酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
大いなる陰謀・・・・・評価額1350円
2008年04月22日 (火) | 編集 |
今年はアメリカ大統領選が行われる年。
言い換えれば二期八年のブッシュ政権の総決算がされる年でもある。
ロバート・レッドフォード監督「大いなる陰謀」は、ブッシュ政権の負の遺産とも言うべき対テロ戦争を題材に、三つの物語を重層的に絡ませることによって、アメリカが今直面する本当の危機を浮き上がらせようとした意欲作である。

ワシントンDC、午前10時。
権力への野望を抱くアーヴィング上院議員(トム・クルーズ)は、ベテラン記者のロス(メリル・ストリーブ)に、アフガニスタンでの対テロ戦争の戦況を劇的に転換させる、新戦略について熱弁をふるっていた。
ロスは、アーヴィングの言葉の裏に不穏な臭いを感じ取り、彼の言葉に隠された真実を読み取ろうとしていた。
同じ頃、アフガニスタンの山岳地帯では、アーヴィングの仕掛けた作戦によって二人の若い兵士アーネスト(マイケル・ベーニャ)とフィンチ(デレク・ルーク)が危機に陥っていた。
そしてロスの大学では、苦渋の思いで二人の教え子を戦場へ送り出した大学教授(ロバート・レッドフォード)が、目標を見失った一人の学生を呼び出して信念を語ろうとしていた・・・


特異な映画である。
アフガニスタンでの戦争に纏わる三つの物語が、ほぼ実際の上映時間と同じ1時間35分の時間軸の中にリアルタイムで描かれ、明確な結論に向かう物語構造は持たない。
「踊る大捜査線」風に言えば事件は会議室、あるいは現場で起きている。
「会議室」がワシントン、「現場」がアフガニスタン、そしてそこで起こっている戦争という事件の意味を、ベトナム帰還兵のレッドフォード教授のいるロスの大学での会話が一歩引いた視点で考えさせる。
そう、これはレッドフォード教授のポリティカルサイエンス講座であり、観客は受講生だ。
ワシントンとアフガニスタンの物語が浮かび上がらせる対テロ戦争の本質を考え、「君はどうすべきなのか?」と問いかける。
映画は、教授との会話で深い葛藤を抱えた学生の、苦悩する表情のアップで終わるが、この表情こそ、レッドフォードが観客に期待した物だろう。

この映画は、明らかに民主党よりのリベラル派の視点を感じるが、同時に断定的なプロパガンダになることは慎重に避けている。
民主党大統領候補の予備選の争点の一つにもなっていたが、開戦当時にイラク戦争へ賛同したリベラル派の責任、政府と共に若者を戦場へ送るキャンペーンを張りながら、その事を忘れた様にブッシュバッシングに転じたジャーナリスト達といった事実もフォローされている。
見るからに権力欲に溺れたネオコン然としたアーヴィングの主張にも、一定の正論はあるし、観客という学生たちがレッドフォード教授からの課題を考えるのには、比較的公平な材料がそろっていると言えるだろう。
もっとも最終的には、アメリカの現状に対して大いなる憂いを感じさせる作品であることは間違いなく、その意味でこの作品は明確な政治映画であることは一目瞭然なのだが。

この映画を通して、観客にアメリカの行く末を自分自身の生き方の問題として捉えさせると言う作品の意図は判る。
しかし、それが映画として上手く機能しているかというと、正直なところ疑問だ。
ワシントンの政治家とジャーナリスト、アフガニスタンの兵士、そしてそこからテーマを浮かび上がらせるためのロスの大学教授と生徒。
作品のロジックが余りにも型にはまりすぎていて、言いたいことは良くわかるが心に響いてこない。
まるで本当に、大学でポリティカルサイエンスの講座を受講している様な気分になってしまうのだ。
力のある作家は、言いたいテーマが明確にあればあるほど、凝ったロジックで訴えたくなって、結果作品が妙に説教臭くなってしまう
それをいかに映画的に語るかが作品の成否の鍵なのだが、レッドフォードはあれほど詩情あふれる作品を作っている人なのに、この作品に関していえば、ロジックの魔力から逃れられていない。
まあこのテーマは、作り手からしてそれだけ考え込んでしまう題材なのかもしれないが、日々伝えられる世界の現実はこの映画で語られるよりもずっと広く複雑で、映画そのものが箱庭的に見えてしまうのは作品のあり方として余り幸福とは言えまい。

