FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「食べる女・・・・・評価額1600円」
2018年10月06日 (土) | 編集 |
恋とセックスと美味いご飯。


小泉今日子演じる文筆家・餅月敦子(トン子)が営むレトロな古書店を中心に、直接的あるいは間接的に関わりを持つことになる、小学生から五十路までの10人の女たちの日常を描く群像劇。
筒井ともみの同名小説を本人が作品企画兼任で脚色し、「手紙」の生野慈朗が監督を務める。

登場人物は、トン子の親友で店の従業員の若い男を“食べちゃう”、肉食系小料理屋店主の鴨舌美冬(鈴木京香)、惰性で付き合っているイマカレとの関係に悩む白子多実子(前田敦子)、ユースケ・サンタマリア演じる出張料理人と、恋人でもなく友人でもない不思議な関係になる小麦田圭子(沢尻エリカ)。
料理下手過ぎて結婚が破綻してしまい、トン子の元へと転がり込む豆乃・リサ・マチルダはシャーロット・ケイト・フォックスが好演。
本津あかり(広瀬アリス)は付き合った男に、必ずお手軽なひき肉料理を食べさせ、別れた夫の子を産もうとしている茄子田珠美(山田優)のバーに入り浸る。
そして、ひょんなことからトン子の“友だち”となるのが、近所に住む小学生の桃井由香羅(宇田琴音)と米坂ミドリ(鈴木優菜)で、ミドリの母が別れた夫への未練を断ち切れない米坂ツヤコ(壇蜜)。

食材の名を持つ10人(本津あかりだけ違うのは何でだろう?)それぞれに独自の考えがあり、行動にも説得力もあるので、キャラクターとして全員が面白い。
小学生の二人は別として、8人の大人の女たちの食=生=性=愛の連環は、同じ女でも全く違った情景となって描かれている。
豊富な人生経験に裏打ちされた、作家の多角的な人間観察眼が際立つユニークな作品だ。


何しろ10人分のエピソードが描かれているので、明確な三幕構造は持たない、というか持たせられない。
作者の分身であるトン子が映画のホストになって、それぞれのキャラクターの人生の1シーンを垣間見るようなテイストだ。

唯一シャーロット・ケイト・フォックスのエピソードは、「原因・葛藤・結果」がハッキリとした分かりやすい作りになっている。

料理が出来ないコンプレックスを抱えた彼女が、映画のホストにして狂言回しのトン子の所に下宿しながら美冬の店で働いて成長し、自立するまでの物語は「美味しんぼ」あたりにありそうな話で、残りのエピソードをつなぎとめる軸として機能する仕組み。

群像劇でこのまとまりの良さは、やっぱりベテランの作り手の円熟した味わい。

女たちを描く作品なので、彼女たちの糧となっちゃう男たちは完全にサブなのだけど、こちらもそれぞれが役割を持ってしっかり造形されているのはさすが。
彼らのキャラクターがステロタイプ気味なのは、おそらくは狙いなのだろう。

ユースケの変な言葉責めとか、地味に気持ち悪くて可笑しい。

緩い共感と共に、ゆったりと彼女たちの人間模様を楽しむ作品で、観ているうちにやっぱり腹が減る。

男たちを食べて、命を生み育てる女たちが、最後にそろって卵かけご飯を食べるのは象徴的。
人生に何が起こったとしても、美味いご飯は絶対の正義なのだ。

今回は、東京の地酒「屋守 純米 荒走り」をチョイス。
「金婚」で知られる東村山市久米川町の豊島屋酒造の四代目が、「東京の旨い酒を全国に発信したい」と15年ほど前に立ち上げた銘柄。

「荒走り」は、日本酒の最初の搾り部分を瓶詰めしたもの。

軽快だが、いわゆる端麗辛口系とは異なり、米の香りと仄かな甘味、豊潤な旨味が特徴。
鈴木京香のお店で、秋の味覚と共に楽しみたい一本だ。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、鈴木京香ら豪華女優陣が共演し、「食」と「性」をテーマに8人の女たちの日常を描いた筒井ともみの短編小説集「食べる女 決定版」を映画化。男性陣にもユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼ら個性豊かなメンバーが集結。原作者の筒井自ら脚本を手がけ、「手紙」の生野慈朗が監督を務めた。あらすじ:雑文筆家のトン子こと餅月敦子は、古びた日本家屋の古書店「モチの家」の女主人。...
2018/10/06(土) 18:32:52 | 映画に夢中
東京の古びた一軒家、通称“モチの家“の女主人は、雑文筆家であり古書店を営む敦子(トン子)。 彼女は美味しい料理を作って、多くの迷える女性たちを迎え入れている。 話題になるのはもちろん恋。 “おいしいゴハンと愛しいセックス”を糧に、彼女たちは新しい一歩を踏み出してゆく…。 群像ドラマ。
2018/10/06(土) 23:25:48 | 象のロケット
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175271/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・文筆家&古本屋 トン子:小泉今日子 出演する女優たちは、鑑賞意欲が高まる 美味しい女たち☆       チラシに、大胆なコトが書かれていますが(汗) 鑑賞するまで、「食と性」の話とは、知りませんでした… 冒頭から、鈴木京...
2018/10/08(月) 00:58:07 | yutake☆イヴの《映画★一期一会》
見心地のいい映画だった。食べることと、◯◯◯は基本だねえ。
2018/10/09(火) 07:40:03 | 或る日の出来事
映画『食べる女』、タイトルはいいんですけど、中身がねー。主演級の女優さんが8人も
2018/10/11(木) 00:06:53 | 大江戸時夫の東京温度