fc2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「エゴイスト・・・・・評価額1700円」
2023年02月20日 (月) | 編集 |
愛とエゴは紙一重。

なるほど、「エゴイスト」とはいくつもの意味を持つ深いタイトルだ。
鈴木亮平が好演するファッション雑誌の編集者・浩輔が、宮沢氷魚演じる龍太と出会う。
当初は客とパーソナルトレーナーとしての関係。
しかし、やがて二人は恋に落ちる。
エッセイストとして活躍し、2020年に死去した高山真の自伝的小説を、「トイレのピエタ」の松永大司監督が映画化した作品。
原作未読ゆえ、予告編の印象からゲイのラブストーリーだと思っていた。
確かにその要素もあるけど、物語の半分だけなんだな。

保守的な田舎で育ち、14歳の時に母を亡くした浩輔は、逃げるようにして東京に出て来た。
いわゆる業界人として、マンションのペントハウスに住める程度に成功し「服は鎧だ」が信条。
ナイーブな心を鎧で護り、親しいゲイ仲間はいるが内心はあまり明かさない。
一方の龍太は母子家庭で育ち、家計を助けるために早くから働かざるを得なかった貧しい境遇。
パーソナルトレーナーの仕事も独学で、それだけで食べていけるほどは稼げていない。
彼らは共に恋愛対象が男性で、そのことを親に言えていないという共通点があるものの、社会的な地位や性格は対照的なのである。
二人が付き合いはじめても、すぐに障害が立ちはだかる。
生きてゆくために、龍太は10代の頃から売春をしているが、浩輔と付き合うことで罪悪感に苛まれるようになる。
そのために、一度は別れようとするのだが、浩輔は彼の愛を繋ぎ止めるためにお金を使うのだ。
月20万円で、浩輔が龍太の“専属の客”となる。

ここでまず第一の疑問。
浩輔が龍太のことを愛しているのは、間違いないだろう。
しかし、月のお手当を渡して自分のそばに置くことは、はたして龍太のためなのか?
愛を「無償で与えるもの」と考えれば浩輔の行為はまさにそれだが、実際には肉体を求め合い、しっかり見返りを得ている。
お互いに愛し合っていると言っても、側から見たら愛人をお金で囲うことと何も違わない。
日本映画が逃げがちな、男同士の赤裸々なセックスを描いた意味もここにある。
心と体は不可分で、「愛してる」と「抱きたい」も同じ。

そして物語の後半になると、彼はまた立場を変えて、同じことを繰り返す。
中盤で龍太をある悲劇が襲い、早すぎる退場を迎えると、浩輔は今度は阿川佐和子演じる龍太の母に対して「無償の愛」を与え続けるのである。
浩輔が思春期の葛藤真っ只中だった頃に、母親を亡くしているのがポイント。
彼は心からの愛ゆえに、擬似家族的な行為を貫くのか、それとも、失った大切なものを感じたくてやっているのか。
日本では、LGBTQは擬似的な家族しか作れないという現実も、このシチュエーションのシニカルさを際立たせる。
おそらく浩輔の中でも、自分のしていることは完全には割り切れていないだろう。
善意と偽善にも通じるが、利他と利己は表裏一体で与える立場、受け取る立場で見え方が違う。
エゴイストは別の方向から見たら真実の愛の人で、その逆もしかり。
人間の持つ多面性を象徴するような、複雑なキャラクターを演じた鈴木亮平が素晴らしく、キャリアベストと言っていい。

今回は、ちょっとビターな愛の物語なので「ビタースイート」をチョイス。
ドライ・ベルモット25mlとスイート・ベルモット25ml、オレンジ・ビターズ1dash、アンゴスチュラ・ビターズ1dashを、氷を入れたミキシンググラスで軽くステアし、グラスに注ぐ。
最後にオレンジピールを飾って完成。
名前の通りちょっとビターで甘酸っぱい、二面性を持つ味。
ほんのりオレンジの色合いも美しい。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トイレのピエタ 豪華版 【Blu-ray】 [ 野田洋次郎 ]
価格:7480円(税込、送料無料) (2023/2/20時点)





スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
14歳で母を亡くし田舎町でゲイであることを隠し思春期を過ごしてきた斉藤浩輔は、今は東京でファッション誌の編集者をしている。 一方、パーソナルトレーナーの中村龍太は、シングルマザーの母を支えながら暮らしていた。 愛し合うようになった浩輔と龍太の前に、思いもよらぬ運命が押し寄せる…。 ラブストーリー。 R-15
2023/02/22(水) 12:19:31 | 象のロケット