この映画は、本国では大コケ。
その理由は明確で、わざわざ政治的な映画を観に映画館へ足を運ぶ層は、この映画に描かれているテーマはとっくに自分の中で考えているからだ。
またそうでない人々を惹きつけるには、映画のスタイルがあまりにも硬すぎる。
政治に無関心な人は、あからさまな政治映画など最初から観に行かないのである。
本国でもそんな感じだから、正直なところ日本人にとって内容との距離感は更に遠い。
まあ大物スターがそろっての熱演は見ものだし、語り口は丁寧でよく考えられているので決して飽きることは無いと思う。
アメリカ人の政治的なメンタリティに興味がある人なら、観て損は無いだろう。

原題は「Lions for Lambs」で、これは劇中の説明によれば、第一次大戦中にイギリス軍兵士の勇敢さと、指揮官の無能さを見たドイツの将軍が「この様な愚鈍な羊たちに率いられた、勇敢なライオンを私は見たたことが無い」と皮肉たっぷりに語ったことから取られているという。
で、今回はライオンならぬマーライオンの国から(笑)、「シンガポール・スリング」をチョイス。
ドライ・ジン45ml、レモンジュース20ml、砂糖1tsをシェイク、氷を入れたタンブラーに注ぎ、ソーダでわってステアする。
そこにチェリー・ブランデー15mlを加えて、お好みでチェリーやパインといったフルーツを添えて完成。
ミスマッチの様だが、余りにも生真面目な映画の後に生真面目な酒は辛い。
このくらい華やかな酒で、気分をほぐしたい。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね
人気ブログ検索 <br />- ブログフリーク
こちらもクリック!

も一回お願い!


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
無関心
「政治に無関心な人は、あからさまな政治映画など最初から観に行かないのである」に同意。
やっぱり惹きつけるためのストーリーが欲しいところです。
邦題からすると、そこまで考えてサスペンスのように思わせたかったのでしょうかね~
2008/04/22(火) 23:27:35 | URL | kossy #YaTS71PM[ 編集]
こんばんは
TB&コメントありがとうございました。

この映画の本国でのこけっぷりは相当なものだったみたいですね。とはいえ、この映画がアメリカ以外で成功するとも思えませんので完全な失敗なんでしょう。
僕はこの映画、結構面白かったんですが、ノラネコさんの指摘もとてもよく解かります。もう少し万人向けに作ってくれたら僕ももっと誉めてたと思います。
2008/04/22(火) 23:45:04 | URL | えめきん #-[ 編集]
こんばんは
>kossyさん
そうなんですよ。
政治的なメッセージ映画って沢山ありますが、映画的な面白さを出しすぎると単なる娯楽になってしまい、この映画のように生真面目に語りすぎると説教臭くなってしまう。
なかなかバランスが難しいですが、この映画は最も観に来て欲しい層を最初から拒絶してしまってるような気がしてなりません。
邦題も微妙ですね。この映画に「政治」はあっても「陰謀」といえる様なものは無かった気がします。

