酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
王の男・・・・・評価額1500円
2007年01月09日 (火) | 編集 |
今更ながら、あけましておめでとうございます。

新年の一発目は、これも今更ながら「王の男」

日本では何故か一年近くも封切りが遅れたが、一昨年の韓国No.1ヒット作だ。
比較的低予算の時代劇という事で、本国でも興行的には期待されていなかったそうだが、蓋を開けてみたら国民の四人に一人が観たという空前の大ヒットとなった。
一体何が韓国人の心の琴線に触れたのか、とても興味深く鑑賞した。

旅芸人のチャンセン(カム・ウソン)と、女より美しい女形芸人のコンギル(イ・ジュンギ)は幼馴染。
ある時、都で王を揶揄した芸を披露したところ、たちまち大人気に。
しかし、時は朝鮮王朝最悪の暴君・燕山君(チョン・ジニョン)の時代。
チャンセンの一座の噂はすぐに王の重臣の耳に入り、捕らえられてしまう。
王を侮辱する者は死刑、しかしチャンセンは、自分たちの芸でもしも王が笑ったら、それは侮辱ではないと言い張る。
かくしてチャンセン一座は、宮廷に入り王の玉座の前で芸を披露する事になるのだが・・・


なるほど異色の時代劇だ。
朝鮮王朝の時代、宮廷に勤める女官は、原則的に全員が王と婚姻しているとみなされた「王の女」だった。
この作品では、芸人たちが王に囲われ宮廷に住み着き「王の男」となる。
中心となるのは狂気の暴君、燕山君と二人の芸人。
設定自体は日本の少女漫画あたりにもありそうな作りだが、ここに描かれている男同士の奇妙な三角関係は、所謂単純な同性愛とは明らかに違う、韓国の風土独特のものだ。

よく日本は「和」の国で、韓国は「恨(ハン)」の国だといわれる。
「恨」を理解すれば韓国人を理解できるとも。
しかし私たちが「和」という概念を具体的に説明しづらい様に、「恨」もまた単純には理解しづらい。
日本語の「恨み(うらみ)」とは全く違うのだ。
何人かの韓国人に「恨」について説明してもらった事があるが、正直なところ言葉では判ったような判らないような、もやもやとした印象だった。
「恨」を言葉で理解出来ないのは今でも変わらないのだが、感覚的には韓国の巨匠イム・グォンテク監督の一連の作品(「シバジ」「風の岡を越えて~西便制」「祝祭」など)を観ると、何となくこれが「恨」、もしくは「恨」の一面なのかという物が掴めて来る。
それは単純に言えば人間と人間の交わりがもたらす、情念の衝突とも言うべき感情のざわめきの事だと思う。
男女の情愛や友情、憎しみなどの根底に潜む、静かだが、同時に激烈な深層的な心の動きで、何年、何十年もの時を経てなお人間の感情を掻き立てるものだ。
韓国映画にしばしば現れる、愛と憎しみ、笑と悲しみといった相反する感情を同時に表現するキャラクターたちは、「恨」という概念によって突き動かされている様な気がする。

「王の男」のイ・ジュンイク監督はイム・グォンテクよりだいぶ若いが、ここに描かれている感情は共通のものだ。
主人公のチャンセンと美形の女形コンギルの関係は、兄弟の様であり、親友の様であり、また恋人の様でもある。
彼らの間の深い絆こそ、心の奥底の情念で結びついた「恨」そのものである様な気がする。
そして彼ら二人の間に割って入る、燕山君との感情も、愛憎半ばした「恨」に突き動かされた物なのだろう。
イ・ジュンギ演じる美少年のコンギルの評判が高いが、この映画でもっとも興味深く魅力的な登場人物は、朝鮮王朝史上最悪の暴君として知られる燕山君だ。
チャンセンとコンギルが、芸人が寸劇で使う仮面の様に、人間の持つ一面を強調したキャラクターだとしたら、燕山君はより複雑で深い心の闇を持つ人物として描かれている。
幼くして母を謀殺され、心に傷を負った燕山君は、いわば究極のマザコンであり、同時に偉大な父王の影に怯える、エディプスコンプレックスを抱えた倒錯者として描かれる。
彼にはキーセン出身のノクスという情婦がいるが、彼女への感情はとても複雑だ。
母の愛を求めながら、実際には母性とは正反対の享楽的な女性を側に置く。
そして母性的な愛情は、男性であるコンギルに求め、彼の前ではまるで子供の様に振舞うのだ。
人間の持つ悲しみを具現化したような燕山君のキャラクターは、本編の白眉であり、演じるチョン・ジニョンは韓国版ジャック・ニコルソンとも言うべき怪演で、強い印象を残す。

