fc2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「1秒先の彼女・・・・・評価額1600円」
2021年07月03日 (土) | 編集 |
ワンテンポのすれ違い。

台湾のチェン・ユーシュン監督による、素敵にファンタジックなラブストーリー。
郵便局に勤めるシャオチーは、なんでもワンテンポ早いアラサー女性。
子供の頃から競争すればフライング、ダンスも一人だけ先走り、記念写真を撮るとシャッターのタイミングで必ず目を閉じてしまう。
人生の全てが他人とズレてしまい、アラサーとなった今も、パッとしない毎日を過ごしている。
しかし、たまたま出会ったイケメンマッチョと、七夕のバレンタインにデートするはずが、なぜか目を覚ますとその翌日。
肝心の1日が消えちゃった。
ちょっとややこしいが、台湾では旧暦の七夕=情人節=バレンタインデーなんだな。
冬のバレンタインデーよりも、むしろこっちのサマーバレンタインの方が盛り上げるとか。
※核心部分に触れています。

一体、晴れの日のシャオチーに、何が起こったのか?
全く記憶がないのだが、体は砂だらけで真っ赤に日焼けしている。
街の写真館には、自分がどこかの海岸でポーズを撮っている写真が飾られている。
彼女は、消えた1日に何があったのか、答えを探し始める。
不思議現象を紐解くキーパーソンが、シャオチーとは逆に全てのテンポが遅い、バスの運転手のグアタイ。
人生の時間は早過ぎてもダメ、遅過ぎてもダメで、彼もまた満たされない人生を送っている。
実は二人の間には、せっかちな彼女がすっかり忘れてしまった過去の因縁がある。
シャオチーが初恋の人であるグアタイは、偶然彼女と再会すると、報われないと知りつつも人知れず見守っているんだな。

面白いのは、恋のすれ違いを生きている時間の違いで表したこと。
1秒早い、1秒遅い、そのままでは永遠に交わらない間の悪い二人に、七夕に浮かれた牽牛と織姫が奇跡のお裾分け。
映画の前半はシャオチーの視点で描かれ、消えた1日の謎を探っているうちに、記憶の彼方に忘れられた大切な思い出にたどり着く。
彼女にとって重要なヒントをくれるのがヤモリの精霊(?)なのが面白い。
家を守ってくれるのは日本と同じでも、「家の見回りをして、人間が失くした物を拾って管理している」というのは台湾オリジナルの伝承なんだろうか。
そして、映画の後半は同じ時系列をグアタイの視点で描き、グアタイが本当はいつシャオチーに気付いたのか、七夕の日に何が起こったのかのネタばらし編。

消えた1日の謎は、まさかこう来るとは思わなかったよ。
文字通りに「時は金なり」に例えているのだが、せっかちに人生を生き急いでいる人にとっては、時間を前借りしているようなもので、逆に全てが遅い人には時間の利息が溜まっているというのは、なんとなく納得だ。
20年分の利息が引き出されたのが、七夕の日の奇跡という訳だろう。
シャオチーの失踪したお父さんの話が、ここで生きてくるとは。
手紙に貯金と象徴的なモチーフになるものが、彼女の職場である郵便局絡みなのもセンス良い。

主人公カップルを演じた、リー・ペイユーとリウ・グアンティンが素敵。
リー・ペイユーは俳優としてだけでなく、テレビの司会やタレントとしても有名な才人なんだとか。
ずっと初恋を貫いてきたグアタイはちょいストーカー入ってるが、「このままじゃ変態になっちゃう」自覚があるからギリセーフ(笑
いつだって、初恋を巡る物語は尊いのだ。
不器用な人生を送っている人たちのための、時間と記憶に関するほっこりするファンタジー。

ライトなテイストの作品に合わせ、台湾啤酒の作るフルーツビール「マンゴービール」をチョイス。
ベースとなった金牌台灣啤酒が軽めのラガービールなので、こちらはビール風味のフルーツカクテルと言う感じ。
ジュース感覚で飲めるから、ビールが苦手な人でも大丈夫だろう。
台湾では各銘柄がパインやライチなど、多種多様なフレーバーのビールを作っていて、南国気分で楽しめる。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

台湾マンゴービール 330ml/缶 フルーツビール 台湾ビール
価格:330円(税込、送料別) (2021/6/29時点)


スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
郵便局で働く女性シャオチーは、人よりワンテンポ早く、何もかもがフライング。 ダンス講師からバレンタイン・デートに誘われるが、目覚めると何ともう翌日になっていて、しかも真っ黒に日焼けしていた! 一方、郵便局に毎日やって来るバスの男性運転手グアタイは、ワンテンポ遅く出遅れるタイプ。 彼だけが、消えたバレンタインの行方を知っていた…。 ラブ・ファンタジー。
2021/07/04(日) 16:30:29 | 象のロケット