酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習・・・・・評価額1300円
2007年05月31日 (木) | 編集 |
テレビのコメディショー発の、なんちゃってドキュメンタリー
ユダヤ系イギリス人コメディアンのサシャ・バロン・コーエンが、その濃すぎる顔立ちを生かしてカザフスタン国営放送のリポーター、ボラットに扮しアメリカ市民たちにアポなしインタビューを繰り広げる。
彼のことを、本当に未知なる国カザフスタンから来た客人だと思い込んだアメリカ人たちが、破天荒な彼の言動に戸惑う姿を覗き見して笑いものにするというのが、まあ基本といえば基本。
昨年全米で公開されるや、予想外の大ヒットとなり、なぜか批評家にも絶賛されてしまった。

元ソ連邦で、中央アジアに位置するカザフスタン。
国営放送のリポーター、ボラット(サシャ・バロン・コーエン)はアメリカ文化を学ぶためにプロデューサーのアザマート(ケン・デヴィティアン)と共にアメリカに乗り込む。
そこはカザフスタンとはまったく違った不思議の国。
ボラットたちはアメリカを知るために、一般の市民たちと触れ合おうとするのだが・・・


要するに、ネタばらしの無いテレビのイタズラ番組みたいな物だ。
ボラットたちカザフスタンテレビ局のクルーたちは仕込みで、インタビューや触れ合いの対象になるアメリカ人たちはまさか騙されているとは知らない素人さん。
サシャ・バロン・コーエンの見事な化けっぷりや、かなりアブナイ自虐的なユダヤネタといういわばプロの技で笑わせておいて、それに騙されるアメリカ人のバカっぷりを観てさらに笑おうという訳だ。
マナー教室の先生やらフェミニスト団体の幹部やら、キリスト教のテレビ伝道師やら、ある意味でいかにもアメリカ的なインテリたちがボラットのイタズラにはまり、バカを晒す。
まあ実にイギリス的な、悪意に満ちたイタズラである。

偽ドキュメンタリーとしては結構良く出来ていて、途中まではどこまでが仕込みなのか判らなくなる事もある。
売春婦のルネルなんて、まさか本物かよとちょっと騙された。
もっともカザフスタンギャグはあまりにもぶっ飛びすぎていて、いくらなんでもあり得ねーという感が強い。
もっともこれはあえて過剰にして、観てる方に本当のカザフスタンはこれほど変な国じゃないだろうという事を暗示しようとしているのかもしれないが、たぶんそんな配慮はまったく考えてないだろう(笑
まあ深読みすれば皮肉たっぷりに描かれるカザフスタンも、抑圧的な独裁政権への批判と取れない事もないし、バカにされるアメリカ人たちも、彼らの考える「普通」がいかに排他的で脆い価値観かを描写するために使われたと言えなくも無い。
が、実際のところはとんでもなく自分と違う人物に出会った時の、人間の反応を観察して面白がろうというのがこの作品の第一義で、それはそれなりに成功していると思う。

ただ、ぶっちゃけた話、あんまり新鮮味は感じなかったのも事実。
この手のアポなしドキュメンタリーは「電波少年」などで見慣れた物だし、自虐的な危ないギャグも「ケンタッキー・フライド・ムービー」あたりからあんまり進化してない。
何となく、過去の色々な作品の延長線上にこの作品がみえてしまうのだ。
もっとも、そういった物を感じなければこの作品は非常に新鮮だろうし、笑えるだろう。

後は、この人を騙して笑ってフォロー無しというスタイルを、観ている方がどこまで受け入れられるかだろう。
テレビ伝道師やフェミニスト団体、ロデオ興行主(あと最初っから大バカな大学生たち)といった地位も名誉もある社会的な強者を笑いものにするのは、ある種の痛快さを感じるのだが、ユダヤ人の老夫婦を騙すあたりはちょっとやりすぎに感じてしまったのも事実。
何でもボラットの取材に騙されて応じてしまったために、懲戒処分を受けてしまった人もいるという。
イタズラは面白いけど、やはり他人に迷惑をかけないのが最低限のルールだという気がするのだが。

