fc2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。 また、関係があってもアフェリエイト、アダルトへの誘導など不適切と判断したTBは削除いたします。

■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
THE BATMAN ザ・バットマン・・・・・評価額1650円
2022年03月14日 (月) | 編集 |
孤児たちのバトルロワイヤル。

DCコミックのダークヒーロー、バットマンのリブート作。
ブルース・ウェインが、仮面のビジランテとなって犯罪都市ゴッサムシティに姿を現してから二年後、市長をはじめとする街の有力者を狙う連続殺人事件が発生。
”リドラー”と名乗る犯人に名指しされたバットマンが、事件の謎に挑み、やがてゴッサムの裏側に潜む、巨大な闇が浮かび上がってくる。
「猿の惑星:新世紀」「猿の惑星:聖戦記」で、見事に“シーザー三部作”を完結させた、マット・リーブスが監督・共同脚本を務める。
新たなブルース・ウェインを演じるのは、ロバート・パティンソン。
キャットウーマンことセリーナ・カイルをゾーイ・クラヴィッツ、ゴードン警部補を「007」シリーズのフェリックス役で知られるジェフリー・ライト、謎多きヴィランのリドラーをポール・ダノが演じる。
シリーズ最長となる175分の上映尺をはじめ、過去作とはだいぶ趣が違うが、切り口は新しい。
※核心部分に触れています。

ゴッサムシティの市長が、選挙戦の最中に何者かに殺される。
捜査の指揮をとるゴードン警部補(ジェフリー・ライト)は、仮面のビジランテ、バットマンとして活動するブルース・ウェイン(ロバート・パティンソン)を呼び寄せる。
リドラー(ポール・ダノ)と名乗る犯人が、現場にバットマンに宛てたカードを残していたからだ。
カードに書かれたなぞなぞは、事件のヒント。
ゴッサム裏社会のドン、ファルコーネ(ジョン・タトゥーロ)の右腕、ペンギン(コリン・ファレル)が経営するクラブが事件と繋がると睨んだバットマンは、その店で働くセリーナ・カイル(ゾーイ・クラヴィッツ)と接触。
セリーナのガール・フレンドのアニカ・ホスロフ(ハナ・ハルジック)が行方不明になっていることもあり、彼女はバットマンに協力する。
やがて“ネズミ”と呼ばれる、警察が裏社会に送り込んだスパイの存在が浮かび上がってくるのだが・・・


いわゆるDCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)には属さず、トッド・フィリップスの「ジョーカー」とも交わらない別の世界線。
リメイクやリブートで定評のあるマット・リーブスは、ここに新たなバットマンバースを作ろうとしている様だ。
バットマンといえば、ジョーカーやトゥーフェイス、ベインといったユニークなヴィランたちと抗争を繰り広げるのがお約束だが、本作の場合はアプローチがちょっと違う。
神出鬼没のリドラーとは何者なのか、何のために殺人を犯すのか不明のまま、バットマンと警察は手玉に取られる。
事件現場に残されたカードのなぞなぞをヒントに、まずはリドラーの目的と正体を探さねばならないのだ。
つまりリドラーとの戦いは、肉体的なアクションというよりも頭脳戦であり、結構ガッツリとした推理もの
若きバットマン=ホームズと、ゴードン警部補=ワトソンが事件を追うという構図だ。
3時間近い尺が必要になったのも、小出しされるヒントを辿ってゆくという物語の構造によるものが大きい。

陰鬱でハードボイルドな世界観は、バットマンフランチャイズの作品中最も重苦しく、ゴッサムシティも全てが腐り切った最悪の犯罪都市として描かれる。
バートンやノーランの描いたゴッサムシティは、まだ文明的な部分が残っていたが、裏社会と表社会が一体化した本作のゴッサムシティには、絶対住みたくないと思わせる不穏さがある。
物語の展開で見せる作品だから、アクション活劇の要素はさほど多くないが、バイオレンス描写も実に生っぽい。
駅で一般人を襲ってたチンピラをバットマンがボコボコにするとシーンとか、「そんな殴ったら死んじゃう、やり過ぎちゃうん!」と思っちゃうくらい。
ゴッサムを少しでもマシにするために、バットマンはあえて自分が犯罪者にとっての恐怖の象徴になるように行動している。
字幕では「avenge」を「復讐」と訳しているが、厳密には「懲罰」の方が相応しいだろう。
バットマンは街の分かりやすい“悪”に懲罰を下すことで、裏社会にプレッシャーをかけ犯罪の抑止力になろうとしているが、もしも表社会の市長や警察、検察など普通は正義を遂行する人々まで、実は悪に染まっていたとしたら?
もちろん殺しちゃうのか、痛めつけるに止めるのかの違いはあるが、市長を皮切りに表社会の隠れた悪を殺すリドラーと裏社会専門のバットマンは、お仕置きする相手が違うだけで、 本質的には同じことをしているのでは?というのが本作の骨子だ。
この辺りの設定は、「ハンガー・ゲーム FINAL」二部作などを手がけた、共同脚本のピーター・クレイグのテイストを感じさせる。

