FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「居眠り磐音・・・・・評価額1650円」
2019年05月24日 (金) | 編集 |
由緒正しい“ザ・ニッポンの時代劇”

三年間の江戸勤番を終え、郷里の豊後関前に戻った三人の幼馴染、坂崎磐音、小林琴平、河出慎之輔が、仕組まれた誤解により殺し合い。
暴走した琴平が慎之輔を殺し、松坂桃李演じる坂崎磐音は、許嫁の奈緒の兄でもある琴平を、上意討ちせざるを得なくなる。
佐伯泰英の原作は未読で、以前放送されたNHKドラマ版も観ていなかった。
予告編の印象からコメディタッチかと思ってたから、初っ端からの超ハードな展開にびっくり。
許嫁の兄を斬るシーンは予告編でもあったけど、そこに至るまでの誤解の連鎖が悲惨すぎる。

物語の第一幕が、豊後関前で起こる凄惨な事件。
結局心に大きな傷を負った磐音は、何も告げずに奈緒のもとを去り、この悲劇の恋人たちのお互いを想うなんとも切ないプラトニックラブが、本作の大きなバックボーンとなる。
第二幕以降は、藩を出た磐音が流れ着く江戸が舞台となり、幕府の貨幣改革を巡る陰謀に巻き込まれてゆく。
時の大老、田沼意次は銀と金の交換を固定レートにしようとしているのだが、金銀の相場で儲けている柄本明演じる悪徳両替商が反発。
田沼の改革を支持する、谷原章介のライバル両替商にあの手この手の嫌がらせ、というか脅迫に出る。
それを一見するとおっとり者ながら、実は剣の達人でもある磐音が助けるという構図。

基本、経済の話でコンゲームなのだが、アクション剣劇としての見せ場もちゃんと複数回ある。
集団戦のチャンバラではなく、どの戦いも剣豪vs剣豪の決闘形式で、殺陣もかなりの迫力で十分に見応えあり。
勘定方の頭脳を持ち、経済にも明るい長屋の剣豪というキャラクターが活かされる。
敵方との剣術スキルが近く、磐音も手傷を負うなど、あくまでも等身大の人間として描かれるのもいい塩梅だ。
特筆すべきは、幕府守旧派とも結託し、悪の陰謀を巡らせる柄本明の大怪演で、これは助演男優賞もの。

剣豪もの、長屋もの、花魁ものなど、時代劇映画の定番要素を詰め込み、勧善懲悪のエンタメとして非常に良くできているのだが、本作の独特の情感を形作り忘れ得ぬ作品にしているのは、やはりずっと会えない悲劇の恋人同士の、ラブストーリーの部分なのである。
出番は少ないのだが、奈緒を演じる芳根京子がすごくいい!
精神的なクライマックスと言える、終盤の磐音との一瞬の邂逅は、本作屈指の名シーン。
あれは磐音の心も再び鷲掴みされるわ。
しかし輝かしい若者たちの人生が、最初から最後までボタンのかけ違いで、全て変わって行くこの世の無情が切ない。

面白いのは、昔は腐敗の代名詞だった田沼意次が、ここではキレ者の改革者として描かれる時代性。
まあ聞くところによると、51巻もある原作小説では、この後おなじみの悪役と化して磐音の前に立ちはだかる様だが、この人のイメージは、この20年くらいでだいぶ変わったんじゃないかな。
実際ライバルが多かったせいで、現実以上に悪評が残ってしまったけど、政治経済の手腕は相当なものだった様だ。
今なら、田沼意次を主人公にした経済時代劇なんて企画もいいかも。

それにしてもこんな良い映画なのに、残念ながら興行的には苦戦しているらしい。
今週末に何を観ようか迷ってる人には、是非とも本作を選んでいただきたい。
そんで続編を作ってもらって、あの二人の行く末を見たい。
たぶん、永遠にプラトニックなまま、結ばれない恋人たちなのだと思うけど。

