酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ナンバー23・・・・・評価額900円
2007年11月23日 (金) | 編集 |
本来人間は、法則性を好む動物である。
それは統計学に基づいた場合もあれば、何気ない日常の中のジンクスである場合もある。
方位をやたらと気にする人もいるし、血液型や名前の画数が気になって仕方がない人もいる。
「ナンバー23」はそのタイトル通り、数字の23に取り憑かれてゆく男を巡るサスペンス。

動物管理局に勤めるウォルター(ジム・キャリー)は、妻と息子と共に幸せな生活を送っている。
彼は、2月3日の誕生日に、妻が古書店で偶然見つけた「ナンバー23」という本を贈られる。
それは、23という数字に支配された主人公と殺人事件を巡るミステリ小説だったが、読み進めてゆくうちに、ウォルターは小説の主人公が自分自身に酷似している事に気付く。
一体この本の著者は何者なのか。
やがて、ウォルターは本に描かれている事は現実で、小説の主人公と同じように、自分の人生は23という数字に支配されているという強迫観念に苛まれるようになる・・・


論評に困る映画というのがたまにある。
作り手が、描いている対象を絶対視して、過剰なまでの情熱と愛情でもって、自分の世界にどっぷりつかって描いてしまっている場合だ。
たいていの場合、本人にはものすごく大切な物でも、他人にとってはどうでもよい物なので、観ている方としては作り手が熱くなればなるほどどんどん白けてくる。
本作の主演ジム・キャリーは、実生活でも数字の23の神秘性に取り憑かれているマニアなのだそうだ。
なるほどね、確かにキャリーは自分の人生に無数の23を見つけて驚く男を熱演しているが、それは彼が23マニアになった姿その物なのだろう。
ただ、それが他人にとっても説得力を持つかどうかは全く別の話だ。

そう、ぶっちゃけこの映画に描かれる23の神秘性というのは、私には単なるこじつけにしか思えず、なんで主人公がこんなに23に引かれていくのかがさっぱり理解できなかった。
映画の中ではウォルターの身近な事例から始まって、果ては天地創造の日やマヤ暦の終末予言の日が23日とか、23という数字がいかに謎めいているかが強調されるのだが、よくよく考えれば、人間の生活なんて無数の数字に囲まれている訳で、その中のごく一部を抜き出してきて、しかも足したり引いたり割ったりしていったら、そりゃいくつかは23にもなるだろう。
でもそれは同じくらいの確率で17にもなれば36にもなるんじゃないだろうか。
例えば私の住所は4から始まる。誕生日も4から始まる。家の電話番号を全部足したら40で、これも4から。
おお、携帯電話の番号を全部足したら31、3と1を足したら4ではないか。
だから私の人生は4に支配されている!・・・・なんて主張したらアホかと言われて終わりだろう。

実際、この映画で主人公のウォルターが23にのめり込めばのめり込むほど、単に数字フェチの頭のネジが緩い人にしか見えず、物語の盛り上がりとは対照的に、観ている方はどんどん引いてゆくしかない。
逆に言えば、23という数字の魔力を、説得力をもって観客に提示できれば、これはかなり興味深い作品になったかもしれない。
この作品がミステリ仕立ての作劇なのも、本来は物語の流の中で、数字の魔力にリアリティを与えるためだったのだろうが、残念ながら作り手自身が23という数字に陶酔してしまっているのか、せっかくの凝った作劇はあまり生かされず、機能不全のまま終わってしまう。
脚本の新人、ファーンリー・フィリップスは数字に取り憑かれる主人公を客観視することが出来ず、ミステリとの絡みも中途半端なままだ。
監督のジョエル・シューマッカーは、クールな映像を武器に、「セント・エルモス・ファイアー」や「フォーリングダウン」など、多くの秀作、問題作を生み出してきたベテランだが、彼をもってしても、このつかみ所の無い物語を一級の娯楽映画として成立させる事は出来ていない。

たぶん、この映画はキャリーと同じようにある種の数字に限りないこだわりを持つ数字フェチの人にとっては、我が意を得たりという至福の映画なのだろう。
ただ、おそらくは圧倒的多数であろう、それ以外の観客にとっては、どうでもいい事へのこだわりを延々と見せられる退屈な映画に過ぎない。
まあ一風変わった作品であることは間違いなく、この手の不思議話が好きな人なら、一応話題のネタに観ておいても良いかもしれない。

