FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ジュラシック・ワールド/炎の王国・・・・・評価額1500円」
2018年07月29日 (日) | 編集 |
王国が、燃え尽きる。

2015年に14年ぶりにリブートされた、「ジュラシック・ワールド」に続く新三部作の第二作
映画史に革命をもたらした「ジュラシック・パーク」が、いわばオーランドにあるオリジナル・ディズニーランドだとすれば、前作はタイトル通りにフロリダのディズニー・ワールドだった。
第1作をベンチマークして、構成要素をトレースしながら、できるだけ派手に拡大改良したバージョンと言っていい。
その試みは、半分成功して半分失敗していたと思う。
現在の映像テクノロジーで蘇った恐竜の島は、人間・恐竜共に多様化したキャラクターと見せ場のつるべ打ちによって、夏休みのお祭り映画としてまことに相応しいものになっていた。
一方で監督・脚本を任されたコリン・トレボロウの手腕は、スティーヴン・スピルバーグ&マイケル・クライトンのコンビと比べてしまうとやはり数段落ちると言わざるを得ず。
色々な新機軸は良いとしても、いきなり現場責任者が職場放棄したり、プロットに荒っぽさが目立ち、マップの使い方が下手で、位置関係が全然描けていないものもサスペンスをスポイル。
売り物の恐竜の描写も、大きくパワフルにはなったものの、シリーズものの既視感を超えることは出来なかった。

今回、監督はトロボロウからJ・A・バヨナにバトンタッチしているが、トレボロウは三部作を通して脚本を担当しているのでテイスト的にはそれほど変わらない、というかディテールが荒っぽい欠点もそのままだ。
前作は第1作のリメイク的リブートだったが、今回は律儀に第2作「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」の焼き直しをやってきた。
噴火する島からの恐竜救出ミッションは、スリリングだが前半で早々に終わり、後半はパークの生みの親であるジョン・ハモンドの親友で、協力者だったベンジャミン・ロックウッドの秘密基地みたいな大邸宅を舞台としたアニマルパニック編。
前半と後半が全く異なるジャンルとなるのだが、バヨナの演出は悪くない。
島を脱出する船から、噴煙に包まれ消えてゆくブラキオサウルスの最期を見届ける悲痛な描写は本作の白眉だし、後半のロックウッドの孫娘を軸にしたサスペンスは、「永遠のこどもたち」や「怪物はささやく」など、ジュブナイルを得意とするバヨナの面目躍如。
全体に、アメリカでの酷評ほどには悪くなく、むしろテリングの下手さが目立った前作より、無邪気なB級感覚全開で楽しかった。

もっとも、物語にはやはり相当に無理がある。
ロックウッドの部下が恐竜を売りさばこうとするのは、現実の希少動物の密売などを比喩してるんだろうけど、さすがに恐竜は目立ちすぎてバレるだろう。
一作目から登場のマッドサイエンティスト、ウー博士の“生物兵器”インドミナス・ラプトル計画に至っては、いくらなんでも荒唐無稽すぎる上に、元々のコンセプトから離れすぎではないか。
前作のインドミナス・レックスもそうだったけれど、本作のボスキャラであるインドミナス・ラプトルも、純粋な恐竜じゃないという点で、もはやエイリアンでも怪物でも何に置き換えてもプロットは成立してしまう。
だから、もうこれはガワを似せているだけで、恐竜時代への冒険にワクワクしっぱなしだったオリジナルとは似て非なるものなのだ。
25年前「ジュラシック・パーク」を初日に米国の映画館で観た時、サム・ニールとローラ・ダーンが始めて恐竜を見るシーンで、劇場が「オー!」という歓声に包まれたのを昨日のことのように覚えている。
あの時は、まさに登場人物の驚きが完全に観客とシンクロしてたが、CGが当たり前の表現になった現在で、あの感覚を再び味わいたいというのは無い物ねだりだろうけど。