>えめきんさん
この映画は完全にアメリカの有権者に向けたメッセージ映画ですから、日本人が観てもピンと来ない様な気がします。
もう少しロジックでなくエモーションに語りかけてくれれば印象も変わったのでしょうけど。
2008/04/22(火) 23:56:42 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
ノラネコさん☆
こんばんは~。
うーん、相変わらず鋭いご意見です。
>この映画は、本国では大コケ。
その理由は明確で、わざわざ政治的な映画を観に映画館へ足を運ぶ層は、この映画に描かれているテーマはとっくに自分の中で考えているからだ。
またそうでない人々を惹きつけるには、映画のスタイルがあまりにも硬すぎる。
というのにもかなり頷けます。
そういうことでしょうね、、、、
(って勝手に納得して今回は退散します 笑)
2008/04/23(水) 00:02:31 | URL | mig #JTxNwRAU[ 編集]
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。
『レッドフォード教授のポリティカルサイエンス講座であり、観客は受講生』-やっぱりそうですよね~
私は映画を鑑賞後、どこかから「レポートは週末までに提出のこと」なんてセリフが聞こえてくるような錯覚を抱きました(笑)

せっかくメッセージ性が強い映画なのですから、もうちょっと噛み砕いて頂いて、多くの方の心に響くような作りにしたら良かったのになぁ~って思います。
最初から最後までセリフの一つ一つまで計算し尽くされ過ぎていて遊びがなく、、、ちょっと疲れてしまいました。
2008/04/23(水) 00:11:33 | URL | 由香 #-[ 編集]
右へ倣えの後遺症?
こんにちは。

「箱庭的」。
この言葉はこの映画にピッタリですね。

ベトネム戦争の頃は
それこそ数多くの名作が生まれましたが、
一度はマスコミが右へ倣えをしてしまった今回は、
なかなか難しそう。
その中で作ろうとした意欲は買いますが…。
2008/04/23(水) 00:29:58 | URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
こんばんは
>migさん
やっぱり映画館へは人々は映画を観に来るのだと思うんですよね。
この作品は、やっぱり映画を観たという感覚が今ひとつ弱いあたりが、コケた要因かなと思います。

>由香さん
そうそう、そういえばこんな先生いたなあ・・・・と。
リポートはあと一週間待ってください!って感じでした。
しっかり考えられていて、よく出来てはいるのですけど、最後まで教科書的な硬さがとれませんでしたね。

>えいさん
しかし、当時作られた映画は変化球が多いですよね。
第一次大戦を舞台にしたトランボの「ジョニーは戦場へいった」とか。
ハリウッドがベトナムそのものを描き始めたのは戦後の「地獄の黙示録」あたりからじゃないでしょうか。
そう考えると、戦争遂行中にもかかわらず対テロ戦争をテーマとした作品が多く出てくるというのは、その出来不出来にかかわらず、大いなるトライとして評価してもいい気はします。
もっとも作り物の映画は、なかなか現在進行形の事件を描くのは難しいですね。
どうしても現実の殻の中の小さな理屈になりがちですし。
2008/04/23(水) 01:13:51 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
たびたびすみません。
あっ。言葉足らずでした。

「ベトナム戦争の頃は」ではなくて
「ベトナム後遺症を描いた映画は」でした。

ということは、
今後続々、その後遺症を描いた映画が出てきそうな予感。
あっ、でも
『さよなら。いつかわかること』も
『告発のとき』もすでにそうですね。

ぼくは『クローバーフィールド/HAKAISHA』『宇宙戦争』が
形を変えた現在進行形のイラクを描いた映画と
勝手に解釈しているのですが…。

話変わって、フリーメールに送らせていただきました。
ご検討の方、よろしくお願いします。
2008/04/23(水) 11:12:39 | URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
こんばんは
>えいさん
>ぼくは『クローバーフィールド/HAKAISHA』『宇宙戦争』が
形を変えた現在進行形のイラクを描いた映画と

あっ、そうですね。それは私もそうだと思います。
対テロ戦争は、アメリカが戦った多くの戦争の中でもその特異性は際立っていると思います。
おそらく簡単には終わりは来ないでしょうし、これからもいろいろな映画が生まれてくるでしょう。
メディアと戦争の関係も変わってきているのかもしれませんね。
メールありがとうございました。
お返事おくっておきました。

2008/04/23(水) 20:23:06 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
戦争は、「現場」では生まれない
いいレビューです。

アメリカジンは、戦争とともに育ってきたという自信とコンプレックスの両面を持つ人々ですがそれでも<自分は正しい>というところははずさないんですよね。しかし、こういう映画が生まれることが救いではあります。

ロバート本人も、戦いそのものを描くのではなく、その周りを描きたかったというでした。けし掛ける相手を捉えることは重要ですね。。「肉球ッ!」
2008/04/24(木) 07:52:51 | URL | 朱色会 #ff.uBqoo[ 編集]
こんにちは♪
アメリカ国民に対してのメッセージと受け取ったので、ちょっと蚊帳の外みたいな感じで鑑賞していました。
もちろん普遍的なものも含まれていたのですが・・・。
レッドフォードは真面目な人なのかな。
そういうのがにじんでいたように思います。
2008/04/24(木) 09:45:58 | URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
批判や議論だけじゃなく・・
ノラネコさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

監督にとってこの作品は受けや興収よりも、最後のトッドのように自分の考えを見つめなおしたり、批判や議論だけじゃなく行動を起こす人が1人でも増えてくれれば良いと思ったんじゃないでしょうかね~?(^^;)問題提起のように観客に問いかけるような作品でもありましたから、観終わった後の賛否も激しそうです・・。
あと映画としてもう少しエンタメ性も出していれば、本国での大コケも回避できたかもしれないですね(汗)
2008/04/24(木) 17:41:30 | URL | メビウス #mQop/nM.[ 編集]
的を得た評論
こんばんは。ここでのコメント読んで「そうだ!」と思いました。
アメリカ人なら、みんなこのようなことわかっていると思うし、題名だけで観にいった人はガッカリだし(エンタメ性ナシ)。
ロバートの言わんとすることはよくわかりました。でも、ブルーの瞳に往年の面影残しているけど老けた!ただ、トムの一方的な話しぶりは板についていてよかったし、メリルは相変わらず服装のセンスがいいなと思いました。
2008/04/24(木) 20:51:19 | URL | cinema_61 #9yMhI49k[ 編集]
こんばんは
>朱色会さん
政治映画は珍しくありませんが、これほどストレートなのはあんまり無いかもしれませんね。
正しくレッドフォードの選挙啓蒙映画です。
正直なところこれってアメリカ以外では殆ど意味のない作品だと思いますが、アメリカ人を理解するには良い材料かもしれません。

>ミチさん
監督デビュー作の「普通の人々」以来ずっと生真面目な映画ばかりですね。
それでも今までは詩情があったのですけど、これはそれが無くてロジックだけで終わってしまっている。
広く大衆に訴えるには弱い作品でしょうね。

>メビウスさん
そうだと思います。
映画館を出る人々が、みんなあの学生みたいに考え込んでくれるのがこの作品のゴールでしょう。
問題は、あの学生みたいな人々は、そもそもこんな固い映画には来てくれないということで(笑
ちょっと熱意が空回りしちゃった映画でした。

> cinema_61 さん
タイトルはレッドフォードの代表作の一つでもある「大統領の陰謀」を連想させようとしたのでしょうね。
私はこの映画には政治はあっても陰謀は無いと感じたので、邦題はちょっと違和感を感じました。
何れにしても日本人には殆ど伝わらない話でしょう。
対テロ戦争自体は、決して部外者ではないのですけどね。
2008/04/26(土) 00:49:12 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
私も見てきました~
ちょっと邦題にセンスないな~と思ってしまったコブタです。

