酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ミスト・・・・・評価額1800円
2008年05月14日 (水) | 編集 |
打率10割!
稀代のベストセラー作家、スティーブン・キングの小説は極めて映像的で人気があるにも関わらず、実際の映画化が非常に難しい事でも知られている。
今まで数多の映画作家たちがキングの原作にトライし、幾つかは名作となったが、それよりも遥かに多い数の作品が箸にも棒にもかからない駄作として消えていった。
ところがそんなキングの原作を、今のところ100%の確率で傑作に仕立て上げているのがフランク・ダラボン監督である。
映画史に残る名作となった「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」に続いて、ダラボンが選んだのは、1980年に発表された中篇「霧」を原作とする「ミスト」
前二作の感動路線とは異なり、極めてホラー色の強い作品だが、ダラボンはこの作品をとてつもなく恐ろしく、同時に深いテーマ性を持つ作品として見事に仕上げた。
今のところ全打席ホームラン
原作者と映画監督のコンビネーションとしては、もしかしたら史上最強かもしれない。

メイン州の田舎町を史上最大の嵐が襲った次の日。
映画のポスター画家のデイヴィッド(トーマス・ジェーン)は、息子ビリー(ネイサン・ギャンブル)と隣人の弁護士ノートン(アンドレ・ブラウアー)を連れて町のスーパーマーケットに買い物に出掛ける。
ところが停電のマーケットで買い物をしているうちに、町は正体不明の濃い霧に覆われてしまう。
町中に鳴り響く警報のサイレン。
すると、一人の男が血を流しながら、マーケットに駆け込んでくる。
霧の中に恐ろしい何かがいる!と叫びながら・・・・


キングとダラボンのコンビ作に共通するのは、極めて宗教的な世界観である。
「ショーシャンクの空に」も「グリーンマイル」も、原作よりも映画の方がキリスト教的な価値観が前面に出ていたし、特に「グリーンマイル」においては信仰そのものをどう捉えるかが重要なテーマの一つになっていた。
「ミスト」はモンスターホラーの範疇に入る作品だと思うが、ダラボンは物語に二本の背骨を通す事によって、観客を心底怖がらせつつ、同時にキリスト教社会の精神世界を本質的に描き出すという離れ業をやってのけている。

背骨の一つは、霧の中から襲ってくる正体不明の怪物たちと対決する、サバイバルホラーとしての物語。
もう一つは、密室状態となったスーパーマーケットに閉じ込められた人々の、心理サスペンスである。
極限状態の中で、全ては神の思し召しだという狂信的な女性、ミセス・カーモディによって徐々に束ねられてゆく恐怖に支配され自我を失った人々と、あくまでも理性に従おうとする人々の間で起こる葛藤の物語だ。
ミセス・カーモディを演じるオスカー女優、マーシャ・ゲイ・ハーデンが圧巻で、キングの映画に登場した数多の狂信系キャラクターの中でも特に怖い。
怪物が人間たちに恐怖をもたらし、恐怖に駆られた人間たちは信仰に逃げ、やがてそれは狂信となって、残った人間たちに更なる恐怖となって襲い掛かる。
怪物も怖いし、人の心は更に怖く、肉体的な恐怖と心理的な恐怖が折り重なって襲ってくるのだから、これは超絶に怖い

実は怪物と人間の心理ドラマという二つの要素が絡み合う映画というのは、B級ホラーに最も多く、最も失敗しやすい作劇でもある。
怪物の方に力が入りすぎては人間ドラマがとって付けた様な印象になってしまうし、逆に人間ドラマばっかりになって肝心の怪物の方が忘れられてしまっている様な映画も多い。
この映画は、二つの要素のバランスが絶妙で、サスペンスの盛り上げとテーマ性の追求という二つの点での相乗効果を生み出している。

しかし映像化されて始めて判ったが、「ミスト」の世界は楳図かずおの「漂流教室」に似ている。
霧の中から襲ってくる悪夢が実体化した様な怪物たちとの攻防戦は、未来世界に飛ばされた小学校での怪物たちとの戦いにそっくりだし、突然極限状態に置かれた人々の群像劇という点も共通している。
まあ実際にはラブクラフトあたりの影響が強そうではあるが、「漂流教室」もこんな具合に映画化してくれたらよかったのに、とか関係ない事を思ってしまった。
実はこの映画、原作とオチが異なり、本国公開時には賛否両論が渦巻いたという。
その事を聞いていたので、私も本棚の奥から昔買った原作を引っ張り出して、読み返してから映画を観たのだけど、途中でもしかしたら「漂流教室」的な世界観を最後に持って来るのかと思った。
原作では「あちら」が「こちら」に来ている訳だけど、映画では「こちら」が「あちら」に行っているというオチなのかと思った訳だ。
結果的にその読みははずれた訳だが、映画のオチはキングが「先に思いついていたら自分が小説で使った」というくらいだから、なるほどと思わされる見事なエンディング。
何よりもテーマ性がこれ以上無いくらいクッキリと浮かび上がったという点で、原作を遥かに超えていると言って良いだろう。