また本作の主要な三人の登場人物、バットマン、リドラー、キャットウーマンは全員が孤児である。
それぞれが孤児となった経緯は異なるが、この三人はそれぞれが鏡像になる形で、物語上配置されていて、生まれた環境に加えて、選んだ道、選ばなかった道で、ビジランテ、テロリスト、泥棒と、それぞれの運命が決まっている。
特にリドラーは最初からバットマンの中に自分を見ているのだが、バットマンは事件を捜査するうちに徐々に自分の中のリドラーに気づく仕組み。
街の中央にそびえ立つ豪華なタワーに住み、金に任せてハイテク兵器で武装し、天空から地に蠢く悪を俯瞰するバットマンの懲罰では、チンピラは倒せてもゴッサムシティの本質的な部分は変えられない。
ではどうするのか?
ノーランの「ダークナイト」では、バットマン自らが堕ちた偶像となることで、市民一人ひとりを奮起させる。
対して本作では、改革派が選挙で勝利し、バットマンやリドラーの思惑とは関係なく、人々は正義を実現する力を秘めていることが明らかになる。
全てを破壊し、一から街を作り直そうとするリドラーの歪んだ野望を阻止するため、庶民を見下す天上人だったバットマンは、文字通りにカオスの海に降り、モーゼの様に人々を守り救い出すのだ。
ここに描かれるブルース・ウェインの成長と苦悩は、「猿の惑星」におけるシーザーの葛藤にも通じるものがある。
リーブスはノーランとは異なったアプローチで、バットマンの体現する正義とは?というテーマに答えを出している。
曇り空にぼんやりと映し出されたバットシグナルが象徴する様に、バットマンは恐怖の懲罰者ではなく、人々を守護することによって光となるのである。

とてもよく出来た作品だと思うが、いくつか気になる点もある。
殺人が起こり現場でカードが見つかる度に、少しずつ物語が展開する構造上、やむを得ない部分もあるのだが、同じ様なシチュエーションとロケーションが繰り返されるのは、もう一工夫できたのでは。
予算の関係かもしれないが、場所のバリエーションはもう少し増やした方が、全体のメリハリにつながるだろう。
またモノローグが多用されるのは作品のスタイルだとしても、説明的な描写が「いかにも説明です」なのはちょっと引っかかる。
それまでにわかった事件の事実関係を、ホワイトボードに提示して分かりやすく見せる、日本のサスペンスドラマでお馴染みの描写を、ブルースが広い床一面に書くシーンがあるのだが、さすがにデカすぎて笑ってしまった。
アイディアを整理するだけに労力かけすぎだし、かえって見え難いだろう。

本作は、二本の続編が作られて三部作となる予定で、配信用のスピンオフも用意されているという。
アーカム・アサイラムで、リドラーの隣の房にいる新たな“友達”は何者なのか?
キャットウーマンが向かうと言っていた、ブルードヘイブンで何が起こるのか?
始まったばかりの新しいバットマンバース、この先への興味は尽きない。

今回は、ダークなムードに合わせて漆黒のカクテル、「ブラック・レイン」をチョイス。
オーストラリアのホテルのバーで、リドリー・スコット監督の同名映画にちなんで作られたカクテルで、その名の通り美しい漆黒。
フルート型グラスにスパークリングワインまたはシャンパンを80ml注ぎ、ブラック・サンブーカを20ml静かに加えてごく軽くステアする。
サンブーカは香りが強いので、それなりにクセがある。
香草系カクテルが好みかどうかで、好き嫌いが別れるだろう。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね






スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
3は大切な数字
こんにちは

私は逆に同じシチュエーションの繰り返しを楽しみました。
三回繰り返すというのは物語としては定石だと思っているので。
それぞれの違いを探るとそれだけで沢山語るポイントになりますし。
アイスバーグラウンジに入るシーンはその一例でしょうか。
もうひとつはバットマンとキャットウーマンのキスシーン。
1回目と2回目はキャットウーマンからで、3回目はバットマンの方から・・・行けばいいのに行けない、あのバットマンの姿にキュンキュンしちゃいましたわ。
2022/03/17(木) 17:53:11 | URL | ケフコタカハシ #oibKWSZc[ 編集]
推理もの
ノラネコさん☆
今までのバットマンと違ってコナン君みたいfだなぁと思っちゃいました(笑)そして暗号はお家に帰って執事が解くという・・・
初めはそんなに殴ったら死んじゃうよ・・・な青臭いバットマンが、リドラーとバットマンが表裏一体だということに自ら気付いて正しい正義に目覚める展開はなかなか良かったです。
眼の下のクマ要らずのロバート・パティンソンはぴったりでしたね。
2022/03/20(日) 18:43:19 | URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2[ 編集]
こんばんは
>ケフコタカハシさん
シチュエーションを繰り返すのは良いのですが、見た目が同じようなのはちょっと気になります。
特に建設中のビルの屋上は何階来るねん?と思いましたw