この作品、題材事態は今更という内容ではあるものの、これをあえて映画で表現することは意味あるとは思いますが、ただ現状を描いただけで、そこから新しい視点を見いだせなかったことが、評価を下げているのでしょうね。
かといって、どうしようもなくなってしまっている事だけに、レッドフォード自身もこの映画を作るということくらいしか何だかの行動を示せなかったともいうべきなのしょうね。
2008/05/02(金) 17:53:12 | URL | コブタです #-[ 編集]
こんばんは
>コブタさん
邦題はサスペンスに見せたかったのでしょうね。
原題ちゃ意味がわからないですから。
レッドフォードの昔からのファンにとっては「大統領の陰謀」を思い起こさせるタイトルかも。
映画としては正に現状を認識させることを目的としていて、見た人に考えて欲しかったのでしょうけど、残念ながら対象とした人はポリティカルな映画には興味が無かったという事でしょう。
2008/05/05(月) 00:07:29 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
大学の講義
ノラネコさんこんばんわ~
なるほど、大学の講義のようですね。
「自分で考えてみよう~」はとても大切なことですが、そのような教育を受けてきたアメリカ人でさえ、こういうテーマには今や無関心、ましてや、日本人などは自分の意見を持つことすらしてこなかったので、このように難解な課題をポンと出されたら、ただひたすら戸惑ってしまうのでしょうね・・・
2008/05/12(月) 23:22:13 | URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2[ 編集]
こんばんは
>ノルウェーまだ~むさん
観客に振るのはいいのですけど、そこから考えさせるにはもっとエモーションが必要だと思うのですよね。
力作なのは認めますが、映画館の中だけで終わっちゃったような気がします。
2008/05/14(水) 00:09:57 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 『何のために立ち上がり、何のために戦い、 何のために生き、何のために死ぬのか──?』  コチラの「大いなる陰謀」は、4/18公開となったロバート・レッドフォード監督による感動と衝撃のヒューマン・ドラマ超大作?なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  主...
2008/04/22(火) 22:03:11 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
□作品オフィシャルサイト 「大いなる陰謀」□監督 ロバート・レッドフォード□脚本 マシュー・マイケル・カーナハン □キャスト ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ、マイケル・ぺーニャ、アンドリュー・ガーフィールド、デレク・ルーク?...
2008/04/22(火) 23:02:07 | 京の昼寝~♪
(原題:Lions For Lambs) ----この映画、よく聞くけど どういうお話ニャの? どうも、いま一つ分からないんだけど…。 「うん。映画自体は1時間32分くらいしかないのに、 けっこう構成が凝っているからね。 物語は、主に3つの場所で同時刻に起こる。 (1)ワシントンD.C...
2008/04/22(火) 23:09:58 | ラムの大通り
自衛隊イラク派兵が違法判決を受けたというのに映画を観ていてもいいのか?!
2008/04/22(火) 23:25:18 | ネタバレ映画館
ロバート・レッドフォード、トム・クルーズ、メリル・ストリープという大物俳優たちの主演でアメリカの対テロ政策の裏側を対話劇で描いていくというサスペンスドラマだそうです。ドラマとしてだけじゃなく名優と言われる彼らの濃厚な演技にも期待しちゃう作品です。 出...
2008/04/22(火) 23:25:26 | カノンな日々
ジャーナリストのロスは、上院議員アーヴィングに招かれ、彼に単独インタビューを行う。そこで語られたのはアフガン戦争で行われる新作戦の概要だった。同じ頃、カリフォルニア大学の一室では、不登校の学生と顧問の教師が話し合っていた。顧問の教師は、自分の教え子が軍...
2008/04/22(火) 23:31:20 | 5125年映画の旅
トムちんが、「イエスか、ノーか{/eq_1/}」と迫るシーンが予告篇で一番印象的。 『モンタナの風に抱かれて』(←つまらなかった)以来約7年振りとなる ロバート・レッドフォード監督作品。 アフガニスタンにおけるアメリカの対テロ戦争の裏側を描くといった社会派映画で...
2008/04/23(水) 00:00:09 | 我想一個人映画美的女人blog