本作の作品的なクオリティは、さすがに1000万人を動員しただけあって高いが、時代劇のキモである映像面の表現には疑問がある。
好みの問題かもしれないが、全編を通し、隅々まで明るく見通せる画作りは如何なものか。
「王の男」は、衣装や美術に非常に凝った色彩設計を取り入れており、彩度の高い色彩をなるべく見せようという意図なのだと思うが、ちょっと光が回りすぎている。
確かに色は綺麗だが、奥行きが無く平坦で、まるで一昔前のNHK時代劇を観ている様で興ざめだ。
夜の森の遠くの木々にまで、煌々と照明が当たっているのはいくらなんでもやりすぎではないだろうか。
映像が登場人物の心の闇をフォローするようなものだったら、更に深みを感じただろうが、
本作の場合、見た目の華麗さに走った映像が、ドラマ的な情感をスポイルしてしまったような気がする。

「王の男」は、異文化としての韓国文化を理解しようとすると極めて興味深い作品だ。
登場人物たちは魅力的で、人間の心の結びつきを追求したテーマ性も深い。
しかし、同時にまるで古典歌舞伎を観ているような、ある種の型にはまった堅苦しさを感じたのも事実で、物語的な自由度が、様式的な美学の追求によって制限されてしまった様な印象があり、この点少々残念だ。

さて今回は、映画と直接関係はないのだが、今年一年心酔わせる映画に出会いたいという願いを込めて、「酔心」の純米酒「ブナのしずく」をチョイス。
その名のとおり、透き通った軽やかなお酒。
今年も一年間、素敵な映画とお酒にであえますように。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね
人気ブログ検索 <br />- ブログフリーク
こちらもクリック!

も一回お願い!
 





「チャングム」同じ時代を舞台にした娯楽時代劇の傑作




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございました
チャンセンとコンギル、そしてコンギルと燕山君の関係が見応えがあって面白かったですね。ただ、コンギルと燕山君の描写は十分でしたがチャンセンとコンギルの関係は少々説明不足でしたね。二人の絆をもう少し深く描いて欲しかったです。
2007/01/09(火) 07:12:38 | URL | えめきん #-[ 編集]
なるほど!
「恨」がキーワードなんですね、なるほどそれでずいぶん
分りやすくなるような気がします。型にはまってるのは、
やっぱり、有名人がでる時代劇だからでしょうかね、
日本でいえば「忠臣蔵」?
2007/01/09(火) 14:48:43 | URL | Bianca #HfMzn2gY[ 編集]
遅れ馳せながら明けましておめでとうございます♪

ノラネコさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

『恨(ハン)』と言う韓国独特の概念があるとは初耳ですね。また1つ勉強になった気がします。今度韓国映画を観るときはその『恨』の概念もよく理解しながら観ると、一層面白味が増すかもしれませんね。

『ブロークバックマウンテン』風味に捉えていた自分がなんかアンチクショウですw
2007/01/09(火) 22:59:52 | URL | メビウス #mQop/nM.[ 編集]
こんばんは
>えめきんさん
二人の芸人の関係は描こうと思えば出来たでしょうか、ちょっと長くなったかな。
たぶん作り手が一番思い入れたのが燕山君なんでしょうね。

>Biancaさん
韓国映画のキャラクターは、「恨」をキーワードに読み解くとより深く理解できるように思います。
少々堅苦しいのは、韓国に限らず時代劇で様式美を追求すると、キャラクターまでその中に入れ込もうとしてしまうからではないでしょうか。

>メビウスさん
昔、韓国人から「恨」という概念を初めて聞いた時は目から鱗でした。
日本と韓国はよく似ているようで、ベースの部分で決定的な違いを感じる事も多いですが、「恨」を考えると多くのことが納得できるようになりました。
韓国映画を理解するキーでもあると思います。
2007/01/10(水) 23:53:38 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
韓国映画の魅力って
なんともいえない、泥臭い力強さですよね!
映像なども洗練された美しさではなく、底からわき起こる激しさを感じることが多いんですが、それも「恨」のパワーなんでしょうね。

この作品も、登場人物の感情をはっきり理解できないのですが、それぞれの登場人物のパワーにすっかり魅せられ最後まで引きずられていったように感じました。


2007/01/19(金) 17:27:14 | URL | コブタです  #-[ 編集]
こんばんは
>コブタさん
人間の色々な感情を正面から描くのが上手いですよね。
この作品に描かれた感情も、喜怒哀楽では言い表せない深いところから生まれているように思いました。
簡単には言い表せないところがこの作品の奥の深さに繋がっていると思います。
2007/01/19(金) 23:33:29 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんにちは♪
あけましておめでとうございます~
(遅すぎる御挨拶ですみません~)

