FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ハリエット・・・・・評価額1550円」
2020年06月09日 (火) | 編集 |
自由か、それとも死か。

新しい20ドル札の肖像になる予定の、19世紀の元逃亡奴隷で奴隷解放活動家のハリエット・タブマンの物語。
のちの南北戦争では北軍の諜報員として活躍し、米国史上初めて軍を指揮した女性となった彼女の激動の半生を描く。
発端は1849年のメリーランド州ドーチェスター。
奴隷の両親からアラミンタ・ロス、通称ミンティとして出生したハリエットは、ブローダス家の農園で働いている。
ところが、当主の突然の死によって一族が困窮し、自らが売りに出されることを知ってしまう。
ミンティの夫は自由黒人だが、白人社会での立場は当然弱く、もし遠くに売られてしまえば、おそらくはもう二度と会えない。
家族へ危険が及ぶことを考えて、ミンティは単身脱出を図るのだが、およそ200キロの道のりを逃げ切り、自由州のペンシルバニア州フィラデルフィアに到達する。

と、ここまでの展開もかなりスリリングだが、当時は沢山いたであろう、いち逃亡奴隷のエピソードに過ぎない。
ミンティが傑物として歴史に名を残すのはここからだ。
母と同じ“ハリエット”と改名した彼女は、奴隷解放組織の”地下鉄道”に参加すると、組織の”車掌”となって危険を顧みずに奴隷州に潜入し、自らの家族を含めた多くの奴隷たちの逃亡に手を貸すことになるのだ。
当然、奴隷のオーナーたちも警戒しているのだが、ハリエットは絶対不可能と思える逃亡をいくつも成功させ、いつしか奴隷たちを約束の地に導く“モーゼ”と呼ばれるようになる。
面白いのは、実際にハリエットはモーゼと同じく神の見えざる手に守られていたという逸話だ。
彼女は少女だった頃に、奴隷監督に金属の重りを投げられて頭蓋骨骨折の重傷を負い、生涯目眩や痛み、突発的な過眠症と言った後遺症に苦しめられていたのだが、時に神の啓示としか思えないビジョンを見ていたという。
本作では彼女が危機に陥りそうになると、直後の出来事が断片的に見える、予知夢として表現されている。

そんなハリエットに対して、「神に黒人の声は届かない」と言い放ち、愛憎入り混じった態度で執拗に粘着するのがブローダス家の息子ギデオン。
彼は黒人の奴隷ハンターを雇ってまで、“自分のもの”であるハリエットを取り戻そうとするのだ。
とことんゲスな白人農園主と黒人の裏切り者が出て来るのは、タランティーノの「ジャンゴ 繋がれざる者」風味。
物語の話型の外枠は西部劇なのだが、中身はモーゼとジャンヌ・ダルクを掛け合わせた様な宗教的世界観というミスマッチが、本作の味わいをユニークなものにしている。
とは言え、史実を描いた作品としては、神様頼りの部分が大きく描かれてるのは好みが分かれるところ。
ハリエットは奴隷解放に大きな役割を果たした不屈の人であり、危険な状況に陥っても生涯ただの一度も捕まってないのは間違いない。
頭の怪我の後遺症で不思議なビジョンを見ていたのも、それを本人が神の啓示と受け取っていたのも事実だろう。
しかし、これを全て文字通りの意味で描いてしまうと、宗教映画というジャンルにはめ込まれ、ハリエット自身の活動も含め、人間の自由への闘争が神様の手のひらの上で矮小化されてしまう印象は否めない。
もっとも、信心深い人にとっては、それこそが至福なのかもしれないけど。

今回は、バーボンリキュールの「ジム・ビーム レッドスタッグ」をチョイス。
ケンタッキーバーボンの代表的な銘柄、ジム・ビームの4年以上熟成させた原酒ににペンシルバニア名物のブラックチェリーを漬け込んだ酒。
ちなみにケンタッキーは奴隷州だったが、南北戦争では北部の合衆国に留まった。
ブラックチェリーのナチュラルな甘みとバーボン本来のコクのある味わいが融合し、とても美味しい。
カクテルベースにしても面白い酒だが、ロックがオススメだ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジム ビーム レッドスタッグ ブラックチェリー 40度 750ml 並行
価格:1593円(税込、送料別) (2020/6/8時点)


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
こんにちは
こんにちは。ハリエットはすごい人物だったことがわかった作品でした。でも確かに「神の声」を巡ってのお考えはうなづける部分があります。
というのとは別に、そして「ハリエット個人」に対してよりも、私は個人的には、宿の女主人の最期がとてもショックで尾を引いています…
2020/06/24(水) 15:59:13 | URL | ここなつ #/qX1gsKM[ 編集]
こんばんは
>ここなつさん
あの女主人は実在の人かは分かりませんが、あまりにも理不尽でしたね。
当時は自由があったと言っても、レイシストからは人間扱いされてなかったのでしょう。
ハリエットが非常に信心深い人で、神のビジョンを観ていたのは史実なのですが、額面通りに描かれちゃうと、それはそれでなあと思ってしまいました。
すごい人なのは確かですが。
2020/07/06(月) 22:28:24 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
この作品を観て、いわゆる人種差別について感じたことがある。そんなこと言わずもがなの常識でしょう、と呆れられればそれまでなのだけれど、特にこの作品によってそれは私の中で浮き彫りになったのだ。人種差別は、異民族に対するファースト・インプレッションからの…種の保存や生存競争を含めて…排他的な感情だけでなく、経済的な私利私欲、時にそれは私利私欲ではなくて公共の益に置き換えられるのだが、それも大きな原...
2020/06/24(水) 15:55:23 | ここなつ映画レビュー