ジェフ・ゴールドブラム演じるマルコム博士の言う通り、これはテクノロジーというか、人間の欲望の暴走が“パーク”のレベルから“ワールド”に拡大する話。
その意味では、稀代のストーリーテラー、マイケル・クライトンの作り上げたテーマを引き継いではいるのだが、彼の作った世界観から出られないのがシリーズの宿命で限界か。
リブート版「猿の惑星」シリーズくらい振り切れば面白いのだけど、今回の恐竜たちが逃げ延びたとしても、たったあれだけでは最小存続可能個体数に遠く届かないので、再絶滅は確実。
隠し球的な裏設定がない限り、「恐竜の惑星」にはなりそうもない。
まあシチュエーションの自由度という意味では、次はなんでもアリになった訳で、「三部作の最後は一体どう収拾つけるのか?」という興味は尽きないけど。
エンドクレジット後の映像は、恐竜SFの元祖であるコナン・ドイルの「ロスト・ワールド」へのオマージュなのは明らかだが、世界のミニチュアともいうべき“あの街”に降り立ったのはなんだか意味深だな。

今回は火山の噴火から始まる話なので「ボルケーノ」をチョイス。
冷やしたラズベリー・リキュール25ml、ブルー・キュラソー25ml、シャンパン適量をフルート型シャンパングラスに注ぎ、オレンジピールを飾って完成。
ラズベリーの爽やかな香り、深海を思わせるダークブルーが美しい。
フルーティーで適度な甘みがあり、とても飲みやすいカクテルだ。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
こんにちは。
ボルケーノを選択したのはお見事です!
この作品、所属からいったらもちろんUSJのアトラクションなんですけど、TDLのシーの方でもアトラクションの展開が可能だ!!と思ってしまいました。
2018/07/30(月) 15:55:35 | URL | ここなつ #/qX1gsKM[ 編集]
こんばんは
>ここなつさん
あー、そう言えばディズニーシーに火山ありましたね。
まあそのうちコレもディズニーに買われるかも知れないし。
恐竜はあちこちで魅力的なイベントがあるから、テーマパークでも苦戦しそう。
2018/08/02(木) 18:07:02 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
回収できるのか ?
こんにちは。
あの解き放たれた恐竜たちどうするんでしょーねー ?
伏線の回収みたいに簡単に回収できるのかどうか、次回作が楽しみですわ。
2018/08/03(金) 18:44:15 | URL | ケフコタカハシ #oibKWSZc[ 編集]
粗っぽいけどやっぱり楽しい
ノラネコさん☆
私は4Dで観たのでめっちゃ楽しんじゃいました。
1作目で初めて恐竜を観た「おー!」ほどではなかったかもしれないですが、今やこの方法でしか新鮮に驚くことは難しいのかもしれないですね。
次は「恐竜の惑星」になるのでしょうか?はたまた互いに絶滅して地球が滅びることでシリーズが完結するとか(笑)
2018/08/06(月) 11:09:00 | URL | ノルウェーまだ~む #RQgqNaj.[ 編集]
こんばんは
>ケフコタカハシさん
あの数では数世代繁殖したとしてもすぐに絶滅しちゃうので、普通に考えれば逃げたのを捕まえる話になるんでしょうが、それではつまらないのでどうするんでしょうね。
現生の生物と交配しちゃったりすると面白くなりそうですが、恐竜と交配出来る生物なんていないし。

>ノルウェーまだ~むさん
4Dは相性良さそうですね。
次は一番ベタな予想をすれば、ラスベガスを舞台にした恐竜パニックなんでしょうけど、それだと思いっきりB級になりそうなような。
2018/08/06(月) 21:51:18 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
作り込みが足りない
う~ん、なんか友達と話したんですけど、緩急がワールドは下手ですよね(^_^;)

登場人物も別に「この人たちに助かって欲しい!」とか感情移入がないから、私は完全に蚊帳の外で、「溶岩に飲まれようが食われようがどうでもいいや」ってドキドキワクワクしなかったなあ・・・というか、まさかの途中で帰っちゃおうかな、レベル・・・(´;ω;`)

ただし、おもちゃの出来は良くて、今も遊んでますw
2018/08/09(木) 18:09:06 | URL | ゴーダイ #-[ 編集]
こんにちは
>ゴーダイさん
基本コリン・トレボロウは、ストーリーもテリングもあまり上手い人ではありません。
今回も話の雑さは変わりませんが、ブラキオサウルスの最後とか、一瞬で凄いイメージがいくつかあったので、だいぶ印象は良くなりました。
監督のバヨナに救われた映画でした。
2018/08/12(日) 14:29:33 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
炎の王国、なのである。王国に掛けた駄洒落という訳でもないのだけれど、娯楽作品の王道!すごく楽しいしスペクタクルに満ちている。ドルビーアトモスで鑑賞して良かった!とはいうものの、この映画史に残るようなジュラシック・パークシリーズの映画作品を観たことはこれまで無かったのだ。このシリーズはTVで何度となく放映されて、その度に映画好きの次男は熱狂的に歓迎してチャンネルを合わせていた(と記憶しているの...
2018/07/30(月) 15:56:28 | ここなつ映画レビュー
シリーズ14年ぶりの新作として2015年に公開され、記録的な大ヒットとなった「ジュラシック・ワールド」の続編。恐竜と心を通わせるオーウェンを演じるクリス・プラット、クレア役のブラウス・ダラス・ハワードらメインキャストが続投。監督は前作のコリン・トレボロウに代わり、「永遠のこどもたち」「インポッシブル」などで注目されたスペインの出身のJ・A・バヨナが新たに務める。あらすじ:前作でハイブリッド恐...
2018/07/30(月) 16:02:55 | 映画に夢中
大惨事から3年。 大人気テーマパーク「ジュラシック・ワールド」は放棄され、恐竜たちは大自然で自由な生活を始めていた。 しかし、島で火山噴火の予兆がとらえられる。 迫り来る危機的状況の中、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、命を懸け救い出すか、選択が迫られることに…。 SFパニック・アドベンチャー第2弾。
2018/07/31(火) 10:03:47 | 象のロケット
暑さのせいで新作が公開されていることをすっかり忘れていました。前作がテレビ放映されたのはこのためだったのに気がつかないなんて、げに恐ろしきは異常気象なり !ですな。クリス・プラットのヒゲに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点の5★★★★★ <公式サイトはコチラ> 筋立てには特に目新しい物はなくてネタバレもあってないようなもんですが、以下ちょこちょこネタをバラしているので...
2018/08/03(金) 18:40:53 | 鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ
今後の恐竜たちは... 公式サイト http://www.jurassicworld.jp 製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ監督: J・A・バヨナ  「怪物はささやく」 「インポッシブル」 3
2018/08/04(土) 14:58:11 | 風に吹かれて
あー面白かった!! もうジェラシック・ワールドなら4Dで観るしかない!というか、4Dで観る為に作られていると言っても過言ではないし。 しかも後にも先にも4Dで観る映画っていったら、このジェラシック・ワールドでしょうyo!? ツッコミどころもいっぱいあった?期待していたより物語が薄かった? それって4Dで観てないのでは?
2018/08/06(月) 11:09:35 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
 「面白い度☆☆ 好き度☆☆」  あとがあればね。  このシリーズは本当に数字順につまらなくなっていくな。つまり毎回最低記録を更新するという。恐竜バイヤーのトビー・ジョー
2018/08/09(木) 18:09:50 | HEAVEN INSITE's Blog
はじめに期待度ハードルが下がっていたので、見上げるほど、はるかに面白かった。
2018/08/11(土) 09:23:51 | 或る日の出来事