豪華キャストだけど・・・どうかなぁ~【story】未来の大統領とも目される上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)に最新の戦略についての情報をリークする。そのころ、大学教授マレー(ロバート・レッドフォード?...
2008/04/23(水) 00:02:23 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
今日は、『大いなる陰謀』を、観てきました。 ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープという2大俳優に加えて、トム・クルーズの3人がメインの映画。 ロバート・レッドフォードとトム・クルーズは、初共演だったらしい。 あらすじは、 ベテラン記者:ジャニーン...
2008/04/23(水) 00:03:51 | Matthewの映画日記?
 これは言いたいことが絞りきれていない映画です。構成が難しかったです。(4月18
2008/04/23(水) 06:10:39 | eclipse的な独り言
  監督:ロバート・レッドフォード 出演:トム・クルーズ、メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード、マイケル・ペーニャ、デレク・ルーク 「対テロ戦争で、新たな作戦が実行された。 自分の野望のため作戦を掲げ行使した議員のアーヴィングは懇意にし?...
2008/04/23(水) 10:04:55 | 日々のつぶやき
『大いなる陰謀』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 将来の大統領候補とも目される上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)を呼び異例の1時間のインタビュー時間を作り。最新戦略の情報をリー
2008/04/23(水) 18:22:46 | 映画と秋葉原と日記
「大いなる陰謀」★★★ トム・クルーズ、メリル・ストリープ主演 ロバート・レッドフォード監督、2007年、92分 膠着状態が続く中東情勢、 アメリカ軍の死亡者は増え続けている、 ひとりの政治家が新しい作戦を ジャーナリストの独占取材中におおまかに 披露...
2008/04/23(水) 22:44:09 | soramove
映画館にて「大いなる陰謀」 ロバート・レッドフォードの7年振りの監督作品。 おはなし:上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)に最新の戦略についての情報をリークする。そのころ、大学教授マレー(ロバート?...
2008/04/24(木) 09:44:42 | ミチの雑記帳
【監督】ロバート・レッドフォード 【出演】ロバート・レッドフォード/トム・クルーズ/メリル・ストリープ/マイケル・ペーニャ/アンドリュー...
2008/04/24(木) 17:13:41 | シネマをぶった斬りっ!!
政治不信は無関心からくる僕ら自身の責任でもあるという映画。
2008/04/25(金) 12:53:37 | ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
久しぶりの原題VS邦題対決かな?
2008/04/25(金) 18:01:20 | My Favorite Things
ロバート・レッドフォードが監督&出演し、その他のキャストもメリル・ストリープ、トム・クルーズなど超豪華!!これは見るしかないということで、観に行ってきました。 <あらすじ> ベテラン・ジャーナリストのジャニーン(メリル・ストリープ)は、アーヴィング上院?...
2008/04/27(日) 11:39:00 | Yuhiの読書日記+α
褒めすぎ? なのはわかっちゃいるが、採算など度外視して政治論争に終始した内容にリベラル代表レッドフォードの意地と誇りを感じたことと、国際社会の一員としてのあり方を考えさせる内容に感銘をうけて、個人的には高評価。
2008/04/28(月) 21:04:35 | 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
「大いなる陰謀」を観てきました~♪ 大統領を目指す野心家の上院議員アーヴィング(トム・クルーズ)の事務所に、ジャーナリストのジャニーン・ロス(メリル・ストリープ)が訪れる。アーヴィングは、ジャニーンにアフガニスタンで展開される、新しい軍事作戦の内容を...
2008/04/30(水) 05:46:18 | 観たよ~ん~
人気ブログランキングの順位は? 陰謀をたくらむ1人の政治家 立ち上がる2人の青年 彼らの代償はあまりにも大きかった 人は何のために戦うのか 人は何のために死ぬのか