たぶん、本来スティーブン・キングもフランク・ダラボンも信心深い人なんだろうと思う。
この映画では狂信者にも不信心者にも、等しく罰が下される。
そして結局、最も根源的な感情(つまりは神の創りたもうた人間性)に従った者だけが救われているのだ。
主人公たちの拘る理性もまた、客観視できなければ狂信的な信仰と同じくらい自己中心的な思い込みである事を冷徹な現象として見せ付ける。
人が神を語るのも許されないが、同時に本来神がすべき裁きを行った人もまた許される存在ではないのである。
モンスターホラーを観に行って、キリスト教社会の精神世界について深く考えさせられるとは、タラボン恐るべし。
後味が良いか悪いかは別として、映画としてはまごうことなき傑作であり、必見と言って良いと思う。

今回は、「霧」の名を持つワイン、南仏のJFリュルトンから「フュメ・ブランシュ ソーヴィニョン・ブラン」をチョイス。
フルーティで辛口。
比較的さっぱりとして軽く飲める。
お値段もリーズナブルだが、その割には満足させてくれるだろう。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
おおお 1800円!
これ、観たあと誰かととても語り合いたくなる映画ですよね!!
私もコチラみて、世界に引きずり込まれてそのまま 暫くでてこれませんでした!圧巻だったとしか言いようがありません。

何かが起こりそうなプロローグから、霧が発生してだんだん恐怖と狂気が膨らんできて、、あのラスト、、すべてにおいて凄まじかったです。
また、それが単に人を脅かすだけの為ではなく、全ての要素に意味があって深いから、よけいに恐いんですよね。

フランク・ダラボン監督で、こういう作品でこういうラストをもってくるとは、、ただ溜め息です
2008/05/14(水) 22:18:10 | URL | コブタです #-[ 編集]
こんばんは
>コブタさん
まさかこう来るとは思ってもみなかったです。
霧の中からヘヴィーなパンチを喰らったようで、しばらく後を引きました。
確かに誰かと語りたくなりますが、一緒に観に行く人は選んだ方がいい映画ですね。
デートなんかで観に行ったらもう・・・(笑
2008/05/14(水) 23:02:10 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
漂流教室
母親の愛にあふれた「漂流教室」が、USA版では父親の愛が!
用務員のおじさんは、最初こっち側の人間やったのに、「ハレルヤ!」の叫びと共にコロっと寝返ったウィリアム・サドラーでしょうか。
おっしゃる通り、思い起こせばいろいろ似てるとこがでてきますね~。
2008/05/14(水) 23:10:22 | URL | aq99 #12DlXNIA[ 編集]
クリーチャーの造型が…
こんばんは。

ぼくは、正直言うと
人間ドラマ部分よりも、
モンスター・ホラーとしての部分に強く反応しました。
あのクリーチャーが、スーパー内に侵入してきたときには、
もう息が止まるかと…。
その醜悪な造型も、悪夢でした。
2008/05/14(水) 23:29:00 | URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
ノラネコさん☆

こんばんは

これはラストにもヤラレちゃいましたね、観てる最中もすごく面白かったので、
どんなラストで終るのか考えてたけど、
まさかこんな皮肉な結果で終るとは、、、。
主要キャストだけ助かっちゃう安易な展開じゃなく
悲劇。
映画としてすごく面白かったです。
しかし、キングが「思いついてたら映画に使った」と言うなんて面白いですねー^^
2008/05/14(水) 23:31:38 | URL | mig #JTxNwRAU[ 編集]
こんにちは
TB&コメントありがとうございました。

世界崩壊の前に人々が絶望する映画はいくつもありますが、その中でここまで人間の恐怖心理を見事に描いた作品は無かったように思います。理性を保とうとする人々と理性を捨てて見えない希望にすがりつく人々との対立は本当に恐ろしかったです。
2008/05/15(木) 07:10:49 | URL | えめきん #-[ 編集]
こんにちは!
私も原作を読みましたが、原作の曖昧なラストよりも映画のラストの方が断然キングっぽいなぁ~と思いました。
ですから、あのラストは救いが無さ過ぎて好きではないのですが、「このラストの方が絶対にしっくりくる」という妙な感覚を抱きました。
監督さんは物語を熟考したんでしょうね~素晴らしいです。
映画の好き嫌いとは別に、映画化としては成功かな・・・と思いました。
2008/05/15(木) 11:38:00 | URL | 由香 #-[ 編集]
こんにちは♪