>ノルウェーまだ~むさん
バットマンは社長だけあって、手下を動かすのがうまい。
今までのシリーズとは毛色が違いますが、この路線もなかなか面白いですね。
ロバート・パティンソンてビギンズの時のクリスチャン・ベールより歳上なんだけど、若く見えて青いバットマンにピッタリでした。
2022/03/21(月) 21:03:29 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんばんは
長すぎるよ! 
でも、長くなった理由である個々の描写やバットマンのアイデンティティの変遷なんかは、きちんと面白いんですよね。作り方が上手いのやら下手なのやら。
今回はリドラーを、バットマンをより過激化させた存在として描いていた辺りが面白かったです。“悪を恐れさせて躊躇わせる”より、一足飛びに“悪はぶっ殺して排除する”。で、善玉候補が次期市長確定するなんて、善果も導いてしまう。
ところが、リドラー含む“無敵の人”達は、そんな善果は欲してない。と言うより、それでは足らない。老若男女善悪貧富、ひっくるめた世間から傷つけられ、疎外された(と感じている)彼らは、その世間の面を張り飛ばしてやらないと気が済まない。気がついたら同志もたくさんいるし。
てな感じのクライマックスには、「ジョーカー」に通ずるものもありましたね。
2022/03/31(木) 00:24:33 | URL | 焼き鳥 #q1cvaNjE[ 編集]
こんばんは
>焼き鳥さん
確実に「ダークナイト」を意識してると思います。
て言うか、あの映画は以降のバットマン映画にとって呪縛でもあると思いますし。
ベン・アフレックのは、単体じゃなかったからそれほど気にならなかったけど。
ジョーカーとは違うヴィランのポジションと性格づけをした上で、なんとか異なる結論を作り出そうと頑張ったんでしょうね。
その結果はある程度報われていると思いますので、この後のバットマンバースがどうなるか楽しみです。
2022/04/07(木) 22:34:35 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
バットマンで頭脳戦というのは意外ではありましたが、思った以上にリドラーがバットマンといい勝負をしながらも、かなり普通の人間だったので、「すんげえ化け物みたいな悪玉」が好きな私としてはちょっと寂しかった。だから、この映画の中のペンギンは映えるのだけど。
2022/04/17(日) 22:19:55 | URL | fjk78dead #-[ 編集]
こんばんは
>ふじきさん
確かにポール・ダノのリドラーは、歴代のバットマンヴィランの中でも一番ビジュアル的に地味。
まあこれも他と同じことはしたくないってことなんでしょうけど。
ペンギンは再登場しそう。
2022/04/24(日) 19:27:29 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
大富豪の青年ブルース・ウェインが両親殺害の復讐を誓い、悪と敵対する存在“バットマン”になって2年が過ぎた。 ある日、権力者を標的にした連続殺人事件が発生。 犯人を名乗る史上最狂の知能犯リドラーは、犯行の際に必ず“なぞなぞ”を残し、警察や世界一優秀な探偵ブルースを挑発する。 最後のメッセージは「次の犠牲者はバットマン」だった…。 サスペンス・アクション。 ≪世界の<嘘>を暴け。本性を見抜け。≫
2022/03/16(水) 17:37:42 | 象のロケット
レゴバットマン以上に可愛いバットマンなんていないと思っていたのに、この作品のバットマンが存外可愛くて驚きました。体育会系アルフレッドの髭に★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点の5★★★★★ 【公式サイトはコチラ】 色々と腑に落ちました。 腑に落ちるという意味合いの落ちた腑も含めて、この映画を観て沢山腑に落ちました。 これまでバットマンの映画作品をあれこれ観てきて、私が一番気になっ...
2022/03/17(木) 17:08:08 | 鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ
アメコミ系三つできるだけ軽く。 ◆『モービウス』新宿ピカデリー2 ◆『モービウス』ユナイテッドシネマ豊洲10 ▲画像は後から。 五つ星評価で【★★春眠】 二回観たけど、二回とも途中で意識が途切れてしまった。 幾何学系デザインに妙な音のOP、EDはイカレてて好み。 そうすか、吸血鬼ですか。常人が吸血鬼になって血の欲望に抗うという非常にベタな展開で、煙草会社がお金出してそうなCG表現は面白い...
2022/04/17(日) 23:44:31 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
今年の映画始めは映画館じゃなかった!
2023/01/21(土) 09:34:49 | 或る日の出来事