FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ライフ・イットセルフ 未来に続く物語・・・・・評価額1700円」
2019年12月01日 (日) | 編集 |
人生、それは物語。

ニューヨークで起こった、ある悲劇的な交通事故を起点に、遠い過去と未来へ二つの家族の物語が紡がれてゆく。
「カーズ」「塔の上のラプンツェル」「ボルト」と言った、ディズニー/ピクサー作品の脚本家として知られ、近年ではTVドラマの「THIS IS US」をヒットさせた、ダン・フォーゲルマンの、“真実の愛”の詰まった小さな宝石箱。
この人は相当な音楽好きらしく、長編監督デビュー作の「Dearダニー 君へのうた」は、落ち目の歌手が、過去から届いたジョン・レノンの手紙に触発され、再起を決意する話だったが、本作は1997年に発売されたボブ・デュランのアルバム、「Time Out of Mind」が全体のモチーフになっているのが特徴だ。
アルバムから「Love Sick」「Not Dark Yet」など6曲が使われていて、シチュエーションやキャラクターのセリフなど、内容にも密接に関わってくるので、音楽ファンも注目すべき作品となっている。

と、ここまでで、この映画に興味をひかれた人は、かなりネタバレ気味な予告編はもちろん、このレビューも読むのをやめて、一切の情報を入れずに映画を観に行ったほうがいい。
本筋とは関係ないサミュエル・L・ジャクソンが紹介する、オスカー・アイザック演じるウィル・デンプシーの物語から、メタ的なパロディ気味に始まる映画は、序盤ではどんな話なのか、着地点がどこなのかさっぱり分からない。
いや、事故は早々に起こり、ある妊婦が犠牲となる。
そこから物語は、妊婦のおなかの中にいたデュランと名づけられる女児と、バスの中から事故を目撃していた少年ロドリゴ、この二人の未来の物語と、事故に至るまでの二人の両親の物語をバラバラに紡いでゆく。
ニューヨークを舞台としたデュランの両親の物語、生まれる前に母親を事故で失ったデュランの物語、スペインのオリーブ農家だったロドリゴの一家の物語、幼くして恐ろしい事故を目撃し、トラウマを抱えて成長するロドリゴの物語。
アメリカからスペイン、スペインからアメリカへ、時代も言語も、それぞれの描写が現実か虚構化もあいまいなまま、独立した「章」に別れた物語は、ほとんど無関係に展開してゆく。
しかし、ウェットな断片はやがて重なり合い、過去と未来にまたがる、壮大な命の樹の模様を描き出すのである。
そこに浮かび上がって来るのは、とても美しい「物語論」だ。

物語とは何か?人はなぜ物語るのか?とは、物語を生業とするものなら、一度は必ず考えるテーマだろう。
ダン・フォーゲルマンは、物語とは一人ひとりの人生そのものであり、それが悲劇であれ喜劇であれ、物語を突き動かすエネルギーは誰かが誰かを想う“真実の愛”であると説く。
過去と未来へと遠大に続いてゆく私たちの人生は、愛をつなげるためにあり、それが未来の誰かの語る物語となるのだと。
本人役で出てくるサミュエル・L・ジャクソンから始まって、オスカー・アイザック、オリビア・ワイルド、アネット・ベニング、アントニオ・バンデラスら主役級を含め、色んな人が出て来るが、明確な主人公はいない。

あえて言えば、「信頼のおけない語り部(Unreliable narrator)」としての「人生」そのものが主人公だ。
「信頼のおけない語り部」とは、評論家のウェイン・ブースが提唱した「客観性のない一人称の語り部は信頼できないので、読者を惑わせる」という言説から。
例えば「ジョーカー」は、終盤の1シーンを除いて、タイトルロールの一人称で語られているので、内容が現実なのか、病院の中で彼が見ている妄想か区別がつかない。
本作も一つひとつの物語はどこまでが本当なのかわからず、実際「これは妄想」と断っている描写もでてくる。
しかし、いくつもの視点が交錯することで、ただ一つ「愛」だけが人生の、そして物語の真実として残るのである。

本作は本国で批評家に酷評され、興行的にも失敗したという。

本来映画向きとは言えない文学的な内容を、トリッキーな作劇を使い、2時間を切る尺のなかで成立させた本作は、確かに好みの割れそうな作品ではあるが、「なぜ物語るのか?」というストーリテラーにとっての永遠の問いに、フォーゲルマンが真摯に向かい合った大変な力作だ。

個人的には、デュランの詩のように余韻が長く後を引き、愛おしく忘れがたい作品となった。

本作ではオリーブ農園が重要な舞台となるが、オリーブはギリシャ神話では知恵の象徴とされ、旧約聖書では鳩がくわえたオリーブの枝が、ノアに地上に平和が戻ったことを知らせたことから、鳩と共に平和の象徴とされる。
美しく枝分かれするオリーブは、いわば命の樹。
今回は、オリーブを使うカクテル、「マティーニ」をチョイス。
ドライ・ジン45ml、ドライ・ベルモット15mlをステアしてグラスに注ぎ、オリーブを一つ沈める。
非常にシンプルなカクテルだが「カクテルの王」と呼ばれるだけあって、味わいは奥深い。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
何気に豪華なキャストでしたね
文章力のない私には、感想を書くのが難しい映画でした。
ノラネコさんはさすがですねえ。
予想外な展開と、事実かそうでないのかすぐにはわからず、
度々驚かされました。
登場人物が、みな愛のある人たちで心にしみました。
2019/12/07(土) 22:26:47 | URL | 風子 #z8283xuI[ 編集]
こんばんは
>風子さん
最初っからどこまでが現実か分からないように作ってますよね。
結局それがフィクションでも現実でも、私たちは愛だけは真実だと信じたいんだということでしょう。
流石にディズニープリンセスの脚本家だけあって、愛のある映画でした。
2019/12/08(日) 22:38:31 | URL | ノラネコ #Y4nqojOw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック