fc2ブログ
酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。ネット配信オンリーの作品は★5つが満点。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「コンクリート・ユートピア・・・・・評価額1650円」
2024年01月09日 (火) | 編集 |
あなたならどうする?

未曾有の天変地異に見舞われ瓦礫の山と化したソウルで、ただ一棟倒壊を免れたマンション。
生き残った住人と外部から避難してくる人々のトラブルが多発し、住民たちはマンションを運営する“政府“を組織する。
マンション住人のリーダーとして選ばれたイ・ビョンホン演じるヨンタクは、やがて利己の行動原理で貫かれた、歪な王国を作り上げるのだ。
監督と共同脚本を「隠された時間」のオム・テファが務め、物語の視点となる若い夫婦、ミンソンとミョンファをパク・ソジュンとパク・ボヨンが演じる。

なるほど、これは大人版「漂流教室」だ。
楳図かずおの名作漫画では小学校の校舎が、人類滅亡後の遥か未来へとタイムスリップ。
子どもたちが、様々な困難を乗り越えサバイバルを余儀なくされる。
対してこちらでは真冬のソウルを天変地異が襲い、奇跡的に残った一棟のマンションをのぞいて建物という建物が倒壊してしまい、生き残った人々が寒さを凌ぐためにマンションに助けを求める。
ちなみに天変地異が具体的にどういうものなのか、なぜ起こったのかは劇中で一歳説明がなく、外の世界がどうなっているのかも描写がない。
ただこの場合の天変地異は、文明崩壊後の世界という寓話劇の舞台装置を作るきっかけに過ぎないので、そこはツッコミ無用だ。

突然極限の状態に追い込まれた時、人間はどう行動するのか?
この設定だけ見たら、ヨンタクが恐怖政治を断行してプチ金正恩みたいな方向に行くのかと思いきや、彼はヤバい秘密を持っているものの、あくまでも普通の人。
だんだん調子に乗ってくるものの、どちらかと言えば利己と利他の間で揺れ動く、住民たちの中にある潜在的なダークサイドに乗っかるだけ。
本来ならば大災害の被災者は皆平等に扱われるべきだろうが、本作の場合は一棟だけが無傷で残ったことで、マンションの内と外で格差が生まれる。
限られたリソースをコミュニティ内だけのために使うのか、それとも外の人々と共有するのか。
そして、住民たちは自ら分断を選択する、
ヨンタクは、この構造を強化するだけなのだ。
彼はマンションを「選ばれた場所」で「外の者たちはゴキブリだ」と語り、住民の中に芽生えた選民思想を後押しするのである。

物語の視点はヨンタクではなく、公務員のミンソクと看護師のミョンファの夫婦に置かれている。
優しさを失ってゆく住民たちに戸惑いながらも、保身から流されてしまう夫と、最後まで人間性を保とうとする妻がコントラストを形作るのだが、状況へのスタンスに違いはあるものの、二人とも感情移入キャラクターとして上手く造形されていて、観客はこの二人を通し「あなたならどうする?」と常に問われ続ける構造になっている。
ヨンタクがあるトラブルで家族の信頼を失った後、天変地異で天涯孤独になっていたり、ミンソクがソウル崩壊の時点で目の前の女性を救えず、罪悪感を抱えていたり、キャラクターはなかなか作り込まれている。
住民の中にもヨンタクを熱烈に支持する層がいる反面、外の人々を密かに匿っている人もいたり、決して一枚岩ではない。
危うい均衡の上にあるミニ王国の土台には、いつの間にか無数の亀裂が入っているのだ。

たぶんオム・テファ監督的には、もう少し全体をブラックコメディ寄りにやりたかったのだろうと思う。
テリングのスタイルには、笑いにつなげたいのか、シリアスにやりたいのか迷いが見られるが、現状の生真面目て硬質な仕上がりも決して悪く無い。
複雑な葛藤を抱えたキャラクターを演じるイ・ビョンホンが素晴らしいのは当然だが、ちょい井上真央っぽいミョンファ役パク・ボヨンが強い印象を残す。
尺的にはごく短いものの、文字通りに天地がひっくり返るディザスター描写のVFXも出来がいい。
壊れた街に一棟だけ無事なマンションという文明崩壊後の世界観は、ちょっとNetflixのドラマ「Sweet Home -俺と世界の絶望-」の影響があるのかも知れないが、美術もいい仕事をしている。
エンタメ性とテーマ性が巧みにミックスされ、映像テクノロジーと見事に結びついた良作だ。

今回は「キングダム・カム」をチョイス。
ドライ・ジン 20ml、ドライ・ベルモット 45ml、グレープフルーツ・ジュース 15ml、ホワイト・ペパーミント・リキュール 1tspをシェイクし、氷を入れたオールドファッショングラスに注ぐ。
スッキリとしたドライな味わいで、飲みやすい。
ちなみにこの場合の「キングダム」は神の王国のことで、「キングダム・カム」は終末の到来、あるいはあの世のこと。
天国行きか、地獄行きかは現世での行い次第。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボンベイ ドライ ジン 40度 700ml
価格:1,030円(税込、送料別) (2024/1/8時点)





スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
世界各地で起こった地盤隆起による大災害で、一瞬にして壊滅した韓国ソウル。 唯一崩落を逃れたマンションには、居住者以外の生存者までもが押し寄せてきていた。 犯罪が横行し危機感を抱いた住人たちは、902号室のヨンタクを臨時代表にして居住者以外を追放。 住民のための新しいルールを作り、マンション内を統制しようとする…。 パニック・スリラー。
2024/01/12(金) 01:23:49 | 象のロケット