2008/04/30(水) 22:52:24 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズといった匆々たるキャストが、現代のアメリカを切り込んでいるというこの作...
2008/05/02(金) 17:36:10 | コブタの視線
「大いなる陰謀」観ました。本当のタイトルは「LIONS FOR LAMBS」。 観るまでは「ロバート・レッドフォード、老いぼれて世間が見えずに撮った...
2008/05/05(月) 19:05:39 | クマの巣
かなり前に公開された映画ですが、評判が余り良くなくて、どうしようか悩んでいた作品ですが、只券ゲットしたので見てきました、
2008/05/06(火) 05:14:23 | Wilderlandwandar
戦争は会議室で起きてるんじゃない! 現場で起きてるんだバータレ。 ・・・って言いたくなる映画。(わわわわわ) 大学院に行く奨学金のために志願する兵隊、 でも彼らは行動を起こすことで世界が変えられると 信じているからこそ前線へ出て行く。 それは冷めた目で傍観...
2008/05/06(火) 15:36:07 | ペパーミントの魔術師
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  自由と正義の名のもとに・・・そのとき私たちは?  
2008/05/07(水) 00:04:08 | カリスマ映画論
上映中の「大いなる陰謀」(←関連サイトです)は、ロバート・レッドフォードが監督、出演、アメリカのアフガニスタンでの対テロ対策、その裏側のドラマで、先日の「きみのためなら千回でも」に続くアフガン題材、またメリル・ストリープも出演、とのこと等で気になってい...
2008/05/14(水) 16:55:21 | 映画:AOLブログトーク
上映中の「大いなる陰謀」(←関連サイトです)は、ロバート・レッドフォードが監督、出演、アメリカのアフガニスタンでの対テロ対策、その裏側のドラマで、先日の「きみのためなら千回でも」に続くアフガン題材、またメリル・ストリープも出演、とのこと等で気になってい...
2008/05/16(金) 19:53:03 | 映画:AOLブログトーク
「大いなる陰謀」 原題 : Lions for Lambs (2007年 米 92分) 監督 : ロバート・レッドフォード 出演 : トム・クルーズ、メリ...
2008/06/04(水) 08:16:52 | M\'s daily life
洋画を日本国内で配給(公開)する際においては、配給当事者が当該映画の持つ”原題”をおおよそ日本語に変更するか、原題をそのままカタカナで通すか(EX:『ダイハード』シリーズ他)がある。前者の場合”原題”を意訳したり、あるいはシナリオ内容や作品テーマ等を抽...
2008/08/24(日) 11:41:59 | 時評親爺
ロバート・レッドフォードが7年振りにメガホンをとり、レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズとオールスターキャストが勢ぞろいし、アメリカの対テロ政策の裏を描く感動的な群像ドラマ。政治家とジャーナリストの間で繰り広げられるサスペンスフルな展開に?...
2008/11/07(金) 02:59:40 | サーカスな日々
トム・クルーズ 、 メリル・ストリープ 、 ロバート・レッドフォード この顔ぶれでタイトルに「陰謀」とつけば なんか気になりますよね。 DVDで鑑賞。 ベテラン・ジャーナリストのジャニーン・ロスは、 未来の大統領候補と目されるジャスパー・アーヴィング上院議...
2009/01/21(水) 08:32:25 | 映画、言いたい放題!
『大いなる陰謀』を観ましたロバート・レッドフォードが7年振りにメガホンをとり、レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズとオールスターキャストが勢ぞろいし、アメリカの対テロ政策の裏を描く感動的な群像ドラマです>>『大いなる陰謀』関連原題: LIONSFO...
2009/03/20(金) 22:55:20 | おきらく楽天 映画生活
あらすじベテラン・ジャーナリスト、ジャニーン・ロスは未来の大統領候補と目されるジャスパー・アーヴィング上院議員の独占インタビューに赴き、対テロ戦争の新作戦について知らされる。同じ時刻、カリフォルニア大学の教授マレーは優秀であるのに勉学に身が入らない学生...
2009/04/10(金) 08:29:03 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
戦争を出世のために使う政治家。彼のある計画についてインタビューを取ったジャーナリストの立場。世の中に無関心な学生に、戦争に行った2...
2009/04/25(土) 23:30:00 | 或る日の出来事