普段だったら、あの狂信女は周りから
はバカにされている存在なんでしょうが、
彼女がああ言った状況下で神の名を騙り
人心を惑わし掌握する強烈な存在に変貌
するあたりや、それに感応してしまうジ
ムをはじめとする連中の描かれ方が霧や
怪物以上に怖かったです。
キングの作品って神の存在云々を語る作
品を多々見受けられますよね。
ボクも同様に傑作だと思えました♪ (゚▽゚)v
2008/05/15(木) 11:50:19 | URL | 風情♪ #s8w929I6[ 編集]
真骨頂
ノラネコさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

キング作品は『グリーンマイル』みたいな感動作品も良いですけど、ホラー系の作品の方がやはり真骨頂を発揮するのでしょうか?本作を観てそう思っちゃいました。

それにキングもダラボンの手腕を信じていたからこそ、重要なラストの部分を変えてもよかったと判断したんじゃないでしょうか?
『信頼』が無ければ、この傑作は生まれなかったでしょうね~。
2008/05/15(木) 14:22:56 | URL | メビウス #mQop/nM.[ 編集]
まさかこれが1800円
今日は男1000円の日で、「最高の人生の見つけ方」か「ハンティングパーティ」にしようと思っていたのですが、急きょこれに変えます。
見逃すところでした。ありがとうございます。(とはいっても、記事のほうはまるきり見ていませんが)
2008/05/15(木) 18:59:06 | URL | KUMA0504 #12mVp.tA[ 編集]
こんばんは
>aq99さん
「漂流教室」は原作大好きなんですけど、映画は別の意味で衝撃的な作品でした・・・
この映画を観て、「そうそうこれが私の観たかった漂流教室だよ」と思わず膝を打ってしまった次第です。

>えいさん
モンスターホラーとしてもそうとう怖いですね。
イメージ的にはラブクラフトを連想させるんですけど、クローバーフィールドの怪獣にも似てる。
もしかしたら同じデザインクルーかと思いましたが、クレジットを読み損なってしまいました。

>migさん
原作の曖昧なラストよりも、数段作り手の意図がクリアになりましたね。
後味が良い悪いは別として、これほど感情を揺さぶられるラストシーンは久々に観た気がします。

>えめきんさん
あのスーパーマーケットはまさに社会の縮図でしたね。
たったあれだけの空間で終末を描いてしまうのですから、大した物です。
地味ながら演技派を集めたキャストも良かったですね。

>由香さん
私も原作を読み返して観に行きましたが、これは完全に原作を超えていたと思います。
今回あとがきを読んで知ったのですが、原作にもラストが2バージョンあるみたいですね。
私が持ってるのは86年発行の本なのですが、最初に出版されたバージョンは微妙に違うようです。

>風情さん
あのおばさんは、キャリーのお母さんを思い出しました。
キングの物語では狂信者は必ずといっていいほど罰をうけるんですけど、単純にそれを悪として片付けないところがさすがですね。
この作品はキングのホラー映画の中でも最高傑作かもしれません。

>メビウスさん
同じ原作者で別のカテゴリーを手がけて、一本もハズレが無いというのは凄い事ですね。
キングの小説にはまだまだ映画化されてない作品がいっぱいあるので、今後どんな作品を作ってくれるのか期待しちゃいますね。

>KUMA0504さん
1800円以上のインパクトがありました。
しかしかなり特異な作品で、万人にお勧めできる映画ではありません。
ご覧になって記事をアップされたらまた読ませてください。
2008/05/16(金) 00:26:39 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
満足の作品でした
こんにちは、
僕が受けたメッセージは、「宗教」対「人間」対「宿命」でした。
今度日本に帰ったら、真っ先に本屋で原作を買います。
2008/05/16(金) 04:39:09 | URL | かめ #B5bH0cjo[ 編集]
キャリー≪本作
ノラネコさん、こんにちは。

ノラネコさんの中ではまたもホームランだったんですね。
スワロはスクイズが決まったときのような気分(笑)

それほどこの作品は素晴らしかったと思います。
キング作品の中で最も良いかも・・・
こんなに深いテーマと皮肉のこもった作品ってなかなか出会えません。
『キャリー』も『シャイニング』も好きだけどこれは遥かに上だわ。
もっともこの二つは映画としては決して傑作ではないのだけれども。
ラストの締め方は本当に秀逸だったと思います。
絶望だけが漂っていましたが、すっきりしないという印象は皆無でした。
本当に良くできていたと思います。
2008/05/16(金) 08:59:20 | URL | swallow tail #-[ 編集]
こんばんは
>かめさん
原作も面白いですけど、映画はそれを超えていました。
見事な作品だったと思います。
ぜひ原作も読んで比較してみてください。