磐音たちの郷里、豊後関前藩は架空の藩だが、豊後というからには大分県あたりだろう。
芳根京子演じる薄幸のヒロイン、奈緒のイメージで中野酒造の「智恵美人 純米吟醸」をチョイス。
南国の日本酒は比較的甘口が多いが、こちらはやや辛口。
純米吟醸らしく、フルーティで非常にまろやかで口あたりが良い。
「ワイングラスでおいしい日本酒コンクール」で、金賞を受賞している酒だ。
冷やがオススメ。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
柄本明凄かったねー。メイクがガラパゴスリクイグアナみたいだったよ。あと柄本佑もよかった。
2019/05/30(木) 00:10:40 | URL | fjk78dead #-[ 編集]
こんばんは
>ふじきさん
あそこまでビジュアルで作り込んでるのも凄い。
かなり楽しんで役作ってるのが伝わってきました。
息子もいい役者になってきましたな。
2019/06/01(土) 22:00:08 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
江戸時代といっても、一枚岩ではなく、田沼時代の色が良く出ていたと思います。守旧派が支配的な時代に、改革をする理由とは何か、分かりませんが、田沼も腐っても鯛の、侍の端くれであり、欲望だけでなく、世直しの使命感もあったのではないか、と思います。

金権の臭いがふんぷんたる田沼時代の影響を、お膝元の江戸の街も受けているものの、磐音の存在のせいか、爽やかな人々の生活描写という感じで、見易かったです。

それから、ゴジラの記事コメントでは、罵詈雑言を吐いてしまい、すいませんでした。
2019/06/04(火) 21:51:35 | URL | 隆 #yx.k1EMs[ 編集]
こんばんは
>隆さん
悪役の印象が強い田沼意次ですが、現在では非常に有能な政治家だったという評価が主流になっています。
本人があまり自分の記録を残していないので、ライバルの書いた悪評が後世に残ってしまったのでしょうね。
2019/06/14(金) 22:16:03 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 5月17日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:30の回を鑑賞。
2019/05/26(日) 13:33:12 | みはいる・BのB
坂崎磐音(いわね)は、故郷・豊後関前藩で起きた事件で2人の幼馴染を失い、許嫁の奈緒を残して脱藩し浪人となった。 江戸へ出た彼は、長屋の大家・金兵衛の紹介でうなぎ屋や両替屋の用心棒として働き始め、金兵衛の娘おこんからも好意を持たれるようになる。 そんな折、幕府の新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれてしまう…。 時代劇。
2019/05/26(日) 14:16:29 | 象のロケット
佐伯泰英の人気時代劇小説「居眠り磐音 決定版」シリーズを松坂桃李の時代劇初主演で映画化。共演は木村文乃、芳根京子、谷原章介、中村梅雀、柄本明。監督は「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英。NHK木曜時代劇「ちかえもん」を手がけた藤本有紀が脚本を担当。あらすじ:3年間の江戸勤番を終えた坂崎磐音は幼なじみの小林琴平、河井慎之輔とともに九州・豊後関前藩に戻った。琴平の妹・舞は慎之輔に嫁ぎ、磐音もま...
2019/05/26(日) 21:09:45 | 映画に夢中
居眠り磐音 磐音は、故郷豊後関前藩で起きた哀しい事件により、二人の幼馴染を失い、 祝言を間近に控えた許嫁の奈緒を残して脱藩。 全てを失い、浪人の身となり、江戸で長屋暮らしを始めた... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原作:佐伯泰英
2019/05/29(水) 06:19:17 | cinema-days 映画な日々
▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★この流れで良いか?】 松坂桃李演じる磐音のいい奴感が高く、それをゆったり演じているのも実に贅沢ではあるが、彼が義理の兄を殺めたという理由で恋人と別れて脱藩出奔してしまう行動を取るのが今一つピンと来ない。恋人に「合わす顔がない」とは言うものの、そこを乗り越えるのが従来の小説の主人公達のメンタリティーなので、そこを忌避してしまうなら、それはそれでそういう細...
2019/05/30(木) 00:15:51 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
将来を嘱望される身でありながら故郷で藩命とはいえ自ら友を斬る羽目になり、その妹である婚約者を捨て脱藩し、江戸へと流れてきた坂崎磐音は、鰻屋で職人として働く傍ら両替商の用心棒も務め、やがて長屋の大家やその娘からも信頼されるようになる。そんな折、幕閣を揺るがす巨大な陰謀に巻き込まれてしまう。世話になった大切な人たちを守るため、磐音は否応なしに剣を手に立ち上がる。佐伯泰英の人気時代小説シリーズの映...
2019/06/07(金) 15:11:52 | 【徒然なるままに・・・】