うーん、今回は難しいな。
カザフスタンの酒はさすがに知らないし(国民の半数がイスラム教徒だからそもそも酒はあまり無いのかも)。
偽物・・・と言えばこの前新宿の某店で久保田の紅寿を注文したら、出てきたのはどうやら百寿だった。
たとえば百寿をごまかして千寿として出してる店はたまにあるというが、いくらなんでも紅寿とは味が全然違うだろう。
インチキするにしてもボラットくらい上手くやって欲しい物である。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね
人気ブログ検索 <br />- ブログフリーク
こちらもクリック!

も一回お願い!


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
TBありがとうございます。
滅茶苦茶な映画ですが、日本のバラエティ番組制作者も思いつきそうな、妙に親近感を覚える映画でしたね。カザフスタン人の感想を聞いてみたいものです。
2007/06/02(土) 10:40:48 | URL | ジョー #SFo5/nok[ 編集]
こんにちは
>ジョーさん
正直言って、あまり新鮮味は感じなかったですが、そのぶん強烈なキャラと加減さでみせているという感じでしょうか。とりあえずカザフスタン政府は、ブッシュとの首脳会談で取り上げるほど激怒してるそうで。
まあ、無理はないですが(笑
2007/06/02(土) 11:47:21 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんばんは。
こんばんは。

ぼくも『電波少年』を思い出しました。
アメリカでの評価が高すぎるのは
この手のテレビが少なく
新鮮に感じると言うことでしょうか?

売春婦のルネルが仕込みと言うのは
同じく見破れなかったです。
2007/06/02(土) 23:03:08 | URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
こんばんは
>えいさん
アメリカに限りませんが、インテリは普通自虐的なものですから、これも彼らのツボに入ったのかもしれません(笑
「電波少年」的な物は確かにあんまり無いかもしれませんが、それよりもリアリティ番組の台頭などに通じる物を感じますね。
このところのアメリカは「自己観察」というものに興味をひかれている様に思います。
2007/06/04(月) 00:45:39 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
どうもこんにちは!
いろんなブログを応援させていただいています。
応援ポチッ!
2007/06/05(火) 01:50:49 | URL | ポルコ #-[ 編集]
こんばんは
>ポルコさん
ありがとうございます。
また読みにきてください。
2007/06/05(火) 21:00:21 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんばんわ
電波少年・・・なるほどですね。

自分がボラットの標的になったら、絶対にあんなに笑えないだろうと思うのに・・・。他人事、他国事と割り切るだけで、不謹慎と分かっていながらなぜあんなに笑えるのか・・・・。