>スワロさん
キングのホラー映画の重要な調味料だった宗教性というのを前面に出してきたのがミソですね。
それでいてモンスターホラーとのバランスが絶妙で、怪物も人間もどっちも怖くて、両方合わさったらもっと怖いという所にもってきてるのが流石です。
フランク・ダラボン、今後もキング物を手がけて欲しいですね。
2008/05/16(金) 23:25:48 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんばんわ
満額・・・納得の1800円でございます。

私はね、無神論者なので。
この物語に宗教的なものだけ特化して捉えることにすごく
抵抗感があったんですが・・・でも、あのラストを観る限り、
やっぱり宗教的な側面を捉えずにはいられないなと
感じました。

キング原作映画は、ダラボンの専売特許にすべきだわー!!
2008/05/18(日) 21:46:25 | URL | 睦月 #-[ 編集]
こんばんは
>睦月さん
物語そのもの必ずしも宗教性だけに限らないとは思うのです。恐怖に支配された大衆心理というのは、ナチズムなんかにも通じますしね。
しかし終わってみると、やはり作り手の精神構造のベースの部分に、信仰というものがあるのだというのは強く感じました。
ダラボンの脚本家としての次回作は、あの「華氏451」だそうで、彼がブラッドベリ&トリュフォーの世界にどう挑むのか、これはこれで興味が尽きないです。
2008/05/18(日) 23:36:46 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
驚愕のラスト!
こんにちは、TBさせてもらいます。
まさに驚愕のラストでした。
巨大昆虫との戦いの場面は、「エイリアン」に近いものがありましたが、まぁ、とにかく驚くほど気持ちが悪く、かなりスプラッタで生々しい。
特に、体内の皮膚の内側に小さい蜘蛛がみっしりと入り込み、皮膚の表面がぶくぶく膨れ・・もこもこ動きまわっている映像が鳥肌ものでした(驚)
それに、もう~このラストは耐えられないですね。
こんな終わり方確かに初めてです。
主人公のデイビットの気持ちを考えると、これこそまさに頭がおかしくなりそうです!
怒り、悲しみ、後悔・・どこに向けていいのかわからない、このラストこそが一番の極限心理状態ではないでしょうか!
2008/05/19(月) 11:53:17 | URL | パピのママ #B6JN6yYQ[ 編集]
こんばんは
>パピのママさん
虫嫌いの人には地獄の様な映画でしょうね。
主人公の気持ちとしては、どんどんと追い詰められていって、最後の最後に究極の瞬間がやってくるんですよね。
テンションのピークでいきなり断ち切られるようなこのオチは、良くぞ思いついたとしか言いようがないですね。
オチがなくても良く出来たモンスターホラー&心理ホラーでしたが、このオチによって映画史に残りました。
2008/05/20(火) 23:45:31 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんばんは
>「漂流教室」

はわたしも好きなマンガのひとつです
思い返してみると、あのマンガでも一番怖かったのはエゴにかられた大人たちでしたしね・・・

キング&ダラボンは「神の存在」については信じていると思うのですけど、「神の愛」については果たしてどうなんでしょう?
最初出て行った女性を助けなかった時点で、スーパーの客は全員断罪の対象となったということなのでしょうか。それはあまりにも非情すぎるような・・・
アブラハムの話が作中で出てきましたけど、あの話とまさに正反対のラストに、ただただため息が出るばかりでした
2008/06/01(日) 21:07:42 | URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg[ 編集]
こんばんは
>SGA屋伍一さん
どうなんでしょうね。
これは私のイメージなんですけど、神というものが存在したとしても、そこには愛の様な感情は存在しないんじゃないかなあと思うんですけど。
そこにあるのは意思だけであって、神の意思というものは彼らも信じている気がします。
2008/06/07(土) 20:46:21 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんばんは
高評価ですね!納得です。
ラストは好きではありませんが,ある意味「見事」だし,
確かにこちらの方が,キングらしいともいえますね。
「ショーシャンク」も「グリーンマイル」も観て,
キング&ダラボンコンビの作品はいつも,
確かにキリスト教的なものを根底に感じるですが(私はクリスチャンなので余計に)
彼らは神の存在を強く意識しながらも,
神を「救い」とか「愛」とかいう風には描いてないと思いました。
どちらかというと,皮肉ってるようにも思えます。
人間を理解し,救ってくれる存在としては描いてないですね。
そこが面白いのですけど。
2008/09/19(金) 19:56:19 | URL | なな #-[ 編集]
こんばんは
>ななさん
上にも書いたのですが、私は神に感情って無いと思うんです。
救いもしないけど、別に苦しめようという意図も無い。
ただ、存在するものじゃないのかなあと。
欧米のキリスト教徒でも、特に自由宗教主義に理解をもつ人にはそういう考え方の人が多いように思います。
この映画の作者も、神そのものよりは神を解釈する人間を観察するような、皮肉っぽい目線ですよね。
2008/09/20(土) 00:04:00 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
ミストな気持ち・・・
ノラネコさん こんにちは、
遅ればせながらミストを拝見しました。
ラストで椅子からズリ落ちましたが・・ (笑)
途中の凶暴化した群集心理だけでも十分楽しめましたけどね。
TBさせてもらいます。
2008/11/10(月) 15:29:03 | URL | コンドウ #GAkJEmLM[ 編集]
こんばんは
>コンドウさん
原作を読んでいてもあのラストは衝撃でした。
まさかハリウッド映画であそこまで絶望的に落とすとは。
たとえ原作どおりだったとしても十分秀作でしたが、ラストによって傑作にランクアップした作品だと思います。
2008/11/11(火) 23:07:19 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
傑作でした
ノラネコさん、遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
今年もまたよろしくお願いいたします~