今年もよろしくお願いします~ペコリ(o_ _)o))

王の男はもう少し綺麗な男が出てきて欲しかったな。。。
バキッ!!( -_-)=○()゚O゚)アウッ!
2007/01/27(土) 12:33:40 | URL | うさぎ #-[ 編集]
こんばんは
>うさぎさん
こちらこそよろしくお願いいたします。

>王の男はもう少し綺麗な男が出てきて欲しかったな。。。

宣伝の印象だと、そっち系のお話なのかなという印象でしたね。
映画は案外骨太で、見応えはありましたが、少し堅苦しい感がありました。
2007/02/01(木) 01:06:46 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「オープン・シーズン」に続いて、本日二本目。なにせ、「109シネマズ」が年末まで、ポイント倍増セール中。ちょっと得した気分なので、買い物ついでにレンチャンしました。こちらは韓国で大ヒットした時代劇。
2007/01/09(火) 01:42:20 | ひらりん的映画ブログ
 ゲイのためなら、王をも泣かす~♪ ※玉を綱にぶつけるシーンがあるからといって、窓口で「玉の男」と言わないようにしてください。
2007/01/09(火) 03:03:45 | ネタバレ映画館
旅芸人のチャンセンとコンギルは、国一番の芸人を目指して漢陽の都にやって来た。そこで加わった仲間と共に、時の暴君・燕山君を皮肉った芸を披露し彼らはたちまち人気者になる。しかしチャンセル達は王を侮辱した罪で捕まってしまう。チャンセルは「王がこの芸で笑えば侮.
2007/01/09(火) 06:50:43 | 5125年映画の旅
韓国ではあまり劇場に足を運ばないという高齢者層も呼び込んで大ヒットしたという作品。ワタシ的には韓国の時代劇や史劇は好印象があったので公開をとても楽しみにしてました。出演はその他に、チョン・ジニョン、カン・ソンヨン、チャン・ハンソン、ユ・ヘジン+++ち...
2007/01/09(火) 10:39:27 | カノンな日々
16世紀の韓国の宮廷を舞台に繰り広げられる芸人と王の物語です。
2007/01/09(火) 12:22:47 | 水曜日のシネマ日記
{/kaeru_en4/}アジアセンターって、アジアのことなら何でも教えてくれるのかな。{/hiyo_en2/}たぶんね。{/kaeru_en4/}じゃあ、韓国のことも勉強できるのか?{/hiyo_en2/}たぶんね。でも、どうしたの、勉強嫌いのあなたがそんなこと言い出すなんて。雪でも降るんじゃない?{/
2007/01/09(火) 22:29:31 | 【映画がはねたら、都バスに乗って】
【監督】イ・ジュンイク【出演】カム・ウソン/チョン・ジニョン/カン・ソンヨン/イ・ジュンギ【公開日】2006/12.9【製作】韓国【ストーリー】固い友情で結ばれたチャンセンとコンギルは、超一流の芸人を
2007/01/09(火) 22:47:55 | シネマをぶった斬りっ!!
&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;公式サイトはこちら。&nbsp;&nbsp;評価:★9点(満点10点) 2006年 122min監督:イ・ジュンイク主演:カム・ウソン イ・ジュンギ チョン・ジニョン カン・ソンヨン【あらすじ】16世紀初頭、地....
2007/01/10(水) 00:54:47 | Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
映画館にて「王の男」16世紀の韓国の宮廷を舞台に繰り広げられる陰謀と、数奇な運命をたどる二人の芸人を描く。史上最悪の暴君といわれる燕山君(ヨンサングン)の時代。宮廷をからかった芝居で人気の出たチャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ・ジュンギ)は王の
2007/01/12(金) 16:19:19 | ミチの雑記帳
女より美しい-王の愛妾であるノクスが思わずもらした旅芸人の女形コンギルの美貌は、その美しさゆえに人々の運命と歴史の歯車を狂わせた。男の美貌は、肉体が男であるために鑑賞する以上の行為が禁じられるがゆえに、その神々しさは女以上に美しいのだ。彼の美しさは、果た
2007/01/13(土) 22:04:32 | 千の天使がバスケットボールする
一ヶ月フリーパス 早速活用せんと本日 「敬愛なるベートーヴェン」とこちらの「王の男」を観てきました。それぞれ 違った意味での愛の物語を存分に楽しむ事が出来ました。「それより奥は、見てはならない。 今
2007/01/19(金) 17:20:17 | コブタの視線
あのしびれるような真剣勝負=ガちんこの舞台にもう一度立ちたいと、すでに優勝したフットボールアワーがM-1に再挑戦したのはつい先日。あの味は、一度味わうと忘れられないらしい・・・。河島英五と及川ミッチー似の大道芸人コンビは、王様を笑わせられないと、即座に死
