fc2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。 また、関係があってもアフェリエイト、アダルトへの誘導など不適切と判断したTBは削除いたします。

■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ミラベルと魔法だらけの家・・・・・評価額1600円」
2021年12月02日 (木) | 編集 |
魔法って、本当に必要?

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの、記念すべき60本目の長編作品。
舞台は南米コロンビアの山奥、奇跡によって守られた秘密郷、スペイン語で「魅力」を意味するエンカントと名付けられた村。
映画の年代は明示されていないが、村を作ったのはコロンビアで“暴力の時代”と言われる1940年代から50年代頃に、難民としてやってきた人々の様だから90年代くらいか。
この村の近くで、暴力から逃れてきたマドリガル家の祖父が追手に殺された時、奇跡によって魔法の蝋燭が灯され、外界から隠された秘密郷が生まれた。
マドリガル家は生きている魔法の家に住み、代々家からの”ギフト“として、一人一つの魔法を受け取り、その力によって村を守護している。
そんな村のヒーロー一家で、唯一魔法がもらえなかった15歳の少女ミラベルが、“魔法を使えない意味”を見出すまでの物語だ。

近年のディズニー作品では、最もミュージカルの比重が高い。
そして最もこぢんまりとした、小さな映画だ。
物語が展開するのは、ほとんどがミラベルの家の中。
もっとも魔法の家だから、見た目とは違って部屋の中にジャングルや岩山があったり、結構ロケーションのバラエティには富んでいるけど。
ミラベルは、モアナやラーヤと違って世界を救わないし、本作の共同監督のバイロン・ハワードの前作「ズートピア」ほどの、風刺と社会性も無い。
基本的には魔法を持ったがゆえに、歪んでしまった大家族の再生劇で、物語はマドリガル家が守護している秘密郷の村の外へは広がらない。

大いなる力には、大いなる責任が伴う。
村で唯一魔法を持つマドリガル家のメンバーは、人知れずプレッシャーに晒されていて、それぞれの本音を隠している。
怪力の魔法を授けられたミラベルの姉ルイーザは、実はすごく小心者で心配性。
でも村人には頼りにされているので、そんなそぶりは見せられない。
美しい花を咲かせる魔法を持つもう一人の姉イザベラは、美人で内面も完璧だと思われていて、モテモテ。
しかし内心ではトゲのあるサボテンを咲かせたい、ロックなキャラクターを隠している。
家族は、最初に奇跡を授かったミラベルの祖母によって、ノブレス・オブリージュの理想に雁字搦めにされているのだ。

心に秘めたものを素直に出しましょうというのは、「アナと雪の女王」以来、ディズニーアニメーションのスタンダードだが、このスタンスで家族丸ごとを描いた作品。
家族で唯一魔法を得られず、孤独に苛まれているミラベルこそが、一家を呪縛から解き放つ役割という訳。
音楽を担当するのは「モアナと伝説の海」でディズニー初見参し、「tick, tick... BOOM!: チック、チック…ブーン!」では監督業に進出したリン=マニュエル・ミランダ。
今回もミラベルはじめ、家族それぞれの葛藤がミュージカルナンバーとして表現されて、ラテンのビートが効きまくった、素晴らしい楽曲を聴かせてくれる。
物語のスケールは小さいが、ミュージカル映画としての充実度は極めて高い。
しかし、「ついに白馬のプリンスだけじゃなく、魔法も必要ない!というところに着地するのか、ディズニー攻めてる!」と思ったら、やっぱその辺は要るかもね、という中途半端な結論になったのは、ちょっと腰砕け感があった。
アレだと、ちょっとは本音出せる様になったけど、ノブレス・オブリージュに縛られたままだし、全体の関係性は変わってなくね?

同時上映の「Far from the Tree」は、好き勝手に動き回る子供を心配するアライグマの親心を描き、“親の心子知らず”という諺をまんま表現した様な話。
手描きアニメーション技術を保存するための作品という色彩が強いが、親の過剰な期待と心配が、実は子供を縛ることになってしまっているという構造は、「ミラベルと魔法だらけの家」と共通。
長編と短編で、テーマを合わせているのは面白い。

今回はコロンビアを代表する蒸留所の一つから、「ディクタドール ラム 12年」をチョイス。
コロンビアは蒸留酒大国で、ラムやジンのほか、これまたサトウキビで作られるアグアルディエンという酒が全国的に作られている。
ディクタドール の12年は、元々のカラメルのような甘みに、オーク樽熟成によって独特の苦味が加わって、コクのある複雑な後味が楽しめる。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
「予言をする」「身体を直す」「天候を操作する」「力持ち」「花を咲かせる」くらいは奇跡として良いけど「耳が良い」「変身できる」「動物と話が出来る」とかはそんなに与える必要を感じない。なので最初の無能力者ガミラベルになるのは可哀そう。そもそもお婆ちゃんがギフトを元々持ってないのだから、わざわざ無能力者をもう一人作るよりは、ギフトを与えている者から天恵与えてやれば、それで充分でしょ。
2021/12/03(金) 23:39:39 | URL | fjk78dead #-[ 編集]
こんばんは
>ふじきさん
とりあえず、魔法の家が何考えてるのかよく分からない。
そもそも家の正体は、神か悪魔か妖怪か、何だったのでしょうね。
2021/12/07(火) 21:37:52 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
◆『ミラベルと魔法だらけの家』トーホーシネマズ日本橋3 ▲きゃー、ミラベルちゃんかわいいーっ(好みなのだ)。 五つ星評価で【★★★★超グロテスク】 ツイッターでの最初の感想(↓) もっとも言ってはいけない感想。『バスケット・ケース』の兄弟がハグするような映画。 それはそれで冗談なのだが、冗談は置いておいてもグロテスクな映画を作ったもんである。私は大人で悪辣だから、それを見て承知で泣...
2021/12/03(金) 23:29:46 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
そこは魔法に包まれた、不思議な家。 家族それぞれが家から与えられたユニークな《魔法の才能(ギフト)》を持つ中で、ただひとり少女ミラベルだけは何の魔法も使えなかった。 なぜ彼女だけが魔法の才能ギフトを持たないのか? そして、《魔法だらけの家》に隠された驚きの秘密とは…? ミラベルの奇跡の冒険が幕を開ける…。 ファンタジー・アニメ。
2021/12/04(土) 00:37:58 | 象のロケット