ずっと気になっていたのに見ていなかったこの映画を、元旦一発目のDVDで見ました。
賛否両論のウワサでしたが、わたしも傑作と思います。
やっぱり「漂流教室」ですよね!
隠しておいた食べ物を、奪って独り占めにしてしまうあたり、‘給食室のおじさん‘を思い浮かべてしまいました。
最後は神を信仰したものだけが助かる~~とは、なるほど今気が付きました。
神はなぜそんな裁きを下すのかは、やはり今でも理解できませんが。
2009/01/05(月) 17:48:14 | URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2[ 編集]
こんばんは
>ノルウェーまだ~むさん
元旦にこの恐ろしい映画を観るとはチャレンジャーですね(笑
それはさておき、昨年を代表する凄い映画でした。
日本人には「漂流教室」を思わせる部分も多かったですけど、過去に映像化されたどの「漂流教室」よりも「漂流教室」っぽかったのは皮肉でした。
ラストは色々解釈できると思うのですが、結局のところミセス・カーモディも主人公たちも、どちらも人間性よりも別の何かを信じているという点では同じなのではないでしょうか。
2009/01/06(火) 20:52:02 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
今更見ました(笑)
ホント今更見ました。


当日付き合っていた彼が友人と見に行って、
最悪だったとあらすじ教えてくれて、


へー面白くないんだ…と見る予定もありませんでしたが
<span style="background-color:#FFFF00;">ノラネコ</span>さんの評価が良かったのが気になり、借りてみました。


面白い内容でした。
当時の彼は正統派、私はダークサイド派なので、評価違う訳です(笑)


子供を探しに行くのを助けてと言った女性。
誰も助けてくれず、
最後に『みんな地獄に堕ちればいい』と一人店を出る。
この一言がラストを物語ってる感じがしました。
残った人たちはどうなったのかわかりませんが、
女性の言葉通りの生き地獄を体験することに…