今回は、数字の映画にちなんで数字の名前を持つ酒を。
スコットランドのウィスキー、「シンジケート 58/6」をチョイス。
これはもちろん58/6の神秘性なんてものに由来する訳ではなくて、1958年にエジンバラの6人の仲間が自分たちのオリジナルウィスキーを作るシンジケートを結成したというところから名付けられている。
18種類のシングルモルトと2種類のシングルグレーンを使用しており、味も香りも複雑ながら、飲みやすく、非常に完成度が高い。
映画は残念ながら看板倒れの出来だったが、こちらのお酒は喉も脳も潤してくれる。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね
人気ブログ検索 <br />- ブログフリーク
こちらもクリック!

も一回お願い!





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ノラネコさん☆

こんばんは。TBコメントありがとうございました。

ありゃりゃ、、、、珍しくかなり低いですね~v-12
こういうこじつけもけっこう楽しんで観ちゃいました、ラストでは確かにそれまで観てた気持より下がっちゃいましたけどね、、、
フツウに楽しめたので良しとします(笑)
2007/11/23(金) 23:50:55 | URL | mig #-[ 編集]
こんばんは
>migさん
劇中で23の凄さが強調されればされるほど、こじつけに感じて白けてしまいました。
う~ん、話の中で一箇所で良いから、「うわ~23凄い、確かに神秘の数字だあ!」と思わせる瞬間が欲しかったです。
2007/11/24(土) 00:43:50 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
う~ん・・そうか。
これから観て行こうかなとおもいましたが、ノラネコさんの記事を観てその気持ちが萎えました・・・他のやつにします。アドバイスありがとうございます。…にしてもお酒のあわせが素晴らしい。
2007/11/24(土) 11:05:36 | URL | 朱色会 #ff.uBqoo[ 編集]
こんにちは
>朱色会さん
この話って、「うわっ、23てスゲー」と思わせたら勝ちだったと思うんですよ。
ただ、残念ながら、数字の神秘がこっちには伝わってこなかったんで、ジム・キャリーが単にアブナイ人に見えてしまいました(笑
発想は良いけど、ミステリとしては機能不全だった気がします。
2007/11/24(土) 14:46:24 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
私も見てきましたは(^^;
オオブタさんが ジム・キャリー好きなのでついつい見てきましたが、、かなり微妙でしたよね(^^;
ジムキャリーのオーバーな演技がとにかく主人公を変な人でしかない状況にしてましたよね。
23の数字も強引すぎましたよね~、色が赤でもピンクでも23になるし、23にする計算条件がバラバラなんですよね~。

それをいうと、私も誕生日やオオブタさんの誕生日結婚した年月日すべて12に関係するとか威張ってしまいそうですよ~(^^;
2007/11/24(土) 22:51:40 | URL | コブタです~ #-[ 編集]
こんにちは♪

>1958年にエジンバラの~
1+9+5+8=23
神秘性なんてものに由来する訳ではないなんて
言っておきながらもぅ憎いっすねぇ~♪ (゚▽゚)v

まぁそれはさておき、設定はヨカッタと思うんですが
「23」だから何?になってしまうし、オチも今更で
正直、オモシロいとは思えませんでした…。
2007/11/25(日) 00:42:05 | URL | 風情♪ #s8w929I6[ 編集]
こんにちは
うーん、なんか評判悪いですねこの映画。まぁ理由は解かるんですが、僕の場合は「23」という数字のこじ付け振り以外はそんなに気になりませんでした。これはやっぱり僕が9月14日生まれだからでしょうか(笑)。
2007/11/25(日) 07:36:51 | URL | えめきん #-[ 編集]
おはようございます
予告編を観てヤバイ映画だなと思いましたが、思ったとおりでした・・・。
キモになる”23”をアレだけこじ付けられたら引いちゃいます。
あの息子の存在でまだ観れたかな。
脚本練り直せばもうちょっと良くなるのに・・・。
2007/11/25(日) 08:18:50 | URL | たかひょ #2Mig4hH2[ 編集]
こんにちは
バイオハザード3の評論を読んで
「ノラネコさんて酷評がないなあ。
これ酷評っぽいけど1300円だとレイトショーで見たら大満足!って事かな。
苛立ってる気持ちがあらわに出てる酷評も読んでみたい」
と思っていたら、ついに1000円以下の評が!
でも冷静ですね。
「ムカついた。評論を書くのもいやじゃああ」っていうのは載せてないのですか?
この作品、見たいと思ったのですが、なるほどそういう映画ですか。
逆にツッコミまくりのギャグ映画として見ると面白いとか?
2007/11/26(月) 16:42:34 | URL | まさと #-[ 編集]
こんばんは
>コブタさん
まあ、この手の数字話は色々あるし面白いんですけど、ちょっと強引に感じてしまいましたね。
サスペンスとの絡みも、結局23は何だったのさ、と思ってしまってあんまり上手く絡んでいるとは思えなかったし。
もうちょっと頑張りましょうという出来だったと思います。