たしかに新鮮味に欠けた感はありましたが・・・やっぱり私、こういう作品は大好きです(苦笑)。
2007/06/05(火) 23:31:50 | URL | 睦月 #-[ 編集]
こんばんは
>睦月さん
私はいつボラットが撃たれるか、ハラハラしながら観てましたよ(笑
「電波少年」は日本なら成立しますが、アメリカでやるのは危険すぎます。
それなのに、もっとヤバイ事を平気でやってるこの映画はある意味で凄いのかもしれません。
2007/06/06(水) 00:43:42 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
境界が
ユダヤ人のB&Bは、仕込みと思ってますが、あれもマジなんですかね~。
あと、サイン会も。
本人は別にしてスタッフは知ってたんちゃうかな~。
でないとボッコボッコちゃう?
DVD特典でそのへんのマジ映像が見たいです~。
2007/06/08(金) 22:14:56 | URL | aq99 #V6XMiOu6[ 編集]
こんばんは
>aq99さん
どうなんでしょうね?
一応仕込みの役者はクレジットにあったので、あそこに無い人たちはリアルだと思うのですが。
パメラは本人はともかく仕込かもしれません。
下手すりゃ撃たれてますよ、あれは(笑
2007/06/09(土) 23:33:44 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
それは^^;
こんばんは
ノラネコさん その久保田の話
味がわかんない人ならいいなんてお店側思ってるのか
スタッフが間違えちゃったのか^^;どーなんでしょうね。
でも、お酒知らない子なら、どう違うのか知らないだろうし・・・
その後、どーなったのかちょっと知りたい気がします(笑)
2007/06/10(日) 21:40:12 | URL | にゃんこ #2sQQXnjA[ 編集]
こんばんは
>にゃんこさん
いくらなんでもあれは間違いだと思いたいです。
何しろ味がぜんぜん違うから、普通に両方飲んだ事のある人にはバレバレですからね。
まあしかし、飲食店での取替えのインチキはわりと普通にあるようですよ。
酒は難しくても、取り替えてもわかり難いものは沢山ありますからねえ・・
2007/06/12(火) 23:29:50 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
2014/06/03(火) 10:53:32 | URL | 職務経歴書の書き方 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
どちらかと言うとPOC3よりも楽しみにしていた「ボラット 栄光ナル国家カザフスタ
2007/06/01(金) 00:54:49 | Wilderlandwandar
原題:Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstanユダヤ系イギリス人なのに、カザフスタン国営テレビ突撃レポーターとしてアメリカと合衆国を縦断、下品なることこの上なく、ユダヤ人まで蹴散らしていく・・・ ボラット(サシ
2007/06/01(金) 01:48:40 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
”Borat:Cultural Learning of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan”監督=ラリー・チャールズ。脚本=サシャ・バロン・コーエン+アンソニー・ハインズ+ピーター・ペイナム+ダン・メイザー。原案&キャスト=さしゃ・バロン・コーエン。れっきとし
2007/06/01(金) 19:05:58 | ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 (2006 アメリカ) 原題   BORAT: CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT GLORIOUS NATION OF KAZAKHSTAN    監督   ラリー・チャールズ    脚本   サシャ・バロン・コーエン ピータ
2007/06/02(土) 08:00:36 | 映画のメモ帳+α
{/hiyo_en2/}きれいなライトアップね。{/kaeru_en4/}永代橋だ。徳川幕府が末永く代々続くようにということから名づけられたらしい。{/hiyo_en2/}末永く、っていえば映画「ボラット」の正式タイトルみたいね。{/kaeru_en4/}どうして?{/hiyo_en2/}「ボラット」の正式タイトル
2007/06/02(土) 10:33:50 | 【映画がはねたら、都バスに乗って】
「よくぞ、ここまで!!!」と脱帽するしかない、そんな作品です。カザフスタン国営放送のレポーター、ボラットは、国家情報省の命により、ニューヨークに派遣されます。その目的は、母国、カザフスタンの発展のため、アメリカ文化を学ぶこと。アメリカン・ジョークを学んだり
2007/06/02(土) 23:03:56 | 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan(2006年/アメリカ/ラリー・チャールズ監督/公式サイト)カ...
2007/06/03(日) 01:55:21 | 辛口だけれど映画が好きです
バカには理解不能なバカです。
2007/06/03(日) 13:16:59 | ひるめし。
ボラットが暴れるほど本当のアメリカが見えてくるバカには理解できないバカです
2007/06/04(月) 20:06:30 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