あんな一言に伏線が張ってあったのですね。
2011/04/15(金) 02:03:26 | URL | 鳩の間 #-[ 編集]
こんばんは
>鳩の間さん
まあ全く救いの無い悲惨な内容ですからねえ。
嫌いな人は大嫌いだと思います。
ただ、フランク・ダラボンのストーリーテリングのテクニックと、畳み掛けるような二重の恐怖に圧倒され、ぐうの音もでないほど叩きのめされました。
凄い映画です。
2011/04/16(土) 23:14:09 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日は109シネマズの日ということで、109シネマズで二本の映画をみてレイトでさらに1本と3本ハシゴ! 観た映画は観た順番で紹介しますと...
2008/05/14(水) 22:18:45 | コブタの視線
監督デビュー作『ショーシャンクの空に』が激絶賛。 いきなりアカデミー賞7部門にノミネートされ、スティーブン・キング作品の非ホラー、感動物担当監督みたいになったフランク・ダラボン。 続く同系統の『グリーンマイル』も予想通りアカデミー賞にノミネート。 本気で?...
2008/05/14(水) 23:10:10 | 『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記
(原題:The Mist) ----「ミスト」って霧のことだっけ? 「うん。 原作がスティーヴン・キング。 それをフランク・ダラボンが監督したってわけ」 ----それって『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビだ。 また感動路線ニャの? 「いや。あまり感動という形?...
2008/05/14(水) 23:25:44 | ラムの大通り
『キャリー』、『ミザリー』、『シャイニング』、『ペットセメタリー』、、、、 これまで何度も何度も映画化されて来た、スティーブン・キングの小説。 『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のキング原作を映画化したフランク・ダラボンが、 キングの原作の3度目?...
2008/05/14(水) 23:28:41 | 我想一個人映画美的女人blog
 奥さんが気持ち悪くなってしまいました・・・・しかし、結末はここまでやらなくても
2008/05/15(木) 06:15:53 | eclipse的な独り言
うっわ^^;;;立ち見ですか?新宿歌舞伎町の劇場で15時台の上映ですが^^;;;最近シネコンで鑑賞が多かったので、なんかある意味懐かしく新鮮に思えたりして(笑)あ、勿論、猫はその後の回で鑑賞しましたが・・・そのときは、別にそーでもなかったのですが『ミスト』観
2008/05/15(木) 07:06:15 | 黒猫のうたた寝
メイン州を襲った暴風雨は、のどかな街に大きな爪痕を残した。デヴィッドは息子と共にスーパーに買出しに出かけるがそこの血を流した男が飛び込んできた。「霧の中にいる何かに襲われた」と男は言い、スーパーマーケットは濃い霧に包まれ外部との連絡も取れなくなってしま...
2008/05/15(木) 07:08:02 | 5125年映画の旅
土曜日のナイトショーで『ミスト THE MIST』を観てきました。
2008/05/15(木) 07:10:20 | xina-shinのぷちシネマレビュー?
これから観る人は、まだ読まないでください。感動は呼ばないが絶望を呼ぶ逸品。 私の中では、非ホラーの『ショーシャンクの空に』は\"よっし...
2008/05/15(木) 10:42:20 | 描きたいアレコレ・やや甘口
本作は、『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、≪原作:スティーヴン・キング≫と≪監督:フランク・ダラボン≫が描くパニック・ミステリーだ。なんでも、原作のラストを変えて驚愕のエンディングが用意されているらしい。怖い、、、怖いよぉ~大判のタオ...
2008/05/15(木) 11:19:42 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
 アメリカ  ホラー&ミステリー&ドラマ  監督:フランク・ダラボン  出演:トーマス・ジェーン      マーシャ・ゲイ・ハーデン      ローリー・ホールデン      アンドレ・ブラウアー 【物語】 のどかな田舎町を襲った激しい嵐の翌日、デヴィッ...
2008/05/15(木) 11:51:21 | 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
【監督】フランク・ダラボン 【出演】トーマス・ジェーン/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ローリー・ホールデン/アンドレ・ブラウアー/トビー・ジ...
2008/05/15(木) 14:14:22 | シネマをぶった斬りっ!!
もうひとつのブログサイトで、映画のレビューをしてきたのだが、画像やリンクに懲り過ぎて、観ているスピードに追いつかなくなった。 今後は、このブログで観た作品を簡単に紹介していく。 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEsL1wBdXw//eF+zzGwmGDA2xS4P1czEhK...
2008/05/16(金) 04:33:03 | うだるありぞな
原題:THE MIST 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:125分 監督:フランク・ダラボン 原作:スティーブン・キング 脚本:フランク...
2008/05/16(金) 08:36:20 | スワロが映画を見た
原作:スティーヴン・キング 監督:フランク・ダラボン CAST:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン 他 ある夜窓を突き破...
2008/05/16(金) 10:41:45 | Sweet*Days**
小さな田舎町に突然発生した謎の霧を巡って描かれたサスペンス映画です。
2008/05/16(金) 10:51:07 | 水曜日のシネマ日記
メイン州の田舎町。 ガラス窓を付き破るほどの激しい嵐が去った翌朝、 妻に頼まれ地元のスーパーへ息子ビリー(ネイサン・ギャンブル)と...