>風情♪ さん
ハハハ、本当だ。
やっぱり23は凄いという事で(笑
その23の凄さが物語的に描かれてないのが痛かったです。

>えめきんさん
9+14=23おお、ここにも23の神秘。
やはり23と物語があんまり上手く絡んでなかったと思うんですよね。
オチ途中で読めちゃうし、もうちょっと客観的な目で物語を練って欲しかったです。

>たかひょ さん
強調しすぎでしたね。
物語の中でさりげなく入ってくるほうがよほど怖いのに、強引なこじ付けでかえってうそ臭くなってしまっていたと思います。

>まさとさん
酷評ですか?う~ん。
基本的にせっかくお金を払うんだから、ポジティブに観ようと思ってます。
ダメ映画でもたいていどこかに良い部分があるものだし、金返せ!って思うほどの映画はめったに無いですねえ・・・ああ、一年前の9月頃にかなりボロクソ言ってるのが一本ありましたけど・・・。
よろしかったら、読んでみてください。
2007/11/27(火) 00:50:30 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
何故23にこじつけるのか、てのは23エニグマが元になってると思うんだけど
それを前提として観た私も評価はイマイチかな
2007/11/27(火) 23:58:15 | URL | taka #-[ 編集]
こんばんは。そういえば、上でおっしゃっている方もいるように、ノラネコさんには珍しい酷評だったのですね。
枚挙的帰納法というのは、そこに理論的でない証拠が数多く見受けられれば見受けられるほど、何も証明しない、
ということを証明していたように思います。
2007/11/28(水) 00:10:57 | URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 編集]
こんばんは
>takaさん
23エニグマっていうのは神秘学の本なんかでよく目にしますが、正直なところそれに説得力を感じた事は無いんですよね。
この映画は何か新しい見方を見せてくれるのかと思いましたが、相変わらずこじつけにしか思えず、期待はずれでした。