2007/01/19(金) 22:27:24 | 『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記
●『王の男』2006年12月9日公開。映画チラシでみるとイ・ジュンギって女の子みたい。韓国では大ヒットしたみたい。イ・ジュンギは『日本は私の国、映画終えて行くつもり。親日派!好きだ』(人気になれたのは日本のおかげ の意味合い)と言ってしまい自国の....
2007/01/25(木) 01:28:09 | 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
「それより奥は、見てはならない」。。。。 いったい何かな~♪ルン o(^-^o)(o^-^)o ルン♪ 違った方向を期待したうさぎさん。。。(私だけ?) 宮廷内の争いに巻き込まれちゃった芸人さんたちですね。。。 コンギルの美しさとは反対に見事に芸人さんたちは汚かった
2007/01/27(土) 12:34:50 | ちわわぱらだいす
豪華絢爛。赤・黄・緑・青とカラフルさが乱舞する王朝絵巻。旅芸人がこんなにすんなりと宮廷に入れるものか?疑問は湧くが、冒頭から、カム・ウソンの迫力ある演技に目を見張る。彼の演技は 全編見事。ストーリー展開も面白い。イ・ジュンイク....
2007/01/30(火) 04:05:40 | 映画・つぶやき
宮崎あおいとの共演が楽しみな、韓国一美男のイ・ジュンギ主演、…って、韓国一は、デュエリストのカン・ドンウォンじゃなかったの?
2007/02/01(木) 01:20:02 | 八ちゃんの日常空間
おもしろかったですね。映画自体、秀作だと思います。韓国映画の域を越えてました。ワタシ的には、あの「グエムル」より、はるかに高く評価したいです。タイトルを見たら、同性愛やドロドロしたものを想像してしまうけど、決して同性愛とかを描いている映画ではな...
2007/02/07(水) 19:31:42 | 愛猫レオンとシネマな毎日
英題:The King And The Clown燕山君(ヨンサングン)という暴君な16世紀初頭の実在の王と、一座を逃げ出して漢陽の都にやってきた旅芸人というフィクション設定の、哀しみの愛憎物語 旅芸人一座で幼馴染の花形チャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ・ジュンギ)
2007/02/16(金) 00:44:43 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
朝鮮王朝第10代の王で史上最悪の暴君、燕山君(ヨンサングン)が支配した時代の絢爛豪華な宮廷を舞台に、王に芸で挑んだ2人の男の、波乱に満ちた人生を描く『王の男』。 王の男 コレクターズ・エディション (初回限定生産) 王の男 スタンダード・エディション 固い友情
2007/02/16(金) 01:35:43 | 試写会帰りに
●韓国俳優プロフィールカタカナ カム・ウソン 漢字 甘宇成 英語 Kam Woo-Sung 区分 俳優 生年月日 1970年10月1日 身長/体重 174cm/68kg 血液型 B型 趣味/特技 ビリヤード、映画鑑賞 学歴 ソウル大学東洋画学科 デビュー 1991...
2007/06/30(土) 19:16:20 | 韓国俳優大好き!韓国俳優ストーリー
 『それより奥は、見てはならない。』  コチラの「王の男」は、王が寵愛するモノを呼ぶときに使った呼び名「爾」と言う舞台劇の映画化で、韓国では1,300万人(国民の4人に1人)を動員したとされる12/9公開の映画なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ~♪  韓国?...
2007/12/26(水) 21:37:18 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
チャンセンとコンギルは、旅の芸人だった。 チャンセンは綱渡り芸を得意とし、コンギルは女形芸人として、愛らしさと美貌を振り撒いていた。 だが、コンギルはあまりにも美しすぎる女形だった。 その日も演目の終わりに、一座の親方がコンギルを貴族に差し出そうとして...
2009/03/12(木) 15:39:17 | 映画と写真のブログ
韓国の宮廷の確執に振り回される哀しい芸人達の物語を描いた作品『王の男』。 主人公である芸人達の見せる数々の芸はなかなかので、特に綱の上で見せる曲芸は一見に価値あり! ただ、それ以外に見どころは?と聞かれると、いま一つ思いつくところが無いのが残念な作品。
2009/08/10(月) 00:15:42 | 映画+小説+家族=MyLife