2008/05/16(金) 16:38:46 | 心のままに映画の風景
ノラネコさんが最高点をつけているのに気がついて、見逃さずにすみました。いやあ、怖かった。    考えさせられた。    楽しみました。監督・製作・脚本:フランク・ダラボン原作:スティーヴン・キング出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ロー...
2008/05/16(金) 18:35:53 | 再出発日記
鑑賞記:私たちが請う【壁】は、実のところ作った<本人たち>を傷つける スティーブン・キング。彼は人間の本性を描くことを生業としている 何が彼の本ででてこようとも、主役は「人間」なのだ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%...
2008/05/18(日) 01:16:45 | 朱色会
人気ブログランキングの順位は? この子と約束した 必ず守ると── 霧(ミスト)の中には“何”が待っていたのか── 映画史上かつてない、震撼のラスト15分
2008/05/18(日) 02:31:18 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
 『この子と約束した 必ず守ると── 霧<ミスト>の中には“何”が待っていたのか── 映画史上かつてない、震撼のラスト15分』  コチラの「ミスト」は、スティーブン・キングの原作をフランク・ダラボン監督が「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」に続い...
2008/05/18(日) 19:18:15 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ”希望”も”絶望”も霧の中  
2008/05/18(日) 23:34:39 | カリスマ映画論
「ミスト THE MIST」★★★ トーマス・ジェーン 、マーシャ・ゲイ・ハーデン主演 フランク・ダラボン 監督、2007年、アメリカ、125分 こんな内容の映画でも ちゃんと成立させるから、すご腕だ。 ひどい嵐のあった翌日、 かつて経験したことのない濃い霧に ...
2008/05/19(月) 10:36:59 | soramove
人間の弱さを残酷にあぶり出すホラー怪作であり、本当の意味での「恐怖と残酷」を描ききった傑作である。キング原作の魅力が満載新たな傑作誕生に興奮! 74年に「キャリー」を発表して以来、30年以上もベストセラー作家として君臨し続けるスティーブン・キング。“恐...
2008/05/19(月) 11:49:10 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
スティーブン・キング原作、フランク・ダラボン監督の映画『ミスト』を観て来ました☆正直、かなり疲れた…。でも、傑作と言えるくらいの出...
2008/05/19(月) 13:23:52 | ERi’s room
「ミスト」(2007年製作) 監督:フランク・ダラボン 製作:フランク・ダラボン&リズ・グロッツァー 製作総指揮: リチャード・サパースタイン&ボブ・ワインスタイン&ハーヴェイ・ワインスタイン 原作:スティーヴン・キング「霧」(扶桑社刊「スケルトン・クルー1骸骨乗?...
2008/05/19(月) 17:15:11 | 豆酢館
映画のはしごをしようかなーと思っていたんだけれど、数日前に崩した体調が完全には戻っていないみたいで1本観たら、異様に疲れてしまったので今日は1本で終了。 フランク・ダラボン監督とスティーブン・キング、3回目のコラボレーションが話題の『ミスト』を観てきました。
2008/05/19(月) 22:28:36 | cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー
毎月、十本弱ぐらいの映画を観ているんですが、なかなか当たりがありません。 「もう映画観るのやめようかな~」なんてがっかりすることも多いです。しかし止められない。。それは何故か! たまにこの映画のような大傑作映画にぶつかるからです!!! ≪ミスト≫...
2008/05/19(月) 23:34:22 | キネマ徒然草
 霧の中に潜む化け物より、人間の方が恐ろしいと思いませんか? ? 「つぐない」、鑑賞後この“ミスト”を観たのですが・・・・・。あまりの衝撃とラストの展開などが頭に焼きつき、忘れられない状態の私です。ということで、これを先に記事することにしました。 5月?...
2008/05/24(土) 00:08:01 | 銅版画制作の日々
 スティーブン・キングのホラーは映像化されたものしか見たことなかったのですが--これは個人的にホラーに対する見識を改めないといけないのかも。  生き残る戦いの上で、理性や胆力にさえ懐疑的なこの視点は一体何を伝えてくるのか。人間不信とも思えるし、人の本性...
2008/05/25(日) 10:17:19 | 明け方シネマ
☆「ミスト」 監督:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ネイサン・ギャンブル、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、トビー・ジョーンズ、ウィリアム・サドラー、アレクサ・タバロス、ネイサン・ギャンブル、クリス・オ?...
2008/05/26(月) 03:48:24 | りんたろうの☆きときと日記☆
久々の三日連続更新。・・・ムダにがんばってるなー 今回は『ザ・フィースト』『NE
2008/06/01(日) 21:08:46 | SGA屋物語紹介所
ミスト 212本目 2008-18 上映時間 2時間5分 監督 ランク・ダラボン 出演 トーマス・ジェーン マーシャ・ゲイ・ハーデン ネイサン・ギャンブル ローリー・ホールデン 会場 吉祥寺バウスシアター 評価 8点(10点満点)  「シャーシャンクの空に」、「?...
2008/06/04(水) 23:47:32 | メルブロ
(2007年・米:ディメンション・フィルムズ/監督:フランク・ダラボン) 「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」という2本のスティーヴン・キング原作による感動の傑作を監督した
2008/06/06(金) 23:58:22 | お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
