FC2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「パーム・スプリングス・・・・・評価額1650円」
2021年04月13日 (火) | 編集 |
永遠のバケーションは、幸せ?

妹の結婚式のため、ロサンゼルス近郊のリゾート「パーム・スプリングス」に滞在中のクリスティン・ミリオティ演じるサラが、式のスピーチを肩代わりした出席者のナイルズと共に、砂漠に出現した不思議な洞窟に入った結果、結婚式の1日を延々と繰り返す時間ループに閉じ込められる。
しかもアダム・サムバーグ演じるナイルズは、前の仕事を思い出せないくらいずっと前から、ループにいると告白。
閉じ込められた理由は不明で、一度洞窟に入ると、もう逃れられない。
パーム・スプリングスからどんなに離れても無駄。
たとえ死んでも、必ず結婚式の朝に戻ってしまう。

古今東西、時間ループものSFは数多いが、本作は切り口がユニークだ。
このジャンルの作品では、主人公は大抵の場合ループ内で困難な状況に置かれている。
例えば「オール・ユー・ニード・イズ・キル」では、宇宙人との戦争の真っ最中で、ちょっとでも油断すると戦死してしまう。
「ハッピー・デス・デイ」では、主人公は謎の殺人鬼に殺される毎日を繰り返す。
ループから脱出しようとする主人公は、同じことを何度も体験する中で学習し、だんだんと状況に適応できるようになって、”反撃”を開始するのがお約束。

ところがこの作品の場合、ループが作られているのは平和なリゾートの1日なので、特に何も起こらない。
ただ一点、ナイルズがサラの前にループに誘ったロイという老人に逆恨みされ、何度も殺されそうになるのだが、死んでもリセットされるから嫌がらせにしかならない程度。
ロイは普段100マイルほど離れたパサデナに住んでいて、たまに気が向いた時に復讐しにくるだけなので、結婚式の出席者の中では同じ時間を生きているのは二人だけ。
サラとナイルズは、いわば“永遠のバケーション”に閉じ込められてしまったのである。

同じ1日の繰り返しでも、ちょっとずつ変化をつけて自分の居心地のいい時間にすることは可能。
ナイルズはループから抜け出すことをとっくに諦めていて、一日ごとにデイテールを変えてこのシチュエーションを楽しんでいる。
彼をつけ狙っていたロイも、自分の子供たちと過ごす時間の方が楽しいと、パサデナから出てこなくなる。
サラも最初のうちはリゾートの毎日を楽しもうとしてみるが、結局何をやってもリセットされてしまう状況に閉塞感を感じ始める。
繰り返すだけの意味の無い人生を、ぬるま湯の楽園として甘んじて受け入れるか、それとも知恵と工夫でループから脱出することを目指すのか。
人生うまくいかない時は、前に進んでいるつもりでも、実は同じところをぐるぐる巡っている場合がある。
これはそんな状況を、SF設定に落とし込んだ生き方に関する寓話なのだ。

諦めの早い男たちに対して、サラにはこのループが心地よくない理由がある。
妹が晴れの日を迎えた反面、サラは結婚に失敗し、自分を家族の問題児だと思っている。
そしてそんな鬱屈とした心からか、ある背徳的な行為をやらかしてしまい、毎朝目覚めるごとに自責の念に苛まれる。
彼女にとって、ループは罰であり、脱出することでしか救われないのである。
これは、ぬるま湯のループにつかり、人生の意味を失ってしまう男と、罪のループに閉じ込められてしまったやらかし女の、それぞれの成長物語にもなっているのだ。
展開は先を読ませず、主人公二人の掛け合いはウィットに富む。
お金はかかってなさそうだが、後味は爽やか。
時間ループもののお手本のような、SFロマンチックコメディの秀作だ。

本作は、結婚式が舞台で、砂漠の中の青いプールが印象的。
ということで、今回はフランスの青いスパークリングワイン「ラ・ヴァーグ・ブルー」をチョイス。
青は聖母マリアのシンボルカラーで、結婚式のパーティでよく供される。
ソーヴィニヨン・ブランがベースで、やや辛口。
アペリティフとしてももちろん、料理に合わせてもいい。
何よりも透明感のある美しいブルーは、見るだけでリゾート気分にさせてくれる。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
ぬるま湯のプール
ノラネコさん☆
ありきたりな設定と展開と思いながら見ていても、なかなかに深いテーマが潜んでいましたよね。
こんなパラダイスのループなら歓迎♬という気もしてしまいますが(笑
2021/04/15(木) 11:33:48 | URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2[ 編集]
こんばんは
>ノルウェーまだ~むさん
ちょっと自分に置き換えて考えてしまいました。
タイムループものは面白い映画が多いですけど、この切り口は新しかったです。
ありきたりのものでも、視点を変えれば未見性のあるものになるというお手本ですね。
2021/04/17(土) 19:42:35 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
人生までは考えが行かなかった。
同じ境遇になったら、配信でもレンタルでも毎日違う映画を見る。
2021/08/21(土) 00:40:06 | URL | fjk78dead #-[ 編集]
こんばんは
>ふじきさん
でも同じ日だから新作補充ないし、いつかは尽きちゃうよ。
まあそれまでは楽しめるけど。
2021/08/28(土) 21:34:31 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アメリカ・カリフォルニア州にある砂漠の保養地パーム・スプリングス。 妹タラの結婚式で突然スピーチの指名を受け戸惑っていた姉サラに助け舟を出したのは、タラの友人ミスティの彼氏マイルズ。 ところが、マイルズと一緒に奇妙な洞窟に入ったせいで、サラは毎日同じ日の朝を迎える“タイムループ”に陥ってしまう…。 ファンタジック・コメディ。 ≪2人なら、永遠に“今日”でも構わない!?≫
2021/04/14(水) 07:55:22 | 象のロケット
◆『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』ギンレイホール ▲自転車タイタニック(勿論そうではない)。 五つ星評価で【★★★最初の恋が始まるワクワク感はたまらん、、、がそれがズンズン壊されていく】 男の主人公が自己中で不誠実で好きになれない(特に二つ目の人生にシフトした後、女性に近づいていく様子はなりふり構わず相手の事も考えず、ラブコメ映画じゃなければ、結構なストーカーだと思...
2021/08/21(土) 00:38:22 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章