『ボラット~栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習~』(R-15)を観た。『サイテ~!』と笑いながら出て来た観客がいたけど、う~ん、まさにそんな感じ。私の席の列は、白人が混じった女性グループで、
2007/06/05(火) 09:01:05 | 描きたいアレコレ・やや甘口
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  このヒゲ男・・・危険につき 
2007/06/06(水) 00:03:14 | カリスマ映画論
カザフスタン。1997年、初めてのワールドカップ出場がかかる加茂ジャパンが、アジア最終予選で1勝1敗1分とパっとせず、カザフスタン、ウズベキスタンのアウェー2戦で確実に勝利して帰ってくる予定が、いきなりロスタイムで引き分けに持ち込まれ監督更迭までおこった
2007/06/08(金) 22:14:49 | 『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記
 アメリカ コメディ&ドキュメンタリー 監督:ラリー・チャールズ 出演:サシャ・バロン・コーエン     ケン・ダヴィティアン     ルネル     【物語】カザフスタン国営テレビの看板レポーターという設定。本作ではそのボラットが“祖国...
2007/06/10(日) 00:58:33 | 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
あぁ、なんてタイトル長いんだろう^^;;;『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』豊橋で観てきました。チケット買ったときに、リピーター用のシートもらったんだけど(笑)はまる人は、めっちゃ、はまるってことなんでしょうね・・・いっやぁ、
2007/06/10(日) 21:35:33 | 黒猫のうたた寝
 これは期待はずれ。  大いに笑えたことは、今年観た映画の中で随一といっていいくらいですが、それも中盤まで。後半はかなり不快感も感じたことも事実です。  ひとつは、あまりに下品なネタが多すぎること。
2007/06/14(木) 03:18:05 | シネクリシェ
アメリカのボックス・オフィスではベスト10入りしていた本作。『ショウビズ』で観た時点で“これは私の好きじゃない映画っぽい…”って思ってたけど、やっぱりねわざとらしいセリフ、人種差別、下ネタ等の下品な言動、そのどれもが私のカンに障る
2007/06/16(土) 23:57:33 | honu☆のつぶやき ~映画に恋して~
監督:ラリー・チャールズ出演:サシャ・バロン・コーエン、ケン・ダヴィティアン、ルネル評価:60点公式サイト(ネタバレあります)カザフスタンのテレビ局レポーター「ボラット」が、祖国のためにアメリカ文化を学ぼうとニューヨークに向かう。そしてカ....
2007/09/07(金) 01:49:55 | デコ親父はいつも減量中
 『バカには 理解不能な バカです。』 コチラの「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」( ´ー`)フゥー...は、5/26公開になったカザフスタンを激怒させちゃった似非カザフスタン人が登場すると~っても過激なコメディなのですが、観て来ち...
2007/10/17(水) 23:23:57 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
今回紹介する映画は、『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』を紹介します。 ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習のストーリーカザフスタン国営放送のレポーター、ボラットは、国家情報省の命令で、ニューヨークにやって...
2008/01/18(金) 05:40:56 | ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
「ボラット~栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習~」をレンタル。 さすがにこのテのは字幕で見ようかと思ったんすが、山ちゃん(山寺宏一)が声優だってんで吹き替えで。 お下品!お下劣!品性下劣! でも、笑った笑った。 真面目な人は、見ない...
2008/01/23(水) 13:43:22 | 花小金井正幸の日々「絵描人デイズ」
 この映画は、レンタルビデオで観ました。 監督:ラリー・チャールズ出演:サシャ・
2008/02/25(月) 19:39:14 | 泉獺のどうでも映画批評
いろいろなDVDの予告編に入っていて気になってました。 DVDで観賞。 カザフスタンの国営テレビのレポーターのボラットは、 アメリカ文化をリポートする番組を作るため、 プロデューサーのアザマートと共にニューヨークにやってきた。 宿泊したホテルで『ベイウォッ...
2008/04/02(水) 20:13:53 | 映画、言いたい放題!
あらすじカザフスタン国営放送のレポーター、ボラットは国家情報省の命令で、ニューヨークにやってきた。目的は母国の発展のために、アメリカ文化を学ぶこと。早速、ユーモア指導の先生を訪れ、アメリカンジョークを習うが、どうもしっくりこない様子。更に、フェミニスト...
2008/10/16(木) 22:13:47 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