鑑賞日:08.06.01 鑑賞場所:シネプレックス幕張 霧(ミスト)の中に“何が”待っていたのか? スティーブン・キング原作のホラー・サスペンス<ストーリー> (cinemaPreviewより引用)  7月19日夜、メイン州西部の全域が未曽有の激しい雷雨に見舞われ?...
2008/06/08(日) 12:35:09 | けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ
監督 フランク・ダラボン 主演 トーマス・ジェーン 2007年 アメリカ映画 125分 ホラー 採点★★★★ この間まで勤めていた職場に、些細なことでイッパイイッパイになってパニックを起こし、ちょっとした事態を大混乱に陥れる才能に溢れた奴がおりまして。そこまでイレギ?...
2008/06/17(火) 02:28:04 | Subterranean サブタレイニアン
メイン州キャッスルロックは怪奇現象の見本市だ。魔界都市として知られる新宿とは怪異の出現の内容に違いが見られるが、規模の大きさにひけはとらない。万国びっくりショーだよ。
2008/06/18(水) 00:03:19 | MESCALINE DRIVE
霧の恐怖とともに生まれる,救いようのない 絶望と狂気・・・・・。 これは,原作を先に読んでいたので,映画化を楽しみにしていた作品。 あらすじ: ガラス窓を破るほどの嵐の翌日、スーパーへ買い出しに出掛けたデヴィッド(トーマス・ジェーン)。軍人やパトカーが慌?...
2008/09/19(金) 19:57:43 | 虎猫の気まぐれシネマ日記
スティーブン・キング原作と聞くと 何故かやっぱり気になる。f(^^;) それにキャッチコピーは 「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」 だそうです。 ほんとか~?(笑) 激しい嵐が街を襲った翌日、 湖の向こう岸に不穏な霧が発生していた。 デイヴィッ...
2008/09/28(日) 01:01:04 | 映画、言いたい放題!
52.ミスト■原題:TheMist■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:5月25日、新宿グランドオデヲン座(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:フランク・ダラボン□原作:スティーヴン・キング...
2008/09/28(日) 22:14:35 | KINTYRE’SDIARY
THE MIST 2007年:アメリカ 原作:スティーヴン・キング 監督:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン、ウィリアム・サドラー、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、ジェフリー・デマン、フランシス・スターンハーゲン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ト...
2008/10/24(金) 16:16:53 | mama
“ THE MIST ”激しい嵐の翌朝、町のスーパーマーケットで生活用品を買い求める人々は、突然 発生した霧にあっという間に包まれ店から出られなくなる。町全体を包む謎のこの霧の中には、 どうやら 未知なるモノが・・・  霧に街が包まれる映画・・  思わず カーペン...
2008/11/10(月) 15:26:32 | -HOW STYLE- プジョー&アヴァンタイムのガレージライフ ブログ
寒いです{/face_hekomu/}。今朝うちの周囲は薄っすらと雪景色{/kaeru_snow/}でありました(※一部山沿いの地域では積雪も…って地域なのねうちって{/face_ase1/})。 本日休みの予定だった私ですが、急遽今日の仕事が発生しちゃったため{/face_hekomu/}仕事に行ってきま?...
2008/12/09(火) 23:35:04 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンが描くパニック・ミステリー。霧の中に潜む謎の生物に恐怖し、常軌を逸していく人々の姿を描く。混乱する人々をまとめようとする主人公を演じるのは、『パニッシャ...
2009/02/08(日) 06:44:12 | サーカスな日々
昨年末にブロガーの皆さんが、各々発表してた年間ランキングで結構上位にランキングされてたホラー。
2009/02/28(土) 03:33:40 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
『ミスト』を観ました『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンが描くパニック・ミステリーです>>『ミスト』関連原題: THEMISTジャンル: ホラー/ミステリー/ドラマ上映時間: 125分製作国: 2007年...
2009/06/19(金) 07:41:56 | おきらく楽天 映画生活
霧(ミスト)の中には&ldquo;何&rdquo;が待っていたのか──映画史上かつてない、震撼のラスト15分&nbsp;
2009/08/02(日) 17:47:58 | Addict allcinema 映画レビュー
★★★☆  映画化しても、はずれのないスティーブン・キング原作のパニックミステリー。なんとなく『クローバーフィールド』のような設定だが、心理的な深みやドンデン返しで、圧倒的にこちらの作品に軍配があがるはず。 ミスト [DVD]販売元:ポニーキャニオン発売日
2009/10/18(日) 11:59:24 | ケントのたそがれ劇場
「ミスト」 感想 ミスト 霧の中には”何”が待っていたのか 映画史上かつてない、震撼のラスト15分 恐ろしい…。さすがスティーヴン...
2009/11/23(月) 16:28:26 | むーびーふぁんたすてぃっく
あらすじガラス窓を破るほどの嵐の翌日、スーパーへ買い出しに出掛けたデヴィッド(トーマス・ジェーン)。軍人やパトカーが慌ただしく街を往来し、あっという間に店の外は濃い霧に覆われた・・・。感想映画史上かつてない震撼のラスト15分映画のキャッチコピーだそうで...
2009/12/27(日) 23:30:42 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