fc2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。 また、関係があってもアフェリエイト、アダルトへの誘導など不適切と判断したTBは削除いたします。

■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「PERFECT DAYS・・・・・評価額1700円」
2023年12月27日 (水) | 編集 |
2023年の、東京物語。

東京で公衆トイレの清掃員として働く、ある男の日常。
ヴィム・ヴェンダースがメガホンを取り、本年度のカンヌ国際映画祭で主演の役所広司に日本人として19年ぶり二人目の男優賞をもたらした作品だ。
本作は当初、渋谷区内の公衆トイレ17ヶ所を更新するプロジェクト「THE TOKYO TOILET」のPR用の短編として企画されたが、ヴェンダースは共同脚本の高崎卓馬と共に、敬愛する小津安二郎的な市井の人々を描く長編を書き上げた。

主人公の平山は墨東の亀戸あたりにある昭和なアパートに一人住み、仕事場は渋谷周辺。
この男、無口な上に極端にキッチリとした性格で、毎日の行動のルーティンがほぼ決まっている。
まだ薄暗い早朝に起床し、出勤前に自販機の缶コーヒーを一本飲み、清掃道具を満載した車を首都高に走らせる。
BGMはパティ・スミスやルー・リードと言った、渋い洋楽のカセットテープだ。
渋谷に着くと公衆トイレを次々磨き上げ、お昼には代々木八幡神社の境内でサンドイッチを食べ、フィルムカメラで木漏れ日の写真をパチリと撮る。
終業後は銭湯で汗を流し、馴染みの飲み屋で一杯やり、好きな本を読み、いい夢を見る。
週末は少しルーティンが異なるが、これも基本的には毎週同じ行動を繰り返す。

ただし、たまにパーフェクトな毎日のルーティンを崩す存在が現れる。
それは柄本時生が演じるチャランポランな同僚だったり、家出してきた疎遠な姪のニコだったり、様々だ。
だが、それもまた平山にとっては大切な一期一会。
物語は終始淡々と進み、特に大きな事件は起こらないが、流れる空気がとても心地よい。

本作は先行上映が行われたこともあって、かなり前から観た人の感想が耳に入っていたのだが、面白いことに評判は両極端
ある人は心を洗われる素晴らしい体験をしたと語り、別のある人はトイレの広告のようで全然ピンとこなかったと語る。
これはおそらく、映画に何を期待したかだと思う。
安アパートに暮らすトイレ清掃員の物語というパッケージからは、例えばケン・ローチの映画のような社会性を期待させる。
一方で、作品の成り立ちから分かるように、これは初めから電通案件のPR映画であって、社会問題を告発するようなことはそもそも想定してない。
実際、ヴェンダースが描いたのは、かなり特殊なキャラクターのごくパーソナルな物語であって、これに社会性を見出すことは難しい。

多くの小津安二郎作品の主人公と、共通する名前を持つ「平山」の背景は殆ど描かれないが、質素な生活をしているものの、元から貧乏という訳では無さそうだ。
ニコを迎えにきた妹の車は黒塗りのショーファードリブンだし、登場人物の会話から想像するに、平山も元々はそれなりの社会的な地位にいたはずで、あくまでも彼の選択した結果として、今のトイレ清掃員の暮らしがある。
だから主人公の設定だけを見て、現代日本の社会問題的なイシューを期待すると完全に肩透かしを食らう。
出て来る公衆トイレが全てオシャレ系で、最初から別に汚くない所ばかりなのも、PR目的というのも勿論あるにしろ、主人公の仕事と暮らしを社会性と結び付けられたくないからだろう。
住んでいるアパートも、何気に珍しいメゾネットタイプで、見方によってはオシャレだし。

本作がフィーチャーするのは、タイトル通り主人公の何気ない生活を通して見る、この世界の美しさだ。
平山はあちこちで拾ってきた木の芽を、自宅で盆栽のように育てている。
それはほとんどの人が目にもとめない、命の息吹だ。
本作における「PERFECT DAYS」とはルーティン通りの日々ではなく、ふと見上げた木漏れ日の美しさや、日常に散りばめられている人々の喜怒哀楽に気付かされる、同じようでいて刻々と変わってゆくこの世界の毎日のことなのだ。
今の世の中に、汚い部分や放置された問題点は多々あるだろう。
でもそれだけでなく、ただ生きているだけで感じられる美しさは確実にある。
このコンセプトを具現化したフランツ・ラスティグの端正なフレームワーク、桑島十和子による生活感がありつつ、遊び心を感じさせる美術が光る。
優しい世界だが、優し過ぎて物足りない人もいるかも知れない、そんな映画だ。

今回は、もう一つの主役である東京の名をもつ「トーキョー・ジョー」をチョイス。
ウォッカ150mlとメロン・リキュール10mlを氷を入れたグラスに注ぎ、ステアする。
1949年のハンフリー・ボガード主演の映画、「東京ジョー」から名付けられた。
木漏れ日の緑を思わせる、エメラルド色が印象的な甘口のカクテル。
映画のデザートにぴったりだが、アルコール度数はハードボイルだ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サントリー ミドリ メロンリキュール 20度 700ml
価格:2,235円(税込、送料別) (2023/12/27時点)






スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
穏やかな発見
ノラネコさん☆
穏やかな中にも色々教えられることが多い作品でした。
確かに繰り返しがこんなにも多いとは思いもよらなくてビックリでしたが、同じようでいてその中から些細な歓びを見つけられるかどうかで、豊かな人生が送れるかが決まってくるようにも思えます。
格差を取り上げる社会性は無くて、生き方の自由な選択肢を見せてくれたと思いました。
2024/01/17(水) 14:44:28 | URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2[ 編集]
こんばんは
>ノルウェーまだ~むさん
忙しい現代人の憧れですよね。
いろんなものを捨てているからできる生活で、実際にはここまで踏み切れないという。
たまには日常の中に潜む美しさを見つけてみようと思いました。
2024/01/18(木) 20:59:39 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
心優しい世界だけど、パンチがない。極力ドラマチックな要素が排除されている。ゴジラやドラッグが投入されない映画。だから見ていて、ただ他人の私生活を覗き見していて、それで満足していいのかという観客の不安を煽ってもしまう。
役所広司がチャーミングなのを不気味に思えない事に戸惑ってしまう。
2024/03/22(金) 08:00:16 | URL | fjk78dead #-[ 編集]
こんにちは
>ふじきさん
>ただ他人の私生活を覗き見していて、それで満足していいのかという観客の不安を煽ってもしまう。

いいのではないでしょうか。
他人の人生に対して、どう考えることができるかが問題なのでは。
2024/03/30(土) 14:50:14 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
東京・渋谷の公衆トイレの清掃員として働いている男・平山。 淡々とした日々の繰り返しだが、ある日、思いがけない出来事が起きる。 それが平山の過去を静かに揺らしていくのだった…。 ヒューマンドラマ。 ≪こんなふうに 生きていけたなら≫
2024/01/01(月) 01:36:25 | 象のロケット
◆『PERFECT DAYS』109シネマズ木場4 ▲見ようによってはルパンと不二子と銭形みたい。 五つ星評価で【★★★思った以上に飽きない】 清掃職員の日常を淡々とループするように繰り返し描写、昨日と今日のちょっと違う部分に人生の機微があり、表面上大きな事件は起きないが、裏ではドラマチックな展開がちょっとだけ垣間見える。こういうのを苦手な事は分かっていたので、手を出すの躊躇していたのだ...
2024/03/22(金) 08:20:56 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章