ある日、加古村組の関連企業の社員が行方不明になる。ベテラン刑事の刑事二課主任・大上章吾(役所広司)巡査部長は、そこに殺人事件の匂いをかぎ取り、新米の日岡秀一(松坂桃李)巡査と...
2018/05/28(月) 22:59:07 | シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ
人気作家・柚月裕子が東映やくざ映画の金字塔「仁義なき戦い」へのオマージュを込めつつ書き上げたベストセラー小説を「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督が豪華キャストの共演で映画化した衝撃作。暴力団同士の抗争が激化する広島のとある地方都市を舞台に、暴力団が絡む事件の解決に乗り出したマル暴刑事が己の信念のみに従って進める法律無視の過激な捜査の行方を壮絶なバイオレンス描写とともに描き出す。主演...
2018/05/29(火) 12:15:57 | 映画に夢中
暴力団対策法施行以前の広島県を舞台に、 すさまじい抗争を起こしている暴力団と 彼らを追う刑事たちの激闘を描く... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:柚月裕子
2018/05/30(水) 03:47:20 | cinema-days 映画な日々
▲画像は後から 五つ星評価で【★★★★これはこれであり。】 北野武の『アウトレイジ』を見た時はかなり面白く感じたが、あれはヤクザ映画と言うより、ヤクザ映画の形式を借りたヤクザ演技オンパレードお披露目興行という特殊な映画だった。人々はその次々と打ちだされる特殊なヤクザ演技に酔いしれた。逆にそういうヤクザとして大見栄を張るシーンばかりを羅列しているのだから、話はツギハギでリアリティー...
2018/06/01(金) 11:10:12 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
岩に当たって砕け散る波をバックに「東映」の文字。「ザ・東映」である。東映の歴史と言えば、「仁義なき戦い」を抜きにしては語れまい。とは言っても、私はこのシリーズをリアルで観たことはないので、「ほう、系譜なんだ…」と思うに留まる。これが本作を観る前の印象。「仁義なき戦い」の東映が満を持して平成の世に放つ抗争物。そんな認識で鑑賞に臨んだのである。だが、この作品は、「抗争物」とは違うのではないか?と...
2018/06/25(月) 17:19:20 | ここなつ映画レビュー