>とらねこさん
確かにつまんね~なと思った映画は久々かもしれません。
23のこじつけも白けましたが、何よりも途中でオチが読めちゃうのがミステリとしては致命的でした。
2007/11/28(水) 00:35:32 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【THE NUMBER 23】R-152007/11/23年公開(11/23鑑賞)この世はすべて“23”に支配されている。
2007/11/23(金) 23:43:47 | 映画鑑賞★日記・・・
{/round_o/}天地創造   紀元前4004年10月23日 {/round_o/}ジュリアス・シーザー暗殺時の刺し傷23ヶ所 {/round_o/}テンプル騎士団に存在した23人の総長 {/round_o/}ラテン語の構成文字数23 {/round_o/}人間の性を決定付ける、第23番遺伝子 {/round_o/}T
2007/11/23(金) 23:51:24 | 我想一個人映画美的女人blog
『ナンバー23』 それは一冊の本からはじまった。 天地創造――紀元前4004年10月23日ジュリアス・シーザー暗殺時の刺し傷23ヶ所テンプル騎士団に存在した23人の早朝ラテン語の構成文字数23人間の性を決定付ける、第23番目遺伝子 
2007/11/24(土) 05:53:05 | 唐揚げ大好き!
公開されるかどうか不安に思っていたのは2007年4月21日。そこから待つこと216日目の2007年11月23日に公開された『ナンバー23』。216は6の3乗で6は2と3をかけたもの。2と3の呪い恐るべしっ!!
2007/11/24(土) 13:21:08 | エミの気紛れ日記
→→→ 凡人が達人になる!? 英語マスターパーフェクトマニュアルとは ナンバー23・・・・・評価額900円映画の中ではウォルターの身近な事例から始まって、果ては天地創造の日やマヤ暦の終末予言の日が23日とか、23とい
2007/11/24(土) 17:55:54 | 新作DVDセレクション
 『それは一冊の本からはじまった』 コチラの「ナンバー23」は、ジム・キャリーが数字に執着する男をシリアスに熱演するR-15指定のスリラーで、奇しくもって言うかきっと狙ってでしょうけど、11/23に公開となったのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪ 本国アメリ...
2007/11/24(土) 20:26:34 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
見終わった後に「このオチだった映画は これで23作目?(^^:」という会話で楽しんだこの作品、、ジョエル・シューマカーがメガホンをとった23作目の作品ならしい。
2007/11/24(土) 22:18:20 | コブタの視線
 アメリカ サスペンス&ミステリー 監督:ジョエル・シューマカー 出演:ジム・キャリー     ヴァージニア・マドセン     ローガン・ラーマン     ダニー・ヒューストン【物語】 動物管理局に勤める平凡な男、ウォルター・スパロウ。誕生....
2007/11/25(日) 00:59:58 | 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
エっ今までジム・キャリーが、シリアスな演技のもので、ここまでつまらないのってあったっけ~?99分と短い尺なのに、こんなに長く感じるなんて~。ジム・キャリーだから期待した、ってのもあったのに・・・本当残念。
2007/11/25(日) 04:17:39 | レザボアCATs
動物捕獲員のウォルターは、誕生日に『ナンバー23』という小説をプレゼントされる。23という数字に翻弄されるその物語の主人公の人生が自分と酷似している事に気付いたウォルターは、自分の周りにもその数字が溢れている事に気付く。そして小説を読み進めていくうちに..
2007/11/25(日) 07:33:05 | 5125年映画の旅
「ナンバー23」の試写会に行って来ました。主演は、コメディのイメージが強いジム・キャリーです。
2007/11/25(日) 14:11:08 | アートの片隅で
監督:ジョエル・シューマカー CAST:ジム・キャリー、ヴァージニア・マドセン 他動物管理局のウォルター(ジム・キャリー)は、自分の誕生日の2月3日、犬捕獲作業中に...
2007/11/25(日) 14:24:42 | Sweet*Days**
 制作年:2007年 制作国:アメリカ 上映メディア:劇場公開 上映時間:108分 原題:THE NUMBER 23  配給:角川エンターテイメント 監督:ジョエル・シューマカー 主演:ジム・キャリー     ヴァージニア・マドセン     ローガン・バーマン     ダニ
2007/11/25(日) 20:51:41 | La.La.La
”ナンバー23”を観た。 うーん、微妙。 23という数字に取り憑かれた男の話。ちょっとこじつけが過ぎる気がしたけど。 とてもまじめな映画。犯してしまった罪とその償い。運命(と自分が信じ込んでしまっているもの)から逃れ新しい自分へ。そして最後まで主人公を信じ
2007/11/26(月) 00:07:37 | 映画趣味
”ナンバー23”を観た。 うーん、微妙。 23という数字に取り憑かれた男の話。ちょっとこじつけが過ぎる気がしたけど。 とてもまじめな映画。犯してしまった罪とその償い。運命(と自分が信じ込んでしまっているもの)から逃れ新しい自分へ。そして最後まで主人公を信じ
2007/11/26(月) 00:07:57 | 映画趣味
公開日 2007/11/23監督:ジョエル・シューマッカー 「オペラ座の怪人」出演:ジム・キャリー/ヴァージニア・マドセン/ローガン・ラーマン/ダニー・ヒューストン 他【あらすじ】動物管理局に勤めるウォルターは、美しい妻と快活な息子に囲まれ、平穏な日々を送っていた...
2007/11/26(月) 10:57:40 | Good job M
 ジョエル・シューマッカー監督、ジム・キャリー主演、『ナンバー23』、11/25、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13にて鑑賞。47本目。 久しぶりに映画館で映画を観ていて途中で退席しようかと思った。 狂人の戯言にはついていけない。 ジム・キャリー扮す
2007/11/26(月) 23:48:05 | この世界の憂鬱と気紛れ
“23”は祝福か、呪いか・・・全世界を震撼させたサスペンス・ミステリー!主人公ウォルターが導かれるように手にした一冊の本。その物語は、背筋のぞっとするような殺人ミステリーだった。自らの生い立ちに酷似した内容と、まるで何かを暗示するように度々挿入される...
2007/11/27(火) 00:52:20 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
原題:The Number 23なぜかゼッケン「34」を思い出した、フライング・テキサンと呼ばれたロードレーサーのケビン・シュワンツが世界チャンピオンになるまで愛用したナンバー・・・ 本日の業務は終了しました、という1分前にイジワルなことに仕事を振られてしまう。やむ
2007/12/02(日) 12:49:24 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
『エターナル・サンシャイン』の時にも感じたけれど、ジム・キャリーってキレイな顔してるよねー。『マスク』の印象が強すぎて、そういうイメージが全くないんだけど…。さてさて、本作。前半は現実と本の世界が交互に出てくるだけで、ちょっと退屈。眠気すら襲って...
2007/12/06(木) 06:01:14 | honu☆のつぶやき ~映画に恋して~
「ナンバー23」の試写会に行って来ました。主演は、コメディのイメージが強いジム・キャリーです。
2007/12/06(木) 18:59:00 | アートの片隅で
監督:ジョエル・シューマッカー 出演:ジム・キャリー、ヴァージニア・マドセン、ローガン・ラーマン、ダニー・ヒューストン、ローナ・ミトラ、リン・コリンズ 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) 結構素直に映画にのめりこんでいたからだろうか、あ...
2007/12/09(日) 00:09:34 | デコ親父はいつも減量中
監督:ジョエル・シューマッカー 出演:ジム・キャリー、ヴァージニア・マドセン、ローガン・ラーマン、ダニー・ヒューストン、ローナ・ミトラ、リン・コリンズ 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) 結構素直に映画にのめりこんでいたからだろうか、あ...
2007/12/09(日) 00:09:37 | デコ親父はいつも減量中
妄想というのはなかなか楽しいもので、友人と妄想話で盛り上がるときは爆笑しちゃうのですが、こういった被害妄想はつらそうです。 物語の最初にネッドという犬に噛まれるシーンがあり、私の頭の中では「狂犬病では?狂犬病では・・・?狂犬病は大丈夫なのぅ?」と心配...
2007/12/09(日) 23:29:29 | まぁず、なにやってんだか
\"THENUMBER23\"監督・・・ジョエル・シューマカー出演:ジム・キャリーウォルター・スパロウ/フィンガリングヴァージニア・マドセンアガサ・スパロウ/ファブリツィアローガン・ラーマンロビン・スパロウダニー・ヒューストンアイザック・フレンチ/マイルズ・フェニッ?...
2008/01/14(月) 21:28:34 | MY HIDEOUT~私の隠れ家~
 一応観た映画は劇場でもDVDでもすべて記事にしようと考えている私です。でも劇場
2008/04/09(水) 17:38:56 | eclipse的な独り言
コメディ俳優ジム・キャリーがシリアスなスリラーに挑戦した作品。 過去にもコメディからの脱却を目指してか、「マン・オン・ザ・ムーン」、「マジェスティック」といったコメディ外作品にも主演している彼だけれど、今回はサスペンス・スリラー。 新しい挑戦ではあるか...
2008/06/19(木) 10:14:20 | cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー
ジム・キャリーが好きではないのです。 あの過剰な演技がどうも。。。( ^ _ ^; でも私の名前は23にゆかりがあるのです。 一応見ておかなければ。 DVDで鑑賞。 動物管理局に勤めるウォルターは 野良犬を捕まえようとして腕を噛まれ その犬は墓地に逃げてし?...
2008/11/09(日) 00:52:53 | 映画、言いたい放題!
The Number 23 2007年:アメリカ 監督:ジョエル・シューマカー 出演:ジム・キャリー 、バージニア・マドセン、ダニー・ヒューストン、ローナ・ミトラ、リン・コリンズ、ローガン・ラーマン 動物管理局に勤めるウォルターは、誕生日に妻から「ナンバー23」という1?...
2009/01/06(火) 